史 料 
書籍・自治体史収録史料ほか、仙台市博物館の図録を載せています。
一応はみなぎの蔵書中心です。

書籍

順は不同です。思いつくままに載せてしまいました(^-^;)

史 料 名   著者(編者)  出版社 備 考
大日本古文書
家分け3
伊達家文書
1〜10
東京大学
史料編纂所
東京大学
出版会
政宗期該当部分は1〜3巻。伊達家に残っていた室町期から幕末に渡る書状類をまとめたもの。原本は仙台市博物館所蔵。
伊達治家記録
1〜24
平重道
責任編集
(田辺希賢編)
宝文堂 政宗期該当部分は1〜4巻。幕府の命により藩内に記録方が置かれ、藩主綱村の指導の元編纂された、伊達家の正史。輝宗から慶邦までの当主ごとにその事績がまとめられている。原本は仙台市博物館所蔵。
第二期
戦国史料叢書10
伊達史料集
上・下
小林清治編 人物
往来社
伊達家の史料を集めた史料集。なかには「伊達天正日記」「政宗記」などが収められている。
伊達政宗言行録
木村宇右衛門
覚書
小井川百合子編 新人物
往来社
政宗の小姓をつとめた宇右衛門が政宗から実際に聞いた話をまとめたもの。原本は仙台市博物館所蔵。
伊達政宗卿
伝記史料
藩祖伊達政宗公
顕彰会
文献出版 あらゆる史料から政宗の記事を抽出して編年体にしたもの。
すでに失われた史料も収められている。
仙台市史
資料編10
伊達政宗文書T
仙台市史
編纂委員会編
仙台市 伊達政宗の書状を網羅的に集めたもの。人物索引や出典一覧などがあり、使いやすい。写真版ばかりを集めた別冊つき。

仙台市史
資料編11
伊達政宗文書U
仙台市史
編纂委員会編
仙台市 上記の続巻。文禄・慶長年間の政宗書状を収めている。全巻同様、人物索引等もあり、子女一覧が追加されている。同じく写真版の別冊つき。
伊達世臣家譜
正編
田辺希績編 宝文堂 伊達家に仕える家臣の家譜を序列順に並べたもの。
国史叢書
会津四家合考
黒川真道編 会津の領主となった芦名・伊達・蒲生・上杉の四家の事績をまとめたもの。伊達氏にはやや批判的。

群書類従合戦部
伊達日記
伊達成実 続群書類従刊行会 小十郎とともに政宗の片腕として活躍した、成実の政宗についての著作。同時代史料として貴重な一冊。
伊達政宗言行録
ー政宗公名語集
小倉博編
高橋富雄新訂
宝文堂 政宗が小姓に語ったといわれるエピソードを記録したもの。著者は不明。


自治体史収録史料

 史 料 名 収 録 書 名 出版社(者) 備 考
伊達正統世次考 梁川町史五 梁川町 伊達家の正史。初代朝宗から15代晴宗までの事績を当主ごとにまとめたもの。「治家記録」の前身にあたるもの。4代藩主綱村の謹纂という形をとっている。
片倉代々記 白石市史四
史料篇上
白石市 政宗に仕えた片倉小十郎景綱から始まる、片倉家の記録。当主の活躍が編年体でまとめられている。

仙台市博物館 図録
在庫・価格は仙台市博友の会から届いた一覧を元にしています。詳細は仙台市博物館へお問い合わせ下さい。在庫は1999年12月現在だそうです。

図 録 名 年 代 備     考
収蔵資料図録3
伊達政宗書状
1990
(平成2年)
仙台市博が所蔵する政宗の書状122通を収録したものです。全てが写真・解説つき。花押一覧や年表も備えており、古文書から政宗を考えるのには不可欠な図録でしょう。1260円。購入可。
英雄の時代
ー伊達政宗と秀吉・家康
1986
(昭和61年)
開館記念特別展の図録です。政宗と2人の天下人の遺物が中心です。家康・秀吉の肖像や甲冑、同時代を生きた武将の関係資料もあります。秀吉・家康・政宗の関係年表もあり。1260円。購入可。
伊達政宗と家臣たち
ー乱世を生きた男の群像
1987
(昭和62年)
政宗が若い頃に天下を狙って走り続けられたのは、優秀な家臣達があってこそです。伊達成実・片倉景綱・原田宗時らを中心に、肖像・書状、その他資料で政宗と家臣達を振り返ります。家臣達の年代構成、年表も備えています。品切れです。
桃山の遊楽
吉野懐紙とその時代
1990
(平成2年)
秀吉が文禄3年に催した吉野花見での和歌会で読まれた和歌懐紙を集めた『吉野懐紙』を中心とした内容。なんでも60年ぶりの公開だったらしいです。政宗他秀吉・家康・小早川秀秋・豊臣秀次・細川幽斉他の和歌、花見に関する道具、絵画資料などで構成されています。1700円。購入可。
大名の精華
ー仙台伊達家の至宝
1993
(平成5年)
仙台伊達家がかつて所蔵していた資料を全国的規模で収集した内容。甲冑・絵画・刀剣・書跡・家具調度類など資料は多岐に渡り、華やかなりし伊達家の姿が偲ばれます。1700円。購入可。
東北の戦国時代
ー伊達氏、仙台への道
1999
(平成11年)
来年が仙台開府400年を記念して、政宗が仙台にはいるまでの東北の戦国時代を振り返る内容。稙宗・晴宗・輝宗・政宗の時代を中心に、東北大名の資料も充実。天文の乱関係の文書類もあり。東北戦国史年表つき。1700円。購入可。
大名家の婚礼
ーお姫さまの嫁入り道具
2000
(平成12年)
仙台開府400年記念特別展の第2弾。伊達家に輿入れしてきたお姫さまたちの豪華なお道具の他、婚礼のしきたりについての文献資料や衣装などが集められています。伊達家正室一覧表つき。1900円。購入可。
仙台城
ーしろ・まち・ひとー
2001
(平成13年)
仙台開府400年記念特別展の第3弾。政宗が青葉山に築いた仙台城は発掘が進んでおり、その発掘資料(金箔瓦等)や仙台の地名の由来などを感じさせる資料、また城を飾っていたふすま絵や屏風、城下絵図なども収録されています。2300円。購入可。
国宝 大崎八幡宮展 2002
(平成14年)
仙台市青葉区に鎮座する大崎八幡宮は政宗によって造営された桃山様式の美しい神社で、国宝に指定されています。その大崎八幡の社殿が解体修理され、取り外された装飾や天井板等が展示された際の図録。普段は見られないところの彫刻等も多く、貴重な一冊。800円。購入可。

伊達家の茶の湯
ー利休・織部・遠州・道閑・石州・不昧ー
2003
(平成15年)
伊達家では江戸期を通して茶の湯が好まれ、歴代藩主はその文化と茶道具を愛しました。この展示では政宗・忠宗・綱村・吉村の茶の湯・茶道具にスポットをあてています。また彼らと親交のあった茶人たちの茶道具も取り上げられ、門外不出のものが展示されたことでも貴重。おそらく2000円・・・だったかな?失念しましたが分かり次第載せます。



仙台城控の間に戻る