ここでは、私がいままでプレイしたプレステ(2も含む)のレビューをしております。
評価は私個人の評価です。

評価:5段階で1が最低5が最高です。

タイトル 評価 感想
アークザラッド SCEIの光と音のRPGと銘打ったロープレ。 演出とか、ストーリーは良いのだが、戦闘中いちいち喋るキャラはうっとうしいです。 (いかにもお子様向けみたいで)、続編があるのか、エンディングが凄く中途半端で あんましすっきりしませんでした。
マリーのアトリエ
ザールブルグの錬金術師
ガスト(レストランじゃないよ)の錬金術養成ゲーム。 その主人公は留年を繰り返すダメ少女マルローネ。これを5年間の間にいかに卒業させるかという、 無謀?なストーリー。しかし、これすっごく面白いです。 いろいろな町や森、危険な場所に行って戦ったり、酒場のオッサンに頼まれたブツを作ったり し売ったりといろいろイベントがあります。 一番面白いのが、数種類あるミニゲーム。それが結構間抜けなゲーム内容なので笑っちゃいます。 音楽もとても素晴らしく、ほんのり、アップテンポ、しっとりと耳に残ります。 そう、究極の錬金術のブツは完成まで何と1ヶ月も要します。(たしか友達が瀕死の病気なので これを治す薬だった気がします)これは大変でした。 あと、マリーの名セリフ「ウニー!!」この一言に尽きます。
エリーのアトリエ
ザールブルグの錬金術師
ガストの錬金術養成ゲームパート2。 その主人公は田舎からやって来た少女エリー。マルローネに命を救ってもらったので、私もなる! と野口英世みたいな奴です。 でエリーでは、更に調合する種類が増えたり、錬金術の試験とかありますが、なーんか マリーに比べて陳腐な感じです。そう!ミニゲームが無い!! この唯一の楽しみが無いのが痛いです。またエリーの方が少しまともなので、これも つまらないです。やっぱダメダメからスタートするのが醍醐味でしょ。 なので、1回クリアして終わりました。
リリーのアトリエ
ザールブルグの錬金術師
ガストの錬金術養成ゲームパート3。 3では、PS2専用になり、音楽、絵、操作性とも向上しました。 DVD-ROMなので音楽は5.1Ch対応&ドルビーサラウンド対応です。 時代はマリー、エリーより約20年くらい前。アカデミーすらありません。 錬金術を広めるため新天地に降り立った元老院のドルニエ、先生のリリー、 神童(生徒)のヘルミーナとイングリドの4人が主な登場人物です。 自分はリリー先生となって錬金術を作るかたわら、生徒2人(ヘルミーナ、イングリド) を(名前で分かると思うが彼女らはのち、先生となる、しかもライバルのまま) 教えて、アカデミー建設基金を募らなくてはいけません。 システムはマリー、エリー同様に錬金術をつくり、酒場に行って依頼を受けたり、 外に出て材料調達&戦闘、妖精の育成など。 リリーでは、前回より多くの店があり、仲間キャラもリリー同様成長します。 さすがPS2あって、処理も速く、アクセスも快適。 イベント動画時は5.1Chドルビーデジタルなので、専用AVシステムを持っている人は 聞いてみるといいでしょう。 しかし黒魔法使いのマゾ女ヘルミーナがあんなに汚れもない子供だとは...
リッジレーサ ナムコが出した、プレステを一気に首位に登らせた 素晴らしいゲーム。このスピード感覚、ポリゴンを駆使した凝ったコース、素晴らしい音楽と 三拍子そろった秀作です。これは、猿のようにプレイしました。
ファイナルファンタジーZ スクウェア初のPS参入で伝説のRPG。Zからは ポリゴンとムービーを駆使し、演出が更に豪華になりました。 マテリアという、武器に開いている穴にプチプチはめ込むと最強になるのも斬新でした。 あと召還獣も格好良かったです。 一番衝撃だったのが、エアリスの死。これはショックでした。 最終ボスに挑むとき、バーサク状態でバシーン!バシーン!と16連打するコンボは快感でした。
ファイナルファンタジー[ あのFFの第8段。今回は2人の美女美男子という、 私としてはすごく嫌な取り合わせ。いかにも売れ線を狙った感じです。 キャラは8頭身となり、リアルになったが武器の合成とか凄く面倒になりました。 戦闘時もかなり演出により待たされるので、最初は良いのだが、何度も見るとイライラしました。 なので、途中からPARを使ってクリアしました。 ああ、戦闘時間10秒以内にしてくれえええ!
ファイナルファンタジー\ あのFFの第9段。今回は前回の反省を元に キャラは3頭身になりました。これならしっくりきます。武器もそれほど複雑ではないので 安心です。登場キャラもなかなかで、ベアクトリス?が一番お気に入りです。 あそこまで、けなげのが好きです。そのテーマ音楽もいいし。 最後は結構ボスの連続でしたが、クリアした甲斐あります。 ただ、やっぱあの演出による戦闘シーンは短くしてくれええ! (ドラクエの聖水のとかのアイテム無いのかい!)
ファイナルファンタジーX あのFFの第10段。 PS2になり、画面が非常に綺麗になりました。今回はFF初の主要キャラがしゃべること。 かなり「力」入ってます。笑いあり、感動ありと十分やり応えあります。 最後、ティーダは元の世界に戻ったんだろうか?疑問です。
アクアノートの休日 アートディンクの癒し系水中探索ゲーム。 特にクリアする目的もなく、α派たっぷりの効果音をバックに水中をぶらぶら散策 します。途中シロイルカが登場し、手なずけると寄り添ってきます。 このソフト、ほんとに気持ち良く、寝ながらやると速攻で睡魔が来ます。 3回ほど電気付けっぱなしで寝たことがあります。
太陽のしっぽ アートディンクの出した変なソフト。 舞台は原始時代。不気味な顔の3頭身キャラを選び、本能の赴くまま行動し 何かを積み上げるのが目的のような気がする。 とにかく、ダッシュしている最中、砂煙あげ、急に寝るのは凄い。 しかも寝ている間、プレイヤーは何も出来ないのがもう... 結局何やればいいか分からず、お蔵入りしました。
スキャンダル やるドラで銘打ったプレステ2専用ソフト。 操作的には、昔あったLDゲームの綺麗版みたいなものです。 しっかし、これ何だよ。せっかく良いように進んでも、あっけなくゲームオーバ。 分かるか!途中からやろうにも、何故か最初からで、動画をスキップしなければ ならない。全然マニュアルと違うじゃん。 絵は凄く綺麗なのだが、操作性や展開がむごいです。 結局解けず、売ってしまいました。
ときめきメモリアル
Forever With You
数年前登場した、コナミの軟派的ソフト第1段。 グラディウスとかで硬派なゲームを出したコナミがいきなり恋愛シュミレーションを出したの だから、さあ大変。元々PCエンジンにあったのだが、パワーアップしてPSに登場しました。 高校を舞台に、電話でくどき、デートとかして卒業時に伝説の木の下で恥ずかしい告白を受け るのが目的です。当時は結構衝撃的で、操作性、ストーリーの出来は良いのですが、 今となると恥ずかしくて引いてしまいます。 まさか伊集院が... 今思うと、何故これにはまったのだろう?
ときめきメモリアル2 1年前登場した、コナミの軟派的ソフト第2段。 DISK5枚組と膨大な枚数!前作に比べだいぶグラフィックが向上しました。 今回は、自分の名前を相手がしゃべってくれるシステムが搭載しています。 結構滑らかに喋ります。内容的には、毎度お馴染みの高校恋愛SLG。 3Dアニメも搭載していますが、これは意味無しです。 久々にやってみたが、ちょっと引いてしまいました。やっぱもう古いのだろうか? 途中格闘モードもあるが、あれ、某○クエ○ーのRPGのパクリ。
エースコンバット ナムコが出した、戦闘機アクションゲーム。 これ凄いです!快感です!今までのフライト物で一番の出来です。 敵機を打ち落とす快感はそうありません。 戦闘機も殆ど実機なので、本格的です。あの橋の下をすれすれに通るのが面白い。 PS2で是非パワーアップして移植してほしいです。
エースコンバット2 ナムコが出した、戦闘機アクションゲーム第2段。 これも凄いです!快感です!舞台や戦闘機の数が増え、アナログコントローラーにも対応 しました。難易度が少し高いが、普通にやれば大抵クリアできます。
エースコンバット3 ナムコが出した、戦闘機アクションゲーム第3段。 今回はドラマ性を持たせました。しかしこれがまずかった。 せっかくの戦闘物も混乱をきたす選択で、なかなか快感が味わえません。 これは失敗でした。やはり単純に戦闘のみにした方が良かったかも。
桃太郎伝説 ハドソンの名物RPG。PCエンジン版とほぼ同じ だが、さすがに良く出来ております。凄くユーザーフレンドリーでサクサク進みますし、 敵キャラも変なのが多く面白い。経験値は「技」、敵をたおしたときも「こらしめた」というのが 日本的で良いです。殺したと書かないのが良い。 途中「アリtoキリギリス」の漫才コンビが登場するのはびっくり。 ちと音楽のバランスが悪いく、高いエンカウント率はかなりマイナスです。 (Parを持っていれば、エンカウントをカスタマイズ可能) 現在2800円位で新品で売っていますので やったこと無い方には、お勧めします。
動画でパズル
ぷっぷくぷー
凄い変なタイトルですが、その名と通り 動画で動いている駒を動かすジクソーパズル的ゲーム。 コミカルなキャラがいい味だしています。ノーマルモードなら30分程度で解くことが 出来ますので暇つぶしにはもってこいです。 このゲームには、エディットモードがあるのが一番の特徴です。 パレットツールで絵を描いたり、譜面エディタで本格的な音楽を作る事が出来るので 侮れません。作ったデータはメモリカードに保存出来るのでいくつも作れます。 私はよく、携帯の着メロに、この音楽エディタを利用しています。
メタルギアソリッド コナミのハードボイルドな敵地潜入アクション ゲーム。主人公のスネークを操り、敵に見つからないように隠れながら、敵のアジトに 潜入するので、凄いハラハラしました。 このゲームはもの凄くストーリー設定が良く、演出も素晴らしい。 絶対プレイする事をお勧めする。出来れば日本語版のソフトでプレイした方が面白い。 (声優の演技が良いから)ゲームオーバー時の司令からの声が笑える事請け合いです。
ジャンピングフラッシュ PS初期に出たジャンプアクションゲーム。 このジャンプが凄く快感で、上からの眺めが良いです。 ゲーム内容は、各島にいるムームー星人を4匹助けるのが目的。3つの島の最後にが ボスがおり、倒すとステージクリアです。 難易度は簡単なので、普通にやれば1日でクリアできます。 そういえば、これは元々X68000のジオグラシールというゲームが元祖です。 メーカーも同じだしね。
鉄拳 PSの性能を最大限に発揮した格闘ゲーム。 さすがナムコです。3Dポリゴンやテキチャーマッピングされたキャラの動きの当時 感動しました。この為に専用スティックを買う程プレイしました。 さすがに今の最新ゲーム機の性能に比べれば劣りますが、当時は本当にカルチャー ショックでした。技術の進歩はめざましい...
かまいたちの夜 スーファミ版ではすばらしい演出効果を得た サウンドノベルソフト。これがPSに移植されました。 でも、どうも私には取っつきにくいです。なんか日本が舞台だと、なんかリアリズム的で 腹黒いイメージがあります。なので1回クリア(バッドエンディング)で迷宮入りです。
パラッパラッパー 音ゲーの初め頃に登場したソフト。 アメリカンチックなイラストで、2D画面的3Dで(背景に紙のように薄っぺらい絵が動くもの) 犬みたいなキャラを音楽と上部にシンクロして表示されるコマンドを入力します。 でも、なんかアドリフでやるとCOOLになるそうで、なかなか最終クリアは難しいです。 音楽の才能がある方は、操作を覚えると、すぐにクリアできるようです。
ウンジャマラミー パラッパの第2作目。今度は猫か虎か分からない メスキャラが主人公です。今回のは2人同時プレイ出来、クリアしやすくなっています。 でも結構難易度高い。連打の応酬やインドの曲みたいな奴は凄く難しい。 2人同時プレイで何とかクリアしました。
エヴァと愉快な仲間達 エヴァンゲリオンのキャラと、GX作品のキャラが織りなす 麻雀ゲーム。非常に気になったので買ったのだが、絶句。 何か凄く引いてしまいました。音楽もショボイ。動画なぞなく、ただの静止画。 麻雀もなんか勝ち抜き戦なのだが、対戦相手に難あり。 いくらなんでも、マリーはないでしょ。 中途半端で、エフェクトさえ無し。せっかくPS参入だからアニメーションくらい付けて欲しい。 パソコンでは良質なのに、コンシューマーでは..残念。
LUNA2 メガCDで有名なセガのファンタジーRPGのPS版。 ドラクエみたいな2DフィールドRPGなのだが、ボスの次は変形ボスの次は最強変形ボス。 即全滅です。これは酷すぎる!全然ユーザーフレンドリーじゃありません。 結局PARの力を借りて解きました。しかし、クリアしても何か納得しない。 そうあの女性キャラの行方はいったい... スタッフロール流れ、しばらくすると、なんと続編が始まった。 ここから女性キャラを探す冒険へ.. もうやる気になりません。シナリオや動画CGは良いのに。 結局ここでやめてしまいました。
決戦 光栄のPS2初の戦国SLGゲーム。これは良い。チュートリアルが分かりやすいです。 今まで、私が光栄のゲームを拒んだのは、全然歴史に詳しくなく、どう戦えば良いのか さっぱり分からないからでした。この決戦は初心者にも非常に分かりやすく説明している ので、作戦もしやすいです。そして、さすがPS2。決戦の模様が非常にリアルに派手に 動きます。これには驚いた。 これは買って良かったです。
エターナルリング PS2の初のRPG。非常に綺麗な風景にうっとりしました。 んが!指輪の合成、あれは凄く面倒臭い。運もあるのでロードし直しが必須です。 あと、敵も強く、無謀に攻撃すると1撃死です。 FF[みたいな合成は、大嫌いなので、やめてしまいました。
ベイグランドストーリー スクウェアのダンジョンRPG。凄く暗い画面なので、部屋を暗くしないと見にくいです。 ファミ通ではオール10点の満点だったが、そんなにはまるか?と感じました。 なにせ、する事は分からない。攻略本を買ったが、厚さ3p強!げんなり。 武器の掛け合わせという、私の大嫌いな操作があるので、面倒です。 俺、もう歳なのか。
A列車4 アートディンクの鉄道シュミレーションゲーム。 私の好みなゲームで、自分としては、無の大地から始めるのが通だと思います。 駅名は既に廃線になった駅名や、自分の家の近所の駅名にしたりしています。 しかし、さすがにPSだと、解像度が低すぎて、しかもコントローラなので操作性 悪いです。(マウスを使えばそれなりに向上します。) お得な情報:資金が足りないと嘆くあなたに朗報。土地代の高い場所に5つくらい 地下を作ります。それを埋めます。すると土地代は4つ分ですが、1マスの値段。 そう、この土地を売って、またくりかえし。そうすれば、どんどん資金が入ります。
ナムコミュージアムVOL3 ナムコの懐かしいゲームが詰まったお得なソフト第3段。 「ドルアーガーの塔」「ギャラクシアン」「DIGDAG」「ポールポジション」「M's PACMAN」の5つ。 目玉はドルアーガーの塔です。凄く懐かしい!しかも添付の宝箱の出し方表を見なければ クリア不可!これは15年前のFC版と全く同じ。 あと「DIGDAG」も懐かしい!途中で膨らませて逃げるのを良くやりました。 しかし、残り3つは当時やったこと無いのでつまらない。「M's PACMAN」これは入れる必要 無いくらいマイナー。まあこの2つが出来れば元取れました。 更に面白いのが、おまけの裏情報。基板の写真や当時の 宣伝パンフ、筐体に張ってあったシート、直営店にしかないマスコット人形、ボードゲームなど があります。当時は筐体売りでしたのね。
ナムコミュージアムVOL5 ナムコの懐かしいゲームが詰まったお得なソフト第5段。 「ワルキューレの伝説」「フォゾン」「PACMANIA」「メトロクロス」「ドラゴンスピリット」の5つ。 目玉は殆ど全て。これほど美味しいソフトが入っていたとは。 特に「ワルキューレの伝説」これは当時燃え萌えでしたのではまりました。 PS版もほぼ完全移植ですが、アイテムゲットの効果音。これは残念。 業務用のように最後まで鳴らして欲しかった! 「メトロクロス」懐かしい〜!何ゆえ彼は走るのか?そんな事、当時はお構いなし。 時間内に障害を避け、走るのだ。「フォゾン」お初に見ます。でも面白い。 音楽(効果音?)を聞いて、ああこれが、元祖ナムコゲームミュージックにあった奴かあ と思いました。「ドラゴンスピリット」当時燃えましたが玉砕。今も玉砕。難しいんですよ。 「PACMANIA」3Dのテカテカパックマン。ひょうきんなキャラがナイス。 本当は評価5にしたいが、ワルキューレのあれで減点です。
バイオハザード カプコンのゾンビハンターアクションゲーム。これをプレイした時はもう凄かったです。 特に最初の、犬がガラスからガシャーン!!と飛び出すシーン。めちゃ怖かったです。 夜、部屋を真っ暗にしてプレイすると、より怖さがパワーアップしました。 演出、ストーリーともナイス。台詞が英語なのも良い。 文句無く評価5です。
宇宙戦艦ヤマト あの宇宙戦艦ヤマトを忠実にゲーム化したシュミレーション&アクションゲーム。 しかし、1枚のCDに高圧縮しているせいか、かなりの確率でフリーズします。 なので、最後まで進む事すら出来ません。 白兵戦では、操作が結構面倒臭く、どんどん光線銃にやられ、全滅します。 だれか解いた人いるのかなあ。
ポケ単 ポケットステーション専用の英単語学習ソフト。 昔、中学とかに
ジェットでGO! 待ちに待った実機フライト物ソフト。JALが提供なので、リアルです。 以前、アーケードでTOP-LANDINGがPSで出ないかなあと思っていましたが、 本当に出ました。しかも、航行中の移動もあり。 無線の声が本当にリアルです。 ミュージックモードを聞くと、あのTOP-LANDINGのテーマが!! やはり意識して作っていました。しかも、ちゃんと夕方、曇、雨、夜のシーンも再現しています。 特に夜は難易度高いです。なお、クリアすると、マイルが溜まり、また途中で写真をゲットすると 資料集に隠し写真を見ることが出来ます。 PS2で、高速アクセス、補間ありにすると、より快適にプレイできます。
ジェットでGO!2 あのフライトゲームの続編がPS2で移植されました。 画面が非常に綺麗になり、離陸、着陸が非常にリアルに再現されております。 今回は、搭乗から着陸して、スポットインで搭乗口まで誘導するところまで すべて網羅されております。なので、1ゲームに1時間以上かかります。 また副操縦士から機長になるためのテストがあり、これは、実在のテスト飛行場で タッチアンドゴーを行うのだ。これは非常に緊迫します。 これをクリアするとかなり感動します。そしていろんな動画がDVDで 用意されており、飽きさせません。
電車でGO! 電車ファン歓喜ものの電車運転ゲーム。実際の風景を3Dポリゴン、テクスチャーで 表現されています。結構マニアックな造りで、惰性というのがいかに大事か分かります。 到着が早いと、踏切事故回避モードや連結ゲームが登場します。 踏切事故はいきなり出るので、ハラハラします。 現在、これをモチーフにしたCRパチンコ「CR電車でGO!」があります。
オメガブースト 360度ぐるぐる大回転のSF的スペースアクションゲーム。 もの凄い速さで動くので大変です。 レーダーを目安に、敵機を攻撃して、その面のボスを倒すという単純な内容です。 しかし、難易度が高く、そう簡単にはクリアできません。 こういう時は、PARを使いましょう。 特に超大型ホーミングミサイルみたいなのを発射すると快感です。 何発も発射出来るので即行で倒せます。 (自力でクリアできない人のみ使用しましょう)
XI (サイ)と読みます。四角形のフィールドを舞台に、可愛い妖精みたいのを操作して サイコロを転がし、ある法則にのってサイコロを消すのが目的です。 特に連鎖は快感です。最大4人までプレイ出来るのもGOOD。 結構はまります。
DANCE DANCE
REVOLUTION
現在だいぶ廃れていったコナミの音ゲー第2段。 ファミリートレーナー(ふっ古い!)を彷彿するマットを敷き 音に合わせてステップを踏む体感ゲームです。 せっかくマットを買ったは良いが、私の部屋は狭すぎて、ダンスできません。 (一度大掃除で部屋を大きくして、1回だけやりましたが。) これ、結構体力消費します。なので、最近はコナミが減量用として専用ゲームを出すという 美味しい戦法を繰り出しています。
どこでもいっしょ 現在巷で市民権得たトロで有名なポケステ専用の動物会話ゲーム。 猫のトロの他、イヌ、ウサギ、カエル、ロボットがいます。 どれも個性的や奴らで、1つの欲望の為11日〜12日お供します。 結構言葉のバリエーションが豊富で、解像度の荒いポケステでも 漢字交じりで表示するのには驚きです。 で、こいつらは1日が終了する前に、一旦プレステ本体に転送して 次の日のデータをインストール件します。その間はPS本体で会話 します。ここでは、各キャラの家の内部が3Dで表示されます。 しかし、部屋にあるオブジェが凄まじいです。 特にトロは、どっかの粗大ゴミで拾ったブツが置いてあるし、変な タペストリーとかもある。 ほっとくと、音楽聞いていたり、ゲームしていたりします。 ポケステでの操作は選択式と文字登録式。 どんどん言葉を登録すると人口無能の様にどんどん覚えます。 また選択式で選んだ内容により感情が変化します。 このキャラで喜怒哀楽が激しいのはトロです。 どんどん違った選択をすると、面白いです。
ジェットでGO!2 あの実機フライトゲームのPS2版です。
PS2にとなり、画質も演出もリアルになりました。
とにかく、本物そっくりで、細部にわたる演出が盛り上げてくれます。
なお、操作は前作より、より自由度高くなりましたが、
逆に難易度は結構高めです。しかもプレイ時間はほぼ実際
飛んでいる飛行機とほぼ同じか2/3程の時間なので
長距離便ともなると2時間は越えます。(オートパイロットなし)
途中で、機長試験とかありゲームなのに結構緊張します。
前作同様、全日空が協力しているのでマニア垂涎のソフトといえます。
メタルギアソリッド2
SONS OF LIBERTY
あの究極の隠れんぼゲーム(笑)の続編がPS2となってよりリアルに
復活しました。とにかく緊張します。またシナリオも演出も素晴らしく
やればやるほど味が出るスルメ的なゲームです。
今回も前作のスネークが登場しますが、主に雷電という美形キャラが
メインとなります。
相変わらずあのナノマシンでの会話はマジっぽいが何故か笑えます。
要所要所に隠し要素があり、まったく飽きません。
武器も実際と同じ(一部は空想)なのも良いです。
前作にはまった人はほぼ買ったのでしょうね。
ラクガキ王国 宮崎アニメタッチな画面やキャラ総出演のRPGゲームです。
それもそのはず、スタジオギブリが担当しているのですから。
このゲームはポケモンのように1対1で自分で描いたキャラを
戦わせ経験値&ペン、色をゲットするのがメインです。
で、このゲームはなんと、自分で絵を描くとそれが3Dとなって
ゲームで登場させることが出来るのだ。
CGといっても難しくなく、単にペンジェル(絵を描く妖精)を操作
し丸を描くと、一瞬で3Dの○に変形します。
画質は悪いが、味のあるキャラを作る事ができます。
それも、敵と戦っていくと、足とか手とかぷるるんといった
オプションが追加させることで自分の描きたい絵が作れます。
ただ欠点なのが、読み込みに時間が掛かりすぎている事。
読み込む場所は4箇所程度だが、行ったり来たりすることが
あるのでいただけません。
でもほのぼのしているので、まったりする人にはもってこいです。