日付 内容
5月31日 今日、家から車で7分の場所にあるリサイクルショップ「キンブル 弥富店」に行ってきました。
これは、前から気づいていて、いつか行ってみたいと思った名所。
東海圏に4店舗ある、このお店。とにかく「物凄く安い!!!」「何でこんな物も売っているの!?」「お客が多国籍」と有名なお店です。

ついに今日、行ってきました。
で、入店前からおかしい 陳列しているドリンク 「ジュース1本15円」 大阪の あいりん地区より安い。
入り口も狭く、ごった煮っていう感じ。
入ってみると、何?この昭和50年時代のお店陳列 とにかく品物の統一感 殆ど無し。
でも、値札見ると「かき氷製造機160円」「時計類50円〜」「お菓子類やおつまみも通常価格の半額以下」「何もかもおかしい位安い値段」
あの高級時計も3980円、高くても7980円。
これらの品物は、中古から、業者が大量生産して余った余剰在庫品、訳ありものと。
端のほうには、骨董品というかゴミレベルな物もあり、床には「500個以上もある裸状態のマブチモーター」「動かない映写機」「ガスメーターみたいなもの」とか。
特に1m以上ある置物は何故か高く、象牙でできた宝船の置物 25万円もします。でも誰も見向きもしません。
とにかくカオスです。
で、客も昼間なのに多いです。しかし、耳を澄ますと いろんな国の会話が。ベトナム、タイ、ブラジル、中国語・・・アジアのあらゆる言葉が聞こえます。
やはり安いので物価の高い日本にとってここはオアシス。
で、せっかく来たので買い物。
@ CR2032ボタン電池5個セット 162円
A LR44 ボタン電池10個セット 162円
B LR41 ボタン電池10個セット 162円
D ソーラー、ダイナモ小型AMFMラジオ 900円
E サンシェード 320円

これで1706円 2000円でおつりきます。

@ABのボタン電池はこれ ありがたいです。 ダイソーは2個で108円だからかなりの破格です(大須の電気街パーツ屋より安い)
Dのラジオ これかなり良いです。小さくちゃんとバーアンテナあり音質も良い。同調するとLEDランプ点灯します。

こういう、掘り出しで当たりがでると嬉しいものです。
ウィキペディアで調べると、かなり激安で愛知以外も人もここに来る人が多いそうです。
ただ、雑然としていてリサイクル品も多いので潔癖症は無理かも。私は全然平気です、また来よう。
5月29日 毎度、アマゾンで買い物しました。(基本、高い買い物はしません 1万円以下です)
今回のブツは、「懐中時計」 なにゆえ?
時計は好きだけど、デジタルや電波式など時間に正確すぎて味気ないと感じ、で腕時計をアマゾンで見ても機械式はやけに高い。
しかし、懐中時計となるとかなり破格です。
私はスケルトンをどうしても欲しかったので、ベストセラーでかつお値段が、たったの「2188円」(輸送料別)とお値打ち。
レビューも☆3.8とまあまあですが、これは機械式なので個々に微妙な当たりハズレがあるので。
3日前に注文し、先程届きました。
これが今回の買い物した商品です。

ちゃんと鎖もあり、両面がスケルトン形式の機械式懐中時計です。
最初の感想は安い割りに精巧に出来ている点。重さもあります。上のボタンを押すと保護する蓋が開き全体が見える仕組みです。
リューズを回すとゼンマイが巻かれ(ちょうど10時あたりにあります)
時間あわせは、リューズを爪で少し力を入れて上げると「カチッ」という音で時針、分針を調節します。
機械式なので、だいたいの位置でセットします。
(機械式は、環境、温度、向きで1日30秒〜2分くらいずれます。ゼンマイも1日2回程回す必要あります)
でも、機械の動きは楽しく、コチコチという音が心地よいです。
レトロな感じも素敵です。
5月25日 以前、名古屋港線(貨物)の中川区の築堤、ガーター橋のレールが撤去・・と書いたが、実はまだレールは残っていて、かつ、ディーゼル機関車も動いています。
先週の、金曜日 夕方6時頃に、赤いDD11が単車で名古屋方面に行くのを目撃したからです。
夕焼け空をバックに1台のディーゼル機関車が動いているのは、哀愁があって良かったです。
昔は、ナゴヤ球場正門前駅や名古屋博覧会前駅といった臨時客車運用や、堀川の木材運搬や名古屋市場の品物の運搬など、昭和50年台まで活気あったのだが
その後、堀川の木材運河は埋め立てられ、名古屋市場も全てトラック輸送に切り替え、操作場は更地になり、その後、1989年の世界デザイン博覧会会場となりました。
現在は、レールを運ぶため週3往復のみの細々とした運用のみ。
これもいつか消えるかもしれないが、もうしばらく耐えて欲しいものです。
Youtube動画があったので2つアップします。

5月21日 スマホのGoogle Playアプリから、久々に有料アプリをダウンロードしました。
DAITOのパチスロアプリだが、一昔前のスマホでも快適に動作し移植度も完璧とあり、980円でしたがとても面白いです。
ただ、ダウンロードサイズが半端なく大きく、ギガバイトサイズで、ダウンロードに1時間以上要しました。
なので本体の容量は残り800MBしかない。
さすが完全移植なので音声や歌、アニメーション、ミッションなど完璧でした。
それでいて、パズドラより処理が軽いので本体の発熱が思った以上に少ないのが良いです。
途中で中断や終了も可能で、その時点での獲得枚数や台の設定も保持されるので、ちょっとした休み時間でもプレイできます。
でも、自分のスマホの画面サイズが小さいので少し迫力に欠けます。
やっぱり今発売している5、6インチサイズでやってみたいですな。
(というか、既に2年半も使っているのでそろそろ機種変更検討しなくては)
以上です。
5月17日 今週は、気温変化が著しく、体調不安定でした。
やっと土曜日。今日は1日まったりと寝ていたり、PC視聴していました。
私はいつも風呂で防水ラジオでAMラジオを聞いているが、ついにあの、NHKラジオの23時台にあった「wktkラジオ学園」終了!やった!
兎に角、若者向けに、深夜放送だが、芸能人がワイワイ、ガヤガヤとうるさくて、これ NHKなのか? と疑うほど耳障りな放送でした。
wktkっていうスラングも今更って感じ。(既に10年以上前に、2ちゃんねるで登場していたやつ)
長年聞いていた年配にはがっかりしていたのは当然。
しかし今日から土日の23時台からのラジオ深夜便が2年ぶりに復活。
ここで視聴者からの昔、聞いていたレコードの曲が流れ、ヴィレッジ・ストンパーズの「ワシントン広場の夜はふけて」が流れた。
自分は初めて聴く曲だが、なんかアメリカの西部の夕方の田舎を連想するまったりとした曲で気持ちよかったです。

次に流れていたのが「ペルシャの市場にて」ケテルビー作曲。これはどっかで聞いたことある人多いでしょう。

これもいい曲です。やっぱ深夜便 落ち着くわあ・・
最近はYoutubeで高音質で聞くことが出来るので便利ですね。
5月11日 数週間前、ドラゴンネストというオンラインゲームをやってみたが、これ表向きは明るく、アクション性も高く良さげだったのだが
ネットでのレビューとかを見ると「 超課金ギャンブルゲーム、 リアルマネー推奨 PT基準装備が狂気の沙汰 満たしてなければ即追放」
という危険なネットゲームらしいのです。
その課金というのがくせもので、廃人レベルだと新車1台か家1件分の課金が必要という、嘘みたいだが本当の話。
古参プレイヤーは廃人と棲み分けしているが、それでも他の日本産ネットゲームに比べれば高額課金必須のようだ。
それを知って、もうこのゲーム継続するの止めました。
韓国製ゲームだが、日本仕様版のシステムに問題あります。(せっかく難易度高いのをクリアしても得るアイテムが少なすぎかゴミレベル)
手に入れるまで数十万もつぎ込んだ装備も更新したら、ただのゴミクズアイテムと化としたり、新規参入者に配布したりとやって、古参ユーザーの怒りを買い
古参達がぞろぞろとゲームを止めた。現在はユーザー数がかなり激減し、ログインイベントというセコイ手で見た目多いと見せたりと酷い。
ユーザーの意見完全無視、課金重視仕様と化した現在、新参はPTお断り、古参止め、廃人しかいない世界となっている。
もしオンラインゲーやるなら、ちゃんとしたパッケージ版のMNOをやった方が良い。
まあ、私はMNOに時間かけたくないし、やる気力も無い(FF11の頃がMAX)
今はスマホでパズドラしかプレイしていません。
で、パズドラがいかに優秀なのか分かります。
(パズドラは課金は 魔石だけ 年齢制限あり、リアルマネー概念無し 無課金でも継続可能、運営から毎日のように魔石、たまドラ配布)
5月10日 4、5年ぶりに、大阪に散策しに行ってきました。
行ったルートは

@ 近鉄弥富駅(急行)→桑名駅
A 桑名駅(乙種特急)→大阪難波
B JR関西線 難波駅→新今宮駅
C 通天閣、新世界などを散策
D 阪堺電軌【阪堺線】 恵比寿駅→住吉電停
E 阪堺電軌【阪堺線】 住吉電停→浜寺駅
F 南海本線 浜寺公園駅→難波駅
G 近鉄難波駅【甲種特急】(アーバンライナーPlus + DX) → 名古屋駅
H 近鉄名古屋駅(急行)→近鉄弥富駅

という電車ばっかり乗っていましたw

Aの桑名駅 始めて来たが、弥富からすぐそこなのに、様々な鉄道があるのを知りました。養老鉄道養老線は元近鉄なので近鉄駅のホームの半分を
仕切りして、そこに質素な改札(自動ではない)のがあります。電車の見た目は名鉄そっくりです。

もう1つ、三岐鉄道北勢線 これ何と762軌間のナローゲージ!!黄色い小さな電車があります。始発は桑名駅からやや離れており、駅名も西桑名です。

ここ桑名から乙種特急(オレンジ色の12400系)から大阪難波まで。 全席指定席。土曜なので混んでおり、私の横に既に若い男性が座ってました。
とにかく、この12400系電車、騒音が大きく、狭い。乗り心地もイマイチ。停車駅も多いです。

昼少し前に到着、ここからJR関西本線に行くのだが、とにかく遠い!すべて地下通路で繋がっているので上部の案内表示が頼り。
15分経過してJR関西本線 難波駅に着いたが 人が少なすぎ 活気まるで無し
快速電車が既に止まっていたが余裕で座れた。 これそのまま乗って3回乗り継ぎすれば弥富まで行きます。やりたいとは思わないけど。

行くのは新今宮 2つ先の駅なのであっという間に着きました。

降りてホームからあの通天閣が見えました。そこを目指すと、どっかでみたことあるような光景が。そう新世界です。

派手な看板広告や飲み屋街が集中指定いました。観光地なので人がいっぱい。ちゃんとビリケンさんが鎮座していました。
でちょっと進むと通天閣です。写真撮ったが、もう知っている人多くネットでゴロゴロあるので割愛します。

せっかくなので入ってみた。入り口が無い・・と思ったら 地下から入るようです。そこで700円払って エレベータで2階受付。
意外と空いていました。
土産物屋だらけ、でまたそこからエレベーターで展望台に行きます。上っている間はちょっとしたエレベーターボーイの解説と液晶モニターの解説があり
天井にはビリケンがプロジェクターで浮かび上がっていました。

展望台はやっぱ小さく45秒で1周できます。で、自分 何気に進んだら仕切り(テープにより)を見間違えて観光写真に行ってしまい、コテコテ姉ちゃんずによる
大声の掛け声付き撮影されてしまいました。うっかりしました・・・ 気に入ったら買おて頂戴との事だが、買ってしまいました。
(1100円取られました)
通天閣、今の時期 何故か「きん肉マン」プロジェクトとかやっていて等身大フィギュアやら絵コンテとかいっぱい展示していました。
どうやら新世界100周年記念行事の公式キャラクターで作者ゆでたまごが大阪出身もあるからだそうだ。

通天閣は降りるのまでも大変。お土産ショップ内が通路なのでややこしい。商売根性ある大阪らしいといえばそれまでなんだが。

昼過ぎたのでお腹が空いたので新世界入り口付近にある、いい感じの昭和テイストある蕎麦、うどん、丼店。 「更科」という店。
中に入ると、昭和40年台の雰囲気、落ち着きます。親子丼食べました。美味しかったけど、熱かった。
腹満たしたので、通天閣本通を進むと、何やら、しなびた駅があった。
Dの阪堺電軌阪堺線。大阪唯一の路面電車です。これは乗らねば!
きっぷ売り場探したが、良く考えたら路面電車 固定運賃だったっけ。ここは一律200円。関西系ICカード使えます。イコカもOK。
ここの電車、非常に古く、昭和初期のも1両だけに走っています。
私が乗ったのはモ351系 今の時代には似合わず2ステップ式。
東玉出電停から、一般道路併用になります。駅間が短かったり、やたら長かったり。
地元では「チン電」というが、よく路面電車の発車のチンチンはこの路線では鳴らない。しかしすぐに分かった。
この電車、バス同様に停車ボタン「とまります」があり、これを押すと「チン!」と鳴るのだ。なるほど。
降りたのは「住吉」 のりかえで天王寺駅前に乗ろうかと思ったが、何じゃここは!!
同じ駅名のホームが至る所にある。何かここ3系統に分かれていて乗る場所によって上り下りの行き先が異なったり、朝夕数本しか止まらないホーム
とかありわけ分からん。
とりあえず3番とある電停にいたら「浜寺駅前」行きがきた。天王寺行きたかったのだが、どうせなら終点行ってやろうと乗りました。
その後判明したが、天王寺行きはここでは乗れず、隣駅の神ノ木電停まで歩いて乗らないと行けないそうだ。知るか!そんなの!

ここが、厄介な住吉電停付近です。(左中央のボロ小屋が司令室だそうです)
で、この終点の浜寺駅前まで 結構駅数あり遠いです。しかも電車が異常に揺れる!左右に脱線する勢いで揺れます。怖いです。
乗り心地は最悪です。
程なく終点 浜寺駅前。ここから100m先に浜寺公園駅があります。なに!?この駅舎、凄い! 洋風の味のある古い駅。

調べるとこれ 明治40年に建てられた駅舎。登録有形文化財に指定されています。
で、ここから南海電車で難波に戻りました。途中 堺駅で特急ラピート(通称青い鉄火面)が来ました。
15時30分頃に難波に着き、そこからまた、でら長い地下商店街通って近鉄線のりばに到着。
疲れたので、ここは奮発して16時発アーバンライナー特急+DX名古屋行きを指定、余裕で買えました。
DXはデラックスで新幹線でいうグリーン車。1シート+2シート(間に15センチ位間隔)で、ゆりかご式電動リクライニングシート、足の部分にフットレフトがあり楽です。
500円追加料金で良い座席に座れます。
来たのはアーバンライナーPLUS DXは1番前の1車両のみ(以前は2車両あったが)、トイレも綺麗で自動販売機もあります。
数年前は大阪過ぎると名古屋までノンストップだったが、今は途中 津に全列車停車します。
で、何と 移動式車内販売の売り子が復活 土、休日の名阪特急甲種(アーバンライナー)のみで、女性の売り子が細長い台車にお菓子、つまみ、飲み物、アイス等を
入れて販売していました。
昔 信越本線に乗った以来 在来線で久々に見ました。やるね近鉄。
さすがDX、凄い静かでシートも座り心地最高。同じ特急でもこうも違うとは! 甲種特急なので名古屋まで止まりません。
なので弥富には一旦改札出て、イコカカードで再度入り、ちょうど止まっていた急行 五十鈴川行きに。先頭車両に空きがあった(クロスシートなので)座れました。
18時30頃に弥富に到着。
一休みしてこの文章書いております。
疲れはあまり無かったのでここまで書けました。以上です。
5月7日 こないだ、静岡に帰省した際、駿府城公園散策の帰りに静岡駅パルシェに寄ったら、色々な新店舗がありました。
そこに、東急ハンズに似たロゴの店が。(東急ハンズロゴは両手人差し指だが、ここでは片手のみ)
まさかと思って3階に行くと、確かにあった。正式名称は「ハンズ ビー」 東急ハンズの姉妹店な感じで、提案型ライフスタイルショップで
小規模の店。主に文房具関係が多かったです。
これで市内に2店舗ある形になります。
でも、名古屋の高島屋 4階から10階ぶち抜きに比べるとやっぱ規模は小さいです。まああるだけでも便利です。
あと、呉服にある老舗「メチャ安 サイトー」まだ、しぶとく営業していました、中を見るとまさに昭和時代当時そのままのスタイル。
不況時代でも生き残って未だに営業しているのは、既に販売終了した商品のサポートがある点。
どんな古い商品の消耗品も扱っている点。
なので骨董レベルの電気製品や時計、万年筆などが鎮座しています。客は少ないが固定客がいるので営業続けていられるのと思います。
5月6日 鉄道の可動橋、日本では全廃かと思ったが、1箇所だけまだ現役という箇所があります。
それが関西本線の四日市駅からの貨物線で、太平洋セメント工場まで行く間にある「末広橋梁」である。
自分もよく、土日、深夜20時30分頃に弥富駅で退避しているのを見かけるこの貨物列車(昼間もあるが)、これがまさにそこに向かうものです。
可動橋にも2種類あり、かつて清水港線 巴川口にあった両端が上下に可動するタイプ。


もう一つが、片方だけ上がるタイプ。末広橋梁はこれに相当します。
あるサイトに稼動している動画があったので紹介します。


現在 国指定重要文化財に指定されております。通常は平日 5往復使用されており、曜日や特別時は増便されます。
(中部国際空港工事時は、土砂運搬に1日12回も開閉されていたようです。)
ここの名物?は、四日市から委託された係員が自転車でやってくることで、彼が来るとすぐに可動橋が動作します。
また、ここから南に200m先に、自動車、歩道者用の可動橋もあります。端には鉄道と同様の踏み切りがあり、中央に「臨港橋管理棟」から
道路を跳ね上げます。ここも動画あるのでアップします。

ここからそんな遠くではないので、来週実際に見に行きたいと思います。
5月5日 今日、さっき、静岡から弥富に戻りました。
朝4時に出たので東名高速、伊勢湾岸道 余裕の空きっぷり。6時40分に到着しました。(浜名湖SAで休憩込み)
静岡では、倉庫横に自分が東京から静岡に戻ってきた際の荷物が15年間放置してあったので、必要、不要の仕分けしていました。
外で15年も放置してあったのでもうほこりだらけ。
しっかしよくまあ、こんなに溜めたものだ。PC関係はもう時代遅れで媒体さえ今じゃ再生起動不可能、ドライバー無いので使用不可能なモノばかり。
でもFDDやMO、CD-Rとかは個人情報とかあるので慎重に仕分けました。
疲れました。
あと、TOP画面にもあるが、駿府城公園にも行ってきました。
5年ぶりに入ったが、何じゃこれ? もう観光地的な雰囲気になっていました。元野球場があった場所は跡形も無く自然の森に変貌し茶屋や庭園が出来ているし。
(でも自然が多いので 市民や観光客が寝っ転がったり、弁当食べたりしている光景が多いです)
巽櫓(たつみやぐら)や東御門、二の丸坤櫓(ひつじざるやぐら)、などかつての駿府城を少しずつ復元されていました。
天守閣跡地には妙な盛り土の山が堆積していて、これひょっとして天守閣復元の兆しなのかも。
でも駿府城天守閣の資料が少なく設計図とかもまだ発見されていないので復元は現時点では困難とのこと。
天守台は確定的資料があるので復元可能。
元々7階建て木造の巨大な城なので、今の法律では全て木造での復元は無理だそうです。名古屋城みたく中は鉄筋製なら問題ないが。