日付 内容
12月23日 連休最終日。殆ど近所付近で買い物したり散策したりしていました。
よく私はイオンで買い物しているが、弁当関係や惣菜は、「不味い」です。特にご飯。
ふっくらしてなくて、何か薬臭い感じ。
安いのはいいのだが、どうも弁当類は買わない方がいいと思う(以前 イオンで弁当に中国米を混ぜた事件もあったし)
しかしスーパーの弁当は ありゃダメだ。
逆にコンビニの方が美味しい。特にセブンの弁当はふっくらして美味しい。
会社近くの個人経営の弁当屋も旨い。
ファーストフードも最近のマックは最悪でさらに不味くなっている。値段は逆に値上げしているし。
なので最近はマックは行っていません。小中学生がうるさいし。
今はサブウェイやモスバーガーをよく利用しています。多少高いが味は保証付きだから。
さて明日から仕事だが、今年残り4日。金曜日は殆ど半ドンみたいな感じで午後はいつもの通り掃除や茶話会で終わります。
12月20日 あの有名な静岡おでん(紙パックに数種類の種 だし粉付き)が売っていたので買って食べました。
ああこの味だ。懐かしい。
静岡市出身の私としては、おでんは子供の頃から、夏のプール、駄菓子屋で幼少〜高校時代まで当たり前のように食べていました。
他の地方と違って、1年中売っていて、あのどす黒いつゆ、全て串刺し、はんぺんはもちろん焼津産の黒はんぺん、だし粉、カラシは必須。
このだし粉をかけて食べるともう最高です。
今は全国的にこの静岡おでん(しぞーかおでん)がB級グルメとして有名です。そういえば鉄腕ダッシュのソーラーカーだん吉でTOKIOが静岡に来た時も城島、達也が
葵区の駄菓子屋で食べていましたね。
自分はもっぱら駄菓子屋のおでんでした。油紙にくるんで輪ゴムで止めてテイクアウトできるのも今なお健在です。
今度実家に帰省するときは、大浜公園の駄菓子屋、または青葉公園のおでん横丁で食べてみたいと思います。
12月19日 師走の名の通り最近、仕事が忙しくなかなか更新できません。
でも明日が終われば3連休だ。仕事納めは27日。ここから6日まで年末年始の休暇です。
あと10日。頑張ってやるべき業務をスムーズにこなしていきたいです。
さて、そろそろ疲れたのでここまで。以上です。
12月15日 ニコニコ動画GINZAに強制的に移行されて約2週間、最初仕方がなくこれで我慢して見ていましたが、次第に慣れてきたのか、まあこれでもいいか
と感じてきました。
ちいさな画面から動画表示は、いまだ慣れないが、下の画面の関連動画一覧表示は便利だと思う。
CPUの負荷も多少重いが、この6年前のCore2Duo 1.9GHz搭載機でも負荷は35%程度。
今の所動画に関しては不満はあまり無いです。
12月14日 まだそのまま放置だった引越し時のダンボールを整理していたら、この時期に便利なブツが出てきた。
それは、「ハクキンカイロ」 それも2つ、専用ベルトも。
ハクキンカイロとは↑のリンクでも見れは分かる通り、ベンジンオイルを白金触媒で燃やして温めるカイロのこと。
大正時代からある携帯して暖を取るアイテムです。
今でこそ使い捨てカイロ主流で、このハクキンカイロを利用する人は少ないが、熱量、温度が半端なく高く、最大24時間、ベンジンあれは何度でも使えるエコな
カイロです。
今回、最初に買ったのと、無くしたと思い、1年前にネットで買ったものがあり、専用ベルトは2こ入れる事ができるのでこれを同時に使えばかなり身体がホカホカ
になります。
仕事現場が極寒なのでこれは手放せません。
12月8日 もうすぐ年末で年賀状のシーズンで電気店やPCショップではプリンターが毎度のごとく年末商戦で売っています。
しかし、最近は年賀状もデカイプリンターより、昇華型のキーボード付きの小型プリンターが人気あるそうです。特にエプソンのもの。
プリンターは個人向けに主に、キヤノン、エプソンの2強で、サイドにブラザー、HP、業務用ではリコー、ゼロックスがメインです(こちらはレーザープリンター)
自分も17年前から個人向けのプリンターを購入しました。
その購入のきっかけが、「プリンターのインク噴出箇所がブッ壊れた」に尽きます。
これから今まで買ったプリンタを紹介します。

■1995年■
MJ-500C EPSON
会社入社2年目に購入した初のカラープリンター、3色インク一体型、セミ720dpi 最初はカラーに感動したが、新機種がどんどん登場し、またインクジェット黎明期
だったので画質は最悪。黒インクもなく、黒はシアン、マゼンタ、イエローを混ぜた減色法で作り出すのでくすんだ色になってしまう。
写真はダメダメ。擬似720dpiで誤魔化して写真画質にする機能もあるが、インク消費量が半端なく、紙がしっとりするのが当たり前だった。
1年後にあの名機種が出るとPC雑誌で見てこれを見切った。これは部署にいた女性社員に無料進呈した。

■1996年■
PM-700C EPSON
完全写真画質をセールスポイントとした初の機種。完全720dpi。6色インク。川崎のPCショップで購入。とにかく色の発色が凄かった。
写真専用紙で印字するとさらに綺麗でマジで写真そのものだった。
これはかなり異常に大ヒットしたようで、あの天文ガイドの投稿でもこのプリンタで投稿するプロもおり、見事に特賞に輝いた。
3年ほどこれで頑張った。年賀状もこれでよく印刷した。


■1999年■
PM-800C EPSON
あの名機PM-700Cが再起不能の故障したため、ボーナスで買ったプリンタ。これは4ピコリットルの超微細のインク噴出になり、初のフチなし印刷が可能となった。
高速化もされ、印字速度も格段にアップした。
この機種独自のオプションにロール紙が取り付けられ常時フチなし印字出来るもので、見た目はまさにトイレットペーパー。
自分もこれ買ったが、あまりのロール紙独自のひん曲ががり具合と貧素なフォルムで早急に倉庫行き。
オリンパスから出た紙から声が出るスキャントークの自作出来るソフト「サウンドプリント工房」にPM-800Cが対応しており、一時期、声の出る絵本を自作していた。

■2001年■
CL-760 EPSON
PM-800Cがインク漏れによる印字エラー、その後異音により再起不能。ついにお亡くなり。
静岡に移動したので、とりあえず安いのでいいので、コジマ電気でカラリオライトの4色タイプにした。
しかし、買ってすぐにシアンが出なくなった、要するに初期不良。コジマに行き同じプリンタを無償交換。
エプソンのプリンタに不信感を覚え出す。見た目も安い作り。 まあ印字自体はかなり綺麗。
同じ頃にエプソン製スキャナも購入。兄貴の子供が3歳位に写真館で撮影したのを取り込んで印刷。
高価なプロ用紙(現在のクリスピアより更に高価)で高解像度で印字したので物凄く綺麗に印字されました。
実家に飾ってあります。

■2006年■
MP500 Canon
4月15日購入。CL-760 がまたもやインクタンク故障のためジ・エンド
もうエプソンのインク詰まりにはうんざりしたので、キヤノンの複合機 ピクサスMP500を購入した。
複合機のためかなりデカク 重い。
しかし速度は高速で画質も文句ない(以前まではキヤノンの写真画質はエプソンよりかなり劣っていた)
スキャナも付いているのでPC無くてもコピーできるのが嬉しかった。液晶モニター付きだが小さく液晶ドットも荒いのでSDメモリとかの閲覧が見辛い。
両面印刷、CD印刷対応。

■2012年■
MG6230 Canon
12月15日購入
愛用していたMP500 インクタンクからインクが出なくなり、タンクを取り外し、ネットで書いたあった修理法でも印字されなくなってしまった。
修理に出そうかと思ったが、高くつきそうなので、それなら最新機種買ったほうが良い。
近所のエイデン(現エディオン)で特別特価15980円と複合機としてはかなりお値打ち。
現在の主力機種です。
液晶モニタ画質がかなり鮮明で3インチでかなり見やすい。操作ボタンが平面タッチパネル式で触れるとカラフルなLEDが浮き出るシックなつくり。
用紙トレイもMP500ではおもちゃっぽかったのが、こちらはがっちりした作りになっています。
印字画質もよく、とにかく高速です。モノクロならレーザープリンター並みです。
無線LANによるスマホなどの遠隔操作も可能。印字開始するとフロントパネルが自動開口する。

といったところで結構プリンター買い換えています。
プリンター全体に言えますが、本体は年々安くなっているが、相変わらず「インク代」が高すぎです。
高い理由は、メーカーはインクで利益出すため 消耗品で儲けを得るため高く設定しています。
さらに最近は互換インクもあるプリンターでは認識拒否というものもあり、純正オンリーらしいです。特にE、C社。

特に盲点がインク詰まり、又は久々に使用する事によるタンク洗浄機能です。これはかなりインクを消費します。さらにそのインクカートリッジを拭く綿みたいな部分が
ベタベタになり故障率が高くなります。
こういう場合、個人で修理はほぼ不可能で、メーカーで修理となりますが、高いと1万円以上かかると思われます。
個人修理体験記のサイトが結構ありますが素人がこれをやると逆に1発で故障になるので、技術やその筋の知識が無い場合は止めたほうが良いです。
やるなら壊れて元々のぼろいプリンターでやったほうが良いかも。

で今後買うとしたら、どのメーカーが良いか。それはブラザー工業です。その理由は今度紹介します。
12月3日 スクウェアエニックスからスマホ版 ドラクエI が無料でプレイ出来ると聞いて早速ダウンロードしてプレイ。
その前に約2年前の私のスマホでプレイできるのか?と不安があったが、あっさりプレイできました。
あの懐かしいドラクエIのリメイク版で、グラフィック、BGMが向上しているのは当たり前。
もちろん、セーブもメモリ内に普通にセーブできます。
やってみて、気になるのが操作性。
タッチパネル式なので村人とか戦士などに話しかける反応が悪い。イライラします。
フィールドで戦闘後の経験値、ゴールド獲得とかのメッセージのタイムラグが遅い。
自分のスマホの性能のせいかと思ったが、どうやら多数のプレイヤーが同じ事を書いていました。
多少操作しやすくするには、「さくせん」→「せってい」→「ボタンはいち」→「上下左右のボタンのおおきさ」を「小」にする。
これで本当に微妙ですが操作しやすくなります。
あと、スマホ板はかなり難易度低く設定されており、スライムなんてHP2しかありません。
重要なアイテムの場所もキラキラ光っており分かりやすなっているので、サクサク進むと思います。
まあ、無料でプレイできるので(スクエニにしては珍しい)のんびりプレイしたいと思います。
話は、変わるが、寝室に「こたつ」導入しました。
ふわふわした毛布を敷いたので、あの冷たい畳から解放されます。
コタツ本体以外は弥富のイオンで全て調達。結構安かったです。