日付 内容
9月26日 何気にインターネット辞書Wkipediaの「静岡駅」で検索したら、一部の内容が私の静岡市の廃線のレポートと
非常に酷似している内容があるのを発見。
1年前はこの記述が無かったので追加されたのでしょう。

以下が記述内容

以前は南口から南東方面に引込み線が長く延び、カネボウ松林工業薬品静岡ガス、大浜製紙などに貨車を牽引する機関車が走っていた。また南西方向にも西武建設の砂利採取場の引込み線が存在した。これらはカネボウ、静岡ガス方面が昭和30年代、西武建設側が昭和40年代までには全て廃止となり、区画整理が後に進められた事から痕跡は殆ど存在しないが、新幹線の安倍川を渡る手前に引込み線跡のガードが残っている他、ツインメッセ静岡周辺に線路の跡らしきカーブを描く道路や踏切の跡である道路の隆起などが残っている。

というもの。
2行目の西武建設の箇所は、他のサイトの静岡市の廃線関係でも載ってなかったので私のサイトを拝借したかも。
まあこの辞書は、一般ユーザーでも項目を追加することができるので誰かが追加したのでしょうね。
9月25日 休暇中、どこにも出かけないのは勿体なので、名古屋市美術館に行ってきました。
大須の近くの白川公園内にあるので自転車で余裕の距離です。
名古屋市科学館の横にある白い綺麗な独特な建物で主に日本の画家がメインです。
現在 「躍動する魂のきらめき 日本の表現主義」 というイベントが開催中です。
観覧料は1000円、ちと高いが払って中に入りました。
さすが平日昼間、ガラガラです。5、6人くらいしかいません。
1階は油絵、掛け軸がメイン。あまり美術の感性は無いが特に2階の建築画がなんか懐かしい風景の絵で
目を奪われました。
空想の建物、昭和30年末期で消えた帝国日本らしい威厳ある建物はミニチュア模型もあり良かったです。
こういう建物に一度は入ってみたいです。
画家は主に大正時代に活躍した絵画が多く、人物履歴のパネルを見ると、ほとんど20〜40歳で逝ってしまった
画家が多い。結構短命だったようだ。(結核率高い)
ここは絵がメインで、立体彫刻物は数点。彫刻物は静岡県立美術館やMOA美術館の方が有名なのが多いです。
でも、ぶらりのんびりと余裕で落ち着いて観覧できたので良かったです。
帰りは大須を通っていつも買い物いくルートで。毎度思うのだが、あの「新堀川」のヘドロ臭さは何とかならんのか。
なにせ源流が無い(掘留水処理センター基点)し、年中 こげ茶色&灰色で異臭漂っている。
都会の性かもしれないが、東京みたく積極的に川の清流化事業を起こして欲しいものです。
9月24日 木、金を有給休暇にしたのでまだ連休中です。
世間は平日なので朝起きると、目の前の小学校から児童の声が良く聞こえます。
で、今日は庭の手入れをしました。
またニコニコ動画でまた面白い、美味そうな動画を見つけたので貼っておきます。
実写版アンパンマンはあまりにもチープさに爆笑してしまいました。


9月23日 何気に、ネット散策したら、国土地理院の国土変遷アーカイブスという、戦後から現在までの
全国の空中写真を閲覧できるサイトを見つけた。
とくにびっくりしたのが、私が今勤めている職場が、40年前は海であったこと。
ほんと何もなく、20年前は高速道路すら無い。
また、実家静岡市の1966年の写真なんかは、家の周り畑だらけ。
国道150号線が無く、東名高速道路が建設中です。
さらに戦後翌年の1946年の写真は、何も無い。1箇所に民家が集中し、その他は畑か荒地。
藤枝市の下のほうには駿遠線の路線がちゃんと見え、2両の軽便鉄道が走っている光景も見えます。
200dpiでもっとアップで表示されます

・新藤枝駅から東海道本線を高架で渡るカーブが駿線線(北に行く大手線も見えます)→写真
・大井川の木橋と、2両の汽車が走っているのが見える(画面中央やや右上あたり)→写真

こういう地方でも古い写真を閲覧できるので既に廃止された鉄道や風景を見ることができ、
1975年の実家付近の写真を見ると、幼いころ、父親と車で用宗港へ遊びに行った記憶が蘇ります。
(パチンコミマツの反対側は全て畑で、途中1件のお店で菓子パンを買ってもらい用宗港の岸壁で
食べ、イソギンチャクと戯れていたのを思い出しました)
9月22日 あまりにも暇なんで大須電気街のパーツ屋行って、電子工作キットを買ってきました。
今回のブツは世界最小AMラジオ。基板の大きさ1cm×1cm
この中にトランジスタIC、トランジスタ、抵抗、コンデンサ、電解コンデンサ、コイルが入るわけです。
部品点数は少ないが、ただ、あまりにも小さすぎるのでハンダ付けはかなり熟練でないといけません。
とにかく端子と端子の隙間が0.2oくらいしかないので短絡が起きやすいです。
なので、ハンダ吸い取り線が必須となります。
ようするに、多少大盛りでもいいのでハンダ付けしてわざと短絡させます
その後にハンダ吸い取り線をその盛った箇所に被せてハンダコテを2秒くらい付けると吸い取ります。
すると微量のハンダが端子の部分だけ綺麗に残るワケです。
ただあまりにもハンダ吸い取り線を5秒くらいつけると、全部ハンダを吸い取ってしまう可能性があるので
2、3秒がベストです。
この技はニコニコ動画 電子工作カテゴリから参照。

のんびり1時間くらいかかって完成。
コイルは、上の写真のやつと、この1/3サイズの小型コイルがありますが、感度優先のため
こちらを使用します。電源は1.5V。キットにボタン電池が入っていたのだが、既に1V切っていた不良品のため
単3を使用しました。
選局は付属のミニドライバーで基板にあるトリマーを回すことで選局。ボリウムはありません。
視聴は付属のイヤホンで聞きます。で感度はかなり大音量!
ただトリマーが小さすぎるので選局はシビアです。たまに混信します。
一応聞けた局は「NHK第一」「NHK第二」「CBC」「東海ラジオ」の4局。NHK第一がやたら感度高いです。
これならスピーカーでもと付けてみたが、ちょっと音が小さいです。どうやらイヤホン用です。
消費電力が少ないのでかなり長時間聞けそうです。
まあ暇つぶしにはちょうど良かったです。
9月19日 今日から長期連休。ゆっくり過ごせます。
久々に明るい日差しで栽培植物を見ていたら、あのミニトマトに小さな実が何箇所かに出来ていました。

まだ大きさはパチンコ玉くらいの大きさしかないが、これが10個位ありました。
しかも花もどんどん咲き、その中に超小型の実があり、これを入れると20個は超えてます。
今まで幹だけ伸びまくり(120センチ強)肝心の実が無くヤキモキしてましたが、やっと実がなりました。
あの2ミリくらいしかない種からここまで成長したも感慨深いです。
だいぶ前に種から育てた植物にトウモロコシとかイチゴもありましたがこれは途中で枯れてしまいました。
鉢植えにトウモロコシは無理だったようです。
でもゴーヤは初めてにして大成功で、今でも5個くらい、でっかい実がぶら下がってます。
(収穫は5個で、そのうち2つは親が、残りは近所にお裾分けしました)
来年は小さいながらも畑を整備してミニ庭園を屋根付きで設計したいと思います。
9月18日 今使用しているPCの液晶ディスプレイが15インチと小さいので、最近のWebやネットゲーム、動画などを
表示するときは非常に窮屈です。
最近の液晶ディスプレイはかなり安くなってきているので今日思い切って買いました。
もちろん、大須のドスパラです。ここが一番安いので。
で、物色すると、1万円台で21インチワイド型がいっぱいある。ここまで安くなってきているのか。
まあ、メーカーは中国や韓国製なので安いだろう。
でも、最近はLGやBenQ、acerなど名の知れた韓国、中国メーカーがあり性能も良くシェアも1位になって
いたりします。
で、私が考えた末決めたのが、LGの22インチのワイド液晶。「L227WTG」値段は14980円!安い!

買うとき店員が「ドット欠け(抜け、落ち)があっても保証外です」と言っていたが、これはしょうがない。
今の技術では完全にドット欠けを100%消すことは難しい。
なぜか任天堂の液晶のような小型液晶なのにドット抜けの確立が高い(現在は保証で無償交換可)
(プロ用、映像業務用、ハイエンド機はドット欠けは超高度な製品検査しているので出荷されない)
なんでこの価格帯では運です。
早速家に戻り、15インチの液晶ディスプレイを外し、そして箱を開けました。
でっけえ!!!
付属品もケーブル類が3種類入っていたりとおまけが多いです。
では、モニタ電源を入れる。「どうか、ドット欠けがありませんように・・・」
初期画面の黒画面ではどこにも欠けは無く真っ黒です。まずOK
PCの電源を入れ、デスクトップ画面でも問題ありません。
そして、念のためペイントブラシで「赤」「青」「緑」「白」を試したが問題無し!!
良かった。幅ギリギリで置けるかなと思ってたが、PCデスクに左右多少4センチくらい余裕があり、外部SP
も置けたので良かった。
で、解像度は最大「1680×1050ドット」!広すぎです。
もちろんデジタルRGBなので文字がくっきり。インターネットも広々で凄い感動しました。
9月13日 最近、朝、夜がめっきり涼しくなりました。空を見ても秋独特のうろこ雲や巻雲が見られます。
こないだマウンテンバイクを買ったので、これでぶらぶらと町内を散策してきました。
風が涼しく天気も濃い晴天で気持ちよかったです。
でも今年は夏は1ヶ月も無かったですな。
で、ゴーヤの方も涼しくなったせいか、成長も鈍くなり成熟期を越したようです。
でも実の方は順調に成長して窓越しからでも、7個くらいぶらぶらと風に揺られています。
縁側部分の実はすこぶる良い形ですが、陽の当たらない奥の下の方は小ぶりでしかも既に黄色く
なっています。もうこれでは食べられないので放置して爆発→種収穫にします。
9月11日 日本のH2B(HTV)ロケット、無事打ち上げ成功しました!
ニコニコ動画でもうアップされていたので見ましたが、打ち上げの威力が半端無い。
メイエンジン(第1段液体ロケットエンジン)2機、SRB-Aを倍の4機搭載、タンクの直径を5.2mと
一段と大きくなり、打ち上げの瞬間は、まるで火の玉のように明るかった。
その後の音がロケットとしては初めて聞く音。
コオオオオーーキイイイーーーンとまるでジェット機が発射する音が出ていました。
重力脱出速度がかなり速い!
その後も、SRB-A第1、第2ペア分離、衛星フェアリング分離、第1主エンジン燃焼停止、
第1、第2段分離と、地球周回軌道まで100%の出来です。
あとは、1週間後にHTVが高度400キロ上空にある国際宇宙ステーションに無事ドッキングするのを待つ。
来年でスペースシャトルが退役するので、これが唯一の資材運搬する手段だ。
今回無事成功すれば、日本の宇宙技術がさらに世界から注目されるので頑張ってほしいです。
  9月9日  9月6日 前と同じ日付です(日記は9月9日に書いてます)
ゴーヤチャンプルーを作りました。手料理は2年ぶりかも

ネットに調理レシピがあったので印刷し、それを見ながら料理しました。
まず、ゴーヤを洗い、真ん中で輪切り、横半分に半円で切ります。
中のわたをスプーンで取り除き、3〜5oくらいにスライスします。
軽く塩を振り、湯通しして苦味を弱めます。
あとは、木綿豆腐、ひき肉を炒め、そこにゴーヤを入れ、強火で炒めます。
3分ほど炒めたらとき卵を入れごちゃ混ぜします(ごちゃ混ぜが沖縄でチャンプルーという意味)
そして、ゴーヤチャンプルーの素のソースを入れしばし炒めて完成。
味見してないので、どんな味になったのかは実食で。

スーパーで買ったおにぎりセットとお茶、そしてゴーヤチャンプルーです。
あんまし綺麗な出来ではないが、実食!
「美味い!」ソースがちょっと濃い目ですが、結構いけます。
やはり自分が手間隙かけて育てたのでひとしおです。
ゴーヤはあの独特の苦味はありますが、それほど苦みは弱まってます。
ああお腹いっぱい。
手料理は久々だが、学生時代、東京にいたころは、殆ど自炊だったので問題なかったです。
今度取る予定の2号以降は、別の料理や、ゴーヤ茶に挑戦しようと思います。
 9月6日 ゴーヤ1号 ついに収穫しました。

長さは約30cm。色もはっきりした緑で、太さも問題ありません。
重さはだいたい300gくらい。スーパーで売っているのと同じくらいです。
今晩あたり、これを料理してみようかと思います。
やはり定番のゴーヤチャンプルーでしょうかね。レシピはいろんなサイトで紹介してあるし、
最近はゴーヤチャンプルーの素というソースも売っているので後で買ってこようと思います。
今のところ、今後1週間以内に収穫できそうなのが3つ。
栽培には土の肥料と水で育ち、一切農薬は使用していません。まあゴーヤは苦いので虫は殆ど
食い荒らす事は無いです。
実になりそうなのが12個!!超小型の雌花は20くらい!ありそうです。
あまり取れすぎると保管に困るが、まあ9月の連休ころに親が来るので、おすそ分け含めて
もって行ってもらおうかな。あとは会社の人とかにも。
 9月5日 ゴーヤもデカイやつは、30センチくらいまででっかくなって、明日頃収穫します。
そのままだとそのうち黄色くなって爆発してしまう(本当)ので、緑色のうちに収穫しないといけません。
触ってみると結構硬く、重いです。これなら問題ありません。
しっかし、初めて本格的な家庭菜園、しかも種からはじめてここまで育つとは思いもしませんでした。

他の2号、3号も15cmくらいになって、ぷっくり太ってきています。

全体の一部を撮影(ベランダ上空や他の木に乱入したのがあるので)
もう、どの鉢から出た枝かを捜すのは困難なくらい茂ってきています。
こう複雑な画像はデジカメをJPEGデータはそれなりのサイズとなるので50%の圧縮にしています。

もうひとつの栽培、「ミニトマト」も背丈70センチまで伸びて、今日見たら、黄色い花が咲きました。
これも種から育てました。このまま順調にいけば1週間後には実がなりそうです。
茎もかなり太くなりがっしりしてきたので、日陰から日なたに鉢を置き日光浴させます。
水やりは1日1回、たっぷりやって放置です。肥料はこないだ紹介したパワーボールを置いてます。
こういう時、縁側(屋根付きベランダ)はありがたいです。雨は大敵ですから。
明日くらいにゴーヤ専門のコーナを1つ設ける予定。(ガーデニングをこっちに変更します)
 9月3日 ニコニコ動画に私は6つ(公開は3つ)の動画をアップしています。
で、全て、Windowsにあるムービーメーカーと高画質化FLV変換ソフト(フリー)のみで作成しています。
動画映像は、カシオのコンパクトデジカメのHQ(ハイクオリティ)動画モードで640×480のニコニコ標準の
画質でまた、モーションJPEGなので、動画をそのままムービーメーカーに入れることができます。
殆どが科学カテゴリーであと音楽1つです。
なるべく真面目で簡単に実用出来るもので、ギャグやオ馬鹿系は一切ありません。
なんで、再生数やマイリストは少ないけど、それでも自分で作った動画にコメントがあると嬉しいものです。
たまにキツイコメントやこういった風にして欲しいといったコメントもあるけど、
殆ど感心するコメントですのでやはり嬉しいです。
動画アップのきっかけは、殆ど「ピーン」ときた思いつきを現実化したものです。
今回の短波ゲルマラジオも昔作ったのを思い出して再現しました。
予想以上の感度で自分も驚いています。
以下が私が公開してアップしているものです。残り3つはヒミツ