日付 内容
 1月27日 先週(1/18)↓の日記の結果です。
十分持ちました。しかも大して電圧低下はなかった。
この黒い物体を先週は「鉛蓄電池」と書いてあったが、正確には

であった。英語表記なので電子辞書で確かめると「再充電式 密封形 鉛酸バッテリー」となる。
インターネットで調べると、 陽極・陰極間と希硫酸バッテリー液の硫黄分子で起こる反応によってエネルギーを放出する仕組みとなっていて、小さいながら、安価で安定した大電流が取り出せるとある。
設計はUSAなってるが、このようなバッテリーは中国産電動自転車に使用されているようだ。
どうりで、大須アメ横の中国人が経営しているLEDパーツ屋にあるはずだ。
(ちなみに、9割近くが中国製です)
でも、性能は良く、携帯電話の充電でもフルに充電しても余るくらい電気が残ってました。
今日は快晴だったので、太陽電池で充電しておきました。
でももうちょい太陽電池の電流が少ないので、あと2枚くらいパネル(14V 0.1Aの小型の方)を
増設しようと思います。
 1月18日 もう正月シーズン過ぎたのでトップ画面を変えました。
ソーラ用手作り充電装置です。電気出力用に2系統用意している(5.1V、6.5V)ので
これに適したやり方で、USBで携帯AVプレイヤーを充電しながら音楽用スピーカーで音楽を聴くこともできます。
それが今回のトップ画面。
音楽スピーカーは単4電池4本、6Vで動作します。
充電式のニッケル水素の単4も買ったのだが、充電電池は1本1.2Vなので、4本で4.8Vで全然電圧足りません
なので10分もたたないうちにスピーカーの電源落ちてしまいました。
しかし、今回のは6.5V(最高電圧時7.1V)の鉛蓄電池と、ソーラ用ニッケル水素電池15本(6.2V)を内蔵した
手作り充電&出力装置を使用しています。鉛蓄電池は、自動車用バッテリーのようなもので、これの小型版
です。以前の日記(2007年12月14日)で黒い塊の写真の奴がそれです。
大電流放電し、長時間でも安定した特性があるそうです。
ただ、これは理論上で、実際に実験したことは無いので、今回これを車のダッシュボードに装備し、
どんくらい持つか実験します。
 1月16日 久々にパチンコやって、4箱取ったので、何か景品ないかな〜と見ると、小型昇華プリンタがあった。
キャノンの新型で2500発だったのでゲットしました。残り3つしか無かったので人気あるようだ。
家に着き早速開封。実は以前、こういうタイプのプリンターがあったが故障してお蔵入りでした。
しかし、パチンコの景品でこんな最新型があるとはねえ。
ネットで調べると定価\11189 平均価格\9800。安くて\7000と結構お手ごろな値段。
これなら2500発(\10000相当)もうなずけます。

,MS&CF&SDカードスロット、デジカメのピクトブリッジがあるのでPCが無くても、
これ単体で印刷できます。
USBケーブル(30cm)が内蔵されているので、対応デジカメではこれだけでOKです。
また小さいながらカラー液晶モニターがあるので、実際画面を確認して印刷できます。
とりあえず、PCに繋げてみました。(ドライバCDをインストールすると自動認識)
私は既に、キャノン製のPIXUSがあるので、ツール類は入れる必要ありません。
Easy-PhotoPrintという、印刷用ソフトがあるので、これでFF11のスクリーンショットを印刷してみました。
昇華プリンタなので、印刷用紙が出たり引っ込んだりして、インクリボンから色が追加されていきます。
要するに熱転写プリンタである。カラーなので、
イエローで印刷→マゼンタで印刷→シアンで印刷→オーバーコートー(保護膜)で1枚に計4回印刷します。
時間がかかると思うが、実際は50秒程度で完了しました。
印刷画質は結構綺麗です。
大きなパチンコチェーン店は、結構面白い電化製品が置いてあるので、見ていて楽しいです。
同じ2500発で7インチ液晶車載TVもあり興味があったが当然アナログTVなのでやめました。
 1月13日 ニコニコ見てたら、これまたびっくりな動画があった。
ARToolKit」での初音ミクの仮想世界立体映像
初めて見たときは、なんじゃこりゃ!という感じで、口があんぐりです。
個人レベルでここまで出来るのかと感動しました。

日本の技術の底力を見せつけられます。
もっと驚いたのが、このツールがて無料で公開されていることです。
WindowsPCと、VisualC++、このツール、プリンタ、USBカメラで出来るそうです。
ある程度プログラム知識無いと出来ないけど、サンプルデータがあるので、試す分なら、
USBカメラ(ロジテックのQcamなど)買うだけでOK。
興味とやる気と1万程度(USBカメラ)があれば、仮想世界を自宅で体験できるのです!すげー
 1月12日 何気にサイト巡りしてたら、コレダ!というフリーソフトをゲット。
それは、「craving Explorer」というソフトで、ニコニコ動画やYouTubeの動画を、FLV、AVI、MPEG、MP4(ipod)、MP4(PSP)、SONYのNW-A800、音声のみのwave、MP3に何でも変換する素晴らしいソフト。


動画保存の失敗もまず無いので、お宝動画をどんどんゲットできます。
画面も、IEにほぼ酷似で初心者でも使いやすい。
あとは普通にニコニコ動画を検索し、変換形式を指定しボタン1発で自動保存。
しかも日本語なので分かりやすい。
PCで保存して見るのも良し、PSPや携帯電話に入れて見るのも可能!
ニコニコなどは、動画がある事情であっという間に消えてしまうことが良くあるのでこれは必須です。
これがフリーソフトというのだから凄い。
良いものゲットしました。
 1月11日 帰宅時に近所のセブンイレブンに晩飯を買いにいったら、こんなもの売っていたので、面白そうなので
買ってみました。

コカコーラに、何とリモコンカーがセットに入っているのだ。お値段\792

4種類あり、私は生まれた世代の1970年代を買いました。
大きさは、かなり小さくチョロQと同じくらいです。それでもなんと赤外線リモコンで走るのだ。
しかも前進、後進、左右とちゃんと動くのだ。
電池も既に入っているので、絶縁フィルムを引っ張ればすぐに遊べる。
で、リモコンもこれまた小さい。

上の写真の自販機みたいのがリモコン。マッチ箱くらいとこれまたちっこいw
リモコンカーの電源SWと、リモコンの電源SWを入れればOK。
電源は、ボタン電池LW44というボタン電池界ではメジャーなやつ。
さっそく走らしてみた。
おっちゃんと走る。でもなんかまっすぐ走らないな。でもこういう場合に備えてリモコンカーの前輪箇所
に微調整トグルがあるのでこれをいじればOKです。
こういう景品のたぐいは電池交換不可のが多いが、これはちゃんと電池交換可能になっているので
電池が切れても電池交換すればまた走るのは好感もてます。
(連続30分走行可能と書いてある)
また、これ違う車種を買えば、最大4台同時走行可能だ。
これと似たチョロQステアは\1200で、これはコーラ500ccとセットで\792コーラ代\150として差し引いて
\642なのだから結構リーズナブルだ。
ちなみにセブンイレブン限定品なので、すぐに消えてしまう確立高いです。
対戦用にもう1本明日でも買ってこようかなw
 1月7日 今日から本年の仕事開始。久々の出社で休みボケてましたが午後には仕事に慣れてきました。
帰宅し、Yahoo見てたら、あの寝台急行銀河がとうとう、3月に廃止されるそうだ。
東京−大阪という短距離での寝台列車で急行という等級でいつかは廃止になると思ったがとうとう今年
3月に消えてしまいます。なんか残念ですな。
しかし、2009年春頃には、寝台特急「富士」「はやぶさ」も廃止されるらしい。
あの昭和テイスト漂う郷愁寝台列車ももうすぐ消えてしまう。
私は列車の一人旅が好きだが、なぜか寝台列車は1度も乗ったことがない。
廃止前に1度乗ってみたいです。なるべく今年中に。(廃止直前はまず混むから)
北斗星も1日2往復から1往復に減るそうだし、3月のダイヤ改正は目に汗が出そうな感傷になりそう。
 1月3日 実家から名古屋に戻ってきました。
行きは東名スムーズだったのに、戻りは、至るところで事故&故障車で渋滞。ざけんな。
どういうわけか、必ず岡崎周辺で渋滞だ。
特に、煽る奴、こいつが事故る原因となり得る。車間距離完全無視の前の車の2m前後に接近し、
前の車がブレーキかければ、事故率100%だ。こういう気の短い&キ○ガイは迷惑だ。
私はなるべく左車線で走る。たいてい急ぐ車は追い越し斜線へ移動する。
前にあまりにも遅い車がある場合は、追い越し車線の状態を見て車間距離を
開けてウインカー表示し追い越す。煽りは絶対しない。
結局家に着くまで4時間もかかりました。
は〜疲れた。