日付 内容
8月26日 ゑゑっ!!ポータブルプレーヤーの老舗Rioが撤退・・・
ヤフーのニュースに載っていた。最近アップルのipodの人気のせいで、経常利益がた落ち。
むう、がっかりである。
Rioはデザイン、性能的に良いのだが、突然電源切れたり、ダイレクト録音の音が酷かったり、
フリーズしたり、最初の音の部分が切れていたり・・ってマイナス部分が多いではないか!
これでは売れないな。
まあしばらくは(D&M)という会社がサポートするらしい。
あと、PSPって最近ぜんぜんソフト出てないなあ。
でもAV機能がずば抜けて性能良く、最近ファームウェアがVer2.0にアップしたし、ゲームが無くても
十分元は取れています。
買って損はないですぞ。
8月21日 愛知万博に行ってきました。一言、「物凄く疲れた!!」とにかく広すぎます。
この日に選んだのは、大雨で人が少ないと思って。
しかし現実は違った。やはり混み込みであった。飯食い屋は満席、人気パビリオンは1時間〜2時間待ち。
俺と同じ考えで来た人がどっと来てこうなったのかも。
で私は、名古屋に住んでいるので最寄駅のJR鶴舞駅からエキスポシャトルで万博矢草へ直行。
35分で到着。
リニモには初めて乗ったが、スーという今までの粘着レールとは違った感触でした。
2つ先の万博会場に3分ほどで到着。広大な土地にいろんな施設が至るとことに。
こんなど田舎に突如この風景はびっくりします。
大雨警報が出ているのにこの人だかり。やはり本物の万国博覧会は違うな。(85年の筑波博以来です)
ゲートには持ち物検査が。ニュースでよく、ペットボトル禁止とかあるが、そのままである。
とにかく持ち物検査が結構綿密にやる。飛行機の搭乗手続き並の厳重さだ。
もちろん金属探知機ゲートもあります。で私はひっかかりました。財布が原因だった。
とにかく食い物関係の持込の徹底さは厳しいです。
でなんとかクリアし、無事会場へ。
さて、どのパビリオンから見ようか・・ちょうどゲート近くにJRのリニアが展示してあり、超伝導リニア3Dシアター
が60分待ちであったのでそこに並んだ。
けど予想よりも早く内部に入れた。20分程度。
なんか以前ジョーズ3の映画で見たように3Dメガネを渡された。どうやら裸眼立体ではなくこの偏向式である。
最初、鉄道の歴史を見て、そして例の3Dシアターへ。前から3列の中央。まあまあの位置です。
3D映像は前に飛び出るというより、画面の奥に引っ込んだ映像という感じ。
で肝心の時速500`以上の世界。なんか、右左の線路際で撮ったり空撮だったり、
CGだったりで迫力あまりなし。
普通は、運転席正面から時速0から徐々に速度上げて500`に到達のアングルにするだろ。
なんかがっかり。
その後、グローバルループを一周。結構長いです。
そこでよく目に着くのが車椅子に乗っている人の多さ。
なんか異常に多く見かけます。そんなに障害者いるのかいな。
まさか人気パビリオンに優先で入れるための偽障害者が侵入しているのかも?
まあそこ気にしたらきりが無いので、いろいろ外国館を体験。
もちろん、行列の少ないアジア付近のパビリオンだ。でも面白かった。
途中、大地の塔とかという茶色い地味な塔があった。ここは世界最大の万華鏡があるとのことだが
話によると、ずっと上を見続けて単に首が痛くなるだけの糞っぷりらしいので見ないことにする。
南アフリカ、ドイツ、フランスとかはアホみたいに大行例でした。
ぶらぶら歩くと、いきなりのスコール。並んでいる人にはかなり酷な天気だ。
しばらくすると、例のトヨタ、日立の万博の目玉パビリオンが。だが既に本日の入場は無理だった。
4時間待ち・・・ディズニーランドかここは?
すでにこの時点で自分の体力も半分程度に低下。なんであと1つパビリオン見て帰ることに。
で、そのパビリオンは、三菱館。60分待ちだが、大量に人数入れるのでそこに並んだ。

予想通り60分後に入れました。最初、黄色いロボットの漫才を聞いて、中に。
そこは椅子もないどっかの地方科学館の一室みたいな場所。まさかこれだけ・・・と。
と思ったらこれは前説。その奥にそのパビリオンのテーマ、もしも月が無かったらのCGショーが。
とにかく、びびった。凄かった!!!演出が凄い。
3Dではないが今までのシアターで1番の出来です。マジで。
これで元は取れました。
午後5時なんでだいぶ疲れたのでそろそろ帰宅。
パビリオンによってかなり期待度の落差が激しいすぎるのがこの愛知万博と感じました。
午後6時に着きました。もう足が棒のようでクタクタ。グローバルループを徒歩で1周したのが間違い。
無難にあのグローバル・トラム(3両編成の電気自動車)に乗ればよかった。
8月20日 先週、実家に帰省し、家でごろごろして、ふとちょいと古い静岡県の道路マップがあった。(1983年)
そこには、在りし清水港線や、二俣線(現:天竜浜名湖鉄道)があった。
最初のページに静岡県の全体地図があるのだが、そこに何やら謎の路線、恐らく森林鉄道の路線が
載っていた。しかも、既にこの地図から数十年前に消えていた東洋モスリン専用線(静岡駅から南に伸びる
貨物線)も載っていた。
かなり前の地図をそのまま更新せずに載せたと思われる。
で、例の謎の森林鉄道。以下の写真を見ると分かる。

【地図1】
長野県、静岡県の境(ここだと長野県)にある山奥にある路線。
正式名は、「遠山森林鉄道」という全長約30kmのかなり長い路線です。
ここのサイトも写真付きで解説してあります。
昭和15年着工、昭和19年開業、昭和43年廃止、昭和48年線路撤去。
飯田線からかなり離れていて、国道152号線の梨元が始点と見れる。
以前は中間地点に分岐点があり北又渡から、大沢渡、西沢渡へ続く2つ路線があった。
現在も廃線跡がちゃんと残っており、当時走っていたDL車も静態保存されている。
(この地図だと、152号は全通していない模様)

【地図2】
飯田線の水窪駅が始発の森林鉄道。国鉄線から接続しているのが分かる。
正式名称は「水窪森林鉄道」だそうです。主に木材ですが、奥深い集落の住民の買物や病人の搬出
助産婦が妊婦の元へ行く際の足となっていたようです)
このページのその森林鉄道の廃線跡散策があります。

しかし、その下に謎の森林鉄道が載っている。
東京営林局水窪営林署管轄の路線なのだろうか?分かる方教えてください。
始点は、舗装もされていない細いスーパー林道だろう。
8月23日 通勤で毎日車を使っているので、最新(正確にはちょっと前)のレーダ探知機を購入しました。
港区に大きなSUPERオートバックスがあるので、そこで購入。
実は今までレーダ探知機はあるのだが、だいぶ前の物で、誤作動がしょっちゅう起こる(特にコンビニ)
し、どの辺で察知しているのか不安なのだ。
今回購入するにあたっての欲しい機能として

・画面表示であること(液晶、有機EL)
・GPS対応であること
・ソーラ式一体型
・カーロケ機能など豊富なレーダを感知できること
・高感度であること
・誤作動が少ないもの
・最新データを更新できるもの

で、それらを満たすレーダ探知機がこれ、ユピテルの「SR640i」だ。
画面は見やすいカラー有機ELで瞬時にレーダ探知結果を表示可能。
GPS一体型で、13バンド、iDSP、カーロケ、ステルス、取締り無線、緊急無線など対応。
音声でお知らせ。メイン3段階+詳細5段階の受信感度設定など。
誤作動エリア自動登録。
最新データ更新可。ほかにもいろいろ。
値段は\35000。多少値が張ったが、赤紙を貰わないようにする為にはより精度の良いほうがイイ。
早速取り付けたが、前に比べ2.5倍くらいでかい。画面がさすが有機ELだけあって非常に見やすい。
いろいろ設定をして、早速帰宅。
すると「ポ〜ン、ステルス、スピード注意」と声が出て、画面にも警告サインが。受信レベルも表示。
しばらくすると今度は「ピッピピッ  カーロケ近接受信です」とアナウンス。
すると反対方向からパトカーが走ってきた。こりゃすげえ!
今まで使っていた旧型へっぽこレーダ探知機とは月とすっぽんですw
最近のレーダ探知機の機能には脱帽するばかりです。
8月13日 久々に日記更新。ここんとこ忙しく疲れて書く気力なかった。
で、大規模掲示板見てたら、なんとあの懐かしい日本むかし話がリニューアルで水曜PM6:55の
ゴールデンタイムで復活するそうだ。あの竜に乗ったデンデン太鼓持った坊やのOPもそのまま。
EDは人間っていいなってやつだ。
今回のは、昔のセル画を全てデジタル処理処理し、ハイビジョンも対応である。
声優は市原悦子、常田富士男のたった2人のコンビそのまんま。
幼少の頃から土曜日に見てた私にはなんとも懐かしく嬉しいかぎり。
できれば、EDは「グルッパ〜」で復活してくれたらいいなあ。
で、クイズダービもセットで(笑)
にしても、あの声優、結構歳いっているんではないか?
でサイトで調べると、常田富士男は昭和12年生まれ、市原悦子は昭和11年、共に1月生まれ。
70代手前くらいか。
やはりおじいさん、おばあさんだな。まああの絵柄にぴったり合うからいいけどw
両方とも元気バリバリらしいからしばらくは続くでしょうね。