日付 内容
5月31日 それにしても今日は酷い天気。小さい台風のくせに大雨と暴風で荒れ放題。
スカパの受信が途切れるほど強風でした。さてと・・
昨日書いた通り、すみやに行ってゼンリンのクリエ対応のゼンリン地図ソフト「Navin'you 専用マップ3
を買った。まさか全種類置いてあるとは思わなかったが良かった。

↑これね

とりあえず、中部地区版を買った。\7200であった。ちょっと高いね。
クリエ以外にもVAIOでも使用可能のようだ。
残念ながらGPSは置いてなかった、しょうがない、名古屋の大須のモバイルショップにあるので
そこで購入する。
さて、クリエに地図データを転送するには、この地図ソフト単体で出来ない。
クリエに添付されたCD-ROMにあるPC用の「Map Cutter2.1」とクリエ用の「Navin'you Poket」を
インストールの必要があるが、既にインストール済み。
まずは、PCでMap Cutter2.1を起動して専用マップ3のデータを読み込む。
もちろん画面には詳細な地図が表示される。
地図は、格子状に細かく囲まれていて、そこをマップカットアイコンを押し、マウスでクリックすると
その地域の地図が肌色に選択される。
これがクリエへ転送させる地図となるのだ。
そしたら、転送サイズ計算をしてメモリースティックに収まるか測定。
128MB位あれば、結構な範囲を選択可能だ。
クリエには、まずいったん、メモリースティックへデータ転送する。
そしてら、クリエの「Navin'you Poket」を起動する。するとさっきダウンロードした地図が
詳細に表示される。結構細かく表示されるのにびっくり(注:駅周辺や主要地域のみ)
ちゃんとクエリでも地図が表示できた。
さて、GPSで使用するには、今使用のメモリスティックを抜かなくはならない。
じゃあ、地図データはどうするかというと、ちゃんと「Navin'you Poket」でクリエ本体の
液晶左下にあるメニューボタンを押すと、「本体に地図をコピー」というコマンドがあるので
それを押せば本体メモリへ転送される。
1区画のサイズはメモリスティックでは約6MB以上。これだと本体の12MBの空きメモリ
すぐにいっぱいになるんじゃないかと不安になったが、さすがはソニーそこは配慮されており
1区画は500900KBで圧縮?される。都心部など複雑で混み合った場所ほどサイズは大きくなる。
くわしくは、ここでも紹介されている。
これなら本体でも十分可能だ。そしてGPSも繋がる。やっと納得できました。
あとはGPSを買うだけですな。だが最初に衛星を探知するのに時間が多少気になるが。(5分だって)
5月30日 クエリ用のGPS買おうかな。ハンディタイプのGPSではこれが一番小さいし、本格的。
値段も安いし。GPS機能の携帯端末は秋葉原とかで見たけど、モノクロだし、非常に簡素。
以前、ワンダースワン用のGPSをナムコが出す予定だったが、ワンダースワン自体が
消滅状態なので、商品化はまずない。
クリエ用には、ゼンリンから、「Navin'you 専用マップ3」が日本全国版や各地域用に
市販されているので地図不足という事はない。
カーバッテリーからの専用外部電源ケーブルも売っているので、やろうと思えば
かなりの低予算カーナビが使えそう。ただちと画面が小さいが。
ただでえカーナビは15万以上するので、そうそう買える代物でない。
クリエなら、場所にとらわれずどこでも自分の位置を知ることができる。
もし買ったら、レポートを書く予定です。
5月29日 昨日買ったクリエの内蔵メモリが16MBと少ないので、128MBのメモステを購入。
あると無いとでは全然違う。スティックを使うと、結構PCとの連携が楽です。
USBで繋げて、クリエの「MS Import」を押すだけでPCが自動認識し、リムーバブルディスクで
表示されるので、後はファイルをコピー&ペーストでOK。
ただ、画像とか音楽は指定されたフォルダに入れないと再生しないので注意が必要。

↑SJ33のメニュー画面。デジカメ撮影なので実際はもっと綺麗に表示されます。

ゲームとかは、トップフォルダに入れておけば、自動的にメイン画面にアイコンが出来プレイ可能。
上の画面だと「BlackJack」がそれ。
データの移動や削除も、クリエの「MS Gate」でも可能だ。PCのエクスプローラみたいなもの。
音楽再生も快適。スキンファイルもありいろいろ変えられるし、音響効果もある。


↑オーディオプレイヤー再生画面。本当はもっと画面は明るく綺麗です。

ちゃんとタイトルや作曲者なども表示します。
再生フォーマットはMP3とATRAC3ですが、ATRAC3はマジックゲート対応のメモステがないと
再生できませんが、音楽はMP3だけで十分。音質ビットレートも幅広いのでほとんど対応。
音楽再生だと、電池消耗しやすいです。(連続再生は10時間)
動画は、モザイクぽいのが目立つので、風景には向かないですが、動きは滑らか。
音声(STEREO)も出る。
PCから動画の転送には、「Picture Gear4.6Lite」というソフトで転送する。
PCで閲覧するにはQuickTime5が必要。どうやらCLieは特殊動画ファイルのようだ。
静止画は、もうため息つくくらい綺麗です

↑例:この写真と同等(昔飼っていたハム)

「PhotoStand」というスライドショー写真ビュアは、BGMを流しながら写真を見ることができます。
あと、お絵かきソフトもCD-ROMに入っていたので入れておいた。
そして、注目のソフトとして、「Navin'you Poket」という地図閲覧ソフト。これもインストール。
ゼンリンから出ている「Navin' you 専用マップ3」(\7800)を購入し、目的箇所の地図を
PCでMap Cutter2.1で切り取ってクリエへ地図データを転送すれば、地図を表示できる。

↑地図ソフト「Navin'you Poket」
タスクバーを見れば分かるが、GPSもつけることができる。
GPSは\19800で売っていた。これを装着すれば、自分のいる位置をクリエで見ることが出来るのだ。
ちゃんと、この機種も対応していたが、ひとつ気になるのは、このGPSはメモリースティック型の小型
端末だが、地図データは今装着のメモリスティックでしか転送できない。
どうやって見るのかはまだ不明。
まあ、遊びやちょっとした仕事のサポートにも使えるので、今のところ不便は無いです。
5月28日 昨日の日記で書いたとおり、例のCLIE-SJ33をゲット。
値段は\27000(税込み)で定価より約3000円安かった。
色は、限定モデルのオレンジ。半透明の保護パネルなので蓋をしても画面を見ることも可能だ。
以下の写真が買ったマシーン

OSはPalmOS ver.4.1
CPUはDragonball Super VZ 66MHz
まあよくわからんが、現在のパームOSでは標準で、処理もこのサイズでは速そうだ。

ボタンはメインで使いそうなボタンを4つ装備し、背面にはソニーお家芸のジョグダイヤルと
BACK、HOLD/POWERボタン、上部には赤外線通信とヘッドフォン端子と
メモリースティックソケットがある。
前機であったSJ30より厚みがあるが、思ったより持ちやすいので気にしなかった。
内蔵ソフトが結構多く入っており、動画も音楽もザウルスに比べかなり快適で滑らかだ。
音源もFM音源とPCMが内蔵されており、内部スピーカで迫力の音声にはびっくり。
電池は満充電で17日も持つ。普通に使う場合でも5日くらい持ちそうだ。
漢字もATOKがあり、漢字変換もサクサク。でもタッチペン式のキーボードなので文字入力
はちと面倒。慣れるしかない。
ソフトウェアは常駐という概念がほとんど無いので、ホームへ戻せば前のソフトプログラムはクリア。
これは良い。ザウルスみたいに、だんだん溜まってメモリ不足ということには陥らない。
PCとの接続には、USBで繋げて、データ転送や連携を行う。
メモリースティックには、通常のメモリースティックのほかに、通信カードやGPSカードも指すことも可能。
やろうと思えば、地図ソフトを入れ、GPSとして現在地を表示することも可能だ。
初めて触ってみた感じは、シンプルでとっつきやすい。
私はこれでビジネスでフルに使う気では無いので、これでいい。
とりあえず、メール機能、インターネット機能もあるのでこれ1台で外出先でのとっさの連絡に
使える。使うには、別売りのPHSカード買わないとだめだけど、それは今後にしよ。
5月27日 PDAでは今ではソニーのCLIEがよく売れている。
私も明日買おうと思う。機種はPEG-SJ33。値段も手ごろだし、ソフトウェアも充実。
また液晶の解像度も細かく、音楽、動画とかも扱える。一番なのは、電池持ちが非常に良い
ということ。大体2週間くらい持つ。もちろんバックライト付けたり、音楽とか流すと1日で消耗だが
それでも長い。今まで色々なPDAを使用した事があるが、パームはまだ持っていなかった。
一番持っていた機種はザウルス。ザウルスは最近地味で、とにかくメニューの切り替えが
非常に遅く(SL-C700でも遅い)、電池も持ちも短く、市販ソフトも少ない。
とにかく、常駐ソフトで、すぐに容量不足メッセージが出るので嫌だった。
ポケットPCも1台だけ持っていた事あるが、当時まだ出たばっかの頃で、これもすぐ容量不足。
というわけで、周辺パーツや市販ソフトの充実、処理の軽さ、低価格でクリエにする。
明日、グッドウィルで買おっと。
5月26日 今持っているオリンパスのデジカメ、以前のデジカメに比べるとなんか暗い感じです。
別に壊れえているわけではないけど、今まで歴代のデジカメの中では暗い感じ。
一番いい感じだったのはカシオのQV-5500SX(130万画素)のやつだった。
発色も良く、白色が本当の白に近いので明るく感じた。
現段階で持っていたデジカメ(売ったりあげたりのも含めて)歴代で比較すると
良い順で
CASIO QV-5500(1.3MPIX)
FUJI FinePix2900Z(2.3MPIX)
OLYMPUS C-990ZS(2.1MPIX)
SONY CYBER-SHOT DSC-S30(1.3-1.6MPIX)
CASIO QV-100(35万画素)
Che-ez! Movix(1.3MPIX)
SHARP Zaurus M-1 option(30万画素)
Che-ez! Movix(50万画素)
かな。
一番最初に買ったのは、カシオのQV-100
世界最初の市販デジカメQV-10の後継機だが、デジカメの便利さを教えてくれた名機でしたが
初期型デジカメなので、直射光にめっぽう弱く、縦縞や青みかかった色になる代物でした。
またフラッシュもないので暗い場所では使えない。一部のQV-100には初期不良があり当時問題に
なったりした。
5月25日 フラッシュムービーで今クールなのは「CATMAN
かなり渋く、音楽も THE PLANET SMASHERSでかっこいい!
現在、いろんなところで公開されているので一度みるといいかも。
内容は、顔の長いジゴロな猫の放浪&自由な出来事というかよくわからん。
ムービーが実写に渋いアニメが取りこんであって完成度高し!
話は変わり、名古屋の東急ハンズで面白いものを買った。

      ほぼ実物大(15インチCRTでは)

トミーのマイクロペットで、手のひらに乗るくらい小さい水槽
名前は「マイクロアクア」で、水と、擬似魚2匹をいれ、電源を入れると本物そっくりに
泳ぎます。またブルーLED装備で夜中はイルミネーションとして綺麗に浮かびあがります。
値段は\1500と安い。
泳ぐ仕組みは、上の写真の左に細長い棒状のがある。これが上の小型モータと下のファンに
繋がっており、微妙な回転制御で、いかにも本物そっくりに泳ぎます。
実際、本当に本物みたく泳ぎます。
5月24日 Bフレッツの高速回線も、遅いPCでは全然威力発揮しないと分かった。
試しにサブPC(セレロン700MHz)OSはWin98SE。測定すると3Mbps以下。

サブPCでの結果・・こりゃねえだろ

↓メインPCでの結果!通常はこれにするわな

やはりWin98SEがボトルネックらしい。
酷いときは1Mbpsを切ることも。しかも反応遅いし、たまにサイト開くのに1分かかることも。
接続には、NTT提供のフレッツ接続ツールというソフトを使用しまくてはならない。
ナロードバンドかよ。最悪なマシンだ。
やっぱメインPC(Pen4 2.53GHz、XP)は快適だった。常に30Mbps以上だし。
快適にブロードバンドするには、最速のPCとOSがXPでないとだめですね。
5月23日 チンチラ飼いたい!猫のアレではなく、ネズミの方。
ネズミというよりは、リス+ウサギに近いな。とにかくあのフサフサの毛と、愛嬌ある姿。
あのポケモンのピカチュウにそっくりです。片手で物を食べることもできる。
慣れたときのあの甘えかたに萌え。
だが、飼うにはかなりの生活を犠牲にする覚悟が必要。
私は以前ハムスター(ジャンガリアン2匹)飼ったことあるが、結構生活に犠牲でます。
お金も結構かかる。でもそれ以上にあの愛嬌ある姿で癒されました。
今、飼う余裕はないのですが、いつかはチンチラ飼ってみたいな。
5月22日 新型の携帯SH-53って結構凄いですねえ。
ウリは、CCDデジカメ100万画素とQVGAの高密度液晶と、256KBのJavaアプリ。
こんな機能がちっちゃい携帯に詰まっているとは技術の進歩は激しいもんです。
俺のはSH-51だが、一応カメラ付きでSDでMP3音楽も聴ける。
まだまだ現役です。
それにしても携帯ってけっこう頑丈です。何度も硬い地面に落として傷つきまくりだけど
全然故障しません。冬とかの静電気シーズンでもなぜか携帯は無事です。
でも、買ってすぐに落っことしてキズつくとかなり鬱です。
(SH03の時なんか、J-SHOP出て2歩あるいて落としてキズついた)
5月21日 夜中、町内を散歩すると、たまに「グギャー!!グギャー!!」と怖い鳴き声を出す鳥が
川の方へ飛んで行くのを見かける。
見るからに結構大きい鳥。何の鳥だろうか?夜中に飛ぶ鳥といえば「ぬえ」(トラツグミ)
だと思ったが、ぬえはもうちょい小柄で鳴き声は寂しいし。
駿府公園の外堀(県庁前の堀)によくいるくちばしの長いあのでかい鳥にそっくりだ。
たまに伝馬公園に出没する。
恐らくこいつだろう。
夜中にこの鳴き声聞くと怖いです。絶叫&悲鳴を掛け合わせた鳴き声なのでひるんでしまう。
ただどんな鳥なのかは不明。
5月20日 今日TVを見たら、久々にムツゴロウとゆかいな仲間達もとい、動物王国がやっていた。
うわさでは、もうあの北海道の動物王国は消えたと言われていたが、まだ健在でした。
タイトルが仲間達 ->動物王国に変わったくらいで、あとは以前とスタイルは変わっていなかった。
あの独特のナレーションや熊との格闘という、ムツゴロウ18番の内容で満足(笑)
でも、畑さん、元気だけど、だいぶ老けたな。
5月19日 雨ばっか。鬱になりそうです。lそうえいば、明後日であの「気象衛星ひまわり」がとうとう引退
本当は最新衛星を使用するはずが、ロケット打ち上げ失敗。
なので既に使用期限切れている気象衛星に鞭打って使用続けられた。
だが、気象衛星の写真をみると、とうとう南極付近の写真が撮影できなくなっていた。
ということで、明後日以降からは、あの「ひまわり」という名前は消える。
今後は米衛星「GOES-9(ゴーズ・ナイン)」が引き継ぐ。
5月18日 こないだ買ったシャープのポータブルAVプレイヤー「MT-AV1」、やっぱ便利だわ。
ビデオキャプチャーボード無くても、メモリカードリーダさえあれば、大抵のPCで
再生可能だ。320×220ドットと小さいが、簡易的なビデオキャプチャーとして利用できる。
多少ブロックノイズは気になるが音質は結構良い。
地方とかで旅行行った再にこれで録画しとけば、その地方のTV番組も録画できるし。
やっぱ買って正解でした。
5月17日 もうすぐ、じめーとした嫌な季節。この時期(特に夏)、一人暮らしに多い恐怖の存在。
それは「冷蔵庫
特にずぼらな人は要注意な生活機械。そう、いつ開けたか分からないと気づいた時は
この冷蔵庫は恐怖の存在だ。特に生ものを入れた場合、中は・・・もう・・スプラッタな状態は確定。
私はほとんどコンビニで済ませていたので冷蔵庫は空で安全だったが、
以前寮生活である友人の冷蔵庫はもう書くのも恐ろしい状態であった。
例えれば、バイオハザードやアニメのカウボーイビーバップで出てきたあの冷蔵庫そのもの。
凄かったです。
とにかく、いつ入れたか忘れ、ずーと封印した冷蔵庫は怖い。
以上です。
5月16日 今日、バスの中でノーマルのGBA(ゲームボーイアドバンス)をプレイしている大学生ぽい
人を見たが、バスのライトが暗いので非常に見ずらそうにプレイしていた。
SP買えば良いのに・・。今じゃ普通に手に入るよ。
値段もそう高くないから。でもSPもゲームソフトによっては暗い場合もある。
今、牧場物語ミネラルタウンのなかまたちをプレイしているが、冬の時期は空が暗いので
画面も必然的に暗くなっている。ソフト側も色使いに考慮してほしいなあ。
ソフト自体は面白いです。
5月15日 世界の車窓ってまだ放送していたんだね。
てっきり終わっていたかと思ったが、結構長生きな番組だ。結構好きだけど。
自分としてはスイス登山鉄道が好きだね。
あの信じられないきょうな急勾配を何も無い牧歌的な高原を登っていく光景はすばらしい。
大井川鉄道にも、日本一急勾配のアプト式鉄道があるが、スイスに比べれば緩やかだ。
あっちは250パーミル(1000m中250m登る)というとんでもない勾配だ。
ちなみに世界一勾配はヨーロッパで480パーミル!ケーブルカー以上の勾配だ。
また、大井川鉄道の井川線のアプト式はスイスの登山鉄道と同様のラックレールで、
スイスと姉妹提携しています。
5月14日 最近無線に何故か興味が再浮上した。なにげに家にあった4級アマチュア無線の本(2002年版)
を見ていたら、またやりたい症候群の機能が働いた。
だが、もちろんこれは免許が必要だ。ちゃんとした国家試験!
4級は原付バイク免許試験並の難易度でマークシート式だ。
完マルといえるほど暗記すれば、なんとか取ることは可能ですが、やはり基礎は知っておいた方が
後々便利です。
ただ合格した後の手続きは無線のほうが面倒くさい。合格してすぐに電波は出せない。
無線局免許状が開局のために必要になるのだ。
無線機を購入するとその用紙は付いてある。また中古でもショップの人に聞くかインターネットで
用紙をダウンロードして印刷し、郵送すれば良い。
とにかく開局申請を出さないとあのコールサインが届かない。
コールサインを取ると晴れて「局長」となります。
以前はJAやJRの頭2文字は昔からやっているベテランと思われていましたが、
無線国日本では、コールサインが足りなくなり、既に閉局したコールサインを新ユーザが
新たに取るというパターンもあるので一概にそういう風習は少なくなってきました。
私がもし免許を取ったらハンディタイプの無線でやりたいです。
ハンディでも、5W以上のパワーがあり、かなり遠くまで電波が届きます。
4級は短波以上だと20Wまで出す事が可能(短波は10Wまで)
固定局でやろうと思えば海外の人と会話することも可能です。
幸い私の家の屋根には、兄貴が使用していた大型無線アンテナがあるので据え置きだと
かなり本格的にできます。
アマチュア無線の魅力は、通信代金を気にすることなくとことん遠くの人と会話ができる。
だが、やはり規則があり、必ずコールサインや独特の無線用語を使用しなくてはならない。
また第三者にも会話が受信できてしまうので金銭的、暗語、暴言は違反である。
でもこれ以上に見知らぬ人と会話ができるのは楽しいです。
今度こそ免許取ろうかと思います。
5月13日 最近、また肩がこりはじめた。試しに中年の登竜門?といわれる「せんねん灸」を
購入した。もちろん煙の出るタイプだ。買ってみると、中の、もぐさの種類によって
熱さの強弱がある。箱を開けてびっくり、100個くらいのお灸がごろごろ入っていた。
てっきり10個くらいと想像していた。
今回は「伊吹(いぶき)」を試す。熱さレベルは2、初級タイプだ。
裏のシールをはがし、ライターで火をつける、煙がでたら肩のツボに張る。
しばらくすると、ジワーと熱くなってくる・・・が、あっ熱い!!
レベル2でこの熱さ!にんにく(熱さレベル5)はかなり強烈だろう。拷問タイプか?
30秒くらい経つと熱さも消え、じんわりと熱が伝わっていく。
とりあえず肩のこりは多少は改善したが、やはりマッサージにはかなわない。
今度マッサージ屋に行ってコリをほぐしに行くことにしよっと。
5月12日 新幹線の品川駅、10月に開業か。
以前まで、東京に近い品川になぜ?と思ったが、どうも東京駅の東海道新幹線のホーム数が
4分おきに出発させるのが限界になったので、土地の広い品川を発着させるためだ。
しかし、本数の多いわりに、大阪から遠ざかるにつれ、本数が数十分置きだなあ。
ほとんどひかりは岡山までが多いためだ。
たぶん10月にでっかいダイヤ改正になるが、のぞみ、ひかり、どっちの本数が多いのだろう?
教えてちょうだい。
5月11日 うっかりFF11のウェブマネーでのコンテンツIDの今月分の支払いをするのを忘れてしまった。
即効でローソンに行き、\2000のウェブマネーを購入。
FF11にログインした、幸い未払い1ヶ月までは、個人データは保管されるので、
コンテンツの「コンテンツIDの復活」を選び、無事復活。
せっかくレベル13まで上げ、MYキャラ樽樽が結構気に入っているので消すのは惜しい。
でも、あと半月はゲームできないなあ。
5月10日 静岡鉄道電車で、数年前、急行時に使用されたメロディフォン。
あれの発生装置自体は、まだあるようです。ただ、あの独特のメロディは無く
回送時や保守点検作業警告用に「パ・パ・パー♪」と鳴るそうだ。もちろんあのコーンスピーカから。
噂では急行復活もあるらしいが。(側面の急行ランプもカバーで覆っているだけだし)
今の1000系もかなり年数経っているが、1度くらいあの独特のメロディを聞いてみたいです。
ちなみに、13年年前に生録した音があります。ここを押してみよう。
5月9日 5/6に、カードeリーダについて書きましたが、今日のファミ通で、ニュータイプの「カードe+」が
登場するようです。対応ゲームは「どうぶつの森e+」
従来のカードeに拡張端子が付き、別のGBAに繋げることができます。
また、拡張メモリにSDメモリカードが挿入できる「SDメモリカードアダプタ」が7月に発売する予定。
なお、従来のカードeも、e+にちょっと差額分を払って交換できるようです。
特にカードe+の情報全然知らずに、5/6に、このことを書いたのは、何かの予言だったのか
虫の知らせか?ま、これでさらに発展できればありがたいですな。
5月8日 一昨日買ったSDメモリ128MB、ぶっ壊れた・・・
シャープのポータブルAVプレイヤー「MT-AV1」用に買ったのだが、電源入れている時に
誤ってSDメモリを抜いてしまったためだ。
最初は、データ自体が壊れたと思い、PCでフォーマットかけようとしたが、まったく認識せず。
別のチーズムービーXで初期化させようとすると「MOMORY ERROR」という悲しいメッセージが。
どうやらSDメモリ自体が破壊された模様。そこまでもろいものなのか?
仕方が無いので。チーズムービーXで使用していた64MBを使って難をしのぐしかないです。
3日で\7800がパア。
今度買うときは、松下製の256MBのちゃんとしたやつを買うことにしよう。
買うのはいつになるかはわからんが。
それはともかく、スカパのChBB酷すぎ。ほとんど同じ内容繰り返しで、ネタも陳腐。
ネットゲー専門チャンネルになってから、もう全然見る気しません。
私はTechTVのあの外人の毒舌評価が非常に好きだったのに・・・
クーボ博士も降板か。
私がいまはまっているChは、741のナショナル・ジオグラフォック。
面白いし、暇つぶしにもってこい、たまに地上波じゃやばそうなグロい映像もあるけどね。
特に死体農場は凄いです。食事中にこれに遭遇したら悲惨。
5月7日 未来の技術の掲示板を覗いてみると、既に「何も無い空間に映像を浮かび上がらせる」という
技術は完成されたというのだ。
たとえば、STARWARSでR2D2が立体映像を表示や、バックトーザフューチャ2でジョーズが目の前で
どばーんと向かってくるという事が可能なのだ。
もちろん、3Dグラスなんて物は必要ない。
外国では、既に完成していたのか。私はこういう技術が非常に興味があった。
これをもっと発達させると、夜間、何も物体のない上空で縦400m横800mのスクリーンが出来る
らしいのだ。まさにバックトーザフューチャ2。
5月6日 部屋を整理していたら、無くしていた機器が見つかった。
それはオリンパスのスキャントークリーダというもの。

↑これ
これは、紙に特殊な音声コードを印刷し、この装置で取り込むと声がでる装置だ。
すでにオリンパスはこの装置の販売は終了しています)詳細はここ
もちろん、自分でオリジナルの音声コードを作成することも可能だ。
それには、「サウンドプリント工房」というソフトが必要。
でも幸い、その製品版ソフトCD-ROMがCDケースに入っていたのでOK。
ただ問題なのは、印刷するプリンタが一部の機器のみに制限されている。
エプソンのPMシリーズの一部のみで、また今の最新プリンタは仕様ではドライバ自体が
オリンパスに対応されていないのだ。
(オリンパスでもドライバのアップデート自体はここでダウンロード可能)
だが心配ない。実はPM-800C、PM-770C、PM-760CのドライバをエプソンのHPから
ダウンロードしインストールすれば可能なのだ。
そして今使用しているプリンタドライバをこのドライバで使用できるようにする。(通常使うプリンタに設定)
実際、私の使用しているプリンタはPM-780CSだが、PM-800Cのドライバでも印刷できる。
ドライバーをインストールすると勝手にシリアルポートに変更されるが
プロパティでポートの部分を変更すればUSBでもOK。
この機器を応用すれば、声の出る絵本などを作ることも出来る。
なお、ゲームボーイアドバンスのカードeリーダーはこれの応用の成功例です。
(現在、動物の森+カードe、ハム太郎カードe、どーもくんのカードe、ポケモンカードeがある)
セブンイレブンなどのコンビニで入手可能です。
5月5日 今日、某中古ショップに行ってあるブツを買った。
それはシャープのポータブルAVプレイヤー「MT-AV1」だ。くわしい評価はここそこ

これね↑
中古価格で\25000だったのでそれなりに安かった。状態も良く、ほとんど新品同様
というか、新品だ。なにせ、肝心のAVケーブルの封が開いていなかった。
たぶん展示処分品だった可能性高い。色は上の写真と同じ。
以前から、これ買おうかと狙っていたが、いかんせん値段が4万円台と高かったので
諦めていました。
ありがたいことに、リチウムバッテリーが2つも付いていてお得だ。
さて、この商品、何をするかというと、本体だけで、映像を録画する事が出来るのだ。
もちろん音楽モードもある(MP3)
メディアはSDメモリカードで、今現在市販されている最大容量(512MB)以上対応だ。
本体に56MBのメモリが内蔵されているので、単体でも録画可能だ。
実際に録画するには、AVスタンド(クレードル)で本体を指して、専用ケーブルで
ビデオデッキやTVに接続する。
液晶は3インチTFTで、バックライト内蔵。予想以上に綺麗な表示に驚き。

斜めからでもはっきり分かる視界度、白い枠みたいのがクレードル

録画モードは、Sファイン(15Fps)、ファイン(10fps)、ノーマル(7fps)の3つ。
内蔵メモリだと
Sファイン:約15分
ファイン:30分
ノーマル:55分
録画できる。ただファインやノーマルだとブロックノイズが見えてしまいます。
なので、通常はファイン以上にする。
もちろん、それだと録画時間が短くなるので、128MBのSDメモリカードを購入しました。
実際に、ビデオデッキのチューナでTVを表示すると、本体も同じ画面が表示される。
あとは録画ボタンを押すだけでOK。非常に簡単だ。

右端からRECボタン、早送り/巻き戻し、停止/電源、再生/一時停止、メニュー、シャトルキー

音質も2種類あり、ファイン96Kbps、ノーマルで40Kbps、ノーマルだと結構こもりがちなので
ファインにする。もちろんステレオでシンクロ再生する。

視覚的に綺麗に表示されるのは便利だ。
実際はもっと綺麗に表示します(デジカメの性能のせい)


ただ問題もある。
それは再生時間だ。たった1時間しか電池がもたない。
まあ、おまけで2つのバッテリーが付いていたのでこれを交換すればよいが、
交換すると内蔵メモリが消えるというアビリティ付きなので、内蔵からSDへデータを転送
する必要がある。あとオプションで単三4本のニッケル水素電池が可能の拡張バッテリーケース
を使用すればプラス1時間もちます。
PCとの連携だが、あるにはあるのだが、PCから本体へのオリジナルデータの転送は不可だ。
SDメモリカードリーダでPCへデータを転送することはできる。
MPEG4フォーマットなのでPCでも鑑賞可能でした。
なので、保存用にPCへ転送し、必要なとき、そのファイルを本体へ転送は可能だ。
(注:録画した時と同じSDカードでないとダメ 著作権保護機能がはたらくため)
これらを総評すると、結構良い買い物したと私は思います。
バスや待ち時間でこれは便利だからね。
あっ、あと追加機能に、何と録画予約機能があるのだ。ビデオデッキに適当な空きテープを
入れて普通に録画予約する。そして本体の録画ボタンを押すと、指定した時間に
同時録画してくれるのだ。
5月4日 清水エスパルス・・・どうしたんだ。14位と最下位じゃないか。
普通は2位〜8位に絶対入っていたのに・・下手すると2軍落ちだぞ。
これは絶対に避けたい。がんばって欲しいです。
5月3日 大人の科学9段、「ベルリナー式円盤蓄音機」を購入しました。
静岡で一番大きい本屋、戸田書店の3階の階段付近に、このシリーズの箱が置いてあります。
値段は税抜きで\3900。まあまあの値段です。今回は第1段のエジソン式蓄音機に比べ
かなりハイテクです。すべてプラスティック製。
モータも、ちょっと複雑なギアセットで既に組み込みされている。
針は、毎度おなじみの、縫い針(笑)。録音再生のホーンは、これもまた紙コップだ。
今回は集音率を高める技術も高い。カップラーメンの底のようなコーンが2つもある。
録音、再生の切り替えは非常に高度だ。
スライダーで切り替えて安定性抜群。
録音するメディアは基本的には、使用済みのCD-ROM。
私はCD-Rに焼くのに失敗したコースタモードや、無償でもらった使用用途不明なCD-Rが
あるので、メディア不足はない。他にも、ラーメンの蓋やフォト専用紙でも可能のようだ。
(かなり雑音あるらしいが)
録音時間は、1分〜1分30秒。以前のエジソン式に比べて非常に長時間録音できる。
音質もこっちの方が良さそう。
エジソン式のやつは、かなり大きな声で歌わないと録音できないし、声もなんとか聞こえる程度。
連休中に組み立てよっと。
5月2日 今日、NHKで鉄腕アトムの7つの機能が今のロボットで再現可能かどうかのドキュメンタリー
をやっていました。
最新ロボットは雑誌とかで写真は見たことあるが、実際に動いているのはこれがはじめて。
動きは結構滑らかだけど、人の大きさくらいだと機敏さに時間かかっていますな。
大学実験の方は、まだやはり実験レベルだが、特にプラスティックに入れた特殊素材だけで
滑らかに動くのが凄かった。通常こういうのは、モータや複雑なケーブルがごちゃ混ぜであったが
これは単に電圧の大きさだけで曲がるのでこれは使えると思いました。
人工合成音声はまだ機械的な音(よくテキストで声を読み上げるアレ)程度です。
たぶん、スピーチAPIバージョン4(SAPI4)を使用しているようだ。
もうちょいなんとかならんかな?
最初出てきた小型の案内ロボットくらいの流暢な声が出ればいいけどね。
5月1日 もう5月かあ、だいぶ暖かくなって、夕暮れも6時半くらいまで明るいですな。
今日ニュースで、JR貨物で運転中おにぎり食っていたのを、偶然そのそばを通っていた
トラック運転手に見つかり、そいつはチクって、JR運転手、かわいそうに常務はずされた。
別にいいじゃんかよ、おにぎりくらい食ったって。
ていうか、よそ見運転しながら携帯でちくったトラック運転手の方が違法だ!
JRも心狭いな。国鉄時代は、のどかだったからね。
それはさておき、今サブPCで使用しているセレロン700MHzのマシン。
いろいろソフトを削除しまくったら、結構快適になりました。
特にスキャナのTwin系を削除したら、一気に軽くなりました。
古いマシンは、とにかく必要最小限にしないといけないですな。