現在のAV環境はこちらをご覧ください。


昭和40年〜昭和60年代に活躍していた個性あるラジカセ・・
ここでは、家の倉庫に眠っていたかつて使用していた懐かしのラジカセ&AVを紹介します

■その1■
東芝 SUGAR SW7
昭和60年代のダブルラジカセ。当時はWラジカセが珍しかった。
典型的な細長のラジカセです。珍しいことに、操作ボタンがメカニカル電子式です。
ちゃんとオートリバースも内蔵しています。ヘッドが回転する方式なので
「ガッチャン!」と凄い音を出しました。
ツィータ内蔵の4スピーカですので音は結構良い音出します。
東芝なので昔のサザエさんの映像にこれ、ちゃっかり映っていました(笑)
■その2■
パイオニアのかなり初期のカセットデッキ
昭和40年代初頭のパイオニアの初期の据え置き型カセットデッキ。
放送局仕様でアップライト式になっています。スクロール式ボリウム、LRレベルメータと
立派なつくりです。左上のカウンターの右の四角いのは、再生時、録音、巻戻し、早送り時
表示される円型インジケータランプです。(TV番組のタイムショックのように光る)
再生ボタン類は結構硬く、押すのに力いります。
幼少の頃、2倍速のスキップボタンで結構遊んでいました。
■その3■
ソニーTC2860SD 昭和48年頃発売 (初代はTC-2850SD 昭和48年5月発売)
昭和40年代らしいゴッツイラジカセ。往年の名機デンスケかも。
左右に肩にかけるショルダー?も付いているのでたぶんデンスケ。
上部に、再生等のスイッチ。レベルメータ、スライド式ボリウム、マイク入力端子が
ある。レベルメータが2つあるということは、ステレオで録音できるようだ。
多分マイクは、ワンポイントステレオマイクを使用したんだろう。
当時の高校生、大学生に人気だったんでしょうね。
サイドには、外部入力端子群、電源があります。
真ん中の丸い特殊な入力端子は既に見かけなくなりました。
放送業界ではまだあるかも?
ちなみに電源は3電源式で、DC6V、AV100V、単1乾電池4本です。
■その4■
ビクター KD-ASG
これは兄貴が使用していたカセットデッキ。
昭和50年代中期位の機器です。操作がほとんど電子式になっており
LEDスペアナや本格的レベルメータ、外部タイマー録音と当時の最新式でした。
この機器で珍しいのが以下の写真。
テープの種類に、今では消滅した「Fe-Cr(フェリクローム)」というTYPEVがあるのだ。
通常はNORMAL(TYPET)、CrO2(TYPEU)、METAL(TYPEW)の3種類がある。
メタルはかなり音が良いが非常に高かったです。
しかし、現在は、カセットテープもMDやCDの普及で需要が少なくなりました。そういえば昔のテープってこんなロゴありましたよね
■その4■
トリオ AM/FMチューナ
トリオ(現ケンウッド)のAM/FMチューナー。非常にシンプル。
兄貴が使用していたもので、恐らく昭和50年代の物だと思う。
チューナバーがかなり広いので、微妙な選局が可能でした。
当時、FMラジオの時報には「ス・テ・レ・オ・トリーオー・・ポーン」
と流れていましたね。
■その5■
アイワ カセットデッキ
アイワといえば、安い、壊れやすいといったイメージがありますが、
昔はこういった高級?機がありました。
ロゴが古いので、これも昭和50年代中期のものでしょう。
スライド式のスペアナが良い味だしています。
■その6■
ACTION TV付きラジカセ
聞いたことないメーカー。
これは、私が学生の頃\9800で購入したTV(白黒)付きラジカセ。
中国製のかなり安い造りで、装飾はシールや薄いプラスティックで張ってある!
だが性能は意外と良い。注目はやはりブラウン管TVでしょう。
5インチの白黒TVで、当時はかなり重宝しました。
ラジオもAM/FM(ステレオ)内蔵でした。
現在、どうもTVの調子が悪く、ぶれまくっているので、倉庫で眠っていました。
■その7■
SHARP AM/FMチューナ
恐らく昭和40年代前半のシャープ製のラジオチューナー。
大きさは30センチくらい。外部入力でレコードアンプとして聞くことも可能だった。
背面は、入力端子と、AM/FMアンテナ端子。
たぶん今でも聞くことが可能だと思う。
平成8年頃に親父がくれた謎のカセットテープ。
名前もダサくて、中身の装丁も安い。昭和40年時代のテープか?と錯覚するテープだ。
このテープ、ネットで調べると、昔の100円ショップでは当然のごとく売られていたが
今じゃ見ることすら貴重なテープ。しかも生テープのはずなのに、外国の曲が入って
いるテープもある。さらにテープの色が黄土色なのだ。
この色は、注意が必要だ。何故なら、延びまくりやすいのでヘッドに絡みつく恐れあり。
しかも、ヘッドにテープの組織が付くおまけつきだ。
このテープ、良く見ると「\400」と書いてある。
この値段なら、今じゃソニーとかマクセルの高級テープが買えます。
このメーカ、今はどこにあるのやら。