testes

2017年 第6回「湘南-HIRATSUKA-海の学校」開催!

★ 7/9(日)「湘南-HIRATSUKA-海の学校」  日時:2017年7月9日(日)

(注)定員になりましたので、参加応募は締め切らせていただきます。



7/15(土)「HAYAMA海の学校」主催:葉山町教育委員会)

サポート:「水・空・人/海の学校プロジェクト」
    :葉山マリンスポーツ団体

09:30〜10:00 受付
10:00〜    開会式
10:15〜    葉山ライフセービングAED講習、他
10:45〜    昼食
11:30〜14:25 マリンスポ=ツ体験
14:45〜    閉会式
お問い合わせ:葉山町教育委員会(生涯学習課・青少年係)
       046-876-1111
・ 参加者対象は、葉山町在住、在学小学3年生以上、中学、高校生とその保護者に限ります。




★「海の学校」の情婦は、下記を参照して下さい。
「海の学校Blog」
https://ameblo.jp/umigaku-hiratsuka

「海の学校facebook」
https://www.facebook.com/shonanMarine2006/
https://www.facebook.com/umigakusaiko/

「海の学校」HP
http://www008.upp.so-net.ne.jp/umi-no-gakko/

  2016「7/3 (日)「湘南-HIRATSUKA-海の学校」at湘南ひらつかビーチパーク・イベント連絡事項」

天候によるイベントの開催は、当日(7/3)朝07:00に決定いたします。
イベント開催情報は、下記の「Ameba Blog」を確認してください。
開催情報:http://ameblo.jp/umigaku-hiratsuka/entry-12172477979.html
お問合わせ:hiratsuka.umigaku@gmail.com

(主催:湘南-HIRATSUKA-海の学校)
参加ご希望の方は、「参加申込書」をダウンロードし、ファックスでお申し込み下さい。

  2016 7/16(土)「HAYAMA海の学校」開催!

主催・お問い合わせ:葉山町教育委員会(生涯学習課 青少年係)
Tel: 046-876-1111(内線7232)
参加条件と対象:葉山町内在住、在学小学3年生以上、中学、高校生とその保護者(定員50名/¥500/1名/保険代込み)
協力:「水・空・人/海の学校プロジェクト」(サーフィン・ボディーボード)
  :葉山ライフセービングクラブ(救急デモ)
  :葉山サバニクラブ(沖縄琉球帆船サバニ)
  :その他マリンスポーツ団体

『洋之介メモリアルカップ葉山2016』開会セレモニー

日時:7/31(日)09:45-13:30
場所:葉山公園&大浜海岸
主催:「洋之介メモリアル」実行委員会
お問合わせ: info@yonosuke-memorialcup.com
大会安全祈願/洋之介追悼、フラダンス、選手発表/写真撮影、音楽ライブ、海上セレモニー、救命実演
来場者には非売品のポスターを無料で配布します。

「森下仁丹 葉山マリンフェスタ2016」開催!

日時:9/4(日)09:00-16:30
場所:葉山大浜海岸&葉山公園
主催:葉山マリンフェスタ実行委員会
内容:マリンスポーツ体験:サーフィン・ボディーボード、シーカヤック・スタンドアップパドル・アウトリガーカヌー・
   防災カヌー・琉球帆船サバニ・セーリング体験・ヨット体験乗船・救急救命デモ
飲食ブース、物販ブース、音楽ライブ、ワークショップ、その他
お問合せ:葉山マリンフェスタ実行委員会
横須賀市秋谷1-21-24
046-807-4304
yonosuke-fanfesta@jcom.home.ne.jp

「海の学校・磯ノ浦教室」2016年6月25日開催!

開催日時:2016年6月25日(土)08:30~17:00
場所:磯ノ浦メインビーチ
主催:「海の学校・関西」(責任者:金田輝士プロ)
運営:「海の学校・関西」(運営責任者:金田輝士プロ)
協力:和歌山サーフィン連盟、水・空・人/海の学校プロジェクト、「きのくに自然塾」設立準備室
協賛:ベルギーワッフル(株式会社ローゼン)
※ 追加の協力、協賛企業、団体は、決定次第随時告知してまいります。
※参加料:無料
お問い合わせは :goldensurf2012@gmail.com

NEWS!! 鈴木彩加プロボディボーダー(「海の学校」サポーター) 2014 APB ワールドランキング 6位にランクイン!!


鈴木彩加プロの情報はこちら!

facebook
https://www.facebook.com/ayakasuzukistyle

twitter
https://twitter.com/ayakasuzukii

http://www.murasaki.co.jp/team_riders/surfing/_6177.html

http://allez-japan.com/athlete/bodyboard_suzuki.html


2015年参加大会情報
<国 内>
4/18-19 JPBA tour   新島・はぶし海岸
6/7-8 JPBA tour 千葉・夷隅海岸
8/8 JPBA tour     千葉・一の宮海岸
<海 外>
6 /3-13 APB world tour   イタコチアラ・ブラジル
9 /8-13 APB world tour   シントラ・ポルトガル
9 /16-27 APB world tour  ナザレ・ポルトガル
11/4-15 APB world tour   ミドルズ・プエルトリコ


倉本 聰・塾長〜環境プログラム「富良野自然塾・東京校」が、都心近郊・立川(昭和記念公園)にオープン。

地球を1メートルに縮小し、太陽と月と地球との絶妙な関係、また海(水)と大地と森の相関関係をを分かりやすく解説。
大人も子供も、地球46億年を、460メートルの道に置き換え、地球の時間と生き物(人間)との関係を体感してください。
<海の学校facebook> 
朝日新聞Digital
Yahoo NEWS
国営昭和記念公園



お薦めの本の紹介 「愚者が訊く」倉本 聰・林原 博光


「環境プログラム〜富良野自然塾」塾長・倉本 聰、副塾長・林原 博光と、各賢者との対談集!日本の現状と未来が見えてきます。



「愚者が訊く」倉本 聰・林原 博光(\1,000+Tax/双葉社)


識者の云うことがよく判らない。云はれることがむずかしすぎる。
判ったの?ううん、本当はよく判ってない。幼児の如く何でも訊くこと。
そこから生まれた、一寸恥ずかしい対談集です。(「はじめに」より)

<目次>
分かるやすい伝え方・・・池上 彰(ジャーナリスト)
極地の海で今何が起きているか・・・大島慶一郎(海洋学者)
ミツバチが教えてくれる環境汚染・・・山田英生(養蜂業)
宇宙から環境問題を解く・・・松井孝典(理学博士)
サルを通してヒトをみつめる・・・山極寿一(人類学・霊長類学者)
なぜ日本人は“原発の嘘”を信じたのか?・・・小出裕章(原子核工学者)
段々畑に染み込んだ農業の真実・・・山下惣一(農民作家)
(※『愚者が訊く』の本の写真を添付)


環境プログラム「富良野自然塾」(塾長:倉本 聰)を和歌山に!

「水・空・人/海の学校プロジェクト」は、和歌山全域を「自然塾」とした構想「環境プログラム・富良野自然塾〜きのくに自然塾」の計画をたて、
地元・和歌山リビング新聞社、および有力企業(団体)の協力のもと、2014年5月に「きのくに自然塾・開設準備委員会」を立ち上げました。
2015年夏「きのくに自然塾」オープンに向け邁進してまいります。


2014年第二回「海の学校 in 磯ノ浦」(主催:海の学校・関西)の詳細が決定しました。

第二回「海の学校 in 磯ノ浦」(by海の学校・関西)を開催詳細
恒例の「磯ノ浦キッズ・サーフィン大会」(和歌山県磯ノ浦)の前日に、
「マリンスポーツ体験教室」「救急救命教室」「フラダンス・パフォーマンス」「クラフト教室」「ビーチクリーン」を開催いたします。

◆開催日:2014年6月14日(土)集合時間=8:30AM
◆開催・集合場所:磯ノ浦(和歌山県)監視所前
◆お申し込み方法:参加者全員の名前・年齢・住所・連絡先・血液型を明記し、メールでお申し込みください。
◆参加料:無料(昼食付き)
但し、保険料\200/1名(参加者全員/保護者も)は、当日徴収させていただきます。
◆募集人員:家族50組(定員になり次第、参加は締め切ります。)
◆ お申し込み先:goldensurf2012@gmail.com
◆主催・お問い合わせ先:Tel & Fax:0725-30-2036(海の学校・関西/責任者:金田輝士プロ)
◆協力:和歌山サーフィン連盟/水・空・人/海の学校プロジェクト
注意:水着・タオル・着替え・日焼け対策グッズ・飲料水・常備薬等は持参してください。なお、当日のお子様の体調管理をお願いいたします。
また、荒天・雨天の場合はイベントを中止させていただきますので、天候によっては、お問い合わせください。

海☆コミ

「海って楽しい!海って素晴らしい!再発見」
「マリンスポーツのスキルアップ!」をテーマに、プロサーファー・ボディボーダーの「有料教室」が開設されます。

開催予定:毎週第一土曜日6/7、7/5、8/2、9/6 
場所・詳細・お問い合わせは、megsunseago@yahoo.co.jp(角田)

速報!「2013 Dream Come True! 〜ビッグサーフボード・チャレンジ」

8/3(土)4(日)at 片瀬江ノ島・弁天橋横 イベント
 開催まで、1ケ月と迫る !!!

「フラッシュモブ」企画
★日時:8/3(土)12:00集合/12:00〜15:00パフォーマンス
★会場:片瀬江ノ島・弁天橋横の浜辺/浜辺ステージ

「ビッグボード・スタンダップパドル・チャレンジ」企画
「2013 Dream Come True! 〜ビッグサーフボード・チャレンジ」大会
★日時:8/4(日)10:00集合/11:00〜15:00開催!
★会場:片瀬江ノ島・弁天橋横の浜辺



2013年6月「海の学校 IN OSAKA」開校!

★日時:2012年6月15日
★場所:磯ノ浦(和歌山県)
毎年恒例の「磯ノ浦キッズ・サーフィン大会」の前日に、マリンスポーツ体験教室を開催いたします。
連絡先は、「海の学校 IN OSAKA」事務局
〒594-0005大阪府和泉市幸二丁目5-28-103
TEL/FAX0725-30-2036

「2013 Dream Come True! 〜ビッグ・サーフボード大会」
    「海の学校 Special "夏ダ!元気ダ!夢の実現ダ!"」開催場所決定!

開催場所の「江ノ島・境川河岸・浜」の両サイドのビーチ(片瀬海岸東浜・西浜)には、8月のハイシーズン、20,000人もの海水浴客、観光客で賑わいます。
参加者、ボランティア、観客一帯となり、ビッグ・サーフボード「DREAM COM TRUE!」を楽しみ、各々の「夢」をかちとりましょう!
★開催日:8/3(土)/4(日)
開催場所:江ノ島・境川河岸・浜(江ノ島に向かって右側浜辺)
(ビッグボード「ワンコイン・スタンダップパドルレース」は、
 2013年8月〜2014年8月、1年をかけて全国を巡回いたします。)
ボランティア、参加者募集中!「海の学校」からお申し込みください。

2013年「湘南-HIRATSUKA-海の学校」開催詳細決定!

★日時:2013年8月24日(日)
★開催候補地:湘南ひらつかビーチパーク、湘南海岸公園
★公園側:フリマ、ライブ・大道芸、ワークショップ(海の科学体験教室、フラ、他)、飲食、他と、フットサル大会    
★浜辺側:マリンスポーツ親子体験、ビーチバレー大会
※フリマ、ライブ、ワークショップ参加者、フットサル、ビーチバレーチーム(個人)の参加、およびボランティア募集中です。
※開催種目は、一部変更もあります。

インターネットTV「SEA BREEZe & SPORTs TV.」2013年4月開設。
   Produced by umigaku

★マリンスポーツ、ファッション、音楽、環境・・・、 海の、浜辺のライフスタイルを情報発信する番組★
ニコニコ動画プレミアムから、毎金20:30-21:00配信。
(You-Tube、USTREAMからダイジェスト版を配信)


ゲスト出演者募集中! 詳細・申し込みは、下記アドレスにご連絡ください。
<お問い合わせ>
「水・空・人/海の学校プロジェクト
(東京本部)〒156-0054 東京都世田谷区桜丘4-19-15-303
 Tel & Fax: 03-6413-9622 Mobile: 080-3259-2075
 e-Mail: gil-umi@fb3.so-net.ne.jp
 携帯:umigaku@i.softbank.jp
 http://www008.upp.so-net.ne.jp/umi-no-gakko/

<インターネットTV開設意図>
2013年、8年目を迎える「海の学校」(関連)活動も、その主旨に
賛同していただき、各地域の方々と共に全国的に広がってきております。

「海の学校・発」インターネットTV「SEA BREEZe & SPORTs TV.」は、マリンスポーツ情報、AED救急救命体験情報、ビーチカルチャー、
ワークショップ、フリマ、ライブイベント、環境保護保全活動、地域活性化活動等々の情報を発信し、マリンスポーツ愛好家のみならず、
海に憧れる一般の方々にも、オールシーズン、海、海上、浜辺を楽しみ、再発見してほしいと考えております。


★ 2012-7-28(土)宮城県七ヶ浜町復興イベント「2012〜夏まつり〜Wa-syoi!〜七ヶ浜の夏VOL.2」の詳細が決定!

詳細は、「海の学校 IN MIYAGI」のサイトをご確認ください。
★当日、参加サポート可能な方は、
「海の学校」PCのE-mail か 携帯メール にお問い合わせください。

★ 3-11-NEWS ★ 福島県いわき市/鎌倉市七里が浜

福島県いわき市平豊間で開催された「アースディ・キャンドルナイト」に「海の学校」スタッフ数名が参加。
海岸線で開催したこのイベントには、地元ボランティア、富良野Group、東京からピースボート、パワーオブジャパン、そしてたくさん地元の方々が参加していました。
「東日本大震災」の津波で、90数名の方々が亡くなられ、鎮魂のキャンドル7000以上は、
津波で壊された各々の建物の土台に、また4km延々と続く防波堤に置かれ、「灯」を点しました。
3時間あまりで消えていく「灯」ですが、福島原発への問題提起にも感じられ、消えてはならない「覚悟」を感じました。
東京日比谷野音でのイベント(加藤登紀子氏、CWニコル氏)と、福島県いわき市平豊間での「アースディ・キャンドルナイト」(倉本 聡氏)イベントは、
2元中継でフジテレビから放映されました。

一方、地元湘南(鎌倉市七里が浜)で開催された宮城県七ヶ浜復興応援イベント「七里ヶ浜発・七ケ浜復興支援隊〜3.11七の心をつなぐ」イベントには、
「海の学校」スタッフ数名が参加しました。
七里ヶ浜発・七ケ浜復興支援隊(代表:中里氏)、鎌倉市総合防災課、カメライターかさこ・かさぼネット、七ケ浜・グループ7、
鎌倉市長も見え、復興イベントを盛り上げていました。


★ 2011-12-17-NEWS ★ 宮城県七ヶ浜町

宮城県七ヶ浜町で開催した「Happy Smile未来Project」に参加。
名古屋、新潟、東京、湘南と地元ボアンティアが協力し、仮設、借り上げ住宅に住むお母さん、子供達に元気を!合い言葉に開催したイベントです。
たくさんの笑顔に出逢う事ができました。


★ 2011-11-13-NEWS ★ 神奈川県大磯町

小雨まじりの大磯ロングビーチで開催された「セルフサバイバル・レスキュー」簡易型ライフジャケット講習に参加。
今夏の、ご家族、子供達が楽しみにしている海、川遊びの事故から大切な命を守るために、スタッフ数名が講習を受け「安全への心」を新たにしました。


「HAYAMA海の学校」のご報告

★「HAYAMA海の学校」7/31葉山・大浜海岸の活動報告はこちらです!

7/23(土)「〜夏祭り〜Wa-syoi! 2011七ヶ浜の夏」のご報告〜

「〜夏祭り〜Wa-syoi! 2011七ヶ浜の夏」(7/23(土)12:00-19:00 宮城県七ヶ浜町)は、
地元入場者約2,000名、ボランティア・スタッフ、ライブ・パフォーマー200名以上と、
大きなイベントになり、熱中症も怪我もなく、無事終了いたしました。

2006〜の活動報告がアップされました。

★2006年から2010年の活動報告がPDFでも見られるようになりました!
★なお、活動の詳細はページ上の「活動報告」かこちらをクリック!

『こどもTシャツ応援メッセージ“ともだち大作戦”』

子供たちから、「東日本大震災」で被災した子供たちへ『Tシャツ応援メッセージ』が届きました。

「マリンスポーツ有志・東日本大地震・救援募金」の報告

「マリンスポーツ有志・東日本大震災・救援募金」宮城県七ヶ浜町・震災ボランティア日記

「マリンスポーツ有志・東日本大地震・救援募金」の発足とお願い

「東日本大地震」がおき、岩手、宮城、福島、他東北、関東の各県に過去に例をみない甚大な被害がでています。
マリンスポーツ有志から「自分達も何かできないか?」と問い合わせがありましたので、下記のように募金を集め、義援物資を送りたいと考えております。
現時点では、政府、各自治体、企業からの緊急支援用の水、食料、日用品、薬品の緊急搬入が進んでおります。
阪神淡路大震災時に、多くの人達の善意の物資がダブってしまい、また現地で必要なものとずれてしまい、現地ボランティアが大変困った事例もあります。
ここは冷静に判断し、2〜3週間後の復興支援に何が必要か?、また現地でのボランティア活動は、自治体、災害復興ボランティアの指示系統がしっかり整った時点で参加したいと考えております。

「マリンスポーツ有志・東日本大地震・救援募金」を発足。募金し義援物資の送付活動をしていきたいと考えております。
なお、幹事を「海の学校」事務局が行い、マリンスポーツ愛好家有志で参加、サポートをお願いしたいと考えております。

<「マリンスポーツ有志・東日本大地震・救援募金」>
1)
「海の学校」口座への振込(1口:¥1,000を何口でも)
 口座名:水・空・人 海の学校プロジェクト 
 口座番号:横浜銀行・新宿支店(普)1351035
(匿名希望者以外は、名前・住所・連絡先・メールアドレスを「海の学校」までメールにてお知らせください)
★寄付金の使用目的を限定。乳幼児、児童を抱えるお母さん、弱者への物品を
 購入し義援物資として送るようにいたします。
 (義援物品:離乳食、ミルク、缶詰、タオル、テッシュー、おむつ(乳児、大
 人を含む)、携帯用カイロ、ノート・鉛筆、手袋、靴下、ゴミ袋を、各々被災者
 向けに「1パック」 に梱包し、内容をシールで明記)

2)上記の義援物品の提供も受け付ける。
★上記以外の義援物品の提供は避けるようにお願いいたします。
受け入れ住所:
Depth(デプス) 〒254-0823 神奈川県平塚市千石河岸30-15リバーサイド102   
TEL 0463-24-1506

3)交通網が整備でき、また自治体のボランティアの受け入れ態勢が整った時点
  で、ボランティア有志は現地に赴くようにしましょう。
  特に、2010年、「海の学校 IN MIYAGI」でお世話になった「七ガ浜町」に
  ボランティア参加したいと考えております。

募金の「預かり証」は原則として発行いたしませんが、必要な方は「海の学校」名で発行させていただきます。
寄託者名(募金者)は、「海の学校」HPに掲載し、また募金明細、義援物資内容、送り先等々の報告書を郵送させていただきます。
銀行振込手数料は、寄付する方のご負担でお願いいたします。
また、「海の学校」スタッフに、何人かの寄付を集めて預ける事も可能です。
(匿名希望者以外は、名前・住所・連絡先・メールアドレスを明記、または、「海の学校」までメールにてお知らせください)
義援物資の送り先は、宮城県七ガ浜町

以上の内容で、マリンスポーツ有志が「東日本大地震」の被災者をサポートしたいと考えております。
皆様のご協力を宜しくお願いいたします。

「マリンスポーツ有志・東日本大地震・救援募金」
 発起人:マリンスポーツ有志
(幹事)「水・空・人/海の学校プロジェクト」
 世話人:桜井正夫/堀口真平/蛸 優樹/千葉康文/佐久間泰介/平野重男/千草/嘉数純恵/坪原良雄/荒井博文
(東京)〒156-0054 東京都世田谷区桜丘4-19-15-303
(葉山)〒240-0105 神奈川県横須賀市秋谷2-13-6-504
(千葉)〒292-0815 千葉県木更津市大久保652-15
 Tel & Fax: 03-6413-9622
 Mobile: 080-3259-2075(海学/荒井) 
携帯メール:umigaku@softbank.ne.jp
 e-Mail: gil-umi@fb3.so-net.ne.jp
http://www008.upp.so-net.ne.jp/umi-no-gakko/

堀口真平「フィリピン・シャルガオ島・トリップ」が「You Tube」で見れる!!!

★下記からリンクしてください!
http://jp.youtube.com/watch?v=CazdcJMpkuQ
http://www.youtube.com/v/CazdcJMpkuQ&hl=ja&fs=1"
http://blog.livedoor.jp/depthsurf/