WA氏オーディオルーム



バーチカルツイン+スーパーツイーターシステムです。


                                              2005.11.05更新

音質はパワフルでクリアーな音です。

10畳の部屋が狭く感じる程のスピーカーですが、音質は圧迫感がありません。

ソウルフルな音が心地良いです。




1.パワーアンプ


(イ) Mark Levinson No23.5L 1台

(ロ) Mark Levinson No  332×2台


2.コントロールアンプ

(イ)Pioneer CAX-10

(ロ)Accuphase C-280V (フォノ使用)



3.スピーカ−

(イ) GTSound製 バーチカルツイン (型番不明)

ユニット TAD

(ロ)ツイーター

 Pioneer PTーR7A

エール 1710 (エール音響)

GOTO UNIT  SG-7

ハイパスフィルター ALM  HP−105


4.CDトランスポート

Pioneer DV-AX10


5.アナログプレーヤー

(イ) Micro BL-111L

(ロ) カートリッジ : Ortoifon SPU−AE

(ハ) Step up Trans :Peerless SLC−1


6.ケーブル

PAD,Neglex 他.


7.アクセサリー

Final Daruma-3

Final Daruma−4

G−Flex MI 他


7.部屋


10畳


 追加機器
Accuphase C-280V
 

現在使用のプリ・アンプ、P社 C-AX10の前段に追加し、
主にアナログ・レコードの鑑賞に使用しています。
使用感はC-AX10で感じていた少し淡白な感じは解消され、
円やか且つ力感のある音表現が得られました。



8.今まで使用された機器の履歴

スピーカー

JBLバックロード・ホーン(ユニット:2220B、2440、2405)  
⇒ セレッション SL-600


プリアンプ

AIR TIGHT ATC-2 ⇒ Mark Levinson 26L


パワーアンプ

ダイナコ MarkV ⇒ Mark Levinson23.5L


チャンネル・デバイダー

SONY PAD-900 ⇒ MarkLevinson LNC-2


CDプレイヤー

日立Lo-D DAP-001+DAD-001 LuxDP-07+DA-07 ⇒ クレルMD-1


アナログプレイヤー

デンオン DP-1700 ⇒マイクロBL-91⇒ マイクロBL-111L




現在の主力機器群



Mark Levinson ・ Pioneerのアンプ群 
& 
TADユニット使用のGT SOUND スピーカー。