第41回和光市長旗・ホンダ杯争奪少年野球大会 (開会式2017.4.2)

白小クラブが高・低とも優勝(4/16高学年は14年ぶりの優勝を飾る)

第41回和光市春季大会開会式  第41回和光市春季大会閉会式(表彰式) 
大会結果(4/16)PDF 

<高学年>

高学年決勝は、白小クラブと和光四小ベアーズの対決になりました。
白小は、2回に四小守備陣のエラーでチャンスをつかみ、連続タイムリーヒットで大量点を奪いました。
守っては、エース山内が快速球で四小打線を完封し、14年ぶりの高学年優勝を飾りました。

<牧 尚宏 監督のコメント>

 この瞬間を夢見ていた。
 実現してくれた子供たちに感謝したい。
 この一年、この結果を他の大会でも残せるよう
 しっかり、指導していきたい。 
<牧 大誠 主将のコメント>

 低学年の時の決勝も同じ組み合わせで、四小に負けた。
 高学年になって、勝って優勝できたことが嬉しい。
 これからの大会も、全て優勝出来るよう頑張ります。

  

・3位決定戦

和光広沢ユニオンズ  1  0  3  3  0  計7 
五小ファイターズ 0  3  0  0  0  計3 

・4/9第1試合

五小ファイターズ  0  0  0  0  計0 
白小クラブ 5  5  1  ×  計11 

・4/9第2試合

和光四小ベアーズ  2  0  0  5  0  計7 
和光広沢ユニオンズ 0  0  0  3  計3 

・4/2第1試合

北原ウィングス  0  0  0  0  計0 
白小クラブ 0  8  2  ×  計10 

・4/2第2試合

新倉フェニックス  0  0  0  1  計1 
和光四小ベアーズ 1  2  4  4  計11 

・4/2第3試合

和光広沢ユニオンズ 0  0  0  10  1  計11 
和光リバーツインズ  3  0  計6 

<低学年>

低学年の決勝は、白小クラブと北原ウィングスの対決となりました。
白小は、2回と3回に相手エラーと集中打で加点して試合を決め、
東城がキビキビした投球で北原打線を抑え、優勝を飾りました。

<齊籐 勝 監督のコメント>

 創部20周年の節目に高低ダブル優勝出来た。
 子供たちに本当に感謝している。
 このあと続く、低学年リーグ、南部ジュニア、和光秋季大会、
 この子たちと優勝を狙っていきたい。
 
<石田 瑶典 主将のコメント>

 皆が打って勝てて良かった。
 守りもカバーすることが出来た。
 南部ジュニアも打って守って優勝したい。

・3位決定戦

五小ファイターズ  3  0  1  0  計4 
和光四小ベアーズ 4  3  1  3  計11 

・4/15第1試合

五小ファイターズ  0  0  1  4  2  計7 
白小クラブ 2  5  3  1  ×  計11 

・4/9第1試合

和光四小ベアーズ 1  6  0  2  計9 
北原ウィングス 0  0  6  4  計10 

4/2第1試合

白小クラブ  2  1  4  0  5  計12 
和光広沢ユニオンズ 2  0  3  1  0  計6 

4/2第2試合

和光四小ベアーズ  2  5  5  1  計13 
新倉フェニックス 3  2  0  計6 

・4/2第3試合

五小ファイターズ  1  1  14  計16 
和光リバーツインズ 0  0   0  計0