みぃはぁ版・平成伊達治家記録別館


伊達氏族


  成立 備考
藤原北家山蔭流伊達氏の先祖の姓、本姓
卜部氏 仲哀天皇、神功皇后に仕えた烏賊津使主が亀卜に優れ卜部の姓を授けられたと言う。  
中臣氏 中臣阿毘古が中臣姓を賜わった事にはじまる。
定説では阿毘古が始祖とされるが、
阿毘古の孫の賀麻(鎌)が始祖とする系譜もみえ、
また「中臣氏延喜本系帳」によると、
賀麻の孫の常磐が欽明天皇より中臣姓を賜ったとされている。
 
藤原氏 大化の改新で功のあった中臣鎌足が死に際して賜わる。
伊達邦宗は著書の中で藤原北家嫡流の近衛家を宗家と書いています。
 
中村氏 藤原定任の長男實宗が中村氏若しくは伊佐氏を称す。
念西三男常陸三郎資綱が下野国芳賀郡中村庄に住んで号した。
藩政期には伊達氏族の一門の連枝に下賜されている
戦国期の宇都宮氏家臣に中村氏がいたが、
中村城主中村氏は水谷正村に攻められ滅亡?
 
伊佐氏 藤原定任の長男實宗が中村氏若しくは伊佐氏を称す。
念西長男皇后宮大進為宗が常陸国新治郡伊佐庄に住んで号した。
南朝方として伊達行朝に従ったが、高師冬に敗れ滅亡?
戦国期の結城氏家臣に伊佐氏がいるがこの子孫か?
 
伊達氏(藤原北家山蔭流)   
伊達氏
(仙台伊達氏)
伊達氏本宗
中村常陸入道念西が奥州征伐の軍功により伊達郡を賜り、伊達と号す。 
仙台藩主
伯爵
伊達氏
(宇和島伊達氏)
伊達政宗の庶長子秀宗が祖
5代伊達村候の時に仙台伊達の分家でなく、別立の別家であることを主張。
宇和島藩主
侯爵
伊達氏
(吉田伊達氏)
伊達秀宗の子宗純が祖
宇和島伊達氏の分家
吉田藩主
子爵
伊達氏
(一関伊達氏)
伊達政宗の十男宗勝が起すが後、騒動により断絶 一関藩主
伊達氏
(亘理伊達氏)
伊達稙宗の子実元が祖
実元の子成実の時に一門に列す。
北海道開拓の功績により男爵を授爵
仙台藩一門
男爵
伊達氏
(岩出山伊達氏)
(北海道伊達氏)
伊達政宗の三男宗泰が祖
岩出山伊達家のうち当別町に移住した家系(男爵家)を北海道伊達と称す場合がある。
北海道開拓の功績により男爵を授爵
仙台藩一門
男爵
伊達氏
(川崎伊達氏)
伊達綱宗の子村和が祖。伊達村和が大名となるが騒動により断絶、一門になおる。 仙台藩一門
伊達氏
(宮床伊達氏)
念西六男六郎実綱は伊達郡伊達崎に住んで伊達崎と号した。その子孫は田手と号した。
宗房の時に一門に列し伊達姓を許される。
仙台藩一門
伊達氏
(但馬伊達氏)
伊達時綱の子修理亮朝綱に始まる系統。  
伊達氏
(出雲伊達氏)
但馬伊達氏より分岐  
伊達氏
(備中伊達氏)
伊達陸奥守(義広か?)の子の伊達弾正正義が将軍惟康親王に仕え、
備中国野山庄の地頭になり、同地に居住。子孫は野山氏を称した。
 
伊達氏
(伊勢伊達氏)
四郎左衛門尉為家の子の掃部助経家が叔母大進局より伊勢山田の所領を受け継いだ系統
伊達掃部助家光
 
伊達氏
(上野伊達氏)
四郎左衛門尉為家の子の掃部助経家が上野を所領したことに始まる系統。  
伊達氏
(駿河伊達氏)
四郎左衛門蔵人為家の六世孫左近将監資宗、その女婿右近将監景宗(為家の五世孫)が祖
今川氏家臣
 
伊達氏
(旗本)
駿河伊達氏からの分岐。
伊達山城守景忠が今川氏のち徳川家康に仕えた。
子の與大夫景長の子孫は旗本として江戸幕臣。
旗本
伊達氏
(旗本・大和田)
駿河伊達氏からの分岐か?。
北条家臣として岩槻城代だった伊達房実が徳川家康に仕え旗本となった。
旗本
伊達氏
(紀伊伊達氏)
駿河伊達氏からの分岐。
旗本伊達與大夫景長の子孫が紀伊徳川家に仕えた。
紀伊藩士。陸奥宗光はこの子孫。
(注:一関伊達兵部宗勝の末裔との言い伝えもある)
子孫の陸奥氏は伯爵
伊達氏
(越前伊達氏)
駿河伊達氏からの分岐。
右近将監景宗の子範宗の五世孫與兵衛宗綱は越前松平家祖の秀康に仕えた。
子孫は越後騒動で一時断絶、再興後美作津山藩士
 
伊達氏
(美作伊達氏)
駿河伊達氏からの分岐。
越前藩士伊達与兵衛宗綱の子孫が美作津山藩士となった。
 
伊達氏
(近江伊達氏)
伊達成宗の三男出羽守某が祖。敗走し辿り着いた近江に根を下ろした?  
伊達氏
(秋田伊達氏)
伊達晴宗の子国分盛重が政宗に攻められ佐竹氏を頼り佐竹氏の家臣となり、伊達左門を称す。
秋田藩士
 
伊達氏
(小梁川伊達氏)
伊達持宗の三男中務少輔盛宗が小梁川氏を称す。
明治期に小梁川盛之(伊達邦盛)が伊達氏に復姓。
仙台藩一家
伊達氏
(大條伊達氏)
伊達宗遠の子の孫三郎宗行が大條氏を称した。
明治期に大條道コ(伊達道コ)が藩主の命により伊達氏に復姓。
2001年4月11日放送「笑っていいとも」の「ご先祖さまはスゴイ人!」に末裔を名乗る芸人「伊達みきお(サンドウィッチマン)」が登場。
仙台藩一家
伊達氏
(仙台分家)
仙台藩知事伊達宗敦が分家し男爵を授爵。 男爵
伊達氏
(宇和島分家)
伊達宗城の子、伊達宗倫が分家し男爵を授爵。 男爵
伊達氏
(三島神社奉幣使)
駿河伊達氏の分流か? 三島神社奉幣使
伊達氏
(武蔵伊達氏)
塚目氏からの分岐か?  
伊達氏
(相模伊達氏)
塚目氏からの分岐か?  
伊達氏
(佐野伊達氏)
駿河伊達氏の分流。今川家臣  
伊達氏(別系・称伊達氏)   
伊達氏
(水沢伊達氏)
藤原北家道兼流伊沢氏族
郡宗、景宗、政景と相次いで入嗣。留守政景が伊達姓を許され水沢伊達氏を称す。
明治期に留守氏に復姓。
仙台藩一門
伊達氏
(登米伊達氏)
藤原氏族刈田氏後裔
伊達政依の子宗広が白石長俊の養嗣子となり白石氏を称す。
白石氏本宗は宗直の時に伊達姓を許され登米伊達氏を称す。
仙台藩一門
伊達氏
(涌谷伊達氏)
桓武平氏千葉氏流
伊達稙宗の子元宗が入嗣。嫡流は亘理定宗の時に伊達姓を許され涌谷伊達氏を称す。
明治期に亘理氏に復姓。
仙台藩一門
伊達氏
(岩谷堂伊達氏)
桓武平氏繁盛流?/桓武平氏維茂流?
伊達晴宗の長男親隆が岩城重隆養嗣子となる。
岩城常隆の次男政隆が伊達姓を許され岩谷堂伊達氏を称す。
明治期に岩城氏に復姓。
仙台藩一門
伊達氏
(懸田伊達氏)
清和源氏大江氏流?藤原利仁流?
伊達持宗の長子義宗が懸田播磨守詮宗の養子となり懸田伊達氏を称す。
懸田氏
 
伊達氏
(大村伊達氏)
出自不詳
塩の商いをしていた斉藤(塩屋)松五郎の子五兵衛が平戸を抜け出し京都へ行き
伊達五兵衛政則と名乗り、大村藩勘定役に取り立てられた。
この子孫が大村藩士として伊達を称している。
大村藩士
藤原北家山蔭流伊達氏族
殖野氏 念西次男次郎為重は殖野次郎と号し、下野国中村に住したという。  
塚目氏 念西四男四郎為家の子の為時は、伊達郡塚野目村(いま国見町塚野目)に住んで塚目二郎と号した。  
飯坂氏 念西四男四郎為家の四世孫小次郎政信の代に飯坂を号したという。
末裔の飯坂宗康の娘は伊達政宗(貞山公)の側室。
飯坂氏の宗家は飯坂輔俊の時に寛文事件に連座し断絶。
 
石田氏 念西四男四郎為家の孫(若しくは子)の明円(明延)が伊達郡石田村に住んで石田次郎祐我と号した。
末裔には政宗公殉死者筆頭石田将監興純がいる。
独眼竜と愉快な仲間達
仙台藩番士
(元準一家)
矢部氏 念西四男四郎為家の六世孫氏貞が矢部孫三郎と号した。  
伊達崎氏
田手氏
念西六男六郎実綱は伊達郡伊達崎に住んで伊達崎と号した。その子孫は田手と号した。
田手氏本宗は宗房の時に一門に列し伊達姓を許される(宮床伊達氏)
 
寺本氏
寺木氏
寺元氏
念西九男九郎為保は、寺本蔵人大夫と号した。  
野山氏 備中伊達弾正正義の子孫が野山氏と号した。
戦国期の備中での合戦に野山庄勝、野山益朝等の名前が見られる
 
徳江氏
得江氏
建武頃に庶流の伊達蔵人頼景が得江三郎を号した。分岐過程は不明。  
舟生氏 伊達氏族と見られるが分岐点は不明、但馬伊達氏からの分岐か?  
粟野氏 伊達義広は伊達郡粟野に住み粟野次郎と号した。  
桑折氏 伊達義広の長子親長が伊達郡桑折村に住んで桑折氏を称した。
宗家は仙台藩一家に列したが断絶し、分家が宇和島藩家老となる。
仙台藩一家(断絶)
宇和島藩家老
飯田氏
半田氏
桑折氏庶流。桑折播磨二男の紀伊宗親が飯田邑に住し飯田を称した。(世臣家譜)
伊達資綱若しくは伊達義広の子資光は藤原為光の養子になり飯田右兵衛を号した
仙台藩一族
八幡氏 中村常陸入道宗村の子の八幡太郎義宗を祖とする  
瀬上氏 伊達宗綱の三男の五郎行綱は瀬上と号した。 仙台藩一家 
伊佐岡氏 伊達行朝の子の宮内太郎行員が初め常陸の伊佐城にあって、その子孫が伊佐岡と号した。  
大條氏
大枝氏
伊達宗遠の子の孫三郎宗行が大條氏を称した。
大條氏本宗は明治期に伊達氏に復姓
2001年4月11日放送「笑っていいとも」の「ご先祖さまはスゴイ人!」に末裔を名乗る芸人さんが登場。
仙台藩一家
小梁川氏 伊達持宗の三男中務少輔盛宗が小梁川氏を称す。
小梁川氏本宗は明治期に伊達に復姓
仙台藩一家
塩森氏 小柳川氏庶流
小梁川親宗の子宗朝?が塩森を称す。
仙台藩一家
古田氏 小柳川氏庶流
小柳川氏祖小梁川盛宗の子小梁川宗朝が別立し、其の孫重直が古田を称した
仙台藩着坐(断絶)
梁川氏 伊達稙宗の子の左衛門宗清が梁川氏を称す。
宗家は仙台藩一家、分家は仙台藩太刀上一番坐
仙台藩一家
仙台藩太刀上一番坐 
杉目氏 伊達晴宗の末子、直宗が杉目城に住み杉目氏を称すも嗣子なく断絶  
岡村氏 伊達稙宗の子、極楽院宗栄の玄孫直光が岡村氏を称した。 仙台藩召出一番坐 
島内氏 伊達村年の子、コ風が興す。  
内谷氏 藤原北家山蔭流伊達氏族と伝わるも分岐点、本姓ともに不詳
奥州管領吉良貞家施行状に伊達内谷民部少輔が見える
 
大立目氏 藤原姓、出自は不詳
熊野本宮別当が出した証判に「奥州伊達一族大立目下野守朝安当家累世一族臣なり」とある。
仙台藩一族
稗貫氏 藤原北家山蔭流伊達氏族と伝わるも本姓は中条氏か?
(ただし、稗貫庶流諸家の系図の中に中条氏末裔たる系図は無い)
念西四男四郎為家の子三河守為重が稗貫氏を称したと伝わる。
末裔は豊臣秀吉の奥州仕置により所領を失う。
 
根子氏 稗貫氏庶流  
神山氏 根子氏庶流
南部藩士になるにあたり、根子氏より改姓。
南部藩士
陸奥氏 紀伊伊達宗弘の子宗光が陸奥氏を称す。 伯爵
葛氏 藤原北家山蔭流伊達氏族と伝わるも分岐点、本姓ともに不詳  
万城目氏 藤原北家山蔭流伊達氏族と伝わるも分岐点、本姓ともに不詳  
亀ケ森氏 藤原北家山蔭流伊達氏族と伝わるも分岐点、本姓ともに不詳  
駒牧氏
駒木氏
藤原北家山蔭流伊達氏族と伝わるも分岐点、本姓ともに不詳  
栃田氏 藤原北家山蔭流伊達氏族と伝わるも分岐点、本姓ともに不詳  
藤原北家山蔭流
鮎貝氏 藤原安親の子の時に伊達氏の祖と分岐と伝わるが不詳 仙台藩一家
その他   
田村氏 坂上田村麻呂後裔
田村宗顕に子が無く一時断絶するを伊達忠宗の三男宗良が再興。
岩沼藩主
一関藩主
子爵
石川氏 清和源氏頼親流
伊達晴宗の子昭光が入嗣、仙台藩伊達一門筆頭となる。
亘理伊達成実の願いにより伊達姓を許されず。
仙台藩一門
白石氏 藤原氏族刈田氏後裔
伊達政依の子宗広が白石長俊の養嗣子となり白石氏を称す。
白石氏本宗は宗直の時に伊達姓を許され登米伊達氏を称す。
(仙台藩一門)
仙台藩一家(断)
留守氏 藤原北家道兼流伊沢氏族
郡宗、景宗、政景と相次いで入嗣。留守政景が伊達姓を許され水沢伊達氏を称す。
(仙台藩一門)
岩城氏 桓武平氏繁盛流/維茂流 
伊達晴宗の長男親隆が岩城重隆養嗣子となる。
岩城常隆の次男政隆が伊達姓を許され岩谷堂伊達氏を称す。
嫡流は出羽亀田藩主家
出羽亀山藩主
(仙台藩一門)
亘理氏 桓武平氏千葉氏流
伊達稙宗の子元宗が入嗣。嫡流は亘理定宗の時に伊達姓を許され涌谷伊達氏を称す。
明治期に亘理氏に復姓。
亘理重宗の養子亘理宗根が分家し、これが仙台藩一家の佐沼亘理家。
(仙台藩一門)
仙台藩一家
中村氏
新田氏
清和源氏新田氏流と伝わるが、念西の子(為重若しくは資綱)の末裔とも
水谷蟠龍斎に攻め滅ぼされた下野国中村城主の家系か?
下野真岡の中村八幡宮には中村城主の家系が水谷氏に滅ぼされた後に伊達氏を頼り仙台藩一家中村氏になったとの伝承が残る
仙台藩一家
懸田氏
黒木氏
清和源氏大江氏流?藤原利仁流?
伊達持宗の長子義宗が懸田播磨守詮宗の養子となり懸田伊達氏を称す。
懸田俊宗の子晴親が黒木城に住し黒木氏を称す。
仙台藩一家
白河氏 藤原氏秀郷流結城氏族 仙台藩一門
仙台藩太刀上二番坐 
三沢氏 清和源氏片切氏流?清和源氏木曽義仲末裔? 仙台藩一門
片倉氏 藤原利仁流加藤氏後裔を称すが神人部宿禰有信末裔か? 仙台藩一家
男爵
遠藤氏 本姓等不詳であるが懸田伊達の族との説有り 仙台藩宿老
国分氏 桓武平氏千葉氏流 仙台藩太刀上一番坐
桂島氏 国分盛重の孫からの分岐  
馬場氏 国分盛重の孫からの分岐