みぃはぁ版・平成伊達治家記録別館


伊達家初期系図

「天文伊達系図(伊佐早本)」

宗 村 ━━ 義 広 ━━ 正 依 ━━ 宗 綱 ━━ 盛 綱 ━━ 朝 宗
(念西)


○特徴
伊達氏初代も常陸入道念西も宗村とし、二代を義広としている。
他の系図では基宗になっている人を盛綱、行宗(行朝)となっている人を朝宗としている。

「近江伊達氏系図(永禄伊達系図)」

朝 宗 ━┳ 為 宗
(念西) ┃(伊佐氏)
     ┣ 
宗 村 ━┳ 時 綱
     ┃(為重)  ┃(出雲・但馬伊達氏)
     ┃      ┗ 
宗 広 ━┳ 親 長 
     ┃             ┃(桑折氏)
     ┃             
 政 頼  宗 綱 ━┳ 基 宗 ━━ 行 宗
     ┣ 資 綱         ┣ 政 繁  ┗ 日 観  ┣ 宗 勝
     ┃(中村氏)        ┗ 政 綱         ┗ 宗 慶
     ┣ 為 家
     ┃(伊佐氏、駿河伊達氏、石田氏)
     ┣ 為 行
     ┣ 實 綱
     ┃(伊達崎氏のち田手氏)
     ┣ 延 巌
     ┣ 朝 基
     ┣ 為 保
     ┃(寺本氏)
     ┗ 大進局
      (源頼朝妾)


○特徴
伊達氏初代も常陸入道念西も朝宗とし、二代に為重=宗村
三代を義広でなく宗広としている。
また他の史料に見られない庶子が多く見られる。
岩城親隆を伊達稙宗の子としている。
稙宗弟で出奔し近江佐々木家中となった秀宗という人物が書いた系図だと伝わる。

「当家系図(天正系図)」

朝 宗 ━━ 宗 村 ━━ 義 広  ━━ 政 依  ━━ 宗 綱  ━━ 基 宗  ━━ 行 朝
(伊達郡居住) (念西) 


○特徴
伊達氏初代は朝宗とし常陸入道念西は宗村している。
当主の兄弟については記載無し。

「寛永諸家譜」「南豫史」

朝 宗 ━━ 宗 村 ━━ 義 広  ━━ 政 依  ━━ 宗 綱  ━━ 基 宗  ━━ 行 宗
(伊達郡居住) (念西) 


○特徴
伊達氏初代は朝宗とし常陸入道念西は宗村している。
当主の兄弟については記載無し。

「伊達正統世次考」「寛政重修諸家譜」

朝 宗 ━┳ 為 宗
(念西) ┃(伊佐氏)
     ┣ 
宗 村 ━┳ 時 綱
     ┃(為重)  ┃(出雲・但馬伊達氏)
     ┃      ┗ 
義 広 ━┳ 親 長 
     ┃             ┃(桑折氏)
     ┃             ┗
 政 依  宗 綱 ━━ 基 宗 ━━ 行 宗
     ┣ 資 綱
     ┃(中村氏)
     ┣ 為 家
     ┃(伊佐氏、駿河伊達氏、石田氏)
     ┣ 為 行
     ┣ 實 綱
     ┃(伊達崎氏、田手氏)
     ┣ 延 巌
     ┣ 朝 基
     ┣ 為 保
     ┃(寺本氏)
     ┗ 大進局
      (源頼朝妾)


○特徴
伊達氏初代も常陸入道念西も朝宗とし、二代を為重=宗村としている。
寛永譜の念西=宗村を記載間違いとしている。

「駿河伊達文書」

朝 宗 ━━ 宗 村 ━┳ 為 宗
      (念西)  ┃(伊佐氏)
            ┣ 為 重
            ┃(下野中村領主)
            ┣ 
資 宗 ━━ 時 綱 ━━ 政 綱 ━━ 宗 綱 ━━ 盛 綱 ━━ 行 朝
            ┃(資綱、義広)
            ┣ 為 家 ━┳ 為 政 
            ┃(伊佐氏)  ┃(伊佐氏)
            ┃      ┣ 為 時 
            ┃      ┃(塚目氏)
            ┃      ┣ 経 家 ━━ 経 友 ━━ 忠 継
            ┃      ┃(駿河伊達氏へ・・)
            ┣ 實 綱
            ┃(伊達崎氏のち田手氏)
            
┗ 大進局
             
(源頼朝妾)


○特徴
伊達氏初代も常陸入道念西も宗村とし、二代は資宗=義広とし、三代に時綱を挙げる。
以降も政依を政綱、基宗を盛綱など他系図との違いが見られる。

「雲但伊達家系図」

為 宗 ━┳ 為 宗
(念西) ┃(大舎人頭、皇后宮)
     ┣ 為 重
     ┃(殖野安芸守)
     ┣ 資 綱
     ┃(常陸蔵人、中村庄本主)
     ┣ 為 宗
     ┃(左衛門蔵人)
     ┣ 為 行
     ┃(出雲守)
     ┣ 實 綱
     ┃(伊達崎六郎)
     ┣ 延 巌
     ┃(権少僧都)
     ┣ 朝 基
     ┃(八郎)
     ┣ 為 保
     ┃(寺本蔵人大夫)
     ┣ 時 綱 ━━ 朝 綱 ━━ 宗 綱 ━━ 貞 綱 ━━ 義 綱 ━━ 直 綱
     ┃(与一修理亮)(修理亮) (修理亮三郎)(修理亮孫三郎)(修理亮三郎)(修理亮次郎蔵人)
     ┣ 
義 広
     ┃(次郎蔵人)


○特徴
伊達初代も常陸入道念西も為宗(宗村の誤記か?)とし、時綱・義広の兄弟を念西の子とする。

「小林清治氏作成」

朝 宗 ━━ 宗 村 ━┳ 為 宗
      (念西)  ┃(伊佐氏)
            ┣ 
為 重 ━━ 義 広 ━┳ 政 依 ━┳ 親 長
            ┃             ┃      ┃(桑折氏)
            ┃             ┗ 資 光  ┗ 
宗 綱 ━┳ 基 宗 ━┳ 行 朝
            ┃              (半田氏)        ┃      ┃
            ┃                           ┗ 宗 助  ┣ 貞 綱
            ┃                            (但馬伊達)┃(但馬伊達)
            ┃                                  ┗ 行 綱
            ┃                                   (瀬上氏)
            ┣ 資 綱
            ┃
            ┣ 為 家 ━┳
            ┃      ┃
            ┃      ┗ 経 家
            ┗ 實 綱
             (伊達崎氏のち田手氏)


○特徴
伊達初代も常陸入道念西も宗村とし、二代は為重、三代はその子義広とする。

「藤氏飯田系譜」

朝 宗 ━┳ 朝 村
(周西) ┃(早世)
     ┗ 宗 村  ━┳ 為 宗
     (念西、頼宗) ┃
             ┣ 為 重
             ┣ 資 綱 ━┳
             ┃      ┣ 資 光
             ┃       (飯田氏祖)
             ┣ 為 家
             ┃


○特徴
伊達初代も常陸入道念西も宗村とし、宗村の前名を頼宗とする。また、宗村を中村常陸二郎としている。

「当午山満勝寺の比丘知恩の文」

朝 宗 ━┳ 有 宗
(念西) ┃(早世)
     ┗ 宗 村


○特徴
常陸入道念西を朝宗としているが、有宗が早世したから宗村が襲封したとある

「会津史巻之二・第三篇伊達氏の項」

家 周 ━┳ 光 隆 ━━ 朝 宗 ━━ 有 宗
     ┃               (早世)
     ┗ 重 宗 ━━ 宗 村
             (朝宗養嗣)


○特徴
朝宗と宗村は従兄弟の関係で、朝宗の嗣子有宗が早世したので宗村が継いだとある。

真岡中村城

朝 宗 ━┳ 宗 村 ━┳ 為 宗
(中村氏)┃(念西)  ┣ 為 重
     ┃      ┣ 資 綱
     ┃      ┣ 為 家
     ┃      略
     ┃
     ┗ 朝 定 ━━ 略 ━━ 
      (中村氏)


○特徴
伊達氏初代も常陸入道念西も宗村。朝宗と宗村は親子で中村は次男の朝定が継いだ。朝定は源義経の一子経若との伝承も残る。



別館入り口へ

 御先祖戦記 天下人戦記
子供部屋  叔父伯父戦記
藩主列伝その1 婿殿
藩主列伝その2 鬼庭家の人々
藩主列伝その3 俳優記
門閥と兄弟 伊達家外伝
家紋 伊達家一門