東上沿線 車窓風景移り変わり

第11号

No.14 川越駅周辺の鉄道遺跡(2000/12/15 記)

今回は私の住む川越駅周辺の話題。ちょっと東上線から、はずれる話題もありますが、沿線ということでごかんべん下さい。

川越駅周辺の鉄道遺跡地図

地図内の○付きABCD文字はそれぞれ写真の撮影位置を示します。

■川越線と西武新宿線を結んでいた連絡線路
まずは、現在の川越線と西武新宿線を結んでいた連絡線路の跡をたどってみましょう。下り電車が川越駅を発車します。左手には川越線が併走しています。発車してまもなく、上を大きな歩道橋がまたぐ最初の踏切を渡る手前、5階建てのビルが川越線の線路に沿って建っています。このビルは川越駅周辺の再開発によって立ちのきとなった家屋や店舗が入居するために建てられたビルです。このビルの敷地が、川越線から分岐して西武線に向かう線路跡地のスタートです。

この線路は道路を渡ると歩道橋の階段敷地を経て西口駐輪場に進みます。この駐輪場は大きく左にカーブする線路跡地に建っているため、建物がカーブ状になっています。(写真A)

かつての線路は川越駅西口と本川越を結ぶ道路を越えて、住宅地へと進入します。この先はやはり川越駅周辺の再開発によって立ちのきとなった民家の代替地として利用され、今は住宅で埋まってます(写真B)が、今から10数年前までは、線路跡地は空き地になっていました。この住宅地も西武線に向かってカーブを描き続けながら、踏切の手前で西武線に合流します。

以上がかつて川越線と西武線を結んでいた線路の現状です。跡地はほとんどビルや住宅で埋まってしまいましたが、地図で見ても明らかに線路の跡であることが今でもよくわかります。

この連絡線路は戦時中に使われたらしいのですが、川越市史などを見てもこのことは書かれておりません。何年か前に、この連絡線路について書かれている新聞記事を見た記憶がありますが、残念ながら私の手許には保存されていません。どなたか情報をお持ちの方がいらしたら、ぜひ掲示板にご記入下さいさい。

(上)写真A:かつての線路跡に建つ駐輪場。線路のカーブに沿っていることがわかる。

(上)写真B:住宅地に変じたかつての線路。道の左側に並ぶ住宅がかつての線路敷地だった。画面一番奥に西武線線路際の柵が見える。

■日清紡績工場内荷物積出施設
さて続いては西武線の線路に面した日清紡績工場内敷地にある工場の荷物積出施設跡です。(写真C)
この日清紡績川越工場は、かつて大興紡績として大正12年1月に操業が開始されました。おそらく東京資本の企業による川越への工場進出としてはもっとも初期に属するのではないでしょうか。しかし大興紡績の業績は不振で、わずか4年後の昭和2年には日清紡績の実質的な経営になる川越紡績に工場を売り渡し、大興紡績は解散しました。昭和12年には川越紡績は日清紡績に買収され現在に至っております。
写真にある積出用倉庫とプラットホームがいつ作られたのかはまったくわかりませんが、ホームの一部が煉瓦積みであることなどから、建物はともかくホームについては昭和初期にさかのぼれるのではと想像しています。戦時中は紡績工場は休止し、軍需工場として稼働していたということですから、戦時中はここから軍需物資が出荷されていたかもしれません。ひょっとしたら先の連絡線を通って、国鉄川越線を通じて出荷されていたのかもしれません。いずれにしても、このホームと倉庫は川越の隠れた産業遺跡といえるでしょう。

(上)写真C:日清紡績工場内に残る西武線への荷物積出倉庫とホーム跡。写真ではわかりにくいが、ホームの側面部、本川越寄りの部分は煉瓦積みとなっている。手前の線路は西武新宿線線路。

■東上線創設時以来の煉瓦橋脚
さて、最後は東上線に戻りましょう。川越と川越市駅の間、東上線が西武線をまたぐガードの煉瓦橋脚です。(写真D)先程の日清紡績倉庫からほんの100mほど本川越に寄ったところになります。この煉瓦橋脚は上り線路の川越市駅寄りに残っています。東上線が田面沢まで開通した大正3年当時の橋脚で、「埼玉県の近代化遺産」(埼玉県立博物館発行)にもリストアップされています。角の部分が石で化粧積みされているのがちょっとしゃれています。恐らくこの橋脚の反対側(川越駅側)にも対になる同じ橋脚があったのでしょうが、道路の拡幅で失われたようです。

(上)写真D:川越〜川越市駅間に残る西武線をまたぐガードの煉瓦橋脚。大正3年開通時のもの。

以上、大正から戦時中に至る、川越駅周辺の鉄道遺跡・産業遺跡について紹介させていただきました。私自身、これらの遺跡について詳しい情報を持ち合わせているわけでもなく、ただ家の近所ということで何となく以前から興味を持って眺めていました。文中でも述べましたが、これらに関する情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ掲示板に情報をご記入下さい。

◆参考文献
川越市史第4巻 近代編(川越市発行)
埼玉県の近代化遺産 (埼玉県立博物館発行)

 

東上沿線 車窓風景移り変わり 第10号へもどる     東上沿線車窓風景移り変わり 第12号へ進む         

東上沿線 今昔物語 掲示板へ      トップページへもどる