Tel :078-846-6035

外科 ・ 消化器科 ・ 肛門科
乳腺外来 ・ 化学療法外来

Hashimoto Clinic

橋本クリニック

イメージ
胃がんの治療  
1:手術療法

  胃癌などの消化器系固形腫瘍では、外科的切除術が第一選択となります。初診時に進行している状態では、まず化学療法を行い原発巣や転移巣の縮小を行ってから手術を行う場合もあります。

 切除範囲からみた手術の種類:
  ・胃亜全摘術; 幽門側切除、噴門側切除など、胃の出口や入り口部分から約2/3切除します。
            切除後は残胃と十二指腸や小腸と吻合して、食物の通り道を再建します。
  ・胃全摘術; 胃を全て切除します。小腸を用いて胃の代わりとなる袋を作り、食べ物の通り道を再建
           します
  ・胃部分切除術; 病変部分を中心に、胃の一部分のみを切除て、多くはそのまま縫合閉鎖します。
  ・他臓器合併切除術; 腫瘍の進行度や悪性度に応じて、胃に隣接する脾臓、膵臓、胆嚢、結腸など
           を胃と一緒に切除することがあります。
  ・領域リンパ節郭清; 転移の可能性のある、胃の周辺のリンパ節を一緒に切除します。

 アプローチの方法からみた手術の種類:
  ・開腹手術; 腹部の中央を切開して直視下に手術を行う、従来からの一般的な方法です。

  ・腹腔鏡(補助)下手術; 腹部にトロッカーと呼ばれる細い管を刺入して、そこから腹腔鏡や特殊な
       鉗子と呼ばれる道具を用いて手術を行います。 腹部の創が小さいため、術後の創の痛み
       が少なく早くから歩行可能です。 
       院長は日本内視鏡外科学会の元技術認定医です。 



   セカンド オピニオンのご希望の方はご連絡下さい


2:化学療法

   
手術療法で局所の治療を行いますが、腫瘍は血管やリンパ管を通じて遠くへ広がっていた
  り、胃壁から漏れて腹腔内へ散布したりします。 これらに対して抗癌剤を用いた化学療法が
   行われます。
   点滴薬と経口薬があり、単独で用いたり腫瘍の進行度や性格に応じた多剤併用療法を施行
  します。
 
  最近では有効な抗癌剤が多数開発されており、奏功率が向上しています。
   当院では、現在の病状や治療に関するセカンド オピニオン外来を併設しています。