合気道とは 合気道は、開祖植芝盛平翁(1883~1969)が日本伝統の武術の奥義を究め、さらに厳しい精神的修行を経て創始した現代武道です。合気道は相手といたずらに力で争いません。お互いに切磋琢磨し合って稽古を積み重ね、心身の錬成を図るのを目的としています。合気道は他人と優劣を競わず試合を行なわない、お互いを尊重するという真の武道といえるでしょう。
合気道の特色 合気道は競技を行いません。お互いの習熟度にあわせて技を繰り返し稽古し、心身の練成を図ることを目的としていますので誰でも稽古できます。稽古の積み重ねが健康によいのは言うまでもなく、日常生活において何事にも積極的に取り組む自信が自然と培われてきます。合気道の稽古に終わりはありません。うまずたゆまず続けることが合気道の大切な一面でもあるのです。
稽古内容 当会では、基本稽古に重きを置いております。基本的な内容としては、まず始めに、準備体操、受身、膝行、木刀による素振り、三十一の杖を行います。次に通常稽古として基本技(一教~五教、四方投げ、入身投げ、小手返し、回転投げ、天地投げ、呼吸投げ等)を稽古します。徒手や武器など技の種類は多岐に渡ります。最後に座呼吸法で終わります。