■ 履歴(2004年〜2006年5月) ■

2006/5/22
ページ整理+Alpha (エリス model Ver2.5)
GUNDEADLIGNE エリス
ページがどんどん縦長になってきましたので、ガンデッドライン関係の画像を特設ページを作ってまとめました。が、気持ち短くなった程度であまり変ってないような...(^^;

まぁ、折角ページ分けるなら、ということで、ついでにエリス(モデルVer2)をちょっと弄ってみました。とりあえず、今まで頂いたコメント等で一番多かった髪の毛のカクカクを、サブパッチ機能を使って滑らかに作り直してみることに。
結果的にポリゴン数は数倍に増えてますが、その割にレンダリング時間も然程増えてませんし、弄り勝手も悪くなくよい感じです。

ただ、エリスの様に、ほばストレートロングな髪なら楽なんですが、ウェーブが掛かった髪とかになると、途端に厳しくなるのですが、その辺りはまた今後の課題、ということで。

▼ GundeadLigne 特設 ▼

Gundeadligne特設

2006/5/14
2006/5/11
2006/5/6
「スグリ」より、ヒメ
スグリ ヒメ
−2006/5/14追記−
【ミッション】
1)先のヒメのモデルを使用し、もう1シーン(戦闘中)を作れ。
2)日曜CG作家の意地にかけて今日(日曜日)中にサイトアップまで済ませる事。

なんて事を思いついた時点で午後2時。
・・・いや、さすがにそれは無理だろう。と思ったのですが、やるだけやってみる事に。

結果、現在時刻 23:20。な、なんとか間に合いそうです。(汗
モデルが既に出来ているとはいえ、さすがに凝ったことはできなかったので、なんというか、色々と誤魔化してるっぽい感じですが、時間の割にはそこそこ満足できるものが仕上がったかなぁと思います。

さて、次ですが...いよいよ封印?していた東方に手を出そうかと。
問題はフリルや細かな装飾をローポリゴンでどうやって作るか、という一点なのですが、最初はフリル分の少なそうなキャラ+(自分の趣味)で馴らしていこうかなぁ、と思ってます。(霊夢はハイポリ用に予約してるので作りません(笑))


スグリ ヒメ
−2006/5/11追記−
ヒメの『レンダリング編』です。
最初は今週末辺りで作る予定だったのですが、予定が前倒しになった訳は、GW明けて直後に体調崩してダウンしてたからです。(^^;
24時間寝てることも無理なので、目が覚めるとゴソゴソと起きだして作業→ダルイ→寝るをループさせてました。(だから治らないんだって>俺)

とりあえず、予定分は早々と出来てしまったのですが、折角なのでもう1枚シーン変えて作ることにしようかなぁ...今週末位でなんとか。




スグリ ヒメ
なんとかヒメにも勝てたことですし、とりあえずモデリングしてみましたよ。

ゲーム中の立ち絵のスクリーンショットを元にして作ってますが、ちょっと困ったのが足回りのデザインがどうなってるのかということで。
とりあえず、ドット絵を見る限りではスグリ同様に黒のニーソっぱいのですが、詳細は??
もしかしてエンディングにその辺りが判る画像でもあるかなと思ったのですが...なんか全然勝てないのですがー。前のはマグレ勝ちだった?(^^;

そんなわけで、デザイン的に公式と異なるところもありそうですが、そこは大目にみて頂けると有り難いです。

さて、「レンダリング編」ですが、とりあえず続きは自分の家に帰ってからということで、来週末位になりそうな未定です。

2006/4/25
スグリ
スグリ スグリ
−2006/4/29追記−
うおっしゃー!!ヒメに勝てたー!!
残りライフ小弾1発分程度だったのでもうドキドキものでした。
しかし、すこし慣れてくるとVSヒメはプレイしてて非常に気持ちが好いですねぇ。緊張感よりも高揚感の方が大きいというか。(逆に今でも緊張感を物凄く感じるのが妖々夢の反魂蝶。、それはまたそれで好きなんですが)
そしてエンディング〜スタッフロールでちょっと涙腺が緩んだり。(笑

というわけで、次のネタは多分ヒメです。(実はクリアできなかったら、クドリャフカでも、と思ってたのですが。なんかプレイした感触も、スグリに似てるような気がしますしね)

またまたゲームネタに戻って。
同人STG「スグリ」から、主人公のスグリです。

しかしこのゲーム、自分には難しいようで、なかなかクリアができません。なんとか最終ボスまではたどり着けるのですが、まだ一度も勝てない有様です。(^^;
でも、このゲーム、自分が「練習して上達する」感覚が非常に感じられて面白い。少しずつパターンを最適化していく過程が楽しいゲームだと感じます。プレイしていても、弾を避けるという感覚はあまり無い、というよりもその場その場での最適ポジションを見切り、最適なタイミングで攻撃することが主だという感じでしょうか。実際、プレイ感覚はSTGと言うよりは、アクションゲームに近いのかもしれません。

そんなわけで、プレイしつつ並行してCG作成もしていたのですが、髪の毛の作り方をちょろっと変えてます。ハイポリゴンのモデルを作るときに使ってる方法を簡易にしたものですが、もうちょっと髪の毛の作り方は改良の余地があるような気がします。

さて、次のネタは...ヒメ、と行きたいところなんですが、まだ倒せて無いので、近日中に倒せたら考えます。(笑

2006/4/11
2006/4/8
「棺担ぎのクロ」から”クロ”
棺担ぎのクロ
−2006/4/11追記−
棺担ぎのクロ『レンダリング編』です。
基本はいままで作ってきたシーンデータで、背景オブジェクトも昔作ったものを流用して質感設定だけやり直してます。
が、一番やっかいだったのが過去のデータをMOとCD-Rの山の中から発掘する作業だったり。(^^;
で、そのデータの作成日付を見たら10年近く前のものでした。
そうかー、もう10年もやってるのか・・・、と暫し感慨に耽ってしまいました。

まぁ、ちょっと手が早くなった程度で、質はあまり進歩してないのが解ってちょっと凹みもしましたが。(笑




棺担ぎのクロ
ここのところずっとゲームネタばかり続いていたので、今回はちょっと気分を変えてマンガから。
「棺担ぎのクロ」から”クロ”です。

ふと覗いた本屋で表紙に惹かれて何気なく買ってみたのですが、久々に表紙買いで大当たり。いつもの倍位の時間をかけてじっくりと読んでしまいました。基本はほのぼの系なのでしょうが、ちょっと陰も感じさせる所もあり、実に良い感じです。

そんなわけで、感銘を受けたらとりあえずそれを形にしてみよう、という事で例によって速攻モデリングのトレーニングも兼てモデリングしてみました。
所要時間は2日に分けて合計約5時間位。まぁまぁかな・・・。

あと、『レンダリング編』は今週末中にできるといいなぁ、と思いますが善処します。(^^;

-余談-

「スグリ」をプレイしはじめて3日目。ようやく3面ボス倒せました。
・・・但しEasyで。(^^;
何かプレイの仕方を根本的に間違えてるのかもしれないなぁと思い始めました。とりあえず武器の組み合わせを色々試してみよう。うん。

2006/3/13
2006/3/3
CF-345 BLACK FLY
CF-345 BLACK FLY
−2006/3/13追記−
 原寸Verを別館へ追加しました。


TAITOの横スクロールSTG「メタルブラック」より、プレーヤー機となる”CF-345 BLACKFLY”です。

TIEタンクを作り終わった後に、もう1発メカモノが作りたくて(というか作り足りない感じだったので)これまた勢いで作ったものです。というわけで、やっぱり戦車風味。一応戦闘機なのに。(笑

-余談-
文花帖あと残り10枚。EXは出してますが、本編が終わるまで手をつけないつもりなので、まだプレイしてません。本編はあと映姫様のが2枚。目下、十王裁判の7枚目で詰まってます。(^^;

-余談2-

終わっちゃいましたね「ヨコハマ買出し紀行」。
色々と思う所もありますが、何かと影響を受けた作品が終わってしまうのはやはり寂しいものがあります。
久々に1巻から読み直してみようかなぁ...

2006/2/7
TIE クローラー(TIEタンク)
TIEタンク
1年程前の友人との某スターウォーズシリーズのメカについての話題。

友人:「TIEファイターのバリエーションでTIEタンクとかあるらしい」
俺:「なんだそりゃ。ザクタンクと同じようなものか?」
<中略>
俺:「ぐぐったけど、残骸の絵が1枚見つかっただけだった。形がわからん」
友人:「多分TIEファイターの操縦席の左右にキャタピラ付けただけじゃないのかな」
<中略>
俺:「推測で大雑把に作ってみた。大体こんなもんか??」

...そんな感じで昔ネタで作ったものの再生品。突然メカものが作りたくなった(それも戦車が)勢いで、前に作ったモデルを改修して一気に作ってしまいました。

...ところで、コレどの作品に出てくるんでしょうね。(どうも何かコミックの方らしいのですが)

-余談-
突然東方に話がシフト。
文花帖まだまたレベル9の途中。そろそろ前から一枚ごとクリアしていくのは諦めた方が無難な気がしてきた。(^^;
今の所、ワーストは役小角の約2800枚。

2006/1/14
東方シリーズより”毛玉”(仮称:AA準拠版)

東方project 毛玉

えー、Lightwave8ってファーシェーダが標準で入ってたんだ....マニュアルに載ってたっけ??(^^;

ということで、とりあえず毛生えプラグインSasquatch Liteの習作ということで、最初に思いついたモフモフでフサフサなアレを作って見ました。

...まぁ、なんだか薄汚い毛玉になってしまったのはご愛嬌。もうちょっとまとまった毛がフサフサと生えてくれれば良かったのですが、なかなか思った通りにはならないものですねぇ。

ちなみに背景はterragenというフリーの景観作成ソフトで作成し、Lightwave8で毛玉をレンダリングする時にバックグラウンド合成してます。
このterragenというソフト、厚みのある雲が結構簡単に作れるので背景の作成には結構重宝してたりします。

高解像度版の需要があるかわかんないけど一応。
高解像度版(160kb程度)>別館

-余談-
文花帖難しいよ文花帖。でも楽しいよ。
しかし一日2つ3つ進めるのでいっぱいいっぱい。
(まだレベル6辺り)
ホント、2,3日でクリアできる人って凄いと思う。



■ 履歴 2005〜2003年 ■

2005/12/18

第4回東方シリーズ人気投票

東方project 霧雨 魔理沙

第4回東方シリーズ人気投票
霧雨 魔理沙支援3DCG絵
...というか、延々作ってたやつの完成Verです。
いや、間に合ってよかった。

[12/19追記]
あと折角なので縮小してない原寸版も置いときます。
荒が見えて恥ずかしいですが。(^^;
原寸版(約1.1Mbyte)>別館


さて、次、ですが...
前の咲夜さんを作り始めた時、(まだ妖々夢の体験版がリリースされた直後)東方シリーズ主人公3人(当時)のポートレートで3作、とか考えてたのですが、そうなると、次は霊夢ですねぇ。
うあー!!、物凄く難しそうだ。モデリングを如何すれば、とかいうレベルじゃなくてどういう雰囲気にまとめて行けば良いのか、イマイチ捉え処が無いと言うか。まぁ、暫く悩んでみますか。(^^;

2005/4/02
東方香霖堂 第四話 「霧雨の火炉」より、ミニ八卦炉

東方project ミニ八卦炉

東方香霖堂 第四話 「霧雨の火炉」より
ミニ八卦炉

LW8への移行のための習作。ついでに今まであまり使ったことの無かったプロシージャテクスチャやエフェクト類の練習も兼ねてます。
一応、ヒヒイロカネで改修される前のミニ八卦炉のつもり。
...いや、実はヒヒイロカネの質感が解らんかったので。(^^;

第2回東方最萌トーナメント 十六夜咲夜VS八雲紫 戦
咲夜さん支援物資
壁紙Ver
東方project 十六夜 咲夜 壁紙
投票だけでは満足できなくなってついつい。
投下したやつよりサイズでかいです。
(1600×1200)

2004/3/15
「東方紅魔郷]より十六夜咲夜
東方project 十六夜 咲夜
同人弾幕STG
「東方紅魔郷 〜 the Embodiment of Scarlet Devil. 」」
より
十六夜咲夜 嬢





Return top page