戻る


05年らんちゅうの繁殖飼育のページです。


錦鯉飼育の経緯

    このHPは金魚のHPです。 その中になぜ錦鯉が? 
 錦鯉はもともと親父が飼育していました。
 その親父が昨年暮れに倒れました(83歳)命に別状はありませんが
 池の管理は難しい状況になりました。
 飼育を止めようと考えましたが親父の主治医が廃止にマッタ!をかけました。
 しかし 20数年前に穴を掘ってコンクリートで固めただけの池は管理が
 大変です。 らんちゅうとの二本立ては確実に無理な状況です。

  そこで、浄化槽を併設した池に作り替えることにしました。
 面積は縮小しましたが水深をとったので水量は増えました。
 そんなわけで錦鯉の飼育スタートしました。
  その中でいろんな方にお世話になりました。
 改めて御礼申し上げます。

錦鯉飼育の考え方

   今回、池を作るに当たりいろんな方のホームページを見せて
 いただきましたが大別すると2種類の飼育目的?があるようです。

 まず品評会を目指した飼育を主な目的としたタイプの方。
 繁殖も手がけて結果を出されている方。
 すばらしい趣味だと思います。
 私も鯉ではありませんが金魚(らんちゅう)の繁殖飼育を趣味として
 いますのでそのお気持ちはよくわかります。

  一方、錦鯉の優雅な姿に癒し安らぎを感じて飼育されているのでは?
 と思われる飼育家の方もおられます。私はこちらのタイプになると思います。
 私にとってその姿に対し感じるものは間違いなく癒しです。
 二階の窓から眼下に見える鯉を眺めていると時間を忘れます。
 仕事でたまった疲れを忘れてしまうような感じです。
 ビール片手ならなお満足です。(笑)
 今後の事は判りませんが、経緯はともかく今はそんな気持ちです。

  今回、ありがたい事にお二人の方に飼育されていた大事な鯉を
 いただきました。 
 私のところにはもったいない鯉です。
 大変気に入っています。大切に飼育していきたいと思っています。

 今後ともよろしくお願いします。