低音重視
SITE MAP E-MAIL HOME
BACK

低音重視的雑文タイトル

私はこうしてラウドネスにハマッた

当HPにて『高崎晃作品、あなたのオムニバス』と称して、好きな高崎晃作品の中から10曲を選んでオムニバスを作っていただくという企画を行ったのですが、その第2弾として『私はこうしてラウドネスにハマッた』という、まさにタイトル通りの(笑)題目で、皆様からラウドネスにハマッたキッカケを語っていただこうという企画を行いました。ここでは、ご投稿いただいたエピソードの数々をご紹介します。ご投稿いただいた皆様ありがとうございました。



『継承激血』 SUZY-C-C さん

ワタクシの場合は良くある感じで、アネキがレイジーの大ファンで、ほとんどムリヤリ聞かされて、気が付けばラウドでした。(でも御大のうたう「海をみつめて」、「ギターマン」、「ドリーミーエクストリップトリップ」はあのことを思い出させてくれます。)
 「SUZY」と刻まれたピックとか、「誕生前夜」の初回プレス版LPとか、実家には実はレアアイテムが眠ってるのですね!(ちなみにタイトルは前回のなごりです)




『私はこうしてラウドネスにハマッた』 イーロン(管理人)

「私はこうしてラウドネスにハマッた」企画に投稿します(笑)。
僕がラウドネスと出会ったのは、当時好きだったXの曲が流れるという事でチェックしたFMでした。当時中学3年生(笑)。
TAIJIさんがXを抜けてラウドネスに加入して盛り上がっていた頃なんですが、その時はラウドネスの音は聴いた事が無くて、雑誌に出ているラウドネスを見ると、「なんだこのオジサン達は。TAIJIさんも地味になったなぁ〜」といった認識程度のモノでした(爆)。当時はビジュアル命だったんです(汗)。
初めてラウドネスを聴いたFMに話は戻りますが、日本のヘヴィメタル特集といった番組の進行で、日本のメタル界の大御所のサウンドがいろいろと紹介されていたんですが、「Xに比べたらテンポ遅いね」とかいって嘲っていました。当時はスピード命だったんですな(笑)。
で、Xの曲も終わってしばらくしたら、ラウドネスの登場なんですが、ハッキリいってブっ飛びました(爆)。アルバム『LOUDNESS』収録の「RACING THE WIND」だったんですけど、Xが小学生の演奏に聞こえる程で、ロックを初めて聴いた時の衝撃体験そのものだったと思います。
それから高校に入学してからは、ラウドネスのレコードを買い漁って、ギターも弾きはじめたりしたんで、ラウドネス三昧ですね。高校2年の時にリリースされた「氣」とか「ヒッピーズ」なんかは何回聴いて、弾いたかわからない程。それしか聴いてなかった(笑)っていう位ハマッてましたね、当時は。
社会人になってからは、それなりにいろいろな音楽も聴くようになりましたけど、いつだってラウドネスには触発されっぱなしです。三部作の実験的なサウンドも大好きですし、今のラウドネスには21世紀のロックを感じるというか、これからが楽しみという感じで。
で、ラウドネスの何処に惹かれるかといったら、『音の良さ』の一言に尽きると思います。ラウドネスを楽曲の質の高さで語る事も出来ますが、やっぱり『音』でしょう。音楽の好みは齢と共に変わっていくのかもしれませんけど、基本的な音の好みっていうのは変わらないんでしょうね。だから、最初にラウドネス聴いた時から飽きずにずっと聴きつづけているんだと思います。




『思い起こせば・・』 Yass さん

私はこうしてラウドネスにハマりました。
初めてラウドネスを聴いたのは、小学6年生の頃か中学1年の頃か定かではありませんが、今から14、5年前だったと思います。当時3歳年上の従兄がラウドネス好きだったらしく、部屋にはラウドネスのCDやらポスターやらYG誌(笑)やらが揃えてありまして、僕も自然に「このCD聴かせて!」みたいな感じで聴いていました。
多分初めて聴いたCDは「ベストトラックス」だったと思うのですが、「LOUDNESS」「CRAZY DOCTOR」「IN THE MIRROR」はやはり衝撃的でした。従兄もギターを弾いていたので、「LOUDNESS」のリフを弾いたりすれば「おぉ〜!」みたいな感じで盛り上がってました(笑)。
それから時は流れて、自分で初めて買ったラウドネスのCDは「SOLDIER OF FORTUNE」。ヴォーカルがニイちゃんからマイク・ヴェセーラに変わって少々残念ではありましたけど、ぶっ飛びました。「このガイジンさん、すげぇ〜!」「タカサキアキラ(笑)のギター、凄まじい!!」というのが第一印象でした。
これからというもの、僕の「ラウドネスにドップリ人生(大袈裟)」がスタートです。それまでに出たアルバムを買い集め、ニューアルバムが出れば買いに行き、タッカンに憧れてギターを始め、どんどん浸っていきましたね。
これから先もきっとドップリでしょうね。




『若い人達に聴いてもらいたい。』 Kiyokatsu さん

LOUDNESSにハマったキッカケは,映像作品の「WELCOME TO THE SLAUGHTER HOUSE」を見てからです。
元々,Xの大ファンでして,その中でもBASSのTAIJIにハマっていました。
彼がXを脱退して,LOUDNESSに加入したのをキッカケにLOUDNESSを聴くようになったのですが,TAIJIの勇姿が見たくて購入した「WELCOME TO THE SLAUGHTER HOUSE」の中で,アンコールのCRAZY DOCTORに衝撃を受け,2回目のアンコールのS.D.I.にとどめを刺されました。それからは,LOUDNESSが大好きになり,それまでリリースされていたCDを買いあさりました。
LOUDNESSって,時代毎に曲調が違いますよね。ファンによっては好き嫌いがあるとは思いますが,私にとって,そこがLOUDNESSの魅力だと思います。自分自身,音楽の間口が広くなりましたし,ギターに夢中になれました。
LOUDNESSをリアルタイムで聴ける私達は,とても幸せだと思います。
LOUDNESSを知らない若い人達にも,ぜひ聴いて欲しいものですね。




『私はこうしてラウドネスにハマった』 AKI さん

イーロンさん、お久しぶりです。
と、こちらでは初めましてです。
イーロンさんのサイトは以前から
ブックマークしてたのですが、中々カキコする勇気が
出ませんでした(汗)。
で、今来て見ると何やら面白い企画が!
思わずカキコさせていただきます(笑)。
私がラウドネスにハマッたキッカケは16〜17年前の
私が中学生の時でした。
友達から良い曲だから聴いてみな。と薦められたのが
DISILLUSIONでした。その中の
CRAZY DOCTORとEXPRODERに
衝撃を受けました。まだこの頃は聴くのみだったのですが
段々ハマっていく内に、
こう言う風にギターを奏でてみたい!と思い、
ギターを購入して初めて挑戦した曲が
LIKE HELLでした。
ギターを買って、まったくの初心者で
Fコードも押さえられない私が
いきなりLIKE HELLです(笑)。
当然弾けるわけがありません(汗)。
まぁ良く親父のアコギで遊んでいたから
チューニングの仕方は知ってました(笑)。
ラウドネスにハマった事は
ギターにもハマった事になりました。
初めてコンサートに行った時は、高校生の時でした。
初めて生ラウドネスを見た時は大興奮で倒れそうでした。
とまぁ私がラウドネスにハマッたキッカケは
こういった感じです(笑)。
長々と書いてしまってすみません(汗)。





ご投稿ありがとうございました!!

2002.8.17

TOP▲
| BACK |
SITE MAP E-MAIL HOME