ウラヌス星風タローカード入門』
刊行告知


『死人妻』に続く、虹星人叢書の第2弾を刊行します。
式貴士が「ウラヌス星風」名義で発表した
西洋占星学に関する文章をまとめた1冊です。
生前にウラヌス星風の書籍は出ていませんので、
本書が、初の書籍化になります。

表題作の「タローカード入門」は、
第一期「奇想天外」で連載された全4回のエッセイです。
「Tarot」を「タロット」と読むか、
「タロー(タロウ)」と読むかで、
種村季弘氏と論争になったことで知られています。
今回、種村氏のご遺族に再録の許可をいただき、
反論もふくめた完全なかたちで連載を収録しました。

星新一とR・Aハインラインの作家性を
ホロスコープの視点から分析する
ユニークな評論「SF作家の星」も収録。
インテリアデザイナーの倉俣史朗氏を本格的に占った
「倉俣史朗氏の星」では、
占われた当人である倉俣氏からの手紙(未公表)も掲載しました。
その他、間羊太郎名義で「えろちか」に発表した「悪魔考」、
「虐のエクスタシー」なども収めています。

本書の大半は、当時の雑誌記事をスキャンしたものを
デジタル補正して掲載したものです。
そのため、若干読みづらい点があることを
あらかじめご承知のうえ、
お求めいただけますようお願い申し上げます。
またウラヌス星風名義の文章は、全212ページ中、約80ページで、
80ページ近くが間羊太郎名義の「悪魔考」であることも
付け加えておきます。
ご注文方法は、このページの下の方をご参照ください。

◆「タローカード入門」がどんな内容か知りたい方は、
以下の外部リンクをご覧下さい。
ポプラビーチ「カネハラ言の葉研究所」(文・金原端人氏)より
第12回 タロットをめぐる「大論争」
第13回 タロット、ふたたび

◆「タローカード入門」の感想を書いてくださった
ブログをご紹介します(15.05.22)。

「最終回文庫」様
齋藤靖朗様「種村季弘おぼえがき」
「ASIAの占い師・小説家 鮫島礼子」様
高井信様「ショートショートの…」


※上の画像は、題字の色など実際の表紙と若干異なるところがあります。

装画/黒田麓「Lilith」
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kuroda6/

<概要>
西洋占星学研究集成
神秘への扉 タローカード入門」
A5判・並製・モノクロ212頁(モノクロ口絵2頁付)

2015年4月12日より発売中
頒価2500円+送料(ゆうメール1冊300円、2冊350円)


<収録作品>
※緑字はウラヌス星風(間羊太郎)以外の著者による文章です

巻頭エッセイ
西洋占星術に関する10の質問
(「大予言と奇蹟ファンタジィ」1980年4月10日発行)

西洋占星学研究
タローカード入門(「奇想天外」1974年7〜10月号)
 第1回
 第2回
 第3回
 
ウラヌス星風に答える 種村季弘
 番外編 種村季弘を葬る
 
善よ急げ ――ウラヌス星風に 種村季弘

ホロスコープ作家診断 SF作家の星
(「奇想天外」1980年6、7月号)
 第1回 星新一篇
 第2回 R・A・ハインライン篇

星占いから見た性格分析 倉俣史朗氏の星
(「倉俣史朗の仕事」1976年4月5日発行)
倉俣史朗氏からの手紙 倉俣史朗
(未公表/遺品より再録)※倉俣史朗氏のご遺族より許諾いただきました

悪魔学研究
悪魔考(間羊太郎名義/「えろちか」創刊号〜8号)
 第1回 悪魔の誕生
 第2回 古代の悪魔
 第3回 黒魔術と悪魔帝国
 第4回 悪魔紳士録
 第5回 淫夢の悪魔
 第6回 悪魔の性器
 第7回 悪魔のセックス
 最終回 聖アントニーの誘惑

魔女(間羊太郎名義/「サスペンス・マガジン」1969年4、5月号)
 第1回
 第2回

性文化研究
虐のエクスタシー ――苦と快の転位と合一
(間羊太郎名義/「えろちか」14号)

解題

ご注文・お支払い方法
gosho@kb3.so-net.ne.jp宛に、以下の内容をお送り下さい。
件名を「タローカード入門注文」としていただけると助かります)
※携帯メールから送信される方は、PCメールを受信できる設定にしていただくようお願いいたします。

1、お求め冊数

2、お名前(ふりがな)
3、お届け先の郵便番号、ご住所
4、メールアドレス
5、電話番号

メールを確認次第、
注文確認メールをお送りします(3日以内にお返事します)。その後、1週間以内に本を発送いたします。

代金は
後払いです。本の到着後、1週間以内に指定の郵便口座にお振り込みください(恐縮ながら振り込み手数料はご負担ください)。

※小部数の私家版のため、予定数に達し次第、注文受付を終了させていただきます。ご了承ください。