私の合格体験記
        〜 つくんこさん 〜

         “H12年度合格者”

        合格体験記といってもみなさんのお役にたてるものが書けるか心配なのですが
        keikeiさんからのお願いなのでこの一年間のご指導の恩返しのつもりで書いてみます。
        私にとっては2回目の受験でした。1年目の受験は、思うように受験までの学習
        ペースが作れず、学習不足で臨んだばかりか試験に対する情報も不足していたために
        さんざんなものでした。択一試験で1科目でも4点以上とれなかったら足切りに会う
        ことさえ知らなかったほどです。それに受験された方は経験されたでしょうが、午後
        の択一試験の3時間半の試験時間には閉口しました。この時間、人間が集中する時間
        としては長過ぎるほどなのですが、その間に7科目70問の解答をするとなると見直し
        の時間を考えて1問につき3分弱、択一問題の文章も長いので時間配分を間違うと
        かえって時間が足りないくらいです。途中で時間を見たら時間が足りないことに気づき、
        かなり慌てました。同時に7科目を解答することと各問題のまぎらわしさによる混乱、
        過度の集中、時間のないことの焦りとで試験が終わったときにはほとほと疲れて
        もう2度と受けたくないと思っていたのを覚えています。結果については期待して
        なかったのですが、学習不足の割にはあと少しかなという自分勝手な手応えも感じて
        いたので、各受験予備校の採点講評で基礎からやり直す必要があると書かれてあった
        時には少なからぬショックを受けたものでした。

        1度目の受験である程度の合格への手応えを感じたものの正直、今年もダメだった
        らという不安は拭えませんでした。通信教育で学習していたのですが、1度読んだテ
        キストが2度目、部分的には3度目なのに全く初めてのように新鮮に読めてしまい、
        30も半ば過ぎて10代や20代のように記憶できなくなってしまったのかという焦りや
        学習範囲が広すぎて途方にくれるやるせなさから学習に手がつかないこともしばしば
        でした。しかし、「とれとれ」でのkeikeiさんの励ましや高い受講料を払って通信教育
        まで受けたのだから(この点での通信教育の学習動機付けの効果は絶大)途中で
        やめるわけにはいかないと思い、とにかく人間は忘れる動物なんだから忘れたら
        何度でも繰り返すしかないと腹をくくりました。また、どうせ全部を網羅して学習することは
        不可能なのだから過去問を中心に試験に出る部分に重点を絞ろうと思いました。
        通信教育の問題集や、手を使って書きながら問題を解くために、「とれとれ」をはじめと
        する社労士試験対策のメルマガをプリントアウトしてファイルしたものを使った学習
        を最低2回は繰り返しました。書き損じのA4用紙の裏面を使ったので片面印刷に
        なったせいもあって紙ファイルに綴じられる限度ぎりぎりのものが試験直前には2冊
        できあがりました。過去問を解く中で出てきた疑問をテキストに返って重点的に読み
        込んだり、自分なりに理解したポイントをテキストやメルマガファイルに書き込んだ
        りしました。一通りテキストを通読し、ある程度の理解を得たら、過去問からテキスト
        に返る方法の方が学習してて充実感があり、精神的にも良かったように思います。

        2年目ということもあって学習を始めたのが3月頃からでした。会社では総務や経理の
        仕事を任されているのですが、3月が決算ということもあって5月が終わるまでは
        何かと忙しく、それまではテキストを通読したり基本的な問題集や通信教育の添削
        を送ったり、メルマガに目を通したりするくらいで、集中して取り組んだのは6月に
        入ってからでした。そういう意味では今年から試験日が8月になって少し余裕が
        あったのですが厳しい猛暑の中、受験勉強の集中力を持続させる点では負担が
        増えました。仕事も6月に入っても何かと忙しく仕事と受験で精神的なストレスは
        結構たまっていたようで、5月頃から試験が終わるまでは原因不明の咳がとまらない
        状態でした。

        学習時間は夜3時間と朝2時間ほどをあてました。幸いにも?我が家にはエアコン
        がないので、朝が弱い私でも夏は自然に早起きができました。その代わり夕方から21
        時頃までは暑さで集中できないので今年もダメだったら来年はエアコンを買うことから
        始めようと真剣に思いました。また、1度目の受験の反省から受験前の半月ほどの
        休日には図書館へ行き、択一試験に慣れるために時間を合わせて受験と同じような
        雰囲気の中で模試や昨年本試験の問題を解き、時間配分や集中力の持続の訓練を
        しました。

        試験日を迎えた時点では決して合格する自信があったわけではありませんでした。
        来年も受けなくてはならないだろうなと半分覚悟していました。それでも、keikeiさん
        からの合格祈願のハガキをお守りに、また、いくつかのメルマガにも書いてありましたが
        「絶対合格する」と自己暗示をかけて臨みました。回りにいたみなさんにはいい迷惑
        だったでしょうが、自分の座った席から自分を含めて回りの14人を数え、この中で合格
        するのは自分なのだという具合でした。それが功を奏したかどうかはわかりませんが、
        自己採点結果が予想外に良くて驚きました。

        自分の経験からいうと学習の方法さえ間違わなければ、ある時、飛躍的にできるように
        なる時期があって、今はよく理解できないけれどコツコツやっていればいつかそういう時
        が来ると信じてやっていました。たまたま私の場合、その時期と試験が一致したのかなと
        思います。しかし、いくらそんな信念があってもうまく理解できない時を忍耐強く過ごすため
        には精神的なサポートが必要です。私の受講した通信教育ではそういうものは
        得られませんでした。
        その点では「とれとれ」のメッセージがとてもありがたかったのです。
        この場を借りてお礼申し上げます。 

        さて、最後になりましたが試験から3ヶ月あまりが過ぎて、実はかなりの部分を忘れて
        しまっていたりします。それに受験用の学習しかしていないので、とても専門家と言える
        ものではなく恥ずかしい限りなのです。合格を目指して頑張っておられるみなさんと同様、
        私もまた学習しなければなりません。どうか一緒に頑張りましょう