私の合格体験記
        〜 HIROさん 〜

         “H12年度合格者”

            平成12年12月1日、やっとこの日がやってきました。本当に
            「やっとここまで来た」と言うのが正直な気持ちでした。本当に
            長い受験生活でした。多分こんなに四苦八苦しながら合格した
            人はあまりいないと思います。それだけに、これを読んでいた
            だける方には、くれぐれも私と同じ失敗をしないよう是非参考に
            して頂けたらと思います。

            受験を決意したのは、平成6年の10月頃だったと思います。
            通信講座に申し込み、テキストが届き労働基準法から始めた
            頃でした。思いがけない事がおこりました。皆さんもご存じの、
            あの阪神大震災の発生でした。幸い自宅の被害は少なかった
            ものの職場が大阪にあったため交通機関の遮断で通勤が
            不可能となりました。そこで、私は大阪の会社の寮へ、家族は
            嫁の実家へと別居を余儀なくされました。当然、勉強どころで
            は無くなってしまいました。本試験は試験の雰囲気だけでも知
            っておきたいと言うことでとりあえずうけました。結果は、当然箸
            にも棒にもかからないという結果でした。

            そして次の年、前年の通信教育の教材もあることでもあり
            独学ですることにしました。途中、中だるみもありましたが
            自分なりにはがんばったつもりでした。本試験は合格まで
            あと1点が足りず、落ちました。しかし、これでもう大丈夫
            と言う気になってしまいました。これが不合格スパイラルの
            始まりでした。

            平成9年は史上まれにみると言う難問続きでダメ、平成10年、
            11年はボーダー上にありながらダメ、本当にどうしたらいいか
            パニックになってしまいました。そこで、今までの勉強方法を
            徹底的に見直す事にしました。
            まず、自分にあった基本書、そして、過去問題集、記述対策
            問題集を決め、これ以外はやらない方針にしました。それから、
            前年度から教育訓練給付の支給が開始されたので、それを使い
            思い切って通学することにしました。こうして、勉強の方法をまず
            確立しました。
            スケジュールを簡単に述べますと、4月までは基本書、予備校の
            テキストを中心とした徹底的なインプット、5月から過去問、記述
            対策を始め過去問は6月までで最低3回、よく理解できないところは、
            解るまで繰り返しました。そして7月に一般常識対策(もちろん一般
            常識中の法令等に関する部分はインプットでもやります)そして8月
            は基本事項の総復習と白書対策、こうして本試験にのぞみました。
            結果は、今までに取ったことの無い点数を取ることができました。

            振り返りますと合格できなかった間は、
            @本試験間でのスケジュールが確立できなかった。
            Aそのためにどうしてもスランプの時間ができてしまった。
            B強引な暗記に頼ろうとしていたため、本試験直前に混乱することが
             多かった。
            C独学でやっていたため受験に対する情報が決定的に不足していた。
            Dどうしても合格したいという執念に欠けていた。

            ほかにも、色々あるのですが私の場合は独学でやっていたこともあり
            このことに気づくのに時間がかかってしまいました。通学やとれとれは
            これらの問題を解決するのに大変役立ちました。特に地方にお住まい
            の方などは、有料版も含めとれとれ等を活用する事をおすすめします。
            ちなみに私は無料版のみでしたが・・・。本試験の前日には、今までの
            とれとれを全て読み返し本試験にのぞみました。
            こうして、本試験に自信を持って向かえることができたのです。

            再受験の方は今の時期、もう一度勉強方法を検証して見てください。
            そして、勉強方法を確立したら、繰り返し繰り返しそれだけをやりまし
            ょう。本試験は過去に出題された基本的な事項を完全にマスターする
            だけでも十分に合格点はとれます。逆に、模擬試験等で出題される
            マニアックな問題等はバッサリ切り捨てるぐらいの勇気も必要と思います。
 
            この試験は最後までがんばり抜ければ必ず合格出来る試験です。
            私が申し上げるのも何ですが、合格の秘訣は、自分にあった方法で
            勉強方法を確立し、それを強力に実行する事だと思います。
            ただし、決して無理な計画は立ててはいけません。
            これからなんと言っても8月までは長丁場です。常に自分が機嫌良く
            勉強できるようコントロールする事も必要と思います。

            以上、大変つたない文章で参考になるか心配ですが、皆さんが来年の
            合格を勝ち取ることをお祈りして、この合格体験記を終わらせていただ
            きます。