私の合格体験記
        〜 奈良県T.Oさん 〜

        “H15年度合格者”



現在の職業:サラリーマン(営業職)「社労士とは全く関係ない仕事」
      31歳(5歳と3歳の子持ち)

普段の勉強時間:通勤電車の中(約1時間、家に帰って1時間〜1時間半)
        営業の途中(昼食時、移動の電車、車、バス)
        空いた時間は少しでもやるようにしました

受験回数:3回(1.2年目は受験予備校に通い、今年はとれとれを中心に
        独学)

主に使用した参考書:うかるぞ社労士(皆が進めるので)
          社労士V(毎月のペースメーカーとして活用)
 
主に使用した問題集:合格のツボ「TAC出版の緑の本」
         (一問一答形式でレベル毎になっており問題をじっくり
          理解するのに役立ちました)

■ 合格を振返って
1回目の受験で選択が1点たりずに不合格だったのが、かえっておかしくなった
と思います。自分ではもう大丈夫だと思い込み2回目はボロボロの結果に。
自信をなくしていたときに出会ったのが「とれとれ」のkeikei先生でした。
丁寧で分かりやすい解説、気のきいた励ましのコメント、本当に自分の力に
なりました。
「とれとれ」で勉強していくうちに気付いた事は、今まで自分は本当に
理解していたのか?ということとです。
問題集などは何回かやっていくうちに答えを覚えていてほとんど問題を読まず
に正解してしまうなんていうことがありました。
そこで、今年は参考書を何回読むとか問題集を何回やるということよりも、
確実に理解することに重点をおいて勉強しました。
勉強方法として、パソコンで「とれとれ」を読み、(ただ読むのではなく
確実に理解しようという気持ちでじっくり読み込みました)
それをプリントアウトしておく。
1週間分位ためておいて、ノートにはっていく。
その時にもまた読むという作業をすると最低でも2回は読みます。
そして1ヶ月位してからまたノートを見て、理解したところはバツをつける
作業をしながら読んでいく。
これを繰り返すと本当に自分の苦手なところが分かり効率的に勉強できました。
また、keikei先生の多くの励ましの言葉のなかで「あきらめない」という
言葉を実践したことも合格の要因ではと思います。
夜勉強していると眠くなり「もういいや」となった時でもあきらめずに
もう一問やってから寝るとか、とにかく「あきらめない」ということを
強く意識していきました。

「とれとれ」そしてkeikeiに出会えて本当に良かったと思います。
すでに「とれとれ」で勉強している人、申し込もうか迷っている人、
keikei先生を信じて勉強していって下さい。
良い結果が待っていると思います。私がそうでしたので・・・。