私の合格体験記
        〜 michさん 〜

         “H14年度合格者”


受験回数  2回
勉強方法  1年目 2月の中頃からTACの速習本科生(通信)
             6月ごろにとれとれに出会い無料版を見始める。
        2年目 12月からTACの上級本科生(通信)と、
            とれとれ有料版(全コース)。
使用問題集 TACの教材のみ

 一年目は9月末で会社をやめて何もすることがなく、雇用保険の教育訓練
給付金を使って何かしたほうがいいかなあということで安易に社労士講座を
始めたしだいです。
 教室に往復2時間かけて通って授業中寝ているよりは、自宅で好きなときに
勉強したほうが効率的だと思い通信にしました。3月にアメリカへ旅行に
行ったりとあまり熱心には勉強していませんでした。
 気温が暖かくなって、梅雨が降る頃になって初めて焦りだし本気で勉強する
ようになりました。そのころにkeikei先生のとれとれに出会いました。
 TACの基本テキストを基本に勉強していたのですが、誤字、脱字が多くテキ
ストを読んでいてもイライラしてあんまりはかどりませんでした。その点、
とれとれは大変わかりやすくて、無料版が届くのをとても楽しみにしてました
 そんなこんなで1年目は見事に不合格。選択式も択一式も合格点には達して
いなかったように思います。

 二年目は今年こそは本気で勉強しようと思ってました。去年の勉強を始めた
時期が遅かった点も反省し、上級本科生のコースに申し込むと共にとれとれ
の3つの有料コースに申し込みました。
幸い、上級本科生のテキストは大手の本屋でも売っているようなちゃんと?
したもので大変わかりやすく、何度も読み直しました。
とともに、とれとれが届くとまず内容を読み、自分が苦手な分野、間違えた
内容の回を再チェック要の受信ボックス、一度読んだだけでもう見なくても
いいというのは他の受信ボックスへ、と振り分けました。そして週に1度ほど、
再チェック要の受信ボックスをもう一度全部読み返して十分理解できた回の
ものは他の受信ボックスへ移すということを行いました。

 TACから送られてくる問題集は薄いのですが大変難しかったので、試験日
までに3回は解きました。過去問は一度全部解きましたが、2度目は間違えた
所だけ解きなおした程度です。
 試験前は、よく間違えるところのテキストを読み返したり、とれとれの
今までとどいたものを全部再チェックし、とくにいつまでも再チェックよう
のボックスに残っているのを重点的に読み返しました。
 試験当日、いざ教室に入ると、一番端の一番前の席でした。試験の1ヶ月前
ほどからあまり勉強する気がなくなったり気分が乗らないときは、QUEENを
聞きながら勉強してました。ので・・・頭の中に『伝説のチャンピオン』
『ボヘミアン・ラプソディ』などを鳴らしながら(口ずさみながら・・・?)
問題を解きました。
今年の本試験の問題も、今まで見たことのない内容があったもので、「ああ
、また来年や・・・」と思ってました。ほんと気楽に受けました。
 試験が終わり、待ち合わせしていた友達と焼肉屋へ行き、私は大学の門の前
で配っていた模範解答で自己採点をしました。すると、ホントの山勘で埋めて
いたところが正解していたのです。自分でもびっくりしました。試験前のTAC
の模擬テストはC判定(1年目はD判定)でしたが、いざ本番は選択式36点
択一式53点で合格してました。

 私の勉強方法って言っても、何も買い足すことなく手持ちの物を何回も見直
しただけです。先日、TACの合格祝賀会へ行きましたが、そこに来てた人たち
のほぼ全員が通学生でした。通学生の人たちと話をしましたが、通学するか
自宅学習するかは自分の性格を考えて選んだほうがいいと思います。
ちなみに私は、昔からどんな授業でも寝てしまうほうで、会社の会議でもよく
こっくりこっくりしてました。
通学生の人たちは、誰かにお尻を叩いてもらわないと自分は勉強出来ないほう
だし、自習室へ行くと気持ちもあせって勉強しなければって気分になれる
とおっしゃってました。私は週2回程度アルバイトをする生活で時間に余裕があ
りましたが、仕事をしている人は通学の方がいいかもしれませんね。

 来年合格を狙っておられる方へ。
どれもこれもと手を出しすぎるとどれも物にならない可能性があると思うので、
一つの教材に絞って基本を何回もおさらいすることをお勧めします。
頑張ってください。私もこれから就職活動に励みたいと
思います。