私の合格体験記
         〜 Ymegaさん 〜
           “H13年度合格者”

1.通信、通学の別
  勉強1年目 通学
  勉強2年目 通信

2.利用した団体名、講座名
  勉強1年目 TAC総合本科生(教室)
        TAC横断セミナー、一般常識セミナー
        日本マンパワー模試
  勉強2年目 TAC上級本科生(通信、資料会員)
        TAC択一式攻略ゼミ、一般常識セミナー、中間模試
        Wセミナー模試
        keikei先生の有料メルマガ

3.学習時間
  合格した年の勉強時間は、
  平日は、30分〜2時間ぐらい  
  休日は、6時間〜11時間ぐらい

4.使用問題集(主なもの)
  通学校のテキスト、問題集。
  うかるぞ社労士。
  LEC 出る順社労士ウォーク問本試験問題集、選択式マスター。
  keikei先生の有料メルマガ

5.受験回数 3回(うち、初回はお試し受験)

受験動機は、会社で社会保険の業務を担当するようになり、次第に社労士の資
格に興味を持ち始めたこと。
私の場合は、勉強より受験が先でした。受験してみて勉強出来るかどうか判断
したかったのです。

勉強1年目は、通学でした。会社帰りに週2回通いました。
この年に合格出来なかったのは、復習の時間が足りなかったのと、一般常識ま
でなかなか手が回らなかったことだと思います。

そして2年目。自分の勉強時間を少しでも多く確保したかったので、通信を選
びました。資料のみ、カセット、ビデオがありましたが、私は資料のみを選び
ました。カセットやビデオだと、それを聞いただけ、見ただけで勉強する気に
なってしまうと思ったからです。
そして、keikei先生の有料メルマガも全て購読しました。通信だと情報が入り
にくいし、何よりも先生のメッセージがほぼ毎日届くので、かなり勇気付けら
れました。

12月から勉強を再開し、GWまでは一般常識以外の科目について、過去問を
解きながら、テキストに戻ってインプットする作業に徹しました。あやふやな
部分はテキストに過去問の問題番号をふっておきました。こうすると、苦手な
部分が汚れてくるのです。自分の弱点がわかりますので、その部分だけ書き出
して、通勤電車で覚えました。

一般常識の科目は5月ぐらいからぼちぼち始めました。
keikei先生の有料メルマガが一番助かりました。私の場合は紙に打ち出して通
勤電車の中で読み、1周した時点でまとまった時間をとり、テキストと照らし
合わせながら、横断的に覚えるようにしました。結構似ている法律が多いの
で、横断的に覚えていった方が効果的だと思います。

模試は3回受けました。いずれも点数は散々で本当に合格出来るのかしらと頭
を抱えたものです。しかし、気持ちを切り替えて、間違えた部分を抜き出し、
同じ過ちはしないように、何度も繰り返し復習しました。

勉強場所は、通勤電車の中と学校の自習室でした。平日は仕事で、残業もあり
ましたので、なかなか勉強出来ませんでした。その分、週末は朝9時〜17
時、調子のいい時は20時過ぎまで自習室で勉強しました。

そして試験当日。お腹の調子が悪く、体調は万全ではありませんでした。午前
中の選択式は、なかなか答えが出せず、ただただ落ち込んでました。午後の試
験を放棄して帰ろうかと思ったぐらいです。
でも、せっかくここまで来たのだからと思い直し、午後の試験は淡々と解いて
いきました。一通り見直しをして、さっさと退出してしまいました。
家に帰り、解答速報が出たので答えあわせをした後、keikei先生に「今年も駄
目でした。来年も頑張りますので宜しくお願いします」とメールを出したぐら
いです。
ちなみに、選択式29点、択一式45点(各科目4点以上)でした。

が、奇跡が起きたのか?運命の11月15日。官報のHPで自分の名前を見つ
けたときは鳥肌がたちました。家に帰ったら合格証書が届いていて、本当に合
格したんだと実感しました。今年から採点基準が公表され、自分はちゃんと合
格基準の中に入っているんだと確認しました。

私が言えるのは、最後まであきらめないこと。模試で最悪な点数をとっても私
のように合格できるんですから。
会社勤務の人は、ぜひ通勤電車の時間(私の場合は片道1時間ちょっと)で
も、かなり頭に入りますので、活用して下さい。
来年の試験、ひとりでも多く合格するよう応援してます。頑張って下さい!!