私の合格体験記
        〜 局長さん 〜

           “H19年度合格者


受験回数5回。

勉強方法は1年目通信

2年目・3年目独学

4年目通学(田舎のためビデオ講座)

5年目独学



使用教材

1年目ユウキャン2年目も同じもの使用。社労士試験について勉強方法が
判らず、法改正が多くそこが大事ということも知らなかったので、
参考になりません。

3年目の独学はうかるぞ社労士の基本書、真島のわかる社労士過去問
労働保険編と社会保険編及びLECの選択式マスターを使用。
そして、とれとれ E★社労士、一般常識対策講座受講

4年目はLECのテキスト、一門一答式社労士択一パーフェクトチェック
労働科目編、社会科目編及びLECの選択式マスターを使用。
そして、とれとれE★社労士、超重要過去問、一般常識、横断・縦断講座受講

5年目は真島のわかる社労士基本書、真島のわかる社労士過去問労働保険編
と社会保険編、TACの社労士合格のツボ選択対策を使用。
そして、とれとれE★社労士、超重要過去問、一般常識、横断・縦断講座受講


 1・2年目は真剣に勉強してなかったため、3年目は過去問を中心に勉強。
しかし、基礎力がないと実感したため、4年目に予備校の講座を受けることに。
4年目は職務上の立場が変わったため、3年目に比べ勉強時間が激減。
予備校のテキスト、問題集、市販の過去問とすべてこなすことができず、
消化不良。
5年目は基礎力がついたと感じたため、再度独学。


5年目の勉強方法

 1月から3月は過去問題集を中心に勉強しました。しかし、4月以降
○○民営化の影響で土曜日、日曜日も勉強時間がなかなかとれなく
なりました。そのため、
「効率よく勉強するには。」と考え、とれとれE★社労士を中心に勉強する
ようにしました。
とれとれE★社労士では、本題や例題で関連過去問H○年―6Bなどと
書いてあるのでその部分の過去問をコピーし、オリジナルの問題集?を作り、
それを何度も繰り返しました。また、何回か読んで、理解がいまいちのものは、
携帯に転送し、何度も見れるようにしました。昨年度合格の勝因は、
4年目のようにあちこちの問題やテキストに振り回されず、1つのもの
(とれとれE★社労士)を信じ、勉強したためと思っております。
繰り返し行い、完全な理解をすることが合格の近道だと感じました。

ただ、法改正講座と白書講座は予備校のビデオ講座で受講。
この2つは予備校などを利用したほうが効率的だと思います。
選択式に関しては、細切れ時間を活用して勉強しました。
その代表例が、トイレの時間です。毎日トイレには皆さんも入ると思います
ので効率的だと思いますよ。トイレに入っている時間が少し長くなりますが。

 私の勉強方法は、3年目、4年目で、ある程度の知識がついたからテキスト
や過去問を中心にしなくてもよかったのかもしれません。しかし、社労士試験
の勉強するにあたっては、何か1つの教材を中心に、ぶれないように勉強
することは重要なことだと思います。

また、一門一答式と年度ごとの過去問どちらでも使いやすいほうを最後まで
信じて使えばよいと思います。私の場合は、関連問題H年―6Bなどという
のは、一問一答式と年度ごとの過去問どちらもコピーをして使用しました。

 最後に、keikei先生3年間ありがとうございました。
メールの最初の何気ない文章をいつも楽しく拝見し、毎日勉強させて
もらいました。

 そして、〜一日読めばちょっと効く、毎日読めばきっと効く〜というのを
本当に実感させていただたと思っております。