私の合格体験記
        〜 ちばりよーさん 〜

           “H16年度合格者

●受験回数・・・・・5回

 1年目・・・A校通学⇒総得点で及ばず
 
 2年目・・・A校に5月まで通学⇒5月に母の病がわかり、仕事を退職、田舎に帰
省し看病にあたる。ひと月で他界。8月の試験は全く及ばず。

 3年目・・・「とれとれ」で独学⇒3月に父が発病、自宅療養中に受験。試験直後
に父が他界。選択の社一で1点、択一の労基で1点足りず、不合   格。しばらく
無気力状態が続く。この後の人生に社労士資格が本当に必要なのか、迷いに迷う。立
ち直ったのは家人の「今までの時間と費用と労力、無駄にするの?」だった。やっぱ
り、このままでは終われない。

 4年目・・・B校通信と「とれとれ」の有料問題全て⇒一からやり直すつもりで再
開。ピークを本試験にもっていけたと自覚したものの、選択の労基で1点足りず、不
合格。さすがにグッタリ、自分の運の無さを恨む。でも、ここまでやってきた努力を
成就させたい一心は変わらない。

 5年目・・・B校通信と「とれとれ」の有料問題全て⇒5度目というプレッシャー
とやってもやっても終わらない試験対策に本試験の1週間前に体調を崩してしまう。
試験前1週間はただ休養にあて、何とか受験だけはする。⇒やっと合格。


●振り返ってみて

 家族の病気、退職・・・と苦しい状況が2年目3年目に続き、勢いと気力を失って
しまいました。「ワタシは社労士試験の運に見放されているのではないか・・・今後
もずっと合格できないのではないか・・・」不安とプレッシャーで5度目の今年は自
身の体調を崩してしまいました。自分の弱さを思い知りながら、どうしても受験だけ
はしたかった。フラフラな状態で受験した今年、やっと合格の運が巡ってきました。

 家族が病で苦しんでいる方は、勉強を後回しにしても看てさしあげてください。

 社労士試験は受験回数制限も年齢制限もありません。本人の気力と努力があれば、
いつか「合格」の順番がめぐって来ると思います。
 頑張ってください。けいけい先生、本当に3年間、ありがとうございました。