2001年 7/8/9/10/11/12月の塩漬け

塩漬けの記に戻る

 2001.7.4 お疲れさまです

 昨日は宴会でした。

 ときどきお手伝いに行っている矢野健太郎先生の所ですが、アシスタントを労う宴会に呼んでいただいたわけです。
 過去には一応レギュラーのアシでしたが、現在は非常用のリザーブアシのおいらまで声をかけてもらえるとはとても嬉しかったわけで、楽しい時間を過ごさせて頂きました。ありがとうございます。

 ここのところ、個人的に色々なごちゃごちゃがあって気分がくさくさしていたのですが、おいしいものを食べて、一晩中カラオケで大騒ぎしてだいぶストレスが飛んでいった気がします。

 最後は喉がいたくてもう声がでましぇん!という状態まで行ったのは久しぶりでした。

 いけいけドンドン!って感じで仕事のほうもはかどる…といいなぁ。(^-^;
 

 2001.7.5 暑い

 東京は暑い日が続いています。道路が焼けて焼肉の板の上で生活している感じです。暑さに弱いおいらとしては、外にたばこを買いに行くだけでもヘロヘロになってしまうといった感じです。

 寒いのは財布の中身だけですか…。予定が少しづつ狂いはじめているので、財布の中身は北極圏の寒さです。

 この仕事、原稿の入稿と原稿料の支払いまでにタイムラグが有るのですが、それが会社によって2ヶ月とか3ヶ月、長いところだと4ヶ月といった具合でばらつきが有ります。まずい具合に重なってしまうと仕事をしているのに無収入の月なんかがでてきてしまうわけですね。
 定期の仕事が決まればある程度はそのような事態が回避できるのですが、現状では安定するにはほど遠い状況です。

 がんばって連載をもらえるようにしなくちゃいかんのぉ。

 お米があと4キロほど有るから1週間ぐらいはもつかなぁ…もてばいいなぁ…。
 

 2001.7.13 原稿入稿!

 先日、新人として掲載させて頂いた『まんがタイムジャンボ』ですが、「菜々美まっしぐら」、思いのほかアンケート結果が良く、次が有ることが決定していましたが、本日、9月号掲載分の原稿を入稿してきました。無事、何事も起こらなければ夏コミのさなかの8月11日に発売される本に載ると思います。タイトルが「菜々美まっしぐら」から「ななみまっしぐら」に変わりますが、前にも増しての応援頂ければ幸いかと。

 しばらくはゲストという形での掲載で、反応しだいでは…ってことらしいです。

 しかし、今回ほどアンケートの結果が気になったことはありませんでしたよ。
 初めて描いたに近い4コマまんがを、いきなり、飛び込みで持ち込んだわけですから…。今までとはまったく毛色が違う本ですから反応がまったく分からなかったわけで…。

 アンケートに『良い』と書いてくださった方々には、お礼の代わりに「これからもがんばりますのでどうぞよろしく」と言わさせてくださいませ。

 さて、これからが本当の踏ん張りどころですね。

 それにしても久々にタイトルロゴも自分で作っちゃったですよ。割とシンプルな仕上がりだけど、結構お気に入りの出来になりました。
 過去に自分で作ったロゴは『APPLE☆STRIKE!』 『APPLE☆STRIKE FX』 『てとら☆PACK』等があるのですが、その中でも割といい感じになったんじゃないかなぁ。

 自分のマンガのタイトルロゴで一番のお気に入りは『うっどぱぁくのすくいれる』なのですが、これは、見た瞬間にデザイナーさんに感謝したぐらいで、同人の方で出した総集編にもそのまま使っていいか編集さんに許可をもらったほどでした。
 シンプルで読みやすく、お話しの世界観にぴったりあっていると思いましたよ。

 ってな感じで巻き返しの初めの一歩!ってところです。
 

 2001.8.19 少し疲れ気味

 ほぼ1ヶ月ぶりです。まだまだ山を越えきっていないみやさかです。山を越えきるのはどうやら来月になりそうです。

 夏コミでは新刊を探してやって来てくださった方に大変申し訳ないことをしてしまい、どうもすみませんでした。なんとか新しいものを用意しようとしていたのですが、ソフトバンクの仕事が思いのほか手間取り、ラポートの仕事も7日まで引っ張ってしまう始末。さらにまんがタイムジャンボの原稿もあったものでとうとう何も作ることができませんでした。重ね重ねお詫びいたします。

 そのうえ!ごめんなさい!

 重要なお詫びに書いた通り、間抜けなミスをしてしまいました。描き散らかした原稿のコピーを整理していて、今日になってミスが発覚したわけで…取り返しのつかないことをしてしまった…。
 詳しくは重大なお詫びのページをご覧ください。

 気をつけていたんですけどねぇ…。

 『ななみまっしぐら』のほうですが、10月号の原稿を昨日入稿してきました。まだ連載という形にはならないと思いますが、11月号も掲載予定があることが決まりました。毎月ハラハラドキドキな展開ですね。(^-^; 全てはアンケートの結果次第です。

 少し息がつけるのは11月号の原稿を終えた頃になりそうです。いや…その前にまだソフトバンクとラポートの原稿やらなくちゃいけないし。まぁ、ソフトバンクの方はこのターンで完パケになるので少し気が楽なんだけどね。

 少しでも先へ先へと進めておかないと。冬コミも場所が取れても夏と同じ状態…って言うのだけは避けたいですしね。
 

 2001.9.7 HP開設一周年とちょっと

 HP開設からどうにか1年が過ぎました。全然コンテンツは充実しないわ、更新もかからないわの、ずぼらな管理人のずぼらなサイトですけど今後もよろしくお願いします。

 8月にいたっちゃこのページすら1回しか書いてない…。

 さてさて前回からこっちのしおしおな日常ですが…ほとんど仕事していただけです。まぁ、ようやくといった感じですがソフトバンクのお仕事が終わりました。足掛けで3ヶ月…まぁ、他の仕事での中断とかがあるので実質1ヶ月ちょっとって感じですね。最後のターンもちょっと予定をオーバーしてしまったため、ラポートのAIRアンソロジーが後ろへずれてきてしまい、まんがタイムジャンボと〆切が重なってしまいました…。トホホホ…。AIRもとりあえず今回で一区切りつけるって感じですので、この山を乗り切るとなんだかまたしてもどこまでも広がる大平原状態になってしまうのですけど…。

 でも、「ななみまっしぐら」の方が思った以上の反応があるらしく、もう少し頑張れば連載に…なったらいいなぁ。いや!なるように頑張ろう。
 てな訳で現在11月号のネームと並行でAIRの下描なんかしています。

 それにつけても4コマって難しい…。

 とりあえず平野に降りたら「ななみ…」を1回分先行させて次の持ち込みよう原稿を描き始めるか…それとも「うっどぱぁくのすくいれる4」を作りはじめるか…。うっどぱぁくもお待たせしすぎているのですが、今までの形で本にしようとするとなんだかんだで1ヶ月以上時間を取られちゃうのです。少し形を変えて形になりやすい形式にした方がいいかな? そうすればほんの少しだけだけど冬込みに本が出る可能性も上がるしね。

 そんなこんなでちょこっと考えていることもあったりする今日このごろです。
 

 2001.9.21 山脈は越えた…はず

 先日、まんがタイムジャンボ11月号の原稿を入稿してきました。これで一息つける…と思っていたのですが、一区切りつくはずだったAIRが今月も続くことが発覚!
「一区切りつくって言われたから今までのお話しのまとめを書いてしまったのに…。どうしたらいいんだよぉぉぉぉぉ!」などと転げ回っている次第です。

 まんがタイムジャンボの方は順調に12月号も載ることが決定!アンケートの結果にどきどきの日々は続いていますが、連載になるように頑張らなくちゃいけません。

 ソフトバンクさんの方のお仕事は「ロールプレイングゲームプログラミング」という本だったのですが、今月中にはお店に並ぶんじゃないかな? 前回の「アドベンチャーゲーム〜」は表紙も描いたけど、今回は本文カットとサンプルデータの制作でした。

 ああ…、仕事でお篭りしているとここに書くことさえありゃしませんね…。とほほほ。

 まぁ、事件といえば掲示板の方にもちょこっと書いたけど、〆切直前にデータが壊れたってことでしょうか…。データドライブだけでもミラーリングしておいたほうが良いかもかも〜。
  

 2001.9.29 ちょこっと更新

 ぱたぱたと仕事がはいってくるようになって、ちょっと忙しいもので更新滞っていて申し訳ありません。そんな状態ですので、通販問い合わせのページを閉じさせて頂きました。少し余裕のあるときなどに期間限定で再開することもあるかもしれませんが、ただいまのところ予定は未定ということでご了承ください。

 お仕事の方は、とりあえず年内一杯ぐらいは順調に続く予定です。もう少し増えないと生活だけで手一杯っていう状態は変らないのだけどね。
 でも、現状ではアパートの改修がどんな状況になるのか全くわからないため、下手に仕事を増やすこともできないのです。一応、年末から年始にかけてくらいになるみたいなことを言われたのですけど…。一番スケジュールがつまる年末にこられると困っちゃうんですけど。

 まんが屋の生活や仕事のリズムを全く知らない人相手にスケジュールの話してもまるっきり通じないのは困ったものだのぉ。いとも簡単そうに
「貴重品だけもって仮の部屋に移ってもらえればいいです。他の荷物はこちらで引っ越し屋を手配して保管するなりしますから」
等と言われているのですけど、他の荷物を箱につめる作業にどれだけの時間がかかると思っているのかなぁ? ここに引っ越してきたときでさえ段ボール箱で50個ぐらい本やらあったっていうのに。

 とにかく夏に急に工事をはじめる旨の通達が来てからこちらも対処方法とか考えながらのスケジューリングしていたのだけど、そんなに先になるのなら、そう言ってもらえればそれなりの対処は出来たと思うのだけどね。
 水道管などをやり直して快適に暮らせるようにという大家さんの配慮はありがたいのだけど、ちょっと影響が出過ぎているのが気になります。

 いざ、移動って段階になったときに「明日お願いします」などと言ってこられたらどうしましょう?
 

 2001.10.3 危機一髪だったかも

 もう昨日のことになりますが、夕方4時ごろ、ご近所の、よく利用する郵便局に強盗が入ったそうで…。なんとその直前にその郵便局で為替の換金をしてもらっていたみやさかです。
 犯人は逃走後、局員さんの手によりすぐに取り押さえられたそうですけど、もしその場にいたらどういった行動を取ったでしょう? 割と臆病なみやさかですからせいぜい距離をおいて追いかけるとかいった程度のことしかできなかったかもしれないですね。なにやら刃物とガソリンを持っていたそうですから。

 まぁ、そういった事件の現場に出くわしそうで出くわさないというのは運がいいんだと思いますけど…。

 過去にも飯を食いに牛丼屋に行ったらほんの直前に並びのパチンコ景品交換所に強盗が入って警察が到着した所だったり、徹夜カラオケの帰り道、一番の近道であるJRの高架下を避けて、街灯の明るい遠まわりの表道を選んで帰ったらその近所でコンビニ強盗が入っていたりして、一緒に歩いた友人などとは「高架下歩いていたら出くわしていたかもしれない」と話していた事もあったりしました。

 こういった危機一髪ネタの最大級の話はなんといってもあれだよね…って言うのもあるのですが、こればかりは思い出すのも嫌なので(T-T) 冗談抜きで何人もの方が亡くなっている事件なので…。

 自分だけが良ければいいというつもりではまるっきり無いですが、極わずかな差で事件や事故に巻き込まれることから逃れられている自分の運の良さに感謝しています。
 

 2001.10.4 思い出した危機一髪

 昨日書いた危機一髪のお話しですけど、すっかり忘れていたことがあったのを思い出しました。もう10年ぐらい前の話なもので。

 その日、夜中ですが腹が減った自分は近所の牛丼屋に飯を食いに出かけました。駅前にあるその牛丼屋は、当時、食券の自販機が店の外の道路に面したところに2台ありました。食券を買ってから店内に入るといった造りだったわけです。
 その日は腹減りと仕事でヘロヘロになって半分寝ぼけたような状態で、とりあえず食券を買おうと券売機に1000円札を入れました。

 ところが戻ってきてしまう…。

 お札の方向などを変えて何度か試したのですがどうしても戻ってきてしまう。

 ふと気が付くとつり銭切れの小さなランプがついているじゃあ〜りませんか。半分ボケていたのでなかなかそれに気がつかなく、無駄な努力をしていたわけです。
 まぁ、もう一台の券売機で買えばいいわけだからと、そちらの方に足を踏みだしたまさにその時! 向かおうとしていた券売機の前に20センチ四方ほどのコンクリートの塊が落下してきました。上を見れば建物の一部が老朽化から崩れているじゃありませんか。落下した所はもう一台の券売機のまん前、自分がいたところからは距離にして1メートルほどの差でしたが、道路に落ちて砕けた小さな破片が足にあたった程度で助かりました…が、もし、寝ぼけていなくて、つり銭切れランプにすぐに気付き、そちらの券売機の方に移っていたら…どう考えても食券を買っているおいらにコンクリートの塊が直撃でした。

 危機一髪ってことで思い出さなかったのは、この後、店のアルバイトととのやりとりがあまりにも腹が立った為です。
 上を見上げてみるとまだ落ちてきそうな塊がぶらさがった状態だったので、すぐさま店の人間に
「まだ落ちてきそうだからその券売機の回り、何かで囲うなりして人が近づかないようにしておかないと危ないよ。」
と、言ったのですが、それに対してのアルバイトのせりふは
「もう一台の自動販売機、調子悪くて」
どうやら自分が最初に食券を買おうとしていた券売機は調子が悪く、もう一台の券売機もつかえなくしてしまうと店としては困るということを言いたいらしい。
「いや…調子がうんぬんではなく、人に当たりでもしたら下手したら怪我じゃすまないんじゃないかと思うけど」
「お客さんは当たらなかったんだからいいでしょ?」
「いいでしょって…」

 その後、あまりにも話が通じないアルバイト君に業を煮やした自分は
「わかりました、ほっておいたらケガ人が出そうなので交番に連絡してきますので警察の方で対処してもらいましょう」
と、言ったわけですが、その時点でその時間帯のチーフと思われる店員が店の外に出てきてようやく状況を確認するという…。状況を見た店員が大あわてであちこちに連絡をしていたようですが…、とうとう済みませんの一言も無しでした。

 まぁ、つかえないアルバイト店員の見本を目の当たりにしてしまったといいますか…。

 それにしても最初の券売機で手間を取っていなかったら…、あと2歩、前に進んでいたらと思うと今でもゾッとします。
 コンクリートの塊が落ちてきたことにより、びっくりして目が覚めたため、仕事がはかどったのは良かったんですけどね。
 

 2001.10.24 とりあえずの一区切り

 昨日、まんがタイムジャンボ掲載「ななみまっしぐら」の12月号分の原稿を入稿してきました。とりあえずゲストという形での掲載はこれで一区切り。皆さん応援ありがとうございました。
 新年号からはたぶん、正式に連載という形になります。なぜ確定しているといいきれないかというと、自分の過去が過去だけにね…(^-^; 掲載前に本がなくなったなんていうことを経験してしまったので、実際、掲載紙の見本が届く頃にならないと信用できないのです。
 まぁ、たぶんちゃんと連載ということになると思うけど、順調にいき過ぎているので「ほんと?ほんとに連載なの?冗談じゃないの?」と、いった感じですね。足元も少しは気をつけるようにしなくちゃ。

 なにはともあれ、連載になってからも応援頂ければありがたいかと思います。

 話変ってAIRのアンソロジーの方ですが、「ななみまっしぐら」に先立って入稿済みです。一度終わりを言い渡されての延長戦みたいな形になってしまったので、ちょっと気合いが抜けてしまい、精神的に盛り上げるのが大変でした。
 こんどこそ本当に一区切りです。まぁ、そのまますぐに別のゲームのアンソロジーに描けることになっているので、仕事の量はここしばらくと変りませんけど。

 まんがのお仕事は順調に復活しつつあるのはいいのですが、アパートの工事の影響か、ちょっとしたトラブルがおきてしまいしおしおです。
 

 2001.11.7 ごめんなさい!

 ここしばらくの更新状況はなんと言っていいやら…本当に申し訳ありません。
 仕事の方もぱたぱたと入ってきて、そのおかげで更新する時間が取れないのならまだしも、仕事以外のところでも、なんだかんだと時間を取られてしまっているというのが、只今のみやさかの状況です。ん〜困ったもんです。

 とりあえず本日はラポートの方に『こみっくパーティー』アンソロジー用の原稿を届けてきました。12月8日売りになると思いますので、見かけたら手にとってみてくださいませ。

 それにしても、なんでこんなに原稿仕上げるのが遅いかなぁ…。トーンワークはPCでやるようになって随分経つので、だいぶコツみたいなものは掴めてきたとは思うのだけど、ペン入れがどんどん時間を喰うようになってきているし、線もなんだか汚いです。
 精神的に余裕がないのが絵にでてきてしまったかな? 等と反省して今回のこみパはペンの線にだいぶ気を使ってみました。もっともスキャナーでデータ化するときに、多少の鈍りがあるのはいかんとも仕方ないわけですが。
 解像度を1200dpiに上げれば(現状は600dpi)もう少し原画に近いデータにすることができると思うけど、うちのPCでは処理が重くなってしまうし…。これは次のマシンに向けてハード面を含めて考えないといけないようです。

 〆切…、月末までにあと2本。財布の中身は一足早く真冬になってるし…。

 連載が決まったはいいけど仕事以外にも不安要素が多すぎてだいぶしおしおです。

 引き続き「ななみ〜」の方の連載1回目の原稿に突入します。しばらく更新が滞ったままになってしまいますが、年末進行と言うことで納得して生暖かく見守って頂ければ幸いかと(^-^;
 

 2001.11.13 いっきに年末

 冬のコミックマーケットの当落通知が来たりして、少し早いですけど、今年ももう終わりなんだというのが実感できる今日このごろです。
 まんがタイムジャンボ12月号も発売されて、次号予告にはちゃんと「新連載!『ななみまっしぐら』」と載っていたので一安心。とことん疑り深いみやさかです。

 本当のところ、ここまでとんとんと調子良く連載にまで漕ぎ着けるとは思っていませんでした。
 最初、ふらりと持ち込んだときには、1本掲載後、しばらく企画ページで絵と名前を売って、それから反応次第でゲストという形の読み切りになるといわれていたので…。最初の1本に対しての読者様からの反応が思った以上によかったようです。応援してくださった方には重ねてお礼を言わさせて頂きます。
 連載になってからも、かわらぬ応援頂ければ有り難く思います。

 冬コミの方ですが、無事にスペースが取れました。出し物などを含めた詳細については、仕事が一段落ついた所でお知らせしたいと思います。
 

 2001.12.17 ようやく年末進行終了!

 何年ぶりかでまともな年末進行というものを経験してしまいました。

 雑誌などの年末進行というのは発売日によっては大きな影響がでないこともあるのですが、今回は2週間以上〆切が早まったものがあったので、結構大変なことになりました。
 ピークは11月の末あたりだったんですけど、そこで少し燃え尽き気味になってしまい、その後のジャンボが少々遅れてしまいました。
 新人にあるまじき行為と反省しきり。

 てな感じで、年末進行も終わったので、これから冬コミの出し物を製作するですよ。

 新作は毎年恒例の卓上カレンダーと、壁紙集の第2集を予定していますけど、どこまでできるか…。今回の壁紙集にはいろいろおまけ的なものもぶち込もうと考えているのですが、MOドライブに不具合が発生! 過去のデータの一部がMOで保存されているために、読み出す方法が無くなってしまってしおしおです。
 いざとなったら友人のところに持ち込んでCD-Rへ焼いてこなくちゃいけません。

 おまけの予定としては、過去のカレンダーやポストカードのデータとか、ラポートのアンソロジーで使った背景のデータとかを収録する予定ですけど、現状ではあくまで予定ということで、入っていなかったらごめんなさいです。

 そういえば某矢野先生の仕事場にA3スキャナーが入ったんですが…、そのうちお邪魔してあれの原稿のスキャンをしてこようかな。さすがに全編フルカラーのマンガは印刷物としてまとめるのは予算的に無理があるので(^-^;
 まぁ、これに関しては夏の予定の一つとして考えてみましょう。

 なにかとどたばたする年の瀬ですが新しい年を無事迎えられるようにがんばりましょう。

 それにしても………看板娘がとうとう1年近くそのままでした(^-^; 今年はクリスマスバージョンはあるのか?
 

 
 

塩漬けの記に戻る