★ ななみまっしぐら ★ 第1巻 まんがタイムコミックス

芳文社 2003.10.3発行  ISBN4-8322-6308-0

★今日もまっしぐらにがんばってます★

 前作「もののけPRESENT」とはうってかわり、4コママンガ誌「まんがタイムジャンボ」「まんがタイムポップ」で連載中の4コママンガの単行本です。
 パチンコ屋を舞台に、ちっちゃな店長ななみが今日もまっしぐら!

 初めて描いたも同然の4コママンガでしたが、持ち込みのその場で新人鑑定団というコーナーに掲載が決定し、その後すぐに連載が決まったという、みやさかにしては調子のいい滑り出しをしたお話です。
 毎月5〜6ページという枚数なのでそれなりに期間がかかりましたが、連載2年でのコミックス化も割と順調なほうではないでしょうか。連載中にコミックスになるのは初めてなので今後にも張り合いがありますしね。がんばって2巻3巻と巻数を重ねてゆきたいものです。
 現在「まんがタイムポップ」が終了してしまったため「まんがタイムジャンボ」のみでの連載になっていますが、掲載される本が増える予定もあります。まぁ予定は未定ですけどそのうちお知らせできればうれしいですね。

初出:『まんがタイムジャンボ』2001.5・9-2003.1『まんがタイムポップ』1・2・3

 

★ もののけPRESENT ★ 第1巻 ラポートコミックス

もののけPRESENT 1巻表紙

ラポート株式会社 1993.09.10発行  ISBN4-89799-101-3 2003.10絶版

★むかし…昔… あたし達はいつも人のそばにいたよ★
★だけど、いつの頃からか人はあたし達がいることを忘れていった…★
★だけどあたしは知っているよ…★
★今でもあたし達のことを覚えている人がいることを★

 そんな出だしで始まる小さな狐娘、涼子(すずねと読みます)の物語です。

 バンダイより発行されていた『サイバーコミック』に掲載されたお話に、大幅な描き足しと描き下ろしのお話を加えた、みやさかにとって初の単行本です。
 同誌の休刊のため単行本にまとまらず、押入れの中で眠りにつくはずだったお話なのですが、ちょっとしたきっかけからラポートさんの方から出していただけることとなりました。

 タイトルにつけられたPRESENTの意味は、贈り物といった意味と同時に、それ以上の意味合いとして[現代]といったものが込められています。
 もっともだいぶ前の現代になってしまいましたが(^-^;

初出:『サイバーコミック』No.39・41・43・45

 

★ もののけPRESENT ★ 第2巻 ラポートコミックス

ラポート株式会社 1996.11.25発行  ISBN4-89799-231-1 2003.10絶版

★覚えていればまた会えるんだよっ… ねっ!★

 1巻の最後で涼子が言うセリフですが、まさかと思いつつ掲載の場をラポートより発行された『COMIC Will』『バトルエンジェル』といったアンソロジーコミック誌に移しての再開です。

 残念ながらこのアンソロジーも中断してしまったので、コミックス化に当っては大幅な描き足しと描き下ろしを加えています。話しとしては毎回の読切形式を取っていたため、コミックスになった時でも、中途半端に途切れた形での中断ということにならなかったのは不幸中の幸いと思います。

 あとがきに書いてある「許してもらえるなら描き下ろしも辞さない。それが駄目なら自費でも何とかしたい」といった言葉は今も変わっていません。
 初めてのまとまったページ数をもらえたお話、初めての単行本、初めての巻頭カラー…。自分にとって一番思い入れが強い作品なのですね。
 どこかでふたたび再開できれば一番いいのですが…。

初出:『バトルエンジェル』『COMIC Will』Vol.1・2・3

もののけPRESENT 2巻表紙

 
  お仕事情報に戻るよっ

メニューまで戻っちゃいます