「ムーミン谷へのみち」は下記のアドレスへ引っ越しました!

http://roadmoomin.com

5秒後にジャンプします

主な登場人物

青丸男性  赤丸女性  緑丸不明
ムーミン(ムーミントロール)(第1話〜) 高山 みなみ
パパの冒険心とママのやさしさを受け継いだムーミン家のひとり息子。大親友はスナフキン。彼女はフローレン。
(ムーミン族)
★アニメでもごくたまにムーミントロールと呼ばれるときがある。トロールとは
「魔女の宅急便」キキ、ウルスラ
「忍たま乱太郎」乱太郎
「名探偵コナン」江戸川コナン
ムーミンパパ(第1話〜) 大塚 明夫
若き日の冒険をつづった小説を執筆中。一家の大黒柱としての意識は高いが、子供っぽい一面をもつ。
(ムーミン族)
「紅の豚」ミスター・カーチス
「サイボーグ009(2001年版)」005(G・ジュニア)
「攻殻機動隊」バトー
ムーミンママ(第1話〜) 谷 育子
とてもやさしく頼れるお母さん。ハンドバックを肌身放さず持ち歩く。ムーミン谷のお母さん的存在でもある。
(ムーミン族)
「風船少女テンプルちゃん」ナレーター
「南の虹のルーシー」アーニー・ポップル
「雲のように風のように」琴皇太后
スナフキン(第1話〜) 子安 武人
自由と孤独を愛する旅人。春になるとムーミン谷に戻ってきて一夏を過ごし、秋に旅立っていく。
原語原作名は「スヌスムムリク(Snusmumrik)」で直訳すると「かぎタバコ野郎」となるらしい。英訳の時に「スナフキン(Snufkin)」になった。
(ムムリク族とミムラ族のハーフ)
★このアニメ版では設定年齢が下げられているようで、旧・新「ムーミン」よりも幼くなっている。トレードマークであるパイプもくわえない。スナフキンの渋さはかなり減っているので、旧・新「ムーミン」のスナフキンファンは少し戸惑うかも。
「頭文字D」高橋涼介
「ふしぎ遊戯」星宿
「キャプテン翼(2001年版)」日向小次郎(青年編)
「ケロロ軍曹」クルル曹長
「地球へ…」キース・アニアン
フローレン(第1話〜) かない みか
ムーミンのことが大好きなおしゃれな女の子。きれいな前髪が自慢。お兄さんと2人暮らし。
原作名は「スノークのお嬢さん」。テレビ用にフローレンという名前をつけた。
(スノーク族)
★ドイツ語で「お嬢さん」を意味する「フロイライン(Fräulein)」をもじって「フローレン」にしたという新聞記事を放送時に読んだ記憶がある。ちなみに旧・新「ムーミン」では「ノンノン」という名であった。
「きんぎょ注意報!」わぴこ
「パラッパラッパー」サニーちゃん
「それいけ!アンパンマン」メロンパンナ
ミイ(ちびのミイ)(第1話〜) 佐久間 レイ
自己主張がしっかりしている。いたずら好き。お姉さんと2人暮らし。たまにナレーションで「ちびのミイ」と呼ばれることがある。
原作では「ちびのミイ」。
(ミムラ族)
「らんま1/2」シャンプー
「魔女の宅急便」ジジ
「それいけ!アンパンマン」バタコ
スニフ(第1話〜) 中尾 隆聖
かなりの憶病者。強がってみるがみんなにはバレバレ。金貨が大好き。お金持ちになりたい! 「タッチ」西村 勇
「ドラゴンボール Z」フリーザ
「それいけ!アンパンマン」ばいきんまん
ヘムレン(第1話〜) 矢田 稔
収集家。現在は植物の収集に精をだす。穏やかな性格で平和を好むが収集にかける情熱はすごい。花火の作成、打ち上げも担当する。
(ヘムル族)
「樫の木モック」おじいさん
「風の谷のナウシカ」ニガ
スノーク(第1話〜) 平田 康之
フローレンのお兄さん。発明家。現在は空飛ぶ船の開発に夢中。
(スノーク族)
★原作では裁判官のかつら(バッハのようなかつら)をかぶって裁判もした。旧・新「ムーミン」ではこのかつらをかっぶったスノークの方がおなじみ。
「機動警察パトレイバー」河野森
「爆れつハンター」ミルフィー・ユ
ニョロニョロ(第4話〜) -
おばけ。集団で行動する。体に電気をたくわえて発光する。話すことも聞くこともできず目もよく見えないが、感じるのだけはとても敏感。
★原語原作名は「ハッティフナット(hattifnatt)」で「放浪する、あてなくさまよう」という意味らしい。発音しにくいので、日本語訳のときに山室静さんがなんとなく「ニョロニョロ」と名付けたそうである。
-
ミムラ(第6話〜) 小林 優子
ミイのお姉さん。お母さんからミイの教育をまかされたしっかり者。
(ミムラ族)
「魔女の宅急便」先輩魔女
「キャプテン翼J」岬太郎
「天地無用!」鷲羽
署長(第6話〜) 土師 考也
ムーミン谷の平和を守るちょっとぬけてる警察署長さん。ミムラのことが好き。
(ヘムル族)
「大草原の小さな天使 ブッシュベイビー」アーサー・ローズ
「北斗の拳」トキ
モラン(第6話〜) 片岡 富枝
身も心も冷えきったバケモノ。歩いた跡は凍る。バケモノというわりには愛嬌のある顔。ムーミンのことが好き?! 「アルプス物語 わたしのアンネット」モレル
「わたしとわたし-ふたりのロッテ-」レージ
「千年女優」美濃
トゥーティッキ(第9話〜) 土井 美加
ニンニをムーミン家につれてきた。仕事が忙しいため、あまりムーミンの家に長居しない。冬は水浴び小屋を使っている。
邦訳原作名は「おしゃまさん」。
★原語原作名でもある「トゥーティッキ(Too - ticki)」とは日本語でおしゃまさんという意味なのだそうだ。ヤンソンさんの友人であるトゥーリッキ・ピエティラさんがモデルといわれる。
「タイムボカンシリーズ ヤットデタマン」カレン姫
「魔法のプリンセス ミンキーモモ(1982年版)」地球のママ
「超時空要塞マクロス」早瀬未沙
スティンキー(第9話〜) 丸山 裕子
いやがらせをしたり、盗みをしたりするムーミン谷唯一の根っからの悪役。しかしどこかまぬけで憎めない。 「はじめ人間ギャートルズ」ゴン
「キャプテン翼(1983年版)」石崎 了
「ロボタン(1986年版)」ロボタン
「となりのトトロ」カンタの母
フィヨンカ(第14話〜) 島本 須美
ムーミンの家のお隣さん。専業主婦で3人の子供達と住んでいる。子供の教育にとても気を使う。上品な人。 「ルパン三世 カリオストロの城」クラリス
「風の谷のナウシカ」ナウシカ
「小公女セーラ」セーラ・クルー
「めぞん一刻」音無響子
「となりのトトロ」おかあさん
ピンカー(第14話〜) 小林 優子
フィヨンカの一番目の子。長男。ムーミンたちと仲良し。 「魔女の宅急便」先輩魔女
「楽しいムーミン一家」ミムラ
「キャプテン翼J」岬太郎
トンカー(第14話〜) 亀井 芳子
フィヨンカの二番目の子。次男。ムーミンたちと仲良し。 「レレレの天才バカボン」バカボン
「ヤマトタケル」ヤマトタケル
「赤ちゃんと僕」後藤 正(ゴンちゃん)
ポンカー(第14話〜) 中沢 みどり
フィヨンカの三番目の子。長女。ムーミンたちと仲良し。 「ぼのぼの」ボーズくん
「ふしぎ遊戯」箕宿、大杉鈴乃
アリサ(第35話〜) 玉川 紗己子
クラリッサの孫。魔女になるためにクラリッサの元で修行中。天真爛漫でマイペースな女の子。
★原作には登場しないアニメオリジナルの登場人物。
「大草原の小さな家(海外ドラマ)」ローラ(吹き替え)
「南の虹のルーシー」クララ・ポップル
「逮捕しちゃうぞ」辻本夏実
クラリッサ(第35話〜) 京田 尚子
魔女の森に住む魔女。アリサの祖母。アリサがムーミン谷の人々と交流するのを快く思わないのには、理由があるようだ。
★原作には登場しないアニメオリジナルの登場人物。
「風の谷のナウシカ」大ババ
「幽★遊★白書」幻海
「犬夜叉」楓
ナレーター(第1〜78話) 白鳥 英美子
ナレーションの他に、オープニング曲(第1話〜52話)とエンディング曲(全話)も歌っている。 歌手。
CMソングやナレーションでも活躍中。