chiltan  pulittu  1月  top new chiltan old chiltan








ちょっとしたひと手間惜しまず身のまわりきれいに保つ生活習慣

恵まれた需要と供給一致して働きやすい環境となる


交配の仕組みを学び固定種を安全優先遺伝子情報

耐暑性抜群の野菜種選び尾張の気候に根づくだろうか


朝晩にガス暖房のありがたさ伊吹颪の厳しさ増せり

裏ボアの格子パンツの冬過ごす快適しなやか室内ウエア


細々と高品質を保ちつつ暮らしに役立つ店作りする

生き残るデフレに強い店先に客寄せとしてサンプル商品


賑わいの大型ショッピングセンターに入るパン屋のオープンキッチン

賢くて自衛に勤しむ消費者は安くて美味い店にアンテナ


玉葱の数の少なき菜園のブロッコリーは青々茂る

風を切り走るべダルに力入れ畑の野菜の出来を見ながら


せめぎあう心の奥に動きだす次なる一歩意欲満々

今ここに耐寒力は強である姿をとどめ青々とする


やりたくてたまらぬらしい頼もしき助っ人である精通している

重要な書類を集め点検す厄介ながら自分でやらねば


人生の分岐点なり冴えてくるからだの芯の動きを禁ず

真っ白に霜降りる世の厳しさも薄化粧する結晶の膜


身をかがむ寒暖計を読むために0から上に2つの目盛り

いつまでも茶畑に残る雪のあとゆっくり動く芽吹きスイッチ


遠くまでブロッコリーの畑つづく寒さに甘くなるのを期待

大根の大規模農家1日できれいさっぱりあとかたもなく


温室の屋根長くして窓越しに小指の丈の野菜の縦列

剥きだしの畑の土の生きているブロッコリーの青々として


極寒に働くための活動す絶望的な希望の在り処

暖冬に浮かれ厳しい寒さ来る草木の凍り生死彷徨う


肉体が衰えてくる就職にないようである年齢制限

受付でもめ事のありいらだちに声のトーンがオクターブ上


たっぷりと有り余る時間満車なり人現われるまで待っている

制服の防寒服に身を包み車を誘導する警備員


強引に世界の秩序を破壊する予測不能の生き残り戦

トランプの政権始動アメリカの第一主義に世界を巻き込む


想定の地震に雪に洪水と自然災害はひっきりなしに

凍結のスリップ事故に応援の部隊駆けつけ燃料と食料


雪道につながる車の列長し出るに出られず立ち往生する

雪が降り各地で交通渋滞す画面の奥は寒く凍える


晴れマーク輝く予報にほっとする交通機関は平常どおり

夜明け前早く起きだし水道の蛇口をひねり凍結防ぐ


凍結の箇所を点検露出する水道管に断熱材巻く

凍結をまぬがれてきた幸運に感謝予防の対策を練る


洗濯の水が出ないと点滅す温かくなるまで待つことにする

凍結の水道朝がはじまらぬお天道様のおでまし願う


雨により糖分濃度が薄められ弾けてしまい皮がめくれる

雨除けのビニール屋根を取り付けて乾燥気味に育てるトマト


トマトは健康野菜のナンバー1凌ぎを削り品種改良

フルコート処理されてないほうれん草棘が飛び出る忍者の撒き菱


交配の種より固定種がよろし種を受け継ぎ次の世代へ

花よりも野菜のページ種選び日本の種のなかから選ぶ


とりもどす再び強いアメリカを理屈にかなうトランプの言い分

立て直す国の利益を優先し仲間よりまず自己の確立


メキシコの不法入国を禁止する国境に壁を造る計画

主張する自分は自分で守るのが当たり前なり軍事拡張


訴える自国の利益を優先す第一主義のもたらす効果

トランプの就任演説誰にでもわかる英語で単純明快


背中押す次へのステップ開かれる第一主義の新しい世界

雨が降り布団が濡れて大慌てカバーを剥がし布団乾燥機


自転車で通うスーパーの花屋さん春夏の種売り場を設置

菓子パンと惣菜パンが次々に焼かれ行列の人気のパン屋


ぶっつづけ立ちっぱなしは重労働わくわくさせる楽しみとなる

てきぱきと職人技に興味湧く若者たちの夢に近づく


温泉の成分体にしみとおり血流うながし炎症に効く

あたたまり体の芯までほぐされる天然温泉再生うながす


おびただし臭木を抜いて手がむくみ腱鞘炎に悩まされおり

節々の腱鞘炎になめらかな動きがもどり艶やかな肌


順番を守りざっくり混ぜるだけパウンドケーキをしっとりと焼く

アーモンドかりっとさせる方法をふと思いつき試し失敗


新しい扉を開く勇気さえあれば幸運の女神微笑む

成功するまで諦めず失敗を糧に大きく飛躍のチャンス


次々と課題を克服するために絶えず挑戦先手必勝

失敗をものともせずに突き進む感傷的になる暇はなし


動物は絶えず動いて細胞を活性化させバランスをとる

起き上がりこぼしは腰に負担なく調和のとれた筋肉バランス


量りつつ次から次へ混ぜるだけあとはオーブンで1時間焼く

ブランデーに浸ししっとり好評で再び作るフルーツケーキ


雪景色堪能しつつ癒されるいつか来た道気分爽快

降って湧く臨時収入温泉へストレス解消首まで浸かる


北屋根の雪が音たて滑り落ち雪の重さに地面が揺れる

春を待つ凍える畑は何もせず寒が明けるを辛抱強く


雪が降るいまさら帰ることできず事故や故障を起こさぬように

アスファルト波打つ路面凍結す25kmが150分


高速は通行止め無し慎重なのろのろ運転歩く速さで

予想する雪情報を参考に自分で判断これなら行ける


農薬も肥料もまかず逞しき幼き果樹はゆっくり育つ

軒下に保護するハーブの越冬隊寒さに耐えて夏よく香る


寒の内庭から香るろうばいとふじばかまの饗宴となる

門松の門から玄関と裏口へふじばかま香る冬の楽園


枯れているふじばかまから揮発する生きた名残りの生々しくも

裏口につながる通路にふじばかま香る海馬に快い刺激


本番のセンター試験受験生遅れることなく無事に到着

降ったり止んだり不要な外出は控えよう渋滞もなく高速道路


公共の交通機関を利用するほうがよかろう無難な選択

大雪の警報耳に受験生ゆとりをもって予定を早める


滑るゆえ立ち往生の通行止め行っても帰れぬ心配があり

スタッドレス装着していてもノーマルが突っこんで来る可能性あり


刻々と雪降り積もり1時間10センチの割り車が出せぬ

数センチたいしたことなく朝迎え高速走るつもりでいたが


春まきのラインナップを検討す庶民に強い味方となりぬ

ダイソーの種は100円で2袋家庭菜園にふさわしい量


雪が降り交通網が混乱す開始時刻に間に合うだろうか

年明けてセンター試験の受験生寒波襲来の厳しい寒さ


小さくて資源を持たぬ日本の未来は厳しく開かれている

トランプは自国優先を主張する中国メキシコと日本相手に


酷寒のこの2週間乗りきれば草木の芽生え活動的に

快適で動きやすさを追求す清浄空気に防寒対策


血管が詰まり寒さに震えつつ冷える手足をあたためるなり

暗闇に白い息吐く朝となり春待つ心ふくらみゆくなり


健康で薬を飲まず生きている母の自慢話自信たっぷり

生きているだけで尊敬に値する悟りの境地笑みと涙と


吹き荒ぶ体の芯まで冷え込んで家に逃げ込む家内安全

咲き誇る水仙頼もし寒の内道行く人を楽しませおり


反省は雑な実験少しずつ変化を加え段階的に

できるだけ手を加えずに限界を探る土盛り次の実験


引き締まり寒さに強し里芋は植えたままでも生きながらえる

無謀なる実験畑にさつま芋植えたままなり腐ってしまう


立ち並ぶ家の隙間から昇る朝日に今日も晴れやる気満つ

発見を喜び勇み知らせ来る一目散に素直な心


5次元の想像できぬ事象あり生命体の違う局面

論理とは地球に誕生するいのちひとつの論理に合点するはず


ストレッチ頭の体操引き算の数字の並ぶ正しい規則

薄暗い雲垂れ込める沈む空朝日の昇る時刻を迎える


草中に野菜を育てる農園をめざす3年めの正念場なり

草活かし生き物たちと畑ごと堆肥と化して団粒構造


夏草の茂る勢いを制御して見えぬ生き物を強く育てる

その土地の気候と土に合うように突然変異を受け入れながら


力強い健康野菜を作るため自然農法にあう種選び

なにひとつ不自由のない暮らしなり満ち足りており花の幸せ


有限な時間を有効に精査する動きはじめる新しい年

根の深き畑の樹木を掘りかえす管理者として先を見据える


細々と暮らし営み生きている伊吹颪のひろがる平野

生きるため介護にまわすエネルギー削ぎ落とされて心支える


肉親の父と母を当然のごとくに介護する人となる

細やかな気配りをする手作りの芋と林檎のしっとりケーキ


違和感を察知する感覚予防措置おざなりにせずいつも正しい

違和感を感じたらすぐに行動に移すことにするちょっとした行動


目を覚ますたび少しずつ驚異的文字見えてくる視力回復

予想する構想を練り実現に至る毎日開墾日誌


カシミヤに動きやすさを優先す重ね合わせて防寒着ぐるみ

快適な気温を確保手をこすり掌あわせ冬を乗り切る


なにやかや理由をつけて否定することはやめよう今年の目標

ひらめきは無念に浮かぶアイデアに従うことを習慣にする


情報を取り入れ再び構築す見過ごしがちなひらめくアイデア

そうだったのか目から鱗の新発見宇宙を司るイマージネーション


休みがちな虚弱体質児童が40代で人並みの健康

かねてから思い過ごしにやり過ごす宇宙の謎に迫る解答


アンデスと地中海気候を考慮してトマトの出来が夏の楽しみ

栽培法あれこれ試し目途がつく苗が育てばソバージュ栽培


凝縮の旨みと甘み雨除けの工夫を凝らすトマト栽培

調理用トマトにサラダ用トマト試してみる価値じゅうぶんにあり


選定に時間をかけて選び抜くネット情報を参考にして

完熟のトマトを極めるためにするちょっと高めの種の注文


マイナスの杞憂吹き飛び想像の自由の翼生きいきとする

お茶を飲むふわっと浮かぶ湯気の中夢がふくらむオーバーフロー


電信の電波を伝わり情報の世界に突入脳に取り込む

新しい世界の扉をノックする初めの一歩を踏みだす勇気


興味湧くやりたいことはやっておくやって生きる歓び生きているうち

節々の滑りよくしてやわらかい快適生活柔軟体操


欲張りにバラエティーに富む野菜作り複雑思考と遊びの精神

健康は自分で守らねばならぬ自給率100パーセントをめざす


年明けて月日の速さに慣れてくる負けないように全速力で

遅れているネットにつながらぬ家庭では新聞報道を鵜呑みにするなり


賢人はネット空間に情報を求め先進の自由を享受

新聞のメディアの凋落はなはだしテレビはすでに見放されおり


日常のあらゆるものになぜという問いを発するここから始まる

限られた時間のなかでアンテナを高く伸ばしてさらなる高み


気晴らしの通りすがりに興味もち声かけてみる変化の兆し

モザイクのかかる知識を意識するだけで世界が少しひろがる


自然から学ぶものまだ多くあり日本を飛び出し世界の自然

海外のユースホステルをチェックする旅するルールを知っておかねば


2時間でルーブルを見る番組にフランスへの旅夢がふくらむ

生きいきとプラスのオーラを求め行く興味を抱きためらうことなく


好きなものだけを選んで置くことにすると決めてからゆっくり変化

手作りの心の通う暮らしぶり自分のまわりからの改革


物足りぬ一方的な意見では反対側の論客不足

わかりやすく言いたいことを言いながら激論交わす新春対談


大根やブロッコリーの畑を抜け川のせせらぎ森へとつづく

新年の祈りの言葉ささやきぬ一足先に春を迎える


明るみに山里沈む屋根瓦茶畑囲み森の静けさ

雪かぶる王さまとして伊吹山山脈従え年の朝焼け


音楽を流し景色を堪能す注意を払い快適走行

カーナビを目的地までセットする高速走り75キロ


今朝もまたどこにも痛みはみつからぬ手を重ねれば温もる泉

手さぐりに首タグ探し前とするいつもの服に朝がはじまる


ゆっくりと身体を起こし確かめる起きる力に弾みをつける

目が覚めて起きる力をとりもどすあと十回のカウントダウン


十回を数えるころには自家発電まわりの空気が身体に寄り添う

布団はねまず腹筋の一回め下着まわりに冷気をまとう


譲歩する土産の包み解きつつ分けるがよろし心を尽くす

綱引きの力関係拮抗しようやくゆとり夢物語


まといつく堪忍袋の緒がほどけ思いとどまりあともう少し

日常に年間行事を取り込んで楽しむゆとり四季の彩り


少しずつ先を見越して大掃除いらつくことなく平常心に

冷えびえと窓からのぞく屋根瓦黒光りして艶やかな朝


先導のトレンド先読み編集長人の悩みは自分の悩み

コンビニでぱらぱら立ち読みヒットするすでに答えは見つかっている


迷惑をかけてもいいから連絡を気になる人に選ばれている

ほのかなる明かりにしばし考えるデジタルちらしのチェックをせねば


差し出され一度畑を見てみたい手帳の裏に地図を描いて

菜園を営む同士話し合うどんな野菜を作っているのか


クリックして未来の時間を指定する検索機能が働かなくなる

グリニッジ天文台基準グローバルな時代にふさわしい時間設定


かろうじて頼みの綱が細々とつながっている切れてはいない

浮きあがる古いソフトを更新する指示が出てくる認識しない


kの字を何度も強く連打してようやく浮き出る接触不良

パソコンの調子が悪いタッチするアルファベットのk字が出ない


思春期を乗り切るために爆発のエネルギーをコントロールす

人のため社会に役立つ何かあり少年少女に明るい未来


これまでも日々新しい毎日の積み重ねなり1年はじまる

折り目なる再出発の新年を迎え初めの一歩を刻む


失敗の過去を悔いてもはじまらぬ遊びほうけて忘れてしまおう

長年の我慢に歪みあらわれるストレス解消その日のうちに


商品にならぬ虫食い野菜でも旨さ抜群贅沢の極み

3年めやわらかい土に期待する開墾畑の野菜順調


枝伸ばす整枝方法が難しい農薬使わぬぶどう栽培

温暖と寒冷の中間地域なりみかんとりんごを栽培可能


日当たりにみかんを植えて風よけに秋から夏まで長期収穫

挿し芽して花を咲かせるもう一度ブルーベリーで畑を囲む