5 7 5  pulittu  2月  top old 575








春の闇大きな口をあけている

厨房の洗い場騒がし水仙花

名残り雪赤みを帯びる下流武士

パンジーの危うげのなさ耐え忍ぶ

限界に挑む姫君金魚草

腰曲げて三寒四温確かめる

かき集め湯たんぽの数倍となる

うす化粧人種を差別する意識

雪晴れの明暗分ける山の尾根

近代の日本の歴史みぞれふる

どか雪の日本海側山の壁

しだれ雪老後の備え底をつく

ぼたん雪息をきらして駈けこめり

ぬくもりのもぬけの殻や春の朝

みちづれの蜜柑の新種問い合わせ

なにげなく親しみを込め春夕べ

透きとおる空に大地や冴え返る

梅咲いて自転車圏に限られる

増員の募集をかける新年度

木の芽時出口をめざし粘り勝ち

寝返りの自由をえたり春布団

三寒の電話の音は消えたまま

名残り雪世界に羽ばたく絹の糸

三つ折に白紙を重ね春寒し

透かし見る住所と氏名雪見窓

つかまえる女神の右手草萌ゆる

春の風ちょっとそこまで行ってくる

春眠しできる援助は限られる

春の星海飛び越えてこんにちは

胸襟を開くブラウス木の芽時

米ぬかの並ぶガレージ春を待つ

お喋りの尽きぬ仲間や種袋

梅の花病む爺と婆の家

高齢者応援プロジェクト翁草

筋肉をほぐす運動福寿草

鬼は外明暗分ける箱のなか

コンビニのコピーに通う春となり

家にいてはだか祭を観戦す

日を浴びてじゃが芋の芽つんとする

やわらかく木の芽ふくらむカラー見本

大根の畑に傾くショベルカー

春の山地球の胎動震源地

冬将軍うしろ姿の名残惜し

雪嶺の雄々し爆発エネルギー

梅咲いて急発進のスポーツカー

華やかにひっちゃかめっちゃか春となり

防犯のサイレン作動木の芽時

ぶらさがる部屋干し春の装いに

貴重なる春の光を取り入れる

出勤の朝日の眩し春めいて

春の朝バイクの音の一戸ずつ

パンジーや高速道路の料金所

春めけり乾かす髪の逆毛立つ

冬枯れの鉢並ぶ砂利駐車場

立金花忘れてもどるレジの前

水仙花T筋肉痛のまだ残る

目を覚ます産毛の光る雪割草

寒見舞い踏み切り電光掲示板

春の風細身のからだ引き締まる

決めかねる迷いながらも春浅し

名残り雪食べすぎ飲みすぎ胃酸過多

実南天混み合う狭い駐車場

新聞を大きくひろげ春の水

ポリアンサ営業中の中華店

建設の資材積み上げ春の風

飛行機の発着陸や寒明ける

春の空ヘリコプターの旋回す

新しい門出を祝う春のフェア

草萌ゆる迷彩服は銃構え

白梅や特殊部隊の動きだす

三寒四温有刺鉄線のフェンス越し

渋滞の出口の列に春の山

寝違いの胸筋骨は春めいて

緊張がほぐれやすらか春眠し

大鍋にカレーを仕込み小鳥来る

厨房の助っ人希望春障子

梅咲いて背広のきまる支配人

蓋のあく大釜空っぽ春の闇

フロントの女子の笑顔は福寿草

シクラメン傘をあずける手の優し

駅前の開発進む春の雨

初春の未来のすでに開かれる

小鳥来る集う朝食バイキング

なにやかや薬味に刈られ葱の庭

手になじむ書き味となり梅の花

とぎ汁を鉢にふりまき春めけり

手荷物のごっそり消えて春の闇

電話越し交渉はじめ梅香る

受付に飛び入り招く春の風

セーターを脱ぎ米ぬかの山崩す

知らぬ間に風邪ひき治る母元気

惜しみなく旬をいただき寒明ける

春めけりまた母探す父寂し

鬼は外豆の散らばる爺の庭

声ひびくボーイソプラノ福は内

はや2月予定の詰まるスケジュール

寒の雨甍の波の黒光り

クリスマスローズまといて阿修羅像

鬼は外狙いを定め的を射る

色冴ゆる記憶の底からこんにちは

福は内総動員のネット歴

ひきよせるあの手この手に恵方巻

スノボーのワックス匂う応接間

タイル目地光り近づく寒の水

近未来霊峰ただよう雪けむり

運命の出会いを求め種をまく

話し好きふくよかな笑み春となり

春めけりだれかれとなく助け合い

健やかな眠気を誘う湯たぽんか

コンビニで手にする雑誌冬夕焼

湯気の立つネットのニュース窓滲む

トランプを支える宗教雪残る

恵方巻き貼り紙短期アルバイト

まなざしの微笑む阿修羅春近し

突破する厚き壁あり冴え返る

問い合わせ雇い止めとは氷張る

毛皮着てクレジットカードちらつかす

フリースを羽織る値上げの運転手

きりきりと時間が止まるほうれん草

幸せを呼ぶパンジーの黄い弾け

立金花バナナを食べて歩きだす

水仙花運動不足を解消す

日本を愛する教育花の道

高貴なるみやこびと枯ふじばかま

開墾の歴史をになう枇杷の花

先を行く応援メッセージ寒の水

料理好き新鮮重宝葱の庭

背に羽織るフリース右巻きジャーナリスト

勉学の舞い込む誘い春めけり

恋猫のある日突然追い駆ける

庭先に珍しい鳥冬尽きる

ものごとの終わりは始まり2月踏む

大寒の終演までの息詰まる

忘れられ八重クリスマスローズ咲く

新年の手帳に馴染むスケジュール

吹き荒れる三寒四温光増す