* ガッチとチビのpage 

2003年12月15日、大変悲しいことにガッチとチビがお星様になってしまいました。

とても良く慣れてくれて、とっても可愛い仔たちでした。

このページはそんなガッチとチビの思い出のページです。

 ガッチ”です 


 チビ”だよ 

 

 

  

 

名前 : 

ガッチ

誕生日 : 

2003年10月10日に孵化しました。

種類 : 

オリーブ


名前の由来 : 

雛の頃からやんちゃでガーガーよく鳴いていたので、最初は”ガッちゃん”と呼ぶことにしました。

ちゃんと名前を決めるときは某マンガ(テレビも放映)より拝借して、”ガッ○ュ”→”ガッチ”となりました。

(ちなみに”ティオ”は、羽が生え揃う前は産毛がクリーム色だったので”くりぼう”と呼んでいました)

性格 : 

やんちゃでいたずらっこ

  


雛の頃 : 

ふやかしたアワ玉をスプーンであげたら良く食べてくれました。

(ついでにピヨとチョボも寄ってきて一緒に食べてました。)

歩き回るようになってから籠の中をよく探検してました。そして巣に戻らずに籠の端っこで寝てることも...


羽が生え揃う頃 : 

よじ登りができるようになって巣箱の上段が好きでよくそこで寝ていました。

(朝の掃除の時はなかなか出てきてくれませんでした。)

 


立派なコザクラになって : 

とっても元気でよくいたずらをしました。特にえさ箱に入ってえさが空っぽになるまで掻き出すのには困ってしまいました。またティオとえさ箱の前でえさの取り合いでよく喧嘩もしていました。

また水浴びが好きみたいでした。他のコザクラは頭と胸くらい浴びれば満足するのですが、ガッチは頭からお尻までびっしょりになるまで浴びてました。たまに人がお風呂に入るようにお尻からそろそろと水に入って行くこともありました。

人の肩の上に乗っては服の縫い目を齧ったり、めがねと顔の間に頭をつっこんできたりしました。

 

 

 

  

 

名前 : 

チビ

誕生日 : 

2003年10月14日に孵化しました。

種類 : 

タイガーチェリー(チョボそっくりです)

名前の由来 : 

上の子2羽より孵化の日にちが離れているため、なんかいつも小さく感じたので”チビ”と呼ぶようになりました。

あとで可愛い名前を考える予定でしたが、性格も甘えんぼで本当に呼び名がぴったりの仔になってしまいました。

性格 : 

甘えんぼ

 


雛の頃 : 

ご飯をスプーンからはあまり食べてくれず、よくピヨとチョボからもらっていました。

とにかくあったかいピヨのそばが大好きでした。


羽が生え揃う頃 : 

みんなが部屋の中を飛び交う中、ちゃんと飛べるようになるまでは、いつも独り取り残されてピーピー鳴いてました。

でも、ちゃんと飛べるようになって6羽が飛び交う様子は豪快でした。

  


立派なコザクラになって : 

とにかく甘えんぼでピヨやチョボに餌くれ攻撃の連続でした。翼を軽くパタパタさせてクチバシから寄っていく姿はとても可愛かったです。

また、ちょっと遊ぶつもりでチビだけを別の部屋に連れてった時は、助けてくれと言わんばかりにピーピーと鳴き始めてしまいました。そんなに怖がんなくても...

一度、籠から脱走したこともありました。それでも行き着く先はピヨたちの籠でした。ほんとにお母さんの大好きな仔でした。

 

 

 

 

ガッチもチビもぜ〜ったい忘れないよ。

2ヶ月だったけど幸せな時間をどうもありがとう。