天辻峠を一気に下り、熊野川に架かる赤い鉄橋(大塔橋)を渡った新宮行き特急は、目前に立ちふさがる古色深い旅館の軒先をかすめながら阪本交差点を右手へ曲がり、以後、熊野川と共に峻険な紀伊山地を縦断してゆきます。阪本交差点は各方向にカーブミラーが付いていますが、その先の国道南側も狭いために、交差点に頭を出した時に対向車がやってくると、橋の上の車との間に挟まれる形で身動きがとれなくなってしまいます。(くれぐれも、大型車の直前に自分の車の鼻先を付けるのはやめましょう。町中では大型車はバックしないという定説?がありますが、十津川では、突然バックランプが点灯して目前に迫ってくることがありますので・・・・・・)

 阪本停留所は、この旅館の軒先にあります。 以前は、庵住、天川方面へもバスが乗り入れていましたが、現在、十津川線のバス以外では、野川上村 (野迫川村) 行きが残るだけです (臨時季節便として、高野山の南海りんかんバスと、県境の天狗木峠で連絡するすずかけラインのバスが運行されていますが)。 なお、旧国鉄五新線の建設計画のうち、この阪本までの建設が実際に着手されたことは有名です。

 阪本停留所から猿谷ダムまでのほとんどの道程は、右にダム湖の崖、左に荒削りの岩肌が続く狭隘路を走ります。深緑の山肌に背景を囲まれ、赤い大塔橋を中心に置いて眺める瑠璃色の湖の景色は、湾曲した湖岸の形状と奇抜な配色で目を引きます。(大和高田市のサザンカホールには、この風景を描いた美しい絵が飾られています)
 まずはじめめに、阪本停留所を過ぎてしばらくすると阪本隧道の入り口があります。隧道の長さは短いですが、南北いずれの入り口も山肌に沿って回り込む形になっており、視界が悪い上に大型車1台がギリギリの幅しかなく、カーブミラーをにらみながら進入するタイミングを計らなければなりません。

 阪本隧道を抜けてしばらくすると、T字路に出会います。ここが、小代下停留所で、阪本停留所と同様に交差点の真ん中にあるため、乗降扱いしようとするとやはり交差点を完全にふさいでしまいます。新宮駅行き特急は左折して更に南を目指しますが、野川上村行きのバスはここで右折して銀色の橋を渡り、高野山へ向かいます。

 小代下停留所を左折すると快適な2車線道路が現れますが、それもほんのつかの間。再び狭隘路を走ること数分、やがてダムの堤防が見えてくると、猿谷停留所に到着します。停留所前はダム公園の入り口になっているのでやや広いですが、目前には阪本隧道と同様に狭く見通しが悪い上、距離が長くて薄暗い猿谷隧道が迫っています。
@狭い路地の交差点を曲る、大和八木駅行き特急。(阪本停留所)
 4時間がかりで近畿の大屋根を越えてきた八木駅行きの特急バスは、熊野川に架かる真っ赤な大塔橋を渡って熊野水系に別れを告げ、最後の難関、天辻の峠越えに挑みます。
B阪本交差点を曲がる、新宮駅行き特急。(阪本停留所)
 車長が長い分、軒下ぎりぎりを曲がります。
 ちなみにこの写真は、正しくは阪本停留所で乗降扱いをしている最中です。ただ、この程度で驚いはいけません。この後、新宮駅までには、いくらでもとんでもないところに停留所があります。
 
D交差点の中に建つ旅館。(阪本停留所)
 阪本停留所は、旅館入り口の軒下を借りる形で、ポールが立てられています。
 この旅館が正面に現れると、役行者(えんのぎょうじゃ)が大峰へ向かうごとく、十津川峡谷に挑む緊張が走るのです。
停留所一覧へもどる
下阪本
小代下
猿谷
城戸
路線案内図へもどる
狭隘区間
    
Eカーブミラーの前で減速した後、阪本隧道に入る新宮駅行き特急。(阪本−下坂本)
 出口も左に大きくカーブしており、大型車が接近すれば絶体絶命。
Fダム湖岸特有の曲線に忠実に沿う形で狭隘路を走る新宮駅行き特急。(下坂本−猿谷)
 荒削りの崖にはネットがかぶせられていますが、その隙間からは石がコロコロと転がり落ち、頭上では野生鹿の鳴き声が響きます。
G猿谷隧道から顔を出した、大和八木駅行き特急。(猿谷停留所)
 大型車1台がギリギリの幅しかありません。反対に南側へ出る新宮駅行き特急には、辻堂まで続く急勾配と連続曲線が待ちかまえています。
 
H雪が激しく舞う猿谷ダム堰堤。(猿谷停留所)
 公園には、駐車道、自販機、トイレのほか、展望台に登れる遊歩道があります。公園のベンチには眼と口と耳を塞いだ猿の像が。ようするに、見ザル・言わザル・聞かザルですね。
A大塔橋を渡る新宮駅行き特急。(阪本停留所)
 熊野川はこの先、天之川と名を変え、遙か上流みたらい渓谷に至ります。
C坂本交差点を曲り切り、いざ秘境へ向かう新宮駅行き特急。(坂本停留所)
 交差点にはいくつもの案内標識が。それでも初めて訪れると、どちらへ向いても路地のように狭いので、迷うこと請け合いです。
@BD
A
CE
GH
F
new
new
new
new
new
new
new