塩鶴
長殿発電所前
田長瀬
にごり谷
長殿
旭橋
停留所一覧へもどる
 大塔温泉夢之湯を過ぎ整備された国道168号線に出ると、新宮駅行き特急の目前には城門隧道が現れ、これをくぐると、とうとう日本一の広さを誇る十津川村に入ります。と、同時に今まで束の間の快適な走りを味合わせてくれた国道が再び酷道に変貌し、途切れる事のないカーブと狭隘区間が、運転士の腕試しをしているかのように続きます。
 塩鶴停留所前で散々対向に苦労した後、少し視界が広がると長殿停留所の待合所が見えてきます。やっと対向するポイントが現れて後続をまくり、ほっとしたのも束の間、対向車のタイミングを慎重に見計らって石垣と家の塀のわずかな隙間に再び飛び込まなければなりません。
 狭隘路を少しずつ河原まで下ると目前に高圧電線が現れ、春には桜が咲き乱れる長殿発電所前停留所に到着します。また、左手には、水力発電の黒い巨大な送水管がインパクトを与えています。これに見とれていると、発電所と道路を隔てる塀に遮られた先から姿を見せる対向車にとまどう羽目になります。ここは、地元車なら周知のように、発電所の手前で右崖上の車を確かめてから侵入しなければいけません。
 発電所と道路を隔てる塀を過ぎ一気に坂を登りきると、川の左岸には、大きく崩落した山肌を洞門で保護した崖っぷちの旧道、正面には、川を渡り真っ直ぐに建設中の隧道へ吸い込まれるバイパスが姿を現します。もちろんバスは、旧道を選び、川の蛇行に身を任せるようにゆっくりと走ります。途中には、にごり谷、田長瀬の各停留所がありますが、にごり谷には既に居住者はおらず、バイパスが全通した際にはどうなるのでしょう。
 洞門を過ぎて狭隘路をしばらく走ると、さらに道の左半分をこそぎ取るような絶叫区間が現れます。区間はほんのわずかですが、普通に走っていても軒をかすめそうな狭さです。ここを過ぎたところが田長瀬停留所、そしてさらに歩いて数分と隔てない所に朱色の鉄橋があり、これを渡ると旭橋停留所にたどり着きます。
 
路線案内図へもどる
狭隘区間
@小川に架かる橋を渡り、停留所にさしかかる、新宮駅行き特急(長殿停留所)
 塩鶴から息の抜けない走りを続けてきたバスは、この直前で後続をまくり、時間調整の後に長殿の集落へと入ります。
 長殿停留所には、下の写真のように待合所が有ります。
A長殿の絶叫区間にさしかかる、新宮駅行き特急(長殿停留所)
 長殿停留所を過ぎると、石垣と民家の塀に阻まれた狭隘区間が待ちかまえます。対向車が来ないタイミングを計り、一気に通過します。
B長殿の絶叫区間を走る、八木駅行き特急(長殿−長殿発電所前)
 寸前でなんとか対向車は確認できるのですが、大型車同士では対向する場所が全くありません。一方が普通乗用車であっても、バスの後ろに数台が連なっていると、やはり身動きがとれなくなってしまいます。
C長殿発電所を過ぎ、急勾配を一気に登ってくる、新宮駅行き特急(長殿発電所前−にごり谷)
 長殿発電所停留所の手前で、運転士は既にこの付近の車の状況を見極めています。停留所を過ぎると、発電所の塀に遮られてはっきりと見えないためですが、停留所で乗降扱いすることが無いのでしょうか・・・・。
 それにしても、この発電所近くの民家の犬は良く吠えます・・・・・・。
D長殿発電所の送水管(長殿発電所前停留所)
 車窓左に、間近に見る事が出来ます。
E崩落箇所の洞門を抜け出る、八木駅行き特急(にごり谷−田長瀬)
 傷跡生々しい崩落現場を二つの洞門で守られる中、対向にも注意を払いながら走り抜ける区間です。道ばたには、人の身長ほどもある岩がいくつも転がっています。自然の力の大きさを強く感じる風景でもあります。
 現在この区間はバイパス化の工事が進んでいます。
F店をたたんで久しいドライブインに取り残された停留所を走り去る、新宮駅行き特急(にごり谷停留所)
 私は、この停留所前のドライブインが営業していた頃を知りませんが、大きく流れを曲げる十津川に映る紅葉を眺めながら、一時の休息を取るには絶好のポイントだった事でしょう。
 また、現在の国道には緑の鉄橋が架かっていますが、現場を見る限り、ドライブインが建つよりもっと昔は、ここに吊り橋があったようです。
G雪の中、心細いほどに狭く視界の効かない路を走る、新宮駅行き特急(にごり谷−田長瀬)
 モノトーンの深山に映える朱色の帯。山肌が切り立ち、さらに川面から遙か高いところを走るその姿は、現代の役行者の名にふさわしいと言えます。
H田長瀬の絶叫区間走る、新宮駅行き特急(田長瀬停留所)
 長殿の絶叫区間より遙かに狭い!立ち止まって、カメラを向ける場所すらありません。
I旭橋を渡る、八木駅行き特急(田長瀬−旭橋)
 朱色のがっしりとした鉄橋ですが、お世辞にも広いとは言えません。橋を渡った両端は路が直角に曲がっているので、バスにとってはかなり辛い箇所だと言えます。バスの内輪差を考えずに、橋の両端で対向しようと無理矢理車を進めると、身動きがとれなくなります。
 現在この橋を経由しないバイパスが建設されており、これが完成すれば対向に苦慮する姿も見られなくなる事でしょう。
@A
D
B
C
EF
G
H
I
J遠方に、建設中のバイパスが見えます(にごり谷停留所)
 停留所のプレートは、「奈良交通・十津川村」になっています。
 現在は、曲がりくねった狭隘路しか選択肢がありませんが、間もなくバイパスが長殿と旭橋を結びます。はたして、十津川くまの特急は将来どちらを選択するのでしょう。
J