指の動くままに  

五ヶ月を経ると自動的に、僕が手動で消去していきます

業界とおおまかな活動を書き込んでます。
もし不備がありましたらお知らせください

←地域と個人の近況は、「よどがわ雑記帖」←へ


1月9日


笑福亭仁勇こと山澤健二の娘です。

12月16日14時3分に脳出血で父は亡くなりました。まだ59歳でした。
もう1ヶ月近く経ちますが、未だに信じられない気持ち、信じたくない気持ちでなかなか言葉が出て来ません。

唯一の家族である父が亡くなり、心が欠けてしまったようです。
しかしながら、いつまでも落ち込んではいられません。

きっと父は、少しずつでも前に進んでいく私を「すごいなぁ。彩野はかしこい子やなぁ。」と言ってくれているはずです。
落ち込む私を「お父さんは何があっても彩野の味方やから。」と言ってくれているはずです。

お父さんの娘として生まれて来れて良かった。大好き。

今まで父がお世話になりました。ありがとうございました。


山澤 彩野




12月9日

いよいよ忘年会シーズンに突入しました。いきなり今日は二軒ハシゴです。それも道を挟んだ二軒の店で。
開始が1時間の差があり、参加できたのです。

ひとつは「一芸・一座」というグループです。阪神淡路大震災がきっかけで出来た仲間です。あの災害で知り合った方々がほとんどですね。
メンバーに病院長がおられて、ちょっとたしなめられた、肝硬変になりますよって。気をつけよう。

もうひとつは「お好み書き」という新聞を出している方と支援仲間。今日は毎年の半分くらいの参加で淋しかった。男ばっかりで。
そのお店も、ママが15年来の知り合いです。でも3年ぶりくらいかなあ。


12月8日

昨日は高校生対象の講座です。ひとり話芸の事を説明しました。
前回は落語、それも上方のハメ物(話の途中で鳴り物が入る)の説明を演じながらCDで演出しました。

今回は講談の話をして、その後、浪曲のさわりを聞かせた。あと大道芸も事も少々。

そして関係ないけど、詩の朗読を幾つかやりました。


12月7日

もう8回も続いている『絵本展ものがたりのちから』の会議です。初回からメンバーだ。
今回は叶桂子さんの講演会もある。叶さんと言えばABCのヤングリクエストですね。懐かしい!相変わらずお若いですよ!

ぼくも「よどがわカルタ」などに関わっていますが、今年も楽しくなりそうです。ぜひお越しを。
いろんな賞状や賞品も考えています。

と言いながらも、ぼくは仕込みをして、仕事に行って「かるた大会」に帰ってきて片付けをする、という毎年通りのスケジュール。

来年の1月28日ですよ。場所は淀川区役所です。


12月6日

10代の頃まで遡ろうと『青春の門』を反対から読んでいます。
反対と言うと最終ページからだ、とか本を逆さまにして、と思う方も沢山いるだろうが、第8部から7、6とです。

今日は図書館に行く用事があったので、再起編(第6部)を借りてきた。

最近は山崎ハコの「織江の歌」をくちずさんでいる。
新青春の門も読もう。


12月5日

お茶の稽古です。今日は前と後ろがばたばたするので、普段着をカバンに入れて参りました。
本当なら着物コートもデビューする寒さだけど、それを着ると普段着の時に入れる和装が大量になる。来週にしよう。

しかし寒かった。これから冬本番かなあ~

忘年会も順調に詰まってきました。


12月4日

15年ほど前から実施している「朝の一人挨拶運動」ですが、頭上のハクモクレンの蕾に、早くも春を感じます。
ねこの尻尾のような殻が割れ落ち、路上に散らばっています。3ヶ月後に花を付ける支度ですね。
それとは逆に、赤くなった葉っぱは落ちるか茶色になっています。

毎年、葉っぱはゼロから数枚だけ、花が咲くまで残るのです。最後の一葉のように1枚だけけなげに残った年もありました。
回りの自然に気にするのは、信号が赤の間閑だから。ぶつぶつ落語の稽古をすることもあるのだ。


12月2日

カミさんの月詣り。明後日から便が少なくなるので早い目に。

伊吹山は白い帽子を被っている。次は正月に雪の中歩くかなあ。

あの『菅浦文書』の菅浦に行きました。5年振りかなあ?中世の気分に浸りたくて。
あちこちで大根を干してました。ドウダンツツジはまだ赤い。


12月1日

さて師走です。11月はかなり忙しくて、今週だけ好きなことが出来ました。
今日は朝と晩と、映画を2本観ました。いずれも十三のシアターセブンです。

晩に見たのはモンゴルの映画。「シャルガ・ダーガ〜仔馬と僕〜」日本モンゴル国交樹立45周年記念映画上映会です。
最終日だったので、特別企画でモンゴル音楽の演奏会もありました。映画と共にこちらも素晴らしかった。

モンゴル総領事長も来られていて、挨拶で「アジアで一番旅をしたい国は?のアンケートで、モンゴルが選ばれました」とのこと。行ってみたいなあ~

お茶の振る舞いなどありましたが、ぼくは失礼しました。
純朴で良い映画でした。


11月30日

晩は定時制高校の先生です。17歳から70歳くらいの生徒がいるかなあ~
もう15年以上続けて居るけど、今年もしっかりとぼくの話を聞いています。

今日はぼくの本業の落語をみっちりと紹介しました。プリントを回して、1人話芸の説明をして、「落語」「講談」「浪曲」の違いを話した。

そして最後はハメ物(話の合間に入るお囃子)の具体例を見せるために、落語を一本話しました。
お囃子さんと連れてくる費用はないので、CDを代用です。


11月29日

来年開催する同窓会の会議です。
実行委員会を設立して、クラス委員を決めていきます。まずは数人でわちゃわちゃと。

ヒルトンウエストの燦で集まりました。元女学校だけあってどんな場合でも女性が圧倒的に多い。

飲み放題なので、最後まで粘ってたくさん戴きました。同期生のLINEで60人くらい参加していますので、これからは早いです。
さて来年の秋が楽しみとは鬼が笑うかな?


11月28日

今日も夕方のスケジュールまで紅葉狩り。毎年愛でているいつもの道。

祇園から八坂さん、円山公園。そこから知恩院、青蓮院を通り蹴上から南禅寺。永観堂を楽しみ哲学の道へ。
二時間弱のコースを独り歩き。

帰りはバスで三条河原町まで行き、寺町の銀杏並木の下をぶらぶら。閉店三割引の雪駄を買う。
紅葉色コートで埋まっている。


11月27日

紅葉を愛でに京都三尾巡り。

紅葉狩りに行きたくてうずうずしていましたが、やっと時間が出来た。
でも夕方、大阪で予定があるから、また駈け足。

栂ノ尾までバスで行き高山寺へ。『鳥獣戯画』の寺です。
下流へ歩き槇ノ尾の西明寺から、高雄(高尾)の神護寺。『伝源頼朝絵』ですね。

ちょっと来るのが遅かったなあ。


11月26日

原田しろあと館から摂津市へ落語の掛け持ち。

まずは母校茶道部とのコラボレーションです。もう5,6年続いている楽しい恒例行事。
後輩たち礼儀正しくて可愛い!先生方も楽しそう。落語界の方もお客さまは一杯でした。

大阪マラソンのなか、タクシーで移動。同窓生lineで、参加仲間の様子を逐一報告される。みんな完走、リッパ!

摂津市は枝鶴先輩の会。五時間、もつ鍋で御相伴して解散。予想より二時間早かった。


11月25日

博愛社ホームに訪問です。演芸披露の司会とお茶のお手伝いをしました。
ぼくが所属する『一芸・一座』の催事です。もう15年くらい続けているかも。

民謡と『巻江会』の日舞です。どちらも利用者のみなさんは喜んで頂いたと思います。
ぼくも総踊りで踊る。覚えが早いとお褒め頂く。

なかなか参加できないけど、久しぶりで楽しい!


11月24日

母校の80周年行事です!
現役生も一緒で豊中文化芸術ホールに入りきらず、隣のアクアにディスプレイ設置。
ホールが1,344人でアクアが490人のキャバシティーですから凄い人数です。

二次会懇親会では、三年時担任に教師生活最悪の生徒と言われた。なるほど思い当たる。

後輩の桐谷健太ビデオレターと、先輩の次期春団治の春之輔師匠はぼくが引率。


11月22日

今日は『良い夫婦の日(1122)』です。繁昌亭では、開演前イベントがありました。

24組の御夫婦が来られていました。つまりお客さん約200人の内、夫婦連れが48人!
特製大入袋(少額のお金入り)をプレゼントしました。

その後、桂文也先輩と文華後輩と楽屋話で盛り上がりながらお昼。先輩、ご馳走さま。


11月21日

お茶の稽古です。だいぶん寒くなったけど、まだ着物コートは先かなあ~。
今日はお濃茶で「茶筅飾り」になりました。

今日は紬の上下にマフラーです。。日曜日のイベントでの着物は紫モードのコーディネートでした。

来週の稽古はお休みになりますねえ。


11月20日

昨夜は2時くらいまで飲んでいました。この3日間楽しかったなあ~
これで秋の、「ぼくが主催者側」のイベントも終わり。また冬の部に移るのだけど。
しかし悪天に祟られた今年でした。自然には勝てません。

昨日の音楽祭は、知人のミュージシャンもたくさん参加してください、嬉しかった。毎回、人脈が増えるんです。しかしその分、お返ししなければなりません。それが人の繋がり。

ちょっとバタバタしすぎたけど、今週は落ち着こう…、そうもいかんか?


11月19日

『三津屋音楽祭』です!半年以上前から会議を重ね、どうにか当日になりました。
予想では、真冬並みの大寒波、ということでしたが、思ったほどではなく、上々のイベント日和になりました。

第7回目を迎え、いよいよ定着した感があります。出演者も増えたし、それに伴って観客もぞくぞく押し寄せた。

ただ会場がたくさんあるので、分散したりする。これを長所に替えるにはどうしたら良いのか?

とにかく今回は大成功です。天候不良でイベントが不調でしたが、やっと伸び伸び楽しめました。さて来年はどうなるか?


11月18日

今日は落語の掛け持ちでした。
なかなか良いポスターの写真だ。気に入りました。お客さんにも楽しんで頂けたみたい。

朝一では『大阪市の学校図書館を考える会』の要望書、陳情書の印刷と封筒入れの作業をしました。
学校図書館の環境が良くなりますように。さてどうなるか?

夕方から『三津屋音楽祭』前夜祭!


11月17日

日曜日に開催される『三津屋音楽祭』の前々夜祭と、『みつや交流亭』の10周年記念行事を兼ねての、明楽みゆきさんのチェンバロコンサートが、光専寺でありました。
お寺さんで、『アヴェ・マリア』を演奏したりします、良いのかなあ?

素晴らしい演奏でした。ぼくは4回くらいお聞きしていますが、何とも言えない竪琴のルーツの音色。そして明楽さんの話が巧で豊かで面白くて、魅了されました。

夕方から明楽さんとチェンバロを運び、車中でもいろいろお話させて頂きましたが、楽しかった!

終わってからの打ち上げにも、お忙しい中お付き合いしてくださいました。


11月16日

カミさんの月詣り。来月になると冬期の航行時間になるので、大変になる。
大阪を出るときは晴天でしたが、向こうに行くと
小雨の中を傘をささずに歩くことになった。

。光彩陸離の湖面。眩しくてコメン。
船中、僕だけ。

100均で購入した遠隔有線シャッターを試しました。2メートルまでOKだ。
あの世まで延びるのは、まだ売っていない。


11月15日

朝は小学2年生の教室で絵本の読み語り。帰宅後、掃除洗濯洗い物。

図書館に寄って、そのあと『北中島の歴史を探る会』です。
北中島とは、大雑把に言えば、中津川以北、三国川以南です。小田康徳先生が代表で、ぼくは頼りない副代表。
あと、ネパール料理で懇親会。

晩は識字教室のコーディネーター、久しぶりだ。


11月14日

今日はバタバタ。ダダ降りの中、「朝の一人挨拶運動」直ぐ移動して洋服から着物に着替えて、落語を一席。また洋服で豊中図書館。

また市役所隅で着物になって、お茶の稽古。お表千家の濃い茶だから「出し帛紗』(瓢唐草即中斎好みポリエステル)を使う。

また洋服に着替え、春之輔(事件さえ起こさなければ来春は四世春団治)師匠と打合せ。
これからまた、豊中の予定が。市内5ヶ所まわる。


11月13日

今日は病院で検診して貰う日です。特に以上はなかったけど、中性脂肪とγーGTPは自慢出来るくらい高い。
それと血圧も投薬しているけど、もう少し下がらないと。

町の診療所から、縁あって『淀川キリスト教病院』の先生が掛かり付けになっています。
ここの『こどもホスピタル』に、演芸披露に言ったことがある。

今度は1月まで来なくて良いって。


11月12日

次の日曜日は『三津屋音楽祭』です。もう7回目になります。
ぼくもフェイスブックにイベントページを作って、更新しています。

今回はぼくの出身高校のフォークソング研究会のOBみなさんも出演します。いつも以上に楽しみですネ。
他にも音楽仲間(ぼくは何もしないが)も、たくさん参加してくれる。

11月19日です。
みなさん、阪急電車神戸線神崎川駅からお越しください。
待ってます。


11月11日

週末の天候が悪いが、今週だけ野外の予定がない。すると天気が良い。
今日は会議が2つ連続です。

朝から落語をして、そのまま出たきりだ。


11月9日

京都国立博物館『国宝展』に行きました。
土日はすごい列が出来るというのを聞いているので、1時間くらいは並ぶつもりで行きました。30分くらいで済みました。

全部が国宝というのは凄いです。ビバリーヒルズを歩いているような。それも上っ面だけじゃなく、重みと深さがあります。
ぼくってミュージアムミーハー。

志賀島の金印は30分待ちで断念。以前もどこかの特展で見たはず。
それに、これもうちに三つ四つあったはず。

この後、京都水族館に行きました。晩はお仕事です。


11月8日

朝は「地元で戦争体験を聞く会」の伝えるイベントでした。
この会は10年近く前に始まり、『高須』という冊子も発行しました。しかし体験者も体調を崩されたり、鬼籍に入られたりです。
ぼくは立ち上げから参加しています。

今回も小学六年生に体験者が伝える。この小学校では、毎年この講座を続けています。
戦争の怖さと無意味さ、そして平和の大事さを伝えたい。


11月7日

久しぶりにお茶の稽古。また季節は移ろい釜は炉になった。

ちょっと早かったので神社で自撮りをしました。岡町の原田神社です。
ぼくもグラビアアイドルの端くれ?として、ポーズにこだわってみた。

稽古は四人になり、次の予定時間に食い込むところ。写真撮ってる場合やなかった。


11月6日

美術館はしご。

正倉院展。だいたい、うちにあるものばかりだけど、保存状態が気になって、年に一度、検査しに行くことにしています。

北斎~富士を超えて~。なかなか良く描けている。一昨年、観たときより、成長の跡が見られる。このまま伸びて欲しいですね。
こんなことばっかり言ってたら、怒られるわ。

どちらも平日なのに満杯で、人の肩を見に行った気がする。


11月5日

繁昌亭も千秋楽です。今席はあっという間でした。あんまり仲間と飲みには行けませんでしたね。

さて後半からは装いも変え、今日の着物は六代目笑福亭松鶴形見分けの扇小紋です。仕立て直して着ています。
やっぱり大師匠の着物を着ると、気が引き締まる、ことはないか?

今度の昼席は春になるかなあ?


11月4日

繁昌亭から歩いて8分くらいのところに、カミさんのお墓があります。今日、お参りしてきました。

近くにライフがあって、いつもそこで購入します。
今週はずっと良い天気でしたが、今日は曇り空です。雨も少し降っている。濡れたお墓を見ていると悲しくなります。

2週間前の供花はまだ咲いていますが、思い切って処分した。
今度は天気の良い日にお参りしよう。



11月3日

「文化の日」の今日、今席はじめて大入が出ました。中身は少額ですが嬉しいものです。
仲間内では、大入袋をずっと溜めている人も多いが、ぼくはすぐに人に上げてしまうので、最近のモノしか置いていません。

さて繁昌亭の楽屋では、話題が多くて楽しいですね。メンバーによっては、陰気な楽屋もあるのですが。

今席は毎日演目も替えています。あと2日も替えましょう、お客さんはさておき、これがいかんねんな。
どうぞ土日にお越しください。


11月2日

今日は繁昌亭の中日。

一昨日、1回目の全体飲み会がありましたが、ぼくは晩も予定があり欠席。
それで昨日、後輩を誘って飲みに行きかけたところ、きん枝兄が「俺も1時間だけなら」と。経済的に上手く行った。

その後、輩のような後輩を2軒目に誘いました。
カミさんの馴染みだった店で、ウォッカをずっと置いて貰っている。必ず一杯だけカミさんと飲むのです。


11月1日

昨日は繁昌亭出番メンバーで飲み会でしたが、ぼくは予定があって参加できませんでした。残念!

そんなわけで、今日は後輩に声を掛け、飲みに誘いました。すると主任の桂きん枝兄が引っ掛かったというか、「俺も1時間くらいなら付き合えるわ」と。ラッキー!
結局、6人で飲みに行きました。

一軒目お開きの後は、桂枝曾丸くん桂三弥くんを誘って馴染みの「TENJINPROP」へ。
よく飲んだ1日でした。


10月31日

今席は楽屋も楽しくて、いろんな情報も入ってくる。やっぱり毎日落語が出来るのは、我々にとって幸せなことだ。

昨夜は『第7回三津屋音楽祭』の会議もあって、打ち上げも賑やかでした。
繁昌亭の出番の時間も1週間決まっているので、規則正しい生活になります。

今席頑張って、来週は、どこか日帰りで良いから旅に出たいなあ~


10月30日

蕁麻疹はすっかり良くなりました。恥ずかしいところだけ微かに痒い。

さて今日から1週間、繁昌亭の昼席出番です。
いつもは1日2日、ぼくの仕事などの関係で抜けるのですが。今回は珍しく日曜まで毎日出演しています。

今週は天気も良さそうなので、みなさん来てね。
楽屋見舞いに、何らかを忘れずに。


10月29日

急に原因不明の蕁麻疹が出ました。全く心当たりがありません。

今まで人生で3,4回ほど出た記憶がありますが。
やっと山は越えたけど痒くて。はじめて内服薬の痒み止めも買って飲みました。
1日半掛けて身体中出て、今は足だけになった。
元気やけれど。


10月28日

新大阪スタジオです。『桜文鳥』さんの個展です。
妖しげでエロティックな作品を鑑賞しました。作者とお喋りしましたが、構えたところが無い、アーティストです。

新大阪スタジオの雰囲気とマッチして、琴線にビシビシです。
明日、もう一度行ってじっくり見たいけれど。


10月27日

今年も来ました。過酷な仕事。3年連続で呼ばれた。

一時間目から四時間目まで、一気に落語と読み語りです。
喋りっぱなしですわ。体調万全でなければ倒れる!でも元気な子どもばかりで楽しい!

さて今から三時間目。声が続くかなあ?と思ったけど大丈夫。


10月26日

良い天気。カミさんの月参りです。

来週からは繁昌亭だし、週末に台風が来ると、行けなくなる。だから来ましたよ。

三重塔が特別御開扉でした。79回目のお参りだけど、この御本尊を拝むのは初めて。
平成12年再建だからまだ新しい。

伊吹山も青空の下です。


10月25日

昨日のお茶の稽古は和風バンダナで参りました。先週の茶会で被る予定でしたが、台風でアウトです。

なかなか。シックだから、これを被るのは昼よりバンダナ。
粋でしょ?

これからは着物姿の時は使用します。


10月24日

お茶の稽古。

本のお供は「闇に香る嘘」です。毒舌の趙博さんが誉めていたので買いました。表紙の装丁がすごい。

この作品で『江戸川乱歩賞」』を受賞した下村敦志です。

全盲の方が主人公です。共通の仲間、伯鶴兄のことを思い浮かべる。ちょっと会ってないなあ。前は呑み歩いたけど。
趙さん伯鶴兄は、うちのカミさんとよく遊んでくれました。

秋はもの思う。


10月23日

台風21号は大きな爪痕を残しました。公共交通にも影響が出ましたね。

今日は「町歩き」の案内人をつとめる日でしたが、金曜日から主催者から中止するように要請が出ています。

今日は天気は回復しましたが、やはり風が強いです。肌寒い!この台風が北上したら、秋雨前線も無くなるとのこと。そうなると秋晴れだあ~
ほんとに雨に祟られる10月ですわ。

そんな訳で朝の会議しか予定が無くなり、インフルエンザのワクチンを打ってきましたよ。


10月22日

超大型台風21号が日本直撃です。ぼくの楽しい野外イベントも吹っ飛んだ。
大きな被害が出て、「ぼくの楽しみ」なんて言ってられませんね。どうか被害が最小限に留まりますように。

そして選挙です。ぼくは資料を横に積んで、赤鉛筆でチェックするのが常です。

ボクシングや菊花賞や、大変な一日です。しかし台風が一番気になる!


10月21日

『大阪市の存続を求める署名 出発式』に参加しました。都構想を進める方には賛成できません。
大阪の文化は大阪市が背負ってきました。それを廃止する利点がどこにあるのでしょうか?

藤井聡先生のお話。薬師院先生の話も。住友先生や平松さんもスタッフをしていた。

笑福亭竹林師が司会でした。


10月20日

昨日は「よどがわ芸術祭実行委員会」のメンバーと、『キッズ川柳575』の小学校出前講座でした。

小学校5年生の参観日で保護者と一緒に捻ります。場所は学年全員ですから、講堂で開催しました。

昨日、お流れになったお茶会のために、片寄先生が買ってくださった和風バンダナを被りました。
似合っているでしょう?


10月19日

天満に上方落語のお宮さん(祠)を建立しました。

『先人物故者の奉斎社殿として、上方落語の継承と発展に努められた先輩諸氏を顕彰するもの』です。
名前が「高坐招魂社(こうざしょうこんしゃ)」です。ううん?

とにかくぼくもいつかはココに祀られるのかなあ?
「お前はダメ」と言われそう。


10月18日

『淀川区民福祉のつどい』というのに行って来ました。仲間が活動発表するというので、馳せ参じたのです。
ところが時間を間違え、早く着いてしまいました。第1部は式典でした。社会福祉協議会関係者が集まっていて、ぼくも参席しました。

さて第2部です。コーディネーターは森栗茂一先生(都市民俗学・コミュニティ、コミュニケーション)です。
「淀川区こども居場所ネットワーク所属7団体からの発表」なのです。

各団体が発表していくのですが、プロジェクターからスクリーンに投写されたのは、ぼくが絵本を読む姿。大写しなので驚きました。


10月17日

お茶の稽古、久しぶりな感じです。

雨上がりだあ。
先週は河川敷イベントでアップアップでしたが日常へゆっくりと移行していくの。まだまだ事後処理がたくさん残っているけどね。

敬老会で戴いた菓子折を持って、蜻蛉柄の足袋を履いて。
やっと秋の気分になりました。ぶらぶら歩きたい。


10月16日

今日は財務処理をしながらの一日。

晩は生野区の個人演説会に登壇しました。友人が立候補しています。二区です。
この候補のポリシーに「誰も置き去りにしない」と言うのがあります。ぼくもこの言葉を大事にして、人に接して行きたいと思った。

応援弁士には久しぶりの知人との出会いなど、楽しかった。選挙区は違うけど通って欲しいね。

みんな選挙に、台風が来ても行こうね!


10月15日

ほんとに悔しい~
『第16回よどがわ河川敷フェスティバル』中止~~~~~


10月14日

『第16回よどがわ河川敷フェスティバル』は中止にします。

1月から少しずつ委員達と会議を重ね、準備してきたのにね。残念、残念、残念!

これからは一気に後片付けだ。

いきなり昼から仲間と飲みました。


10月13日

昨日、淀川河川公園事務所からお借りした鍵。この鍵を紛失すると300万円の弁償額。そんな高い鍵なんです。

実は淀川にある車両ゲートの錠前はみんな同じ鍵なんです。ですから1本失うと、全ての錠前を交換しなくてはならない。それでです。

4年くらい前だったかなあ。河川敷でばらしの作業をしていると、ズボンのポケットから落ち、約5分間見当たらなかった。あの時はあせったなあ~もう薄暗くなっていたから。
どうにか誰にも言わずに見つけました。見つけたあと、みんなに言いましたけど。


10月12日

昨日今日と、日曜日の『よどがわ河川敷フェスティバル』の作業で良く動きました。

十三光スタジオbakibakiさんと作業したり、松屋町に風船を買いに行ったり、イベント保険を掛けたり、河川敷進入車両許可証を貰ったり、着手届け、鍵借用書を作って鍵を借りたり。
お金の出し入れ、書類もたくさん作り郵送した。

さて十三光スタジオ。噂には聞いていましたが、すごい迫力!
オーナーのBAKIBAKIさんも好人物。また遊んで貰おう。


10月11日

ぼくも所属する『NPOみつや交流亭』の片寄理事長から、本を紹介されました。
『「大発見」の思考法ーiPS細胞Vs.素粒子』という本です。山中伸弥、益川敏英のノーベル賞コンビの共著です。

「一見遊びに見えたり、無駄なものに見えたりすることの中に、実は豊かなものや未知なるものがたくさん隠れているかもしれない」

ある目的に向かって真っ直ぐ突き進む「直線型の人生」と、いったんやりはじめたことでも「ダメだ」と思ったら違うことをやり、もっと面白そうなことがあればそちらに方向転換する「回旋型の人生」。日本人は「直線型の人生」を目指す人が多いらしい。だから寄り道をする人を「怠けている」と言うのかなあ~


10月10日

『よどがわ河川敷フェスティバル』のクラウドファンディングも、最終日の今日、達成いたしました。自己資金も注入しましたが。
ありがたいことです。

自然と遊び音楽と戯れ、食も充実している、「市民が作る市民」のイベントです。

あと当日を迎えるのみ。


10月9日

昨日と今日は、よどがわ河川敷の『淀川アーバンキャンプ』で、缶ビールとお茶を売りました。
どうにか努力の結果、完売直前までいきました。ぼくもだいぶん飲みましたが。

この二日間は良い天気で、楽しかったね。

いよいよ来週はぼくが実行委員長をする『第16回よどがわ河川敷フェスティバル』です。天気が心配ですが。
みなさん来てくださいね!

写真は黄昏時の河原。


10月7日

明日、明後日も淀川河川敷で行われる「アーバンキャンプ」に出店します。

この二日は缶ビールとお茶を廉価で販売します。
ぼくも二日ともいるつもりです。飲みましょう!内需拡大に貢献しましょう!

ぼくと一緒に三連休の二日を台無しにしませんか?


10月6日

読書週間スペシャル読み語り会です。

五年生と六年生を1時間ずつ。仲間と5人で練習しました。子どもらとぼくも楽しみました。
『これなんてよむ』『わたしはあかねこ』『しちどぎつね』『ホネホネ探検隊』『給食番長』です。

お返しの歌などあり、いつも泣きそうになるんです。ほんとのエネルギーを貰います。
次は6年生の『卒業読み語り会』です。


10月5日

また一人昔の仲間が逝きました。
ぼくが高校で落研に入部したとき、2年先輩。落語以外にも音楽、美術と才能があり、すごい先輩でした。ぼくがプロになってからも、先輩は、大学に呼んでくれて遊んでくれた。
それから「豊中5中で、寄席をやりたい、教えに来い!」って。2ヶ月で10回以上行ったかな?ぼくは落語のプロだけど、先輩の方が教えるのが上手いのに、ずっとサポート役でジッと聞いていた。大人になったね。岡町の轟温泉の発表会は、毎日新聞で大きな写真入りの記事になった。
うちの娘が母親を亡くして、一月後の高校受験の時には、我が家に来て励ましてくれた。受かったときには「快挙や快挙や」って。
一緒に泥棒したり、想い出は山ほど、安らかに齋喜ハン。


10月3日

お茶の稽古です。
新人さん(ブライダル関係のお仕事をしている女性です)が入門しました。
しなやか?にお点前をして見せたら「私もあんな風に出来るかしら?」だって。嬉しかった!
先生は笑っていたけど。

朝は来春の絵本イベント。ぼくも実行委員です。『淀川カルタ』主任です。


10月2日

今日の最後は『三津屋音楽祭』の会議です。
11月19日(日)に開催されます。ぼくも実行委員の一人です。年々、規模が大きくなって、これからが楽しみです。

まずは今年です。チラシも出来上がり、タイムテーブルも固まってきました。マルシェやフリマも出店して、公募バンドも期待できます。

会議の後は、必ず打ち上げです。ぼくも欠かさないようにしています。
また情報をお知らせしますね。


10月1日

今日も河川敷で杭打ちなど作業をした後、アーバンキャンプブースの店長です。
その割りには間の約3時間仕事に行きました。

昨日に比べて子どもらも多くて、ブーメランを投げて走り回ったり、大形遊具で遊んだりのんびり。

明日から雨だそうですが、10月15日は大丈夫やろか?


9月30日

『淀川アーバンキャンプ』に参加です!昨年もブースを出しました。
『第16回よどがわ河川敷フェスティバル』のブースとして、Tシャツなどオリジナルグッズを販売しました。今日はお隣に知人のマルシェも出ました。

サイコーの天気でした。他にも楽しそうなブースが出ていましたね。

明日と次の連休(10月7,8,9日)も出展します。ひょっとしたらビアコーナーを設置するかも知れませんので遊びに来てください。


9月29日

「まちの縁側」の延藤安弘(建築家、都市研究者、都市計画家、教育者、地域プランナー、地域活動家などなど)さんの幻燈会ででした。素晴らしかった。
『みつや交流亭』10周年企画の第一弾になります!

打ち上げも豪華でした。ぼくは鍋店の「清酒・仁勇」の最高級品「鍋屋源五右衛門」の一升瓶を下げていった。瓶だけでは無く、ナント中身も入っていました。当たり前か?

そしてそして「料理の鉄人」で、道場六三郎と戦った古庄浩シェフ(元モロッコ大使館料理長)のビーフシチューも並びまました。


9月28日

定時制高校の特別非常勤講師を15年以上勤めています。何しろ講師で、非常勤で、そのうえ特別ですから特異な立場です。
それでも毎年10数人の生徒に対して、月2回、およそ24日くらい登校しています。

今晩もその講座です。『日本文化研究』がテーマですが、ぼくの本業、芸能を中心に進めています。
雅楽、能楽、文楽、歌舞伎、もちろん落語も。そして祭りに年間行事などを材料に解説します。

ぼく自身の勉強になるのと、若い人と接する機会が多くなるので有益なんです。
文学作品の朗読や絵本も読みます。


9月26日

10月15日(日)の『第16回よどがわ河川敷フェスティバル』の作業が佳境に入ってきた。
フリーマーケットとマルシェブースが70以上出ます。その締め切りは終わったのですが、案内書や車両証などを発送します。

毎回、間違えは幾つかあるので、謝る用意をしながらの作業です。

とにかく天気が問題です。近づくと気になってしょうがない。


9月25日

町歩きの案内人。今日は新大阪から木川、西中島へ。

しかし良いお天気だ。この天気は、「暑さ寒さも彼岸まで」、でもないよ。汗を拭きながら歩きました。
もうこのコースは20回くらい歩いたかなあ?でも毎回、新しい発見がある。

ファミレスでアイスクリームなんて、初めてかも。
晩は会議です。


9月24日

昨日に続いて敬老会です。
最近のお年寄りは大変元気で、エネルギーを与えると言うより、こっちが貰っていくケースが多いです。

エイサーに琉球空手に琉球民謡などの出し物が続く。。ここは沖縄だ!その間にぼくの落語です。

以前、ぼくが野点の亭主した時の写真が、ポスターになっていた。来月、ここの近くで茶会を催します。


9月23日

お彼岸の中日。
カミさんの墓参りは、昨日、雨の中で手を合わせました。

今日は朝は敬老会の仕事でしたので、昼下がりに四天王寺さんへ参りました。
そのまま、東側の寿法寺(紅葉寺)へお参り。ここは代々松鶴の墓がある。もう先代になる松喬兄の墓も。

そこから一心寺の「芸能界無縁塚」へもお参りした。

日想観には曇天でした。


9月22日

上方落語協会会報紙『んなあほな』がWEBになりました。

ぼくが「笑福亭仁勇の上方落語紀行」を連載しています。
https://kamigatarakugo.jp/information/nnaahona/3125/
幾多の上方落語家の中で、ぼくを選んで頂いて嬉しいです。

実は『んなあほな』の命名者もぼくなんです。無記名の投稿で選ばれました。何も呉れなかったけど。

是非、お読みください。


9月21日

久しぶりに日程が合い、仲間と高齢者施設へ、絵本読み語りボランティア。
ぼくが所属している『読み語りサークル おはなし広場よどがわ』です。午前は「こころあい」で、ランチの後、昼過ぎから「のどか」へ。いずれも三津屋です。

途中、この地域の活動協議会の会長とお会いして、「ホンマ何でもやってまんなあ」とのお言葉を頂きました。

エプロン姿が可愛いでしょ?


9月20日

今日からお彼岸です。

自敬寺さんの法要に行きました。本堂が建て替えられてから4回目です。まだまだ新築の匂いが爽やかです

法要の後、落語を一席。四年ぶりくらいかなあ。若い僧侶が4人前で並んで聞いていた。

ここには、前「ザ・淀川」編集長の南野さんも、永代供養されています。

みなさん仲良く、彼の岸にいるのかなあ?


9月19日

お茶の稽古です。今月は今日でお終いだ。次はもう10月か。
阪急バスで行きましたが、降りしなに手摺りに着物の袖が入って、びりりと破れた。筒ッぽになってしまった。
縮の着物なので、もう来年の夏まで着ないからそのまま畳んだ。

金木犀の蕾も膨らんできたよ。明日からはお彼岸だ。

玄関は月見のタペストリーです。今年の中秋の名月は10月4日だそうな。ちょっと遅いなあ~


9月18日

カミさんの月参り。
このひと月もいろいろありましたよ。
江州米の収穫期。実りの秋だ。
平日ならばラッシュアワーに、車両にぼくだけ。不思議な気分。

数えれば来月で90回目の月参り。彼岸だね。


9月17日

同業者の会のチケットを勢いで購入し、誰かにプレゼントしようと思ったら、今日が当日。
お客さんで行った。ぼくらの業界、非常に珍しいことだ。

途中、知り合いのミュージシャン(H 2)に合い、隠れて会場へ。
ところが、文福兄、ナオユキ、竹林くんと立て続けに入口で合い、言い訳し通し。

客席で観ました。みなさんのファンになりました。


9月16日

昨日、到着した清酒・仁勇ですが、写真も貼っておきます。

さあ飲むのが楽しみ。尼ヶ崎のディスカウントショップでも売っているらしい。
でも今回は鍋店の最高級品ですから。

まだまだビアの美味しい季節だけど、たまにはいいか!


9月15日

鍋店さんから清酒・仁勇(ぼくは“にゆう”だが、こちらは“じんゆう”の大吟醸「鍋屋源五右衛門」と、オリジナルグッズが届いた。
前からそこそこ持っているけど、大きなノボリまで。前は手拭いも持っていたんだけど。

さて一升分と四合瓶です。仲間と飲もう。ノボリを立てて。

千葉の成田山の山門前だそうです。神崎町神崎本宿だって。うちの近くの川も神崎川って縁がある。
今度、見学に行こう!


9月14日

朝は中学校で絵本の読み語り。ぼくは1年生だ。

みんな秋の装いなのに、ぼくは夏のバカンス姿です。ぼくの頭の中もバカンス。
アメリカの囚人ともいえる。
それから銀行、郵便局とまわり、「よどがわ河川敷フェスティバル」のポスターとクラウドファンディングのお願いに。

みなさん、クラウドファンディングお願いします。https://readyfor.jp/projects/yodogawakasenshiki


9月12日

今朝、鍋店株式会社(創業元禄弐年・千葉県成田山門前)の蔵元直営店長から電話がありました
。一昨日、メールでお酒(最最最最高級)を注文したのです。
銘酒仁勇(ぼくは“にゆう”だけど、こちらは“じんゆう”)が主力製品。その大吟醸五年古酒鍋屋源五右衛門。

20年近く前にも頼んでのですが、今回、オリジナルグッズを欲しいとお願いしました。
店長は「社長から指示で電話しました、特別価格でどうぞ」と。
金曜日に届けられる。楽しみ!


9月11日

今晩は「第7回三津屋音楽祭」の全体会議です。
ずっと第1回から関わっていて、仲間がたくさん集まる楽しいイベントです。ぼくは司会をしたり会場を仕切ったりウロウロしています。
我が「はなしか連」もオープニングに出ますよ!

今日の会議で、ぼくが担当するタイムテーブルも固まってきた。なにせ出演者を含め30人が集まったからね。

終わってからは、毎度のハード打ち上げです。頑張って飲みました。

秋も楽しいぞ!


9月10日

今日は暮らしの今昔館での、恒例『子ども落語コンクール』。審査員は学光師、伯枝師、松五君。
毎年。教え子が何人か出ます。今回は教えていないけど、関わった子が達者で推薦しました。

12年前、このコンクールがはじまった時、くらしの今昔館の担当者から電話があり、「仁勇師匠、落語を子どもに教えているそうですが、どなたか出場してもらえませんか?あまり集まってないんです」と。
10人くらい連れて行きました。次の年もそんな感じでしたが、それからはドンドン増えてレヴェルも高くなりました。

今回、ぼくが推薦した子が館長賞を貰って、繁昌亭に出演する事になりました。パチパチ。


9月9日

西宮市の『子ども落語教室』の発表会。
夏休みからの一月半、良く頑張りました。

追加もあって、昨日も一昨日も稽古した。
本番に強い子どもたち、お客さんも大爆笑。

良かった!楽しかった。


9月8日

数日前観た『まるでいつもの夜みたいに』高田渡の声がボディーブローのように響いてる。
56で他界したのか?あの老けようはなんなんだろう。
生活の柄

        山之口貘

歩き疲れては、
夜空と陸との隙間にもぐり込んで寝たのである
草に埋もれて寝たのである
ところ構わず寝たのである
寝たのであるが
ねむれたのでもあったのか!

このごろはねむれない
陸を敷いてもねむれない
夜空の下ではねむれない
揺り起されてはねむれない
この生活の柄が夏向きなのか!
寝たかとおもふと冷気にからかはれて

秋は、浮浪人のままではねれむれない


9月6日

秋の読書週間の会議をして、一度、帰宅。
書類を揃えて、一気に警察署、区役所、消防署と申請と締結。途中、陽気な知人と会った。
毎年、秋に開催している、「第16回よどがわ河川敷フェスティバル」の国交省、自治体などへの申請書は、一手にぼくが引き受けている。はじめは面倒くさかったけど、今はそこそこ楽しい。

警察、消防署の留意点も一昨年はドローン、昨年はポケモンハンター、今年はテロ。時代だ!


9月5日

昨日はぼくの誕生日でした。
別に楽しいものでもないのですが、みんながお祝いしてくれる事は嬉しい。

馬齢を重ねた、と言えば、非常に馬に失礼ではあるが、とにかく生き長らえてきた。
これからも『生』にしがみついていくつもりだが、心ならず病や事故などで、此の世を遠く離れた方の事を時々思いながら生きていこう。

さて前向きに、これから起こるだろう事、会うだろう人を楽しみに、暗闇を探るように暮らしていくのだ。

まずは昨日まではお世話になりました。これからもよろしくお願いします。


9月3日

彦八まつり最終日は、ぼくが担当している『落語家手押し相撲大会』があります。
まつりを盛り上げようと、毎年、新しい企画を考えているけど、今年は桂坊枝くんと喬若くんとアイデアをひねった。

なかなか上手く行ったと思う。ハプニングはあったんですが、我々以外には分からない事でどうにか。

まつりも無事終わりました。閉会の挨拶も桂雀三郎実行委員長、鶴瓶副会長、米團治副会長らでお客さんは喜んではった。
来年はどうなるのかなあ?楽しみだあ。


9月2日

今日と明日は彦八まつりです。もう27回になるのですね。
今年は良い天気で気温が穏やか。生玉の富もTシャツなどのオリジナルグッズもよく売れている。たこ焼きも。

知人が遊びに来てくれて、中には1年ぶりという方もいる。
今晩は阿波踊りだったけど、少し淋しいなあ。

さて明日も頑張るのだ。


9月1日

明日から彦八まつり。5年前の書き込みです。

『明日から「彦八まつり」です。
僕は実行委員をずっとしているから、一月前から走り回っていて、
カミさんは三味線弾きだから、「住吉踊り」の新曲を毎日稽古していて家は大変。

当日は、いよいよバタバタで、娘が小さいときは交互で連れて歩いたけど、
僕も「住吉踊り」「地車」「たこ焼き屋」「本部係」…「あてもん屋」をした年もあり、
カミさんもイベントに協力して参加してくれて、嵐のよう。
娘が小学生になってからは、阿波踊りの踊り手で、お店の売り子もしてちょっと戦力。

ここ十年はカミさんは、ご機嫌で、噺家さんのブースの前に行き、
三味線を弾いて歌って、各店の宣伝をしていた。
常連さんは、そのカミさんの酔いっぷりを毎年、楽しみにしていた(迷惑も掛けてた)。

そんなことを考えながら、今から明日の浴衣と、踊り衣装を2人分アイロン掛けします。』


8月30日

今月も明日でお終いです。お祭り好きのぼくは、いろいろ遊びました。
イベントを企画したり参加したりも多く、毎日、毎晩出掛けています。

そんなわけで、理事をしている「NPOみつや交流亭」に行く機会も多いです。ここの丸十年を迎えました。

三津屋どんたくの仕事もあり、今日で七日連続交流亭に参りました。恐らく記録でしょう。
それも今日で最後。
会議の後、手にしているのは清酒・仁勇です。みんなで飲みました。


8月29日

さて今日はお茶の稽古です。来月くらいまでは浴衣で参る予定です。この柄は、斧(よき)、扇子(話)、菊(聞く)。上方落語協会の浴衣です。

頭はプレゼントして頂いた和風バンダナで、宗匠気分。お茶会の亭主をした時に、野外で太陽にサラされ、頭が光っていたのでくださいました。

また10月にお茶会の亭主を依頼されています。楽しみです。


8月28日

今晩はこんな集まりへ。

『がっこうがヘン!誰のための学校?何のための教育?~歴史から見えてくるもの~』

「戦後72年。戦後の教育は、子どもたちを船上に送り出した加害の歴史の反省に立ったものでした。
ところが、来春から再開される道徳教育の内容は戦前の教育勅語同様、個人の心に国家が踏み込ん
で規制するようなもの、体制への従順を促すものと、現場教職員の多くが危惧しています。

 徴兵され配属された戦場での体験から、『戦争とは別れと死』と語り続けていた本田立太郎さんの
DVD(40分に編集版)を鑑賞後、戦前から『君』を崇め忠誠を誓うために式典の際に歌うよう指導さ
れてきた『君が代』は子どもたちの自由な学びにそぐわないとして起立斉唱を拒み、戒告処分を受
けた松田幹雄教諭が、いま学校現場で何が起きているのかを話します。

 上映とお話しの後は、意見交換。新学期を前に戦争を振り返る、教育を考える時間を持ちませんか?」

勉強になった。


8月27日

今日は早起きして、カミさんの月参りです。

お盆も終わったけど、元気であの世にいてますか?下界でぼくと娘はなんとか暮らしています。

昼過ぎから仕事なので、行きはサンダーバード、帰りは新幹線。

その後、ゆるらカフェのライヴの打ち上げ乱入。楽しい人たちだわ。


8月26日

今年も夏の締めはヤカーリング。公式司会者のぼく。

商店街の活性化に困っている皆さん、町興しにやってみませんか?既に常連になった「ヤカラー」が全国からやって来ますよ。

今年も「ヤカーリング」以外にも、「みつかもんのはしってポン!」「のど自慢大会」「ビンゴ大会」「夕暮れライヴ」と盛り上がりました。

しかしスタッフはよく飲むわ。


8月25日

朝は西宮北口で、子ども落語教室。
「時そば」「ちりとてちん」「つる」「うなぎ屋」「寿限無」「平林」などです。

その後、昨日に引き続き、三津屋どんたくの「子ども神輿巡行」そして「ヤカーリング子ども大会」子どもに特化した1日になりました。

この後、盆踊り大会にのど自慢。ずっと進行役。ふーっ!
交流亭ではスーパーボールすくいもありましたし、飲み物もあった。


8月24日

我が家の100メートル先が火事だ!すごい煙。ベランダからの撮影です。

現場に駆けつけますと、 早速、YTVがカメラを回していました。でもすぐに鎮火しました。
民家ではなく、阪急の線路側に風が吹いていたから、類焼はなかったようです。

我が家はマンションの10階ですので、ちょうど煙が上がる地点が一致したようで、視界が無くなるほどです、洗濯物を取り込んでいて良かった。

事情聴取中の結果、一時は炎が凄かったらしい、との知人の談。
怖いなあ~


8月23日

繁昌亭で『アンデルセン童話落語会』です。
もう11回目だそうです。いろいろ作りました。今回は、『わがまま文房具』のタイトルで、アンデルセン童話の『ペンとインク壺』を改創作しました。
夏場は毎年忙しいのですが、今年は特にバタバタで、どうにか間に合いました。
出来はともかく頑張りました。当たり前か。

デンマーク報告もスライドいっぱいで、山中さん、酒井さんを交えて紹介しました。もう3ヶ月になるんだねえ~

お客さんもたくさん来てください、ぼくらも楽しませて貰いました。

来年も開催するそうです。今度は大作に挑戦しよう!


8月22日

お茶の稽古。今日は二時間正座した。

その前は地元で、悪巧みの打ち合わせ。
夕方からは、彦八まつり『落語家手押し相撲大会』のルール会議。ぼくは責任者なんです。馬鹿馬鹿しいことは大好き。

同じく『生玉の富』の事務作業を上方落語会館で、1時間弱しました。


8月21日

デスクワークが非常に溜まっている。払い込まなければならない用紙も溜まっている。お金は貯まらない。

お盆明けの週明けということで、午後の会議を挟んで挟んで歩き回りました。
その前には、子ども落語教室です。

西宮の公民館事業で、9月9日に発表会があります。もう10年以上続いてますが、ぼくの夏の楽しみです。
今回は、まずまず順調にいってるかなあ?まだ二十日間あるからね。

他にも関わっている、子ども落語があるし、本番が楽しみです。


8月20日

今日は学校給食フェスから、芦原橋アップマーケット。

給食フェスでは、内緒でたくさん戴いた。
数ヶ月前に、大阪市学校給食調理員の方々とお知り合いになり、それから誘ってくださいました。豪快な女性ばかりです。
このイベントは、近畿のいろんな自治体の給食事情を紹介し、試食まで出来るのです。
身内扱いで賄いのカレーライスまで頂きました。実はこれが一番旨かった。失礼。

今の小中学生は贅沢で舌が肥えているだろうな。


8月19日

盆踊り。ぼくは地域では名うての盆ダンサーで、毎年、多くて8回、少なくて4回は踊っている。踊り子さんの知り合いも多い。

ところが日にちの巡りが悪くて、今日が初日で楽日。
「今年はどうしてたんです?」と、何人かから言われた。

ここは我が家のベランダから見えて、音頭も良く聞こえるのです。
来年はもっと踊るぞ。


8月13日

今年のお盆後は、3日間ぼくの治療があったりしまして、特にお知らせする事件もありませんので、更新しません。
ご先祖様と遊びます。


8月12日

再来週の『アンデルセン童話落語会』のシナリオがまだ出来ていない。大変だあ~

と言うわけで、今日は一日頑張った。なんとか骨子だけは固まった。これから肉付けをしていく。大丈夫やろか?
そんな中、お盆の用意などをした。

今日から徳島の阿波踊りだなあ~また来年辺りは行きたいね。


8月11日

高校同期生ののビアパーティー。今年は24人も集まりましたよ。千里阪急のビアガーデンです。

今回は久しぶりの方も来て、盛り上がりました。気の置けない連中と楽しかった。そしてよく飲んだ。

二次会は、ホテルのラウンジの片隅。10人しか入れないスペースに4人くらい余計に詰め込んだ。

来年は大同窓会をすることになりました。筆頭幹事さんは、またわたくしです。


8月9日

河川公園事務所福島出張所へ『第16回よどがわ河川敷フェスティバル』の河川敷使用・減免申請を提出。朝から大量にプリントアウトした。淀川大橋の南詰めにあります。これから、枚方出張所、守口サービスセンター、管轄消防署、警察署と申請が続く。

その前に区役所に分担金の為、協定書作成の申請書類を作成提出。

その前に『大阪市の学校図書館を考える会』の総会案内を作製投函。ぼくはここの会報編集長を十数年やっています。

間隙をぬって、太陽テント(工業)へ、イベント用のテント地を貰いに行く。


8月8日

この夏、最後の小学校周りです。今日は鶴見区と城東区。
台風一過とはいかず、雨が降ったり風が強かったり、不安定な天気。でも各地の被害状況を見ていると、これくらいのことは。

3日で6校か。何処とも手作りの、在り合わせで面白い。
大阪市北部に住まいするのに、東西南に良く行く。今年は雨にも合わず快適だ。

家に帰って、太鼓と着物を置いて、晩の会議に向かった。


8月6日

『交流亭マルシェ』終わり間際に参加しました。

NPOみつや交流亭理事として、撤収のお手伝いの為に来たのです。ぼくは非常に真面目だ。
毎回毎回、店がたくさん増えて楽しい!子どもも多くて健全でした。

しかし暑かった。今年一番では?ということで、交流亭理事仲間4人で、駅前ビアでした。よく飲むわ。


8月5日

『十三の花火大会』(写真は知人から頂いた)
今年もクルーザーに乗って、間近で鑑賞。

大人7人、子ども3人で、幹事のぼくは子どもの監視役というか、遊んで貰った。
天候が危ぶまれたけど綺麗!ただ風向きで、煙がこちらへ集まって来た。

終わって全員で、これまたいつものように駅前の焼き鳥屋さん。ところがクーラーが突然故障して、表で飲んでいる感じ。扇風機強状態。

今年も楽しかった。来年も開催すると思います。


8月4日

昨日、大正区に仕事で行った時に、モスクらしき建物の前をタクシーで通った。写真を撮って調べたところ、浄土真宗本願寺派「浄泉寺」『彌陀院』さんです。
浄土真宗の寺院なんですね。良いのかしら?

モスクっぽい仏教寺院は見た事があるけど、ここまでイスラム的なのは初めて。それも金色に輝いている。

さすが大正区、沖縄チックだけではなく、インターナショナルだ。


8月2日

夏休み小学校巡りが始まりました。
教育文化振興財団からの依頼で、もう6,7年続けてます。

今日は平野区住吉区、最後は明日のために、大正区と太鼓担いで暑い中をテクテク。でもハプニング満載で楽しい!

今年は今日明日と来週で6校で公演します。さてどんなお子様が待っているかなあ?


8月1日

ひと月振りのお茶の稽古。先月はバタバタしていて、休みにして戴いた。

床の間を観ると季節は秋かあ。今日で大阪の夏祭りもお開きだものね。大阪の夏祭りは愛染さんで始まって、住吉っさんで終わる。

朝は銀行、郵便局、病院で、昼からは『上方落語協会企画戦略会議』でした。

今日も夕立は無かった。


7月31日

西宮市の「子ども落語教室」(写真は昨年のモノ)です。
今日で3回目、やっとシナリオを全員に渡せた。

今年は1本だけ書くはずだったのに、結局、2日で3本作りました。これも勉強になる。
「平林」「時そば」「借家怪談」「ちりとてちん」「つる」「鰻屋」「寿限無」など改作も、子どもの顔を思い浮かべながらカチャカチャと。

9月9日が発表の日です。どうぞお越しください。


7月29日

今日は同窓会の会議がありました。
今年は学校創立80周年で、行事も多い。学校事務局から、有り難い話もお聞きしました。また後日。

終わってから役員と食事。野球部同窓会会長とも同席して、ずっと野球の話をしていました。幸せ。


7月28日

今日は、「笑福亭仁勇の落語DEカルチャ!」でした。
ご一緒させて頂いた、加藤正文さんのお話しは多岐に及び、それも最新情報で面白かった。
しかし記者魂というのも見せて貰いました。もっと話をしたかったなあ~

終わってからもワイワイと楽しい仲間と騒ぎました。こうやって10年間いろんな方とつながってきたのね。

ぼくの落語も、ネタは未完成な感じでしたが、この日は次々とビックニュースが飛び込んで、いろいろ本題に使わせて貰いました。卑怯な手法で演じた。

次回は10月かなあ~


7月27日

明日、「笑福亭仁勇の落語DEカルチャ!」で、「源平盛衰記」という落語をするので、源平合戦の資料を読んでます。
異説が多くて、史料ひとつ発見されれば変わるので面白い。

明日喋る、「倶利伽羅峠の戦い」「一ノ谷の戦い」「屋島の戦い」を特に調べています。
義経は日本史最大のヒーローでアイドルと言われますが、屈折したところがあるのも分かります。

現在のニュースを盛り込んだ噺にします。


7月26日

今日は二回目の西宮中央公民館事業「子どもらくご教室」です。
毎年、公募の上、10人に指導しています。

ところが毎年、一人くらいが当選したのに来ないのです。今年は3人が来ません。50人近くの応募があるのに。

それで緊急に、毎年申し込んでくれて、落選している子ども二人を追加して貰う事になりました。
さて次回が楽しみだ。


7月25日

金曜日は『仁勇の落語DEカルチャ!』です。

今回は加藤正文さん(科学ジャーナリスト。1964年兵庫県西宮市生まれ、尼崎市育ち。大阪市立大学商学部卒業。
1989年神戸新聞入社。経済部、北摂総局、阪神総局などに勤務。論説委員兼編集委員をへて2011年経済部次長兼編集委員。
2014年『死の棘・アスベスト』で科学ジャーナリスト賞受賞)
とのコラボです。

著書を読了しました。

お会いするのが楽しみだ。


7月24日

天神祭では、もう35年くらい前に、笑福亭の船「笹船」に乗りました。それから毎年、名前を替えた「落語船」に乗らせて頂いています。
船の中では、飲んでは鳴り物に踊りと楽しませて貰っています。ところが今年は船は出ません。

それで「落語船」メンバーと毎年船に乗り込む戎橋に行きました。それで「どんどこ船」さんと手打ちです。
その後、ミュンヘンでビアを飲みました。

来年はまた船で盛り上がりたいなあ~


7月23日

デンマーク講演のため、久しぶりの原田しろあと館寄席。

文化財なのでクーラーが付けられない。暑い!です。
今回はアマチュアで活動なさっている吹奏楽団とのコラボです。お仕事をリタイアなさってからの方が多いらしい。

晩は「上方落語協会企画戦略委員会」仲間の暑気払いがありました。
ちょっと飲むつもりがかなり飲んだ。

原田しろあと館は、次は9月。和奏伎さんとコラボらしい。


7月22日

今日はハードで、ホテルでパーティーの余興、福祉施設で講演と昼間です。
そして晩は、宗右衛門町まつり!です。ぼくは6時からの担当ですが、その前までバカほど暑かったらしい。

さて、飲みながらの司会進行は、10時まで続いた。毎年の事で出演者とも顔馴染みになりました。
その後は、出演者の『Boon Earth Choir』と一緒に打ち上げです。

長い夜だった。


7月21日

今年も『子どもらくご教室』がはじまる。夏のライフワーク。15年以上続けている。

応募した子を男女・学年関係なしに抽選しています。
今年も約50人の応募がありました。でも10人しか教えられません。1年から毎年応募してくれている子もいるけど、一度しか通らなかったって。

今回はナント6年生はゼロ。会場は子どもの数だけ家族も居る。(写真は昨年)
兵庫県立芸術センターの通路から中央公民館へ、これから10回以上通います。9月9日が発表会です。


7月20日

朝から落語家みんなで生國魂神社へ、彦八まつり成功祈願。
お神楽を舞うのは、以前、中村権禰宜と十三で飲んだ巫女さんやった。「また、飲みに行きましょ」と挨拶。

その後、彦八まつり総会。そして記者会見と、境内での写真撮影と暑かった。

今月はじめて、カミさんの墓参りをしてから動楽亭出番。
彦八まつり実行委員長の雀三郎兄と一緒でした。


7月19日

「中島大水道サロン」の会議に、大島堅一さんの「なぜ?いま?原発延命策なの」という冊子が届きました。
大島さんの公園は2月に大経大で聞きましたが、その時の話を起こしたモノです。

「3・11福島原発事故以来、原発事故によって生まれた被害をだれに、どのように賠償させるか、その費用はどれくらいになり、だれがその負担を負うのかという問題」を書かれた冊子です。

「ECOまちネットワーク・よどがわ」が編集いたしました。



7月18日

今日も動楽亭です。
桂あおば、佐ん吉、吉弥くんが前半で、後半が三風、珍念くんとぼくで、米朝一門と吉本組とに分かれた。

明日一日出番が無く、明後日また動楽亭に出演。
雨の後で涼しくなった。


7月17日

「海の日」はざこば師匠が席亭の動楽亭の出番です。今日は中とりで明日はとりをつとめます。

ここは客席の椅子がすごく良いので、がんばらなお客さんを寝かしてしまう。
なかなか反応が良いお客さんで素晴らしい。

帰りに文福兄に飲みに誘われたが、ぼくは会議で失礼しました。場所中で話がしたかったんでしょう。ごめんなさい。

明日もガンバロウ!


7月16日

『第16回よどがわ河川敷フェスティバル』のプレイベント開催!
昨年は雨が降ったりして大変でしたが、今回は良い天気で暑かった~
ブースもたくさん出て、本部直営の飲み物もそこそこ売れました。良かった良かった!

大縄飛びに、スポーツチャンバラにも子どもたちが群がった。室内の工作ブースもずっといっぱいだ。

公園内のライヴも暑いのにお疲れ様でした。
これで本番にも弾みが付きます。


7月15日

施餓鬼法要、本尊「十一面観世音菩薩」除幕式、先祖供養、再建内覧会です。一度にいろいろやらはりました。

自敬寺さんは、驚くほどのリニューアル。耐震構造もばっちりで天井も高くて気持ちが良い。
新しい木の匂いは良いねえ~
カフェもできました。和尚もよう働いてはった。

善男善女が合掌。。。。


7月13日

高校野球大阪大会です。毎年、行ける限りは足を向けていますが、近場の豊中ローズ球場は珍しい。
とにかく母校を応援する。

しかし校長、同窓会会長とも雑談「きびしいなあ」向こうのほうがお上手。

結果はコールドで負けました。1回戦で敗退は数年ぶりかなあ。また来年!


7月12日

クラウドファンディング開始!ぼくが実行委員長をする『第16回よどがわ河川敷フェスティバル』の慢性資金難で、はじめました。
もともと行政からのお金で開催するイベントですが、毎年、額が少なくなり、企業なども回っていますが、もうこれ以上は続けられません。
そこてみなさんのご協力を募っています。

これをご覧になった方、ご支援をお待ちしております。まずはサイトをご覧ください→https://readyfor.jp/projects/yodogawakasenshiki
サイトの表紙にも貼り付けます。よろしくお願いします!


7月11日

生まれて初めての入院!と言っても検査だからたいしたことはないです。
一泊二日のお泊まりです。

一日、検査時間以外は暇にしています。明日の昼前には帰宅します。


7月9日

昨日は片寄理事長の『みつや交流亭』の講演と、ぼくは落語をしました。
第17回大阪地方自治研究会です。お仕事組合活動がお忙しい中、予定以上の集客だったそうです。

10年を迎える事になった「みつや交流亭」の流れを理事長がなさいました。ぼくも理事の一人ですからね。

終わってからは打ち上げでした。ぼくは一次会で失礼しましたが、あれから延々スタッフは飲み続けるのでしょうね。


7月8日

今日は満中陰の法事がありました。心から合掌。。。。。


7月7日

今日は七夕さんです。カミさんの月命日でもある。まずはお仏壇にお花を供えましょう。

繁昌亭ではイベントがあります。ペアで浴衣を着てこられた方には、キャッシュバックの大入袋を差し上げる、というものです。
ところが一組もいない。大入袋の金額が下がったからかなあ?

繁昌亭のイベントでは、「バレンタインデー」「雛祭り」「呉服(529)の日」「周年記念」「良い夫婦(1122)」などと「七夕」があります。それぞれ特典がありますよ。

さて今日ですが、誰もいないから1つも渡さないというのは、雰囲気が下がりますので、知恵を絞って、まず着物浴衣は諦めて、ペアのどちらかの誕生日が7月とか…。
20枚の用意した大入袋がなくなりました。良かった良かった。
天満宮近辺は、七夕仕様。


7月6日

『第16回よどがわ河川敷フェスティバル』のプレイベントです!
7月の16日の日曜日ですよ。河川敷会場に一番近い「木川南地域活動協議会」のみなさんと、木川南公園で開催します。

そんなに大規模なイベントにはならないと思いますが、バザーあり飲食ブースありライヴあり体験コーナー、防災ブースなど。それにスポーツチャンバラ教室も開催します。
昨年は降ったり止んだりでしたが、今年は祈るばかりです。

みなさんお越しください。今年のオリジナルグッズもデビューします。



7月4日

昨日は彦八まつりの分科会『落語家対抗手押し相撲大会』のルール会議をした。
前回は綱引き大会をしましたが、怪我人も出たし、縦社会にチーム戦は馴染まないとの理由もあり替わった。

上方落語協会会館で、桂坊枝、笑福亭喬若くんと話し合いました。なかなか落語家の会議は脱線して進まないのですが。
どうやら骨子らしきものも出来、新たな発見もありました。それは後日。

終わってから天神橋商店街の海鮮居酒屋で、4時間くらい桂坊枝さんと飲んだかなあ~
これからイベントが増える!


7月3日

15年続けている「朝の一人挨拶運動」

童が赤で渡るので、
「赤で渡ったら車に轢かれるよ」
「うちのお父さんも2回轢かれた、目を瞑って横断歩道歩いたんやて」
「そんなこと絶対したらアカンよ」
「それで2回轢かれて死んだと思う?」
「そら1回目は助かったやろ?」
「ううん、1回目は死んだんやけど、2回目はギリギリ助かったんや」

複雑な家庭事情に踏み込んでしまったか?


7月2日

カミさんの月参り。前回は娘の留学を想いながらだったなあ。しかし大番狂わせだあ~

そんなことも考えつつお参り。日曜日と言うことで参拝客もそこそこ多いか。
今月は忙しくなるのが必至で、早い目にお参りに来たのだ。

それにしても、「かわらけ投げ」を「かわら投げ」と言って、ええ年したオッサンオバハンがはしゃいでる。そんな重たいこと出来るか。そんなちっこいかわらがあるかい!

帰りに「好色一代男」にも登場する芝屋町遊郭を散策。その前に豪雨で約一時間、京阪の路面電車駅で雨宿り。
止めば清々しい天気になったわ。
ここの閻魔様は金で手を打ってくれるらしい。「地獄の沙汰も」?


6月30日

『よどがわ河川敷フェスティバル』オリジナルTシャツの追加分が届きました。
人気がありそうな色サイズを50枚注文しました。デザインは以前と同じ堀口博信画伯が4年前に、無料作製してくださったものです。

今年は手拭いとハンドタオルも作ります。7月16日(日)のプレイベントにはデビューします。

昨年のプレイベントは雨が降ったり止んだりでしたが、今年は晴れますように!
まもなくチラシも完成します。


6月29日

高校生の講座。
高校でも七夕の笹を飾るのか?幼くなったのかなあ?
そういえば高校生の時、早起きして、校門の大木を布団の綿などで、クリスマスツリーにしたなあ。

今日は後半『高瀬舟』を朗読した。
献血に行こうと思い、念のために調べたら、ケア後の3日はダメ。
この国では、ぼくの血を必要としているのは蚊の類いだけか?


6月28日

久しぶりに献血に行った。帰国してから28日置かねばダメらしいが、27日だった。残念。

その後、これまた久しぶりに、オーラルケアに行った。ネット初診予約は初めてと、シュミテクトをプレゼントされた。
「二本のうちどちらが良いですか?」と聞かれて「どちらも」二本貰う。
とにかくぼくの歯は誉められる。治療ゼロで、歯科医は他のスタッフを呼んで、「この人珍しい」と。死体になっても身元は割れにくい。

晩は識字教室のコーディネーター。久しぶり。


6月27日

今日も朝から、あちらこちらへ。
病院にもハシゴした。だいぶん待ったなあ~

いろいろと考え事が多くて、スーパーのカゴを持って帰った!お金は払いましたよ。カゴのお金は払ってない。

夕方返しました。恥ずかしい!


6月26日

『JUNみつや交流亭LIVE』でした。
出演は徳山了ユニットとROZZOです。
ゆったりとした『徳山了ユニット』と、パンクな『ROZZO』はサイコーでした!

そして打ち上げも、もちろん!

また新しい交流亭仲間が増えました。


6月25日

繁昌亭定席の千秋楽。
一週間バタバタで、今日はじめて、今席のメンバーと飲んだ。ぼくが一番先輩なので!ATM に寄りました。

桂枝光、笑福亭円笑、笑福亭遊喬、林家扇さん。4時間話してた。一次会で失礼。
後の方は、まだ飲み続けるのでしょ。

明日からは家族サービスを第一にするのです。


6月23日

今日は繁昌亭を抜いて貰って講演会。
半年以上前から押さえて頂いていた。お客様もいっぱい!2時間喋った。

朝は『彦八まつり実行委員会議』1時間しか参加出来なくて、謝りながらの退席。

夕方も会議。母校の周年事業を学校側交えてです。こちらは仕事後、20分遅れての参加。

謝ってばかりだわ。


6月21日

今日は絵本の読み語り活動日。6年生のクラスに入りました。
朝からすごい雨で、「一人挨拶運動」も靴がぐしょぐしょになり、大変でした。

子どもらも、雨の日は傘が邪魔で、しっかり信号が見えないのか?赤でも渡りかける子が多い。危ないなあ~

昨年度まで15分の活動時間でしたが、今年度からは10分です。ぼくは同じ本を毎年よく読むので、工夫がいるんです。
今日は宮澤賢治(ぼくは山澤健二)の『よだかの星」です。黒板に天体を書いてはじめました。

秋の「読書週間読み語りイベント」の話もぼちぼち出てきました。


6月19日

今日から一週間、繁昌亭昼席。抜ける日もありますが。

朝は上方落語協会の定例総会です。たくさんの会員が集まったなあ。今では上方落語家は250人以上になりました。ばくは70番目くらいだと思う。古株!

ついでに今年の彦八まつりで担当する「落語家手押し相撲」の、PR 写真を撮りました。雀喜くんと雀太君のハンドに協力して貰ったです。もうすぐポスターも出来上がります。

良い天気が続く。


6月18日

今日の講演会です。
とある小学校で、PTAやはぐくみネットの方々が世話役です。知人のT さんがコーディネートしてくれました。

この日は、土曜参観で学校はいっぱいの保護者です。約70分間お喋りいたしました。
お昼もご馳走していただいた。ありがとうございました。

一度帰って、晩の予定まで、珍しくお昼寝しました。いろいろ疲れが溜まっているのが分かります。


6月17日

新潟で落語をして、講演もしました。お寺さん関係のイベントですが、一般の方も入場できます。

寺町を歩くと『花嫁人形』の歌碑があった。作詞の蕗谷虹児はここの人だ。

小京都的で洋館も良いなあ。どこに行っても歩き回るぼく。

会場は、このビルだから迷子になることはない。
会場に戻って講演会。たくさんの方に来て頂きました。
飛行機までの僅かの時間ですが、打ち上げでご馳走を戴きました。


6月15日

今日は高校生対象の授業です。今年も楽しい生徒らで、ぼくは喜んでいます。
講義中に、高校生が提出した川柳には「おみやげは 無事故でいいの お父さん」ぼくは本歌取りで「無事故でいいと お父さん」

朝は中学二年生に絵本を読んだ。『マララの物語~わたしは学校で学びたい~』
先生が居ないのを確かめ「1時間前に、君たちの未来に影響のある法案が残念ながら成立しました」と。
反則かなあ?


6月14日

カミさんの月参り。今月は娘と参りたかったけど、言い出せなかったなあ。
もうすぐ娘はカナダに行っちゃってぼくは数十年ぶりの一人暮らしになるのね。

今日はお祭りでした。平曲が島を囲んでいた。

立ち入り禁止だったので、隙間から写真を撮りました。このお宮さんには平経正が琵琶の秘曲を奉納したそうな。
良い天気だ。


6月13日

訃報があり、弔意を持って、更新をお休みしました。ぼくは時差ボケも克服して、非常に元気なんですが。
この間、新年度総会の懇親会・歓送迎会が幾つもありました。同窓会に、みつや交流亭も。
あと会議がたくさんありました。業界の会議も、地元のものも。

今日は予定が茶の湯しかなく、イベントの申請をしたり、遅れている作業を一気に片付けた。
しかし別れの月になりました。

また今週末からは忙しくなります。


6月3日

やはり時差ボケか、体調が良くない。三日もしたら戻るでしょうが。
そこに訃報が入りました。ちょっとゆっくりしたいなあ。


6月2日

朝から雑用と会議など。眠たいなあ、昨夜はよく寝たのに。
晩は「いちびり庵」3回ほどお休みしていた。今日は小畑実です。

小畑実(wikipedia抜粋)
16歳で日本に渡り、日本音楽学校に入学。朝鮮半島出身を隠して出身地を秋田県としていた。1942年の『湯島の白梅』が出世作となる。1943年には『勘太郎月夜唄』をヒット。冷やし飴とミカン飴を頂く。

帰りに「おはようございます」って、華乃家ケイさんだ。これから呑みに行くって。


デンマーク旅行記のトピックスは『よどがわ雑記帳』にも書いています

6月1日

関空です。KLM でコペンハーゲン、アムステルダムと乗り継ぎました。
昨日、朴槿恵被告の支援者の娘がコペンハーゲンから強制帰国させられたからか?TVクルーがいてました。

最後の晩は、デンマーククローネが、ほとんど手付かずだったので、ちょっと奢らせていただきました。
さて帰りたくないけど、溜まった雑用と、娘が待っている。

とにかく無事に帰って参りました。これからたくさんの用事が待っているのです。


5月31日

アンデルセンの出身地オーデンセ。
生家を訪ね「アンデルセンミュージアム」を表敬訪問。丁寧に案内していただく。

みんなが休憩すると言うので、1時間貰って町中を歩き回る。
駅前大改造中で、3年後には全く違う風景になる。生家の家並みは200年、ほとんど変わっていないんだって。
周りはここ20年で、近代的になったらしい。しかし古くて良いものには、手を付けないらしい。

大阪とは違う。

デンマーク旅行記のトピックスは『よどがわ雑記帳』にも書いています


5月30日

コペンハーゲンから、ディーゼル機関車で2時間。アンデルセンの出身地オーデンセを越えて、フレゼリシア。
そこからバスで30分。フォルケホイスコーレ(小規模私立学校)で落語と講演。もちろん訳してもらった。
みんなノリが良くて楽しかった!ぼくが説明して同行者の團四郎師がしぐさをする。大爆笑です。彼は一輪亭花咲という俄師の名前を持っているので、演技は十八番で世界共通です。

さて寄宿舎で泊まります。心が洗われる部屋。
しかしビアを内緒で調達をする計画を立てた。私はなんて罰当たりなんでしょう。
ランチバイキングは初体験の料理ばかり!

時間を間違えて、遠方から日本人が来るというので、急遽追加公演。どこへ行ってもバタバタだあー

デンマーク旅行記のトピックスは『よどがわ雑記帳』にも書いています


5月29日

「レストラン東京」で公演です。アンデルセン童話落語の仲間、露の團四郎さんとの共演です。
ここの大将は50年近くこの地で、邦人の世話をしている。懐が深い。でもデンマーク語での会話は極力しないらしい。
こだわり。

広島が本店の「アンデルセンベーカリー」の支店長一家も来てくださった。
日本人会の方々や海外赴任のみなさんも。

抽選会も盛り上がり、打ち上げも楽しかった!まずは仕事が上手く行き安心しました。

デンマーク旅行記のトピックスは『よどがわ雑記帳』にも書いています


5月28日

クロンボー駅。これがターミナルだな。
町は「キリスト昇天祭」だー!

駅前にはプラゴミのモニュメントです。これはよどがわ河川敷にもあった。クロンボー城。
ハムレット『To Be or Not to Be 』の舞台。西洋の城はパルケ・エスパーニャ以来か?

大砲の向こうに見えるは、大島♪ではなくスウェーデンです。その後はLousiana美術館。そして落語会の打ち合わせをしました。
会場は「レストラン東京」です。中沢店長が世話をしてくださる。

ずっと良い天気です。

デンマーク旅行記のトピックスは『よどがわ雑記帳』にも書いています


5月27日

コペンハーゲン朝のお散歩。
5時過ぎから8時まで。セブイレがあちこちにある。チボリ横のアンデルセンベーカリー支店で軽食。本店は広島。

船遊び。暑かった。
泳いどった。バルト海の5月。お祭りの日で人が多い!
綺麗な町模様。人魚姫にも改めて近付いた。

宝塚ファミリーランドそっくりなチボリ公園。逆か?
暑いけど、風が吹くと清々しい。

デンマーク旅行記のトピックスは『よどがわ雑記帳』にも書いています


5月26日

コペンハーゲンに着いた。
はじめ遅れたが、アムステルダムも順調に遅れてきたので、快適に乗り継ぎ。

町並みが見事だ!

しかし今、こちらでは夜中の12時半。日本は朝7時半か。26時間寝てない。

デンマーク旅行記のトピックスは『よどがわ雑記帳』にも書いています


5月25日

出国。デンマークへ。新大阪から関空のバスは、最初ぼくだけ。

アムステルダムからコペンハーゲンへの乗り継ぎは、2時間で良いくらいとのアドバイスを頂きましたが、残念ながら1時間5分遅れ。機材到着遅れのため、だとか。エンジン以外なら積まずに飛んでほしいけど。

さて10時間後、ぼくはどうなっているでしょうか?連れの同業者が焦ってるのをみて、楽しむぼく。きっとバチが当たる。

デンマーク旅行記のトピックスは『よどがわ雑記帳』にも書いています


5月24日

明日から仕事でデンマークに行きます。『アンデルセン童話落語』を繁昌亭で10年間続けたから、大使館の協力もあり実現しました。落語公演と講演会と四高座くらい用意戴いてます。邦人対象(レストラン東京だって)と通訳を入れての現地の方。学生らしい。

ハプニングもいろいろありそう、と思ったらいきなり!一昨日の月曜日のことです。世話役案内役の北欧関係出版社の社長から電話がありました。
今回はツァーではないので、この社長が全て段取りしてくださいます。
「四日後のスカンジナビア航空ですが、乗れなくなりました」とのこと。書類の手違いですが、キャンセルしてオランダ航空に変更!早割だったのに高く付いたでしょうね。北欧旅行のベテランなのですが、上手の手から漏れましたね。

伊丹ー成田-コペンハーゲンが、関空ーアムステルダムーコペンハーゲンになった。それも成田でスタッフや同行人さんと合流が、コペンハーゲンの現地集合に。露の團四郎師と二人で行きます。ぼくの方が、だいぶんシッカリしているので、誘導するつもり。さて着けるかなあ~楽しみです。
6月1日帰国ですからたっぷり歩き回ります。

デンマーク旅行記のトピックスは『よどがわ雑記帳』にも書いています


5月23日

明後日からデンマークへ仕事で行くのだが、どうもそちらに気持ちがいかない。
それは忙しくしているのだけど、もうぼちぼち用意をしなくてはと、本屋に行って関係書籍を見てきました。

なかなか旅行書もデンマーク関係は少なく、北欧の括りになっている。そんななか月刊誌を一冊買いました。

『エクセレントデンマーク・ラビング』だって、何の事やら分からん。
とにかく一気に読みました。十時間以上飛行機に乗りますから、機内で他の本も読もう。


5月22日

朝から『上方はなし 彦八まつり』の実行委員会議です。
9月2,3日の土日です。桂雀三郎実行委員長の下、知恵を練っています。ぼくも幾つかの担当になります。

『押し相撲』が面白いのでは?という意見が出て、今、調べています。どんなもんやろか?

オリジナルグッズなども考案中。
これからどんどん情報をアップします。


5月21日

今日は兵庫県立美術館で寄席です。

開演前に特別展を鑑賞しました。『ベルギー奇想の系譜』ボリュームも内容もすごかったなあ。
さてそのあと満席の会場で舞台です。
終わってから露の吉次くんと梅田で生ビア9杯ずつ。

ガンマ300超えてから、ますます好調だ!


5月20日

母校の『創立80周年記念総会懇親会』です。
ぼくは同窓会の副会長を10年勤めていいるんです。感慨深い。

着物でウロウロしていると、「可朝師匠」と声が掛かる。ヒゲを付ければそうか?
同期生もたくさんきてくれて、そのままヒルトン大阪35階の絶景で二次会!

大笑いしたり、涙に詰まったり、やっぱり10代からの友達は良いねえ~
写真は同期生のヨッコと。


5月19日

北欧ミステリー読了。
訳者が高校の同期生です。映画にもなった『特捜部Q 』シリーズもハヤカワポケット文庫を訳していました。

前は送ってくれたけど、読者が増えたんでしょう、パチパチ!
この『雪盲』はアイスランドが舞台です。『特捜Q 』シリーズはコペンハーゲン警察が舞台。

来週からデンマークに行きます。読み直そう。


5月18日

今日は『仁勇の落語DEカルチャ!』でした。予約のお客さんも多くて、席を余計に用意しました。
大阪市給食調理員の方々とのコラボです。賑やかでした。こどもと関わる人は元気が良い!
ぼくも前日、中学校で絵本を読んだ。
給食試食会がビア・バイキングの様になりました。試食メニューは~特製カレー、一口ピザ、ちくわ磯辺揚げ~です。

みんなたくさんお代わりをしていました。楽しかった。


5月17日

「第16回よどがわ河川敷フェスティバル」の実行委員会議です。
本番は10月15日(日)なんだけど、プレイベントを7月16日に開催します。また詳細は申します。
今日は出席者も多く前進した感じ。もうすぐ今年の企画書も出来る。いろいろ回らなければ。

クラウドファンディングも開始しますから、みなさまご協力お願いいたします。



5月15日

今日はお昼から、「上方落語協会企画戦略委員会会議」がありました。月一の定例会になりました。
なかなか活気がありすぎで、この
委員会は問題があるかも?委員のボク自ら言ってます。

今回の議案もいろいろありましたが、嬉しかったことがあります。
この委員会で提案企画した、「上方落語協会設立60周年記念興行」が盛会でした。4月中、開催したのですが、前年比でお客さんが毎日40人アップしました。月に1200人、金額にすると…。
とにかく良かった!

他にオリジナルグッズ開発の議論などをしました。
写真は初日の様子。


5月14日

今日は『旭福興市(あさひふくおこしいち)』に参りました。
知人の福田さんと野上さんが、南三陸復興の報告をします。
確か昨年も一昨年も足を運びました。南三陸町へは行ったこともあるし、ぼくが理事をしている『みつや交流亭』と繋がりがあるのです。

お昼過ぎから行ったので、ライヴなどは見られませんでしたが、知り合いもそこそこおられました。

「地域の防災をテーマにした川柳の投句お願いします、数が少ないから、何か当たる確率が高いです」、と言われ作句した。
確実に抜けると思ったけど落選。腑に落ちない。
まあ福引きがあるから、これは当たるだろう、と思ったけど、これまたアウトです。

まあ、いいっか、と飲みに行きました。


5月13日

『中島大水道まち歩きマップ』が完成してから毎年開催しているまち歩きイベントです。今日は人数は少なかったけど、おしゃべりしながら歩きました。

中島大水道は、『江戸時代の農民が自力で掘り抜いた中島大水道は、住民の力で街づくりを進めた貴重な歴史的遺産です。その跡は現在、ほとんど道路になっています。』と案内に書いてます。

雨上がりで薄曇りの中でした。写真は昨年のモノです。


5月12日

カミさんの月参りです。天気が良いうちにと、早朝から出掛けました。夕方には打ち合わせもあるし。
参りはじめて丸七年だから84回目になります。来年は100回目も迎えます。

来月は娘がカナダへ留学するので、ぼくは一人暮らしですよ。

ルミナスが綺麗だった!


5月11日

2週間前に人間ドックに入りましたが、その結果が出ました。
脳梗塞と心筋梗塞は大丈夫みたい。高血圧だけど、それは薬を飲み始めてすぐに下がったから、今は「血圧が高い人」くらいのレヴェル。

血液検査でガンも無い。問題は肝臓の値。

γ-GTはかなり高いが、GOT、GPTは平均だから無茶はしないように飲み続けます。一安心。


5月10日

「みつや交流亭」が公益財団法人ハイライフ研究所「都市の鍼治療 データベース」で紹介されました。
「みつや交流亭」も全国的になってきた。

ここで、来週、18日(木)は、「仁勇の落語DEカルチャ!」があります。ぼくは落語一席で、コラボ相手は、みんな興味津々の「学校給食」(話と試食~献立~特製カレー、一口ピザ、ちくわ磯辺揚げ)です。
驚きの裏話を!
http://www.hilife.or.jp/cities/?p=1309


5月9日

お茶の稽古です。雨降りだあ。
今日は着流しで参ります。図書館から借りた大型絵本も返さねばなりません。

新聞女さんから戴いた和風ポシェットは「いなせや」さん。
鰡は出世魚です。オボコ(おぼこい)、イナ(いな背)、ボラ(鰡)、トド(とどのつまり)です。
鯔背なぼくにぴったり。


5月8日

今日は炭鉱をテーマにした落語の2日目。こちらも立ち見がいっぱいで両日盛況の内に終わりました。
終演後、『あおぞら財団』で、ぼくが代表のグループの会議があり、一度帰宅して着物を置いて、再び『エルおおさか』の小道具を搬出しました。
いろんな感想を頂きましたが、嬉しかったその一つをアップします。以下。

 笑福亭仁勇師匠の人情話が沁みた。
 上演はもう1回、8日(月)午後1時~しかないから「情宣」(組合用語!)ということで自分のFBに書込みしたコピペです。
 「見台」・「小拍子」・「膝隠」の上方落語の道具立ても興味深かったが、何より笑い7分、泣き3分の人情話の、その泣きの3分に込められた師匠の心情の深さに打たれた。
 また、別の方向から感想を申し上げると、私は本展主催の内のエル・ライブラリーにおいて「大阪社会労働運動史講座」を受講中であるが、この度は仁勇師匠から、まさに「三池」「大阪」「社会労働運動史」の三題噺、「高座」の「講座」を受講させていただいた。サロンには若い学生さんもたくさんいたが、このあたりの社会史のいい勉強になったと思う。
 私は学生時代の友人たちと一緒だった。私らも、不肖ながら三池にまなんだ「三池の子どもたち」。さらにさらに若い子どもたちに伝われと願った。師匠、いいお噺をありがとうございました。

嬉しいなあ~、勝手にアップしてすみません。


5月7日

今日はこれでした。紹介文を載せます。

◆『あの日の炭坑節』上演は5月7日・8日 午後1時〜
「炭住落語」は、笑福亭仁勇師匠に依頼した新作落語。師匠が「関連図書を何冊も読み、おもしろいだけでなく、炭鉱や社宅での暮らしを感じてもらえるような作品にしたいと日々改良を重ねました」と語る意欲作、『あの日の炭坑節』。── 時は高度経済成長時代。行け行け!の日本。その光と影を集約した「三池炭鉱」。歴史が与えてくれた教訓は、今、活かされているのか? 主役は、東京オリンピック、三池炭鉱、千里万博で現場作業した七十代の麻雀仲間の松っつあん、竹じい、梅やん。物語は釜ヶ崎夏祭りから始まる──。さて、どんなことにあいなりますやら、乞うご期待!

今日は満員でたのしんで貰えた。
知人が撮してくれた写真です。


5月6日

今日は『こども0円食堂』で絵本を読んだ。いつもは肉食獸的な子が多いが、今日は草食的。それでも賑やか。
昼は落語じゃなく漫談家の仕事です。気楽だわ。

朝は豊中図書館で、本を借りる。大型絵本などを10冊はとても重いです。

豊中駅で街頭演説を聞いていると、ビラ配りを頼まれたので、小一時間頑張った。後で知り合いが来たのだが。
頼まれ事何でもOK オーラが自然に出ているのだろう。コントロールしなければ体に悪い。


5月5日

国立民族学博物館の『MMP (みんぱくパートナーズ)』で『遊びのひろば』でこどもと遊びました。
今年は。ユンノリとシャガイです。ルールを改めて確認して、こっちが遊んで貰っているみたい。

昨年はアヤトリ名人で参加しました。もう15年くらいやっている。

くたくたになって、エルおおさかへ寄席セットを運びました。明後日からだ。


5月4日

今日は、高槻ジャズストリートです。15年くらい出掛けています。
知人のバンドも二つ参加していて、朝から晩まで楽しみました。途中、仲間とも合流した。

写真は他界した同期生のブロンのバンドのボーカル・ルーシーちゃん。ニューオリンズから帰国したのは昨日。パワフルな歌声を楽しんだ。ギターの伊藤さんもサイコー。

ずっと麦酒を飲み続けていた感じです。

2日続けて遊んだ!


5月3日

ほぼ毎年行っている『中之島まつり』に行きました。
1日ぶらぶら。


5月2日

お茶の稽古です。
GW 中なので、2回分をお稽古してもらいました。季節はすっかり風炉になりました。

風炉とは?コトバンクより『茶道具の1つ。火を入れて釜をかけるもの。主として夏秋の季節に用い,冬春の季節は炉を用いる。古くは台子皆具の1つで,唐銅の切掛 (きりかけ) であったがのちには鉄製もでき,さらに紹鴎好みとして土風炉が作られ,また千利休が小田原陣中に工夫したという板風炉もある。(略)』です。

半年ぶりなので、忘れている作法がありました。
お茶をはじめて季節が身近になったなあ~


4月30日

今日は上方落語協会創立60周年記念特別公演の千秋楽。
仕事のあと賑やかしにハッピを持って行きました。楽屋で出番総出の写真撮影。ついでに横からパチリ。週刊文春も来ていた。何だろう?

文枝会長が最後の挨拶で、感極まって落涙。師匠、先代の文枝師匠の事を話をしたのが引き金になったんでしょう。

良い天気だ。


4月29日

『どっぷり昭和の日』です。今回は阪南中公園で、『おはなしひろば淀川』で活動しました。
絵本を読んだり紙芝居をしたり、缶バッチガチャガチャをしたり。

毎年、営業の仕事が入らなければ、参加することになっていますが、ここ4年ほど来ています。本名で活動しているんです。

夕方から酒飲み仲間が集まって、憂歌団の木村充揮のライヴを聞きに行きました。これもここ数年の流れ。


4月28日

上方落語協会創立60周年記念特別興行繁昌亭出番です。
まずは黒紋付き袴で口上をしました。その後、袴を取って羽織を着ました。そして落語を一席です。

客足も順調なようで、企画した委員の一人としてほっとしました。
さて千秋楽は4月30日です。

ぼくはその後、急いで次の会議に参りました。ゴールデンウィーク前は、いろいろと忙しいのだ。


4月27日

朝、8時から人間ドックです。健康診断は3年ぶりで、ホットドッグは食べるけど人間ドックははじめて。ドキドキ。

6月に留学する娘が、「お父さんが病気で倒れたら、わたしは日本に帰って来ないかんやろ。そんなん面倒くさいから、今の内に調べていて!」て、意味無く急に怒られた、3週間前。優しいのだろうか?それで直ぐさま申込み本日に至る。

やはり血圧が高いので、薬を飲むようにと。実は3年前まで5年間飲んでいたのだけれど、医者が「もう下がったから、薬を止めて様子を見ましょう」と。その様子を見なかったのが悪かった。
それ以外は、診察はOK!後はデータの結果が出るのを待つだけ。ドキドキ。


4月26日

ゴールデンウィークになると、事務作業が少なくなるので、今の内にいろいろと。今年もこれから忙しくなりそう。
先週は『大阪市の学校図書館を考える会』の通信を郵送しました。この会は30年以上前から関わっていて、20年前から会員で、会報の編集長を10年以上勤めています。

今晩は、小学校の同窓会の年度総会でしたが、こちらの会報も10数年編集長だ。いくつ編集しているのだろうか?

年毎の総会は役員委員しか参加しませんが、同期生がぼくと二人。小学校の同期会は幼稚園の5歳くらいからの知り合いだからねえ~みんなちゃん付け。


4月25日

お茶の稽古です。だいぶん暖かくなってきたので、いろんな着物を合わせることが出来るかな?あんまりセンスはないけど。
少し派手な羽織で参りました。高座でも使うヤツです。

最近の自撮りは、セルフタイマーです。駅のホームで人目を気にしながらの撮影。

今日のお供の本は『天皇機関説事件』です。半年で一気に右傾化した戦前日本。美濃部達吉の思想もそこそこなのにねえ。怖い怖い。

「もっとカシコクナリタイ」はカミさんの言葉。


4月24日

午前中に会議がダブルブッキング。えらいこっちゃ!謝りの電話を方々に掛けた。
そして上方落語協会の第27回彦八まつり会議です。桂雀三郎実行委員長の下、たくさんの委員が集まりました。
ぼくは次の御用があり、半分しか参加できませんでした。
写真は昨年の彦八くん。

今年は9月3,4日です。いろんなアイデアを練っていますので、是非、お越し下さい。
チラシが上がり次第、サイトに貼り付けます。

昼からは、素敵なご夫婦と町歩き。


4月23日

今日は共謀罪のキャンペーンが全国であり、飛び込みでビラを配ったり、立会演説のお話を聞いたり。
午前は図書館に絵本を返しました。

それから公園で寝転んで落語の稽古をしたり、晩まで予定がないので、のんびりとした日。

夕方は、昨日読了した『貧困と地域』の釜ヶ崎、飛田を歩きまわる。知人のミュージシャンとあった。


4月22日

今日はお昼からお勉強です。小田先生の古文書講座です。ぼくが代表している『中島大水道サロン』の主催です。

中島大水道に関する一柳文書を読み解くのですが、当時の熱意が伝わってきました。有意義でしたね。
文化財は個別に存在しているのではなく、地形とそれによる文化に触発できた産物であることを深く考えました。もっとグローバルに俯瞰しなければね。

楽しくて勉強になりました。
来月は中島大水道を歩きますよ。一緒にどうですか?


4月21日

佛の御手にいだかれて ねむれ乙女子やすらけく」(琵琶湖周航の歌)してますか?と、カミさんの月参りをしました。

海津大崎の船上花見をしようと、楽しみに思っていたのだけど、情報収集不足で終わってた。まだ綺麗なはずなのになあ。

その分、晩のライブまで時間があるので、近江路を散策しました。
この頃、知らない駅で降りて歩くことがマイブームです。近場で行きたいところが少なくなったからかなあ~

芝桜が綺麗だった。昨年はこの季節、「仁川百合野町地すべり資料館」の綺麗な芝桜が見事だったなあ。


4月20日

夜学で今年も講座をすることになりました。年間20日くらいだけど、学校を変えながら16年やってる。
来年は依頼は無いだろう、と思いながら続いている。日文研は「日本文化研究」です。特別非常勤講師。

この写真は教室ではなくて控えの間。あらあ~、というの「う」字が抜けてる。ようこんなんで教えるわ。

ここ数年ネパールの子が居たけど、今年は中国は上海の生徒が居る。一年ガンバロ!


4月19日

講演と落語です。
お客さんは退職者の労働組合員の連合です。年配のおじさんが9割だ!喋りにくそうに思ったけど、好意的な方ばかりで、ぼくも楽しく話しました。

公園前に北野界隈を少し散歩しました。良い天気だ。

朝は絵本の読み語りで、晩は「よどがわ河川敷フェスティバル」の会議です。10月15日(日)の開催ですよ!


4月18日

お茶の稽古です。
先週は、娘との造幣局の通り抜けデートのため、1週とばした。

新聞女さんからの贈り物の、和風小物バックをはじめてしました。。いなせ~。

巷は、サクラが散ったらハナミズキです。赤は蕾で白は満開!新緑に薫風が駆け抜ける季節だなあ。


4月17日

今日は「大阪あそ歩」の町歩きです。ぼくの地元の十三新大阪地区です。一番たくさん歩いているコースかも知れない。
ところが昼から大雨と言うことで、誰も集合場所に来ないかと思いましたが。

はじめは傘を差さなくてもいいくらいでしたが、途中、やはり本降りになった。

最後に十三大橋を歩いて渡るのですが、それは止めときましょ、ということで。いつもより20分早く終了しました。
その代わり、お茶をしました。

今度は来週の月曜日です。新大阪コースです。5月にも、ぼくが代表をしている『中島大水道サロン』で歩きます。それは土曜日ですから、みなさんよろしく。

雨に煙る淀川。


4月16日

久々の手作り感の舞台でした。30人くらいのお客さんでしたが、楽しんで頂けたと思います。
名びら台がビア段ボールです。アサヒビールというのが分かりますか?良いチラシも作ってくれたんですが、撮るの忘れた。残念。

高座で扇子が壊れる。これでは当分人間国宝にはなれない(何時かなる気か?)。

ても親切なスタッフでした。ありがとうございます。


4月15日

現代美術館『世沙彌』で石磨き。今、全国的に知れ渡った幼稚園の近く。

続いて区民センターの『キッズ川柳』のパネル展示。『よどがわ芸術祭実行委員会』です。

次は新北野こども食堂で絵本を読む。楽しくて五冊も読んだ。はじめてのインマヌエル教会です。

最後は新聞女さんをエスコートして、「ゆるらかふぇ」で、寿美ちゃんの御馳走。
新聞女さんから、手作り和風ポシェットをプレゼントしてもらった。イェーイ!
楽しい1日だ。


4月14日

ここ3年、お気に入りで来ています。JR高槻駅から商店街を7分のJTの敷地にある『生命誌資料館』です。
デイサービスの送迎車が並んで、介護スタッフとともに、みんな笑っている。のどかだあ~。

今日までだったらしい。知らなかった。スタッフの村田さんとも、偶然会えて立ち話をしました。この村田さんと飲み屋で知り合ったのが、ここを訪ねたはじめです。

高槻JAZZ のパンフレットもGET!
今年もTシャツを買うぞ!


4月13日

朝5時過ぎに池袋のホテルを出ました。たまの東京だから、ブラブラしたいんだけど、朝の10時に上方落語協会企画戦略会議が入っている。
その会議の為に、早い新幹線で帰阪しました。今回は雲が出ていて、往復とも富士の山が見られなかった。

会議では、繁昌亭の活性化ハード部門の長をしていますので、幾つか提案しました。他にもインターネット関係の仕事も増えたみたい。提案するとこうなるものです。
池袋演芸場は『割り』というシステムです。繁昌亭の方がたくさん頂けます。この辺も調べてみよ。

この『割り』を飲み代に、その勢いで晩まで仕事。今日も頑張った。


4月12日

池袋演芸場です。何十年振りだろ?大阪でその前に用事があり、ギリギリに着きました。
「大阪市淀川区から来ました、知りませんか?森友学園の幼稚園がある」と言えば爆笑。全国どこでも使えるつかみ。

瀧川鯉朝師に呼んで貰ったんだけど、なかなか好意的なお客様で楽しかった。
しかし完全ビジターだから、楽屋でも気を遣う。

さて出番も終わり、打ち上げに行きました。江戸の落語会事情を根掘り葉掘り聞きました。


4月11日

造幣局の通り抜け初日です。雨もしょぼ降る天気で、風もあって少し寒かった。でもウキウキ。
数日前、酔った勢いで、「花見に行きませんか?」と言ったら、うん、と。こんなことはまずない。

で父娘でお花見。キンチョー!

まだ造幣局の八重などは咲いてないけど、外の染井吉野は満開!
あとスイーツで団欒。今日は良い1日だ。


4月10日

新学期!
ピカピカの一年生が、グループで、保護者に手を繋がれて登校します。ランドセルは重たそうですね。

よくお姉さんと一緒の姿を見掛ける子も一年生になっていた。
かがやいた顔、曇った顔、戸惑いの顔に、すでに泣いている子。
この場所で15回目の新入生のお迎えをしました。ガンバレー!

昼からはまち歩きをしました。


4月9日

朝、7時に家を出て、トラックにゲル2基積み込みました。
シャワーを浴びて、着物担いで一席。家から会場までタクシーで3メーターの往復です。

ゲルが建ち上がった『チンギスハーンの祭礼』会場に行くと、スタッフから台本渡された。今日はダメだ。10年くらい、ほぼ毎回進行役しているけど。

仲間が担当する、わたがし機が故障するもどうにか復活しました。「わーっ!」と喜んだ勢いで、次はお勉強に行った。


4月8日

もう4年目になる母校の観桜会です。学校だけではなく地域の皆さんと楽しむ企画です。
茶道部の野点があったり、軽音楽があったり、箏曲部の演奏もありました。10時から14時までだったんですが、その間だけ雨が止んでました。

現役生の他、先輩後輩、町の老若男女が来て、お茶を楽しんでくれたようです。

ぼくは毎年、着物で正門の前に立ち、呼び込んでいます。


4月7日

新しいことが決まる反面、継続することも色々あります。
今年度も、定時制高校に『日本文化講座』の時間を持つことになりました。もう20年近く続けているのではないでしょうか?学校は変わっていますが。

ちょっと慣れてきて、昨年は気を抜いた日もあったので。

第1回が20日です。どんな生徒が待っているか楽しみだ。


4月6日

知人宅が火事で、飼っていたイモリを一匹預かっている。
時々、水を半分ほど替えているが、水槽を洗ったことがなかった。思い切ってイモリンのために大掃除した。

イモ吉をバケツに入れて、砂利まで洗った。風呂を汚して、後で娘に叱られるだろう。娘に内緒で飼っている。
バケツの中のイモ助は水中を走った。イモ子が速く動くのを初めて見た。

火事元に水槽があり縁が溶けているのに、イモ太郎はモモ太郎並みの生命力。
イモッチは赤腹だけど、変色しているのは少しだけ。ぼくも少しだけ腹黒いと言われる。

調べると赤腹なのは、毒々しさを敵に見せるため。実際、イモリーヌはテトロドトキシンを持っている。うかつに逆らえないのだ。


4月5日

今春のまち歩き第一弾が来週あります。今日はその下見をしました。やはり半年も経つと風景が変わるし、しなくては心配なんです。

ご案内する来週月曜日は天気も良さそう。北大江公園、南天満公園、滝川公園も通ります。桜も満開でしょうね。
上方落語協会60周年特別公演の繁昌亭に、安藤忠雄設計の上方落語協会会館など盛りだくさんですよ。通り抜けの前日開催になります。

途中、長谷川義史画伯が花見をしてました。

『大阪あそ歩』にお申し込みください。一緒に歩きましょう!


4月4日

上方落語協会企画戦略委員会繁昌亭向上分会の担当をしています。繁昌亭がスタッフにとって、働きやすい場にすることが仕事です。
昨年から担当になっていたのですが、ほとんど動かず、春になったので腰を上げました。

具体的には五つくらいの案件が出てきました。繁昌亭近くのソハマ電気店さんのアドバイスを受けて、少しずつ進めています。

今は、上方落語協会創立60周年興行の最中です。ちょいちょい足を運ぼう。


4月3日

午後から、西国街道を阪急西向日駅から東寺まで歩きました。これで4回くらいに分けて、歩いてきました。とうとう西宮から京都まで踏破です。
途中から街道跡が無くなったので、東寺がゴールになりました。

春だ~。桜は咲き初めだけど、道端にもいろんな花が咲いています。汗ばむくらいです。
ただ新しい靴で歩いたので、ちょっと足が痛いです。直ぐ慣れるでしょうが。

夕方は海月文庫に行きました。


4月2日

出身高校の同窓会役員になっておりまして、会報の編集長もしています。
それでこの度、会報を発行しました。今回は母校創立80周年ですので、記念号です。

これを編集するために、年末からかなりの時間を費やしました。やっと実を結んだ感じ。たぶんクレームや批判もあるのでしょうが。

表紙のデザインもぼくがレイアウトしました。センスが無いのに、扇子は我が家にいっぱいありますけど、失礼。

今度の土曜日に、母校で観桜会があります。雨が降りませんように。


4月1日

今日から繁昌亭は、上方落語協会創立60周年記念興行です。本来は週毎に出番が代わるのですが、今月は毎日入れ替わります。

初日の今日は鏡開きと、お迎えのお囃子を。

上方落語協会企画戦略委員会が仕切るのですが、時間を間違えて遅刻しそうになった。
ロビーにはパネルを展示しています。

ぼくは28日に出演します。口上もありますよ。


3月30日

本邦初演「炭鉱落語」です。タイトル『あの日の炭坑節』を作りました。今日は披露で、5月が本番です。
炭住出身の東川絹子さんとコラボです。

ネットなどで公開は無し、ということで終わってすぐアップしました!

図録を貰いました。ぼくの名前もシールで貼ってくれた。
この一月、炭鉱の本をかなり読んだ。打ち上げで、いろいろ質問して楽しかった。



3月29日

午前中は上方落語協会通常総会。たくさんの噺家が集まりました。急速に、協会の改革が進んでいるみたい、て人事みたいに。

昼からは京都の西脇畳敷物店の、見学に行きました。日本畳製造楽器で毎年お世話になってます。
「よどがわ芸術祭実行委員会」のメンバー、「よどがわおやこ劇場」代表の三木さんと、「ザ・淀川」の編集長の乃美さんとです。

応接間まで上げて貰って、貴賓並みの扱いをしてくださいました。楽しかったあ。ホントに良い人と知り合えました。
また畳講座を企画したい!

晩は『よどがわ河川敷フェスティバル』会議。


3月28日

今日はお茶の稽古です。今月は順調で、毎週参りました。
稽古中だけ雨が降って傘要らず。ラッキー!雨音はたっぷり聞きました。

「続き点前」は、何度も稽古しているけど、なかなか順序が覚えられない。まあ気長に。

夜は飲み会です。ミナミに出掛けました。春休みになると、繁華街は人出が多い。


3月27日

第1回目の『彦八まつり実行委員会』です。
今年の実行委員長は、♪たべほうだ~い♪の桂雀三郎兄です。

3時間以上の大激論でした。写真は昨年のポスターで、今年は9月2、3日の土日です。

川端康成生誕地の相生楼が建て替えです。
マンションの一階部分が相生楼になる。良い佇まいの料亭だったのに。


3月26日

「原田しろあと館寄席」終りました。写真はコラボした、80歳を越える南京玉簾師。控え室でいろいろお話ししました。
衣装が皺になるからと、ずっと立ちながら話をされていた。元気!

次回五月は、ぼくがデンマークに行っているのでお休みです。
小2からほとんど来てくれる少女も高校に受かったらしい。偏差値がお高い学校です。嬉しいなあ、春やなあ。

午前中は18回を数える「親子フェスティバル」のMC でした。


3月25日

今日は松本真珠さんの一周忌です。1年前の今頃は、彼女と連絡が取れずに、アタフタしていた。そして3日後に。
いろんなことを共有しました。何度も言っているのですが、彼女は年上なのですが、妹みたいな感じをしていました。お茶目で、いたずら好きで、純粋でした。

良いところに行ってはるかなあ?大丈夫でしょ。

6時過ぎから、彼女の行き付けの冨五郎で、ありし日を偲ぼうと思って飲んでました。仲間も数人集まってくれました。
もう、いないんだなあ~


3月24日

朝の挨拶運動。今日が終業式です。
校長から「4月10日から新学期です、またよろしくお願いします」って。冬休みも長いなあ。
でも楽しみです。ピカピカの一年生がやってくる。最初は親御さんが付いて来たりするのですが、だんだん少なくなっていく。
いつも挨拶の時に付けている名札も用意。

新入生を迎えるのも、15回目になります。その頃には、頭上のハクモクレンも散っている。本格的な春。


3月23日

今日は嬉しいことがあった。娘が「今年は、一緒にお花見に行こか」だって。
いつも寸前で振られるけども。

毎年ぼくは、5カ所くらい一人で桜を観に行ってますから。

さてさて、どうなるか?


3月21日

もう着物コートは要らないけど、マフラーをくるくる巻きました。
今日は『茶通箱』を使ったお点前です。これは初めてで、90分も稽古して貰った。帰りは雨も上がっていた。

朝の一人挨拶の頭上は、ハクモクレン。三連休のあたたかさで、一気に開花だ。

午前中は、こども体験プログラムの講師交流会です。ぼくもこの講座はベテラン講師だ。


3月20日

お彼岸でカミさんの月参りに。
あの世は快適ですか?ぼくの両親と会いましたか?

朝早く出たので、午後から逍遙。初めての駅で下車し、三時間歩く。
ホトケノザ、オドリコソウ、イヌノフグリと春本番を体感!

来月は、帰りに桜を観に行こうかな?海津大崎には、昨年も行ったねえ~


3月19日

知人が火事で、火元で飼っていたイモリがひとりぼっちになった。知人の友人から、家の近いぼくに、預かってほしいと言われました。夕べから、ベランダにいます。
早速、コーナンで餌を買った。金魚の餌では沈まないので、ウーパールーパーの餌にした。イモリも大丈夫と書いている。金魚の餌は100円ちょっとなのに、これは400円弱する。今日は生ビールを一本少なくしよう。

水槽を綺麗にしたり、水を少し入れ替えたりと、気になって仕方がない。性格上、モノはよく預かるが、生物は気を遣う。ましてやお彼岸なのだ。殺生はできない。家にいると、20分に一度確認する。

我が家は娘と二人暮らしなので、生物の序列はぼくが2番目。昨日から、ぼくは3番目に降格したようだ。


3月18日

『古文書にふれる会』です。共催は「淀川歴史委員会」と「eco まちネットよどがわ」、窓口が「あおぞら財団」とみんなぼくの関係団体。
主催はぼくが代表をする「中島大水道サロン」です。中島大水道の一柳家文書を読み解きます。

講師は小田康徳先生です。先生とは原版にあたるところから御一緒したんです。

午前中は、火事で一部が焼けた「新大阪スタジオ」でお片付け。早く復活すれば良いね。


3月17日

今月30日に初披露する、炭鉱をテーマにした落語を練っています。
シナリオはだいたい早い時期に構成したのですが、肉付けが大変です。

こんな時は、たくさんの資料に当たるに限ると、図書館で借りては読んでいます。今まで無知の領域ですから。

5月の初めには、エルおおさかでたくさんの方に聴いて貰います。
今回は、その小手調べになります。無料になってます。


3月16日

今日は、ぼくが所属する『おはなしひろば淀川』で、読み語り活動がありました。
地域の高齢者施設で、披露いたします。メンバーも忙しくて3人で参りました。もう何度も出張している会場です。

ばたばたしながら30分の出番を終えました。

朝は中学校で絵本を読みました。小学校の一年生から知っている子もいて、楽しかったです。
中学校での活動は今年度の最後です。


3月14日

娘からデートに誘われた。イエイ!今月、二回目ですね。
名のある焼肉屋を電話予約したのに、チョー満員でした。3回注文したのですが、、「ちょっと待ってください」と。
座ってから5分ほど、飲み物も言えない。忙しいのは分かるけど、声くらい掛けて欲しい。
とうとう、娘が「他の店に行く」と言うから、ぼくが店主に「出ます」と。

そして焼き鳥屋さん。こちらは貸し切り状態。客2人に店員3人。気まずい。
しかし、うちの娘はよく食べはる。


3月13日

今日の午後は、高校同窓会の会報最終編集会議です。今回は母校創立80周年記念号なので、ボリュームが5割以上増しです。
広告は8倍ほど増えてます。

ぼくは編集長なので、年末から記事を集め、広告原稿を取り纏め、だいぶん時間を割きました。署名記事も幾つか書きましたよ。

毎回、発行後、ミスが指摘されます。今回も少しはあるでしょうが、人に迷惑が掛かるミスだけは避けたいです。
でもやれやれというところ。

まだぼやかせていますけど、表紙もぼくがデザインした。センスがないのにねえ。


3月11日

朝はこども文化センターで、読語りメンバーと絵本イベント。1時間のステージでした。

それから「リバティおおさかホール』でお勉強。もちろん特別展示も見ました。
「今日の難民問題、日本が出来ること」(講師小尾尚子unhcr駐日事務所副代表)です。
初めの挨拶で、知人の山口勝巳さんが、壇上に上がって驚いた。

4月更新のサポーター会費も、一昨日振り込みました。


3月10日

朝は小学校で絵本を読む。三年生。

区役所に娘から頼まれた住民票を取りに行く。娘の方が偉いのだ。『キッズ川柳』も増えている。火曜に撤去です。お早い目に御覧ください。

昼からカミさんのお墓参り。また、お彼岸で来るね。

その後、上方落語協会企画戦略会議。案件がそこそこあって様々な意見が出た。
仁智副会長を中心に、文也、新治、染二、遊方、三風、銀瓶、文華、生喬、たま委員。

みんななんて真剣な顔でしょう。


3月9日

今月の30日に、『炭鉱落語』をすることになりました。三池炭鉱閉山20年で、イベントをします。それに合わせて新作落語をします。
その前段として、発表することになったのです。

いろいろ資料を戴いて咀嚼しているのですが、なかなか楽しい作業です。西村健の小説も読んでます。

あと三週間くらいで高座に掛けるのですが、実はまだ出来ていません。二、三日で完成する予定です。
トップに開催詳細を上げてますので、興味のある方はお越しください。


3月8日

今日は、落語と講演会です。

会場は、15時間前、会議をして、その後、懇親会をした会館です。不思議な気分がします。
平日の昼間ですが、たくさんの方が来てくれました。

朝は「地元で戦争体験を語る会」でした。バタバタして、途中で失礼することになりました。
晩はコーディネーターをしている識字教室です。

何かと忙しい日々。


3月7日

今日はお茶の稽古です。お薄とお濃茶と2回続けて習いました。先生とぼくを含めて生徒三人のお稽古でした。

着物コートもお終いかを思ったけど、今日は寒かった。真冬並みだわ。
朝も会議で、お茶の後も会議。何て会議好きなのでしょうか?あんまりしゃべらないのだけれど。

会議の後の現場打ち上げもヘビーで嬉しい!


3月6日

今晩は、『仁勇の落語Deカルチャ!』です。今回のコラボレーションは、大阪市建設局の西尾さんとです。題して「排水溝の向こう側」です。
初めてのお客さんも多く、楽しかったです。打ち上げには、7割方残るのが、この催しの特長です。

地球誕生以来、水分の量は変わっていない、というのも当たり前のようで驚きです。

他に、建設局ではいろんな生物をお飼いになっているというのも面白かった。
もちろん打ち上げの二次会も行きました。


3月5日

西宮市の文化講座発表会「宮水ジュニア」は、落語以外にも、日舞、能楽、長唄、マジック、ダンスもある。

講師紹介コーナーだけ舞台に上がる予定が、ネタを忘れた子に助け船を出した。こどもは平気だなあ。
オドオド、クネクネしてた子がすっかり自信満々に。

兵庫県立芸術文化センター前には、若者がダンスや演奏の練習中。
春!啓蟄!


3月4日

今日は『春のこども文化のまつり』です。
ぼくの所属している「おはなしひろば淀川」で参加。今日、明日だけど、ぼくは今日だけです。

女の中で男がひ~とりかな?
写真のゆるキャラは、此花区の『このはちゃん』です。入っているのもメンバーの一人です。大活躍!

夜は十三の『こども0円食堂』で、これまた30分弱一人で絵本を読みます。述べ10冊くらい読んだ日だ。


3月3日

朝から『春のこども文化まつり』の仕込み。例のごとくおっさんはぼくだけ。会場は西九条のクオレ西です。明日はここに居ます。

その後、急いで繁昌亭ひな祭りイベントへ。天神さん境内は梅祭が続いている。
スタッフに聞き取り調査後、高校同窓会会報編集会議。記念号だから、ぼくも広告を出した。

四時間近い会議の後、『いちびり庵蓄音機コンサート』です。
ぎりぎり間に合いそう。


3月1日

朝から淀川区役所1階に、『キッズ川柳』(よどがわ芸術祭実行委員会主催)を展示しました。佳作の約100句です。
三津屋小学校・宮原小学校・十三小学校・加島小学校などが参加してくれています。明日からは、『キッズかるた』も登場します。

面白くて可愛いですよ。

展示している最中から、通り掛かりの方がたくさん来られて、読みながらニタニタ笑っておられました。

今月の14日までですよ。


2月28日

朝は会議で昼からはお茶の稽古です。
4・5月号の『和楽』は、『茶の湯レボリューション』がタイトルで、発行当日の今日、購入致しました。付録は『“和こころ”お花見セット』です。今年の花見が楽しみ。

今月は、お茶の稽古も順調で、毎週で4週通えました。こんなことはなかなかない。

しかしまだまだ寒いなあ~


2月27日

『よどがわ河川敷フェスティバル実行委員会議』がありました。第15回は成功に終わり、第16回に向けて進んでいます。
今回の会議で、だいたい日程は決まりましたが、発表はもう少しお待ちください。

10月になることは間違えありませんが、微調整しています。

会議後は、いつものように少し打ち上げをしました。楽しいメンバーです。
第16回も今のところ、実行委員長を罷免されることはなさそうなので、頑張ります。
ポスターは昨年主のです。


2月25日

ECOまちネットワーク・よどがわ 10周年記念講演会に参加しました。
ぼくの知り合いもスタッフをしています。大阪経済大学が会場です。
「原子力延命策を斬る」というタイトルで、原発の最新情報を聞きます。

講師は、原発コストの研究の第一人者・大島堅一(立命館大学国際関係学部教授)さんです。

やわらかい話し方で丁寧に教えてくださいました。

しかし日本はエライ事になってるなあ。


2月24日

〜岡村淳監督ドキュメンタリー上映会〜
みつや交流亭で開催されました。5分遅れていくといっぱいのお客さんです。

①「ばら ばら の ゆめ」
②「佐々木治夫神父の『死者の日』のミサ」

何とも言えないドキュメンタリーの良さ。岡村淳監督の素晴らしいカメラワークです。

見終わった後、ボディーブローのように効いてきますよ。また観に行きます。


2月23日

上方落語協会企画戦略会議です。
いろんなアイデアが飛び出すから面白い。
仁智副会長をトップに、文也、新治、三風、游方、文華、生喬、銀瓶、三扇、たま委員。

その後、天満宮の盆梅盆石展を鑑賞する。
長浜のときは蕾ばかりだったが、こちらは良く咲いている。


2月22日

バタバタの1日。
朝の挨拶運動の後、小3の教室で絵本を読む。

次は守口の淀川河川公園事務所で、今年の打ち合わせ。今年も10月にやるぞ!

今晩は参加できないので、識字教室の資料を届けたり、好奇心丸出しのぼくは、例の小学校に行きましたが、住民は毎日、ヘリコプターが喧しいでしょう。

最後は京都の保育士会の講演会。95パーセント女性だ。京都アスニーホールという綺麗な会場でした。


2月21日

お茶の稽古です。いつもは先生と差しの稽古になるんですが、今日は先生を含めて4人でいたしました。
やはり他人が見ているとなると、気が引き締まりますね。『割蓋の長尾』のお茶器を使いましたので、お点前もややこしい。

他の方の不手際は分かるのですが、自分の番になるとごちゃごちゃになります。

阪急三国駅の構内で写真を撮りました。セルフタイマーです。


2月20日

『子ども落語講座』の初春の部です。西宮での発表会があります。
9月に発表した演題を今回、4人の子どもがステージに上がります。その練習日が2日あり、今日は一回目です。

練習の後、当日のステージを見て、「わあ~こんな広いところでしゃべるのん!」と驚いてました。
どんどん自信を付けていくでしょうね。


2月18日

朝から雄琴にある『琵琶湖グランドホテル』で講演でした。300人以上の方が来られたみたい。

1時間30分喋りっぱなしでした。

演題の『優しい町で子どもは輝く』はパラドックスになってます。

広い控え室だった。スタッフの方も良くしてくださって、楽しかった。
後がなければ雄琴温泉に浸かるのになあ。その後、会議が2連発だから。


2月17日

昨日は、カミさんの月参りをしました。先月はギリギリで、六年間続けていたのが途切れるところでした。

今月も、この2週間いろいろありましたねえ。祥月命日、娘のお誕生日。娘の留学の手続きもはじまった。節分にバレンタインか。

来月のお参りは、春だねえ~雪の隙間のホトケノザも、花を付けるだけの姿になってる。


2月16日

今週、お茶の稽古の際、あたらしい免状を戴きました。
ぼくは表千家ですので、免状の規約やこうなっているのです。↓

『表千家では、お稽古を始めて暫くして、まず「入門」します。
その後は、修業課程に応じて、「習事」、「飾物」、「茶通箱」、「唐物」、「台天目」、「盆点」の相伝が授与されます』

で、「唐物」以上は講師資格も申請できます。2年に一度くらいのペースで階段を上がっているので、あと2年で人に教えられるかも知れない?
そう、今回は「茶通箱」を戴きました。パチパチ。


2月15日

今日はお昼から『豊中市健康づくり推進委員会』30周年記念式典の余興の部に呼んで頂きました。
かなり前から打診があり、打ち合わせも2回しました。すごくスタッフの力が入ってはるようです。ぼくもシッカリ落語をしました。

何故かステージに上がると、「待ってました!」「仁勇さん!」の声が上がり、下りる時は「ブラボー!」と。あまりそんな経験がないので照れてしまう。

さすが米朝一門がよく会をするところだけあり、高座も素晴らしいのをお持ちになっています。


2月14日

朝は中学校で絵本を読む。2年生で、多感な頃ですよね。

それから帰宅して、同窓会会報の編集と広告取りです。電話もあちこちに掛けたくった。

今日は繁昌亭のバレンタインイベント。上方笑女隊と企画戦略委員会でチョコ詰め合わせを配った。
お茶の稽古もあるので、夕方まで着物だ!


2月12日

昼から天満宮の梅酒祭りに行きました。梅酒を小さな入れ物で、5種類くらい飲みました。おでんも食べたなあ~

そこから天満駅に向かい、音楽ライヴに。知り合いが出演していて、仲間も来るというので参りました。
野外ですから寒くて、途中、飲み屋さんに避難した。避難しすぎた。

やっぱり音楽は良いねえ~
暖かくなったら、いろいろ出掛けよう!


2月11日

一日中走り回っていました。まずは天満で「ネイチャーおおさか」に寄り、繁昌亭と天満宮。

そこから千里の万博公園に行き『国立民族学博物館』で、サポーターの更新です。いつもここでボランティア保険に入ります。
メンバーが展示教室をしていました。もっと関わらなければね。

次は図書館二軒巡りして、晩は人に会う。

時々、雪の舞う日でしたね。


2月10日

今日は久しぶりに東大阪の『ゆとりーと寄席』笑福亭鶴志兄が席亭です。2年ぶりくらいだけども、駅前の風景が変わっています。

ぼくは長講の『帯久』をしゃべりました。なかなかよく聞いてくださるお客さんです。
終演後、林家和女ちゃんと、露の瑞ちゃんで飲みに行きました。読書の話をしたなあ~

まだまだ寒い日が続きますねえ。


2月9日

夜間高校の講師も年間20日ほどしています。今夜が最後の授業です。
もう15年以上で、功労賞も頂いてます。

来年も学校は申請中らしいが、さてどうなるか?
今日は落語の話をしました。七度狐をしゃべりながら、はめものの音を流してです。

どうも生徒のみなさん、拙い授業をお疲れ様でした。


2月8日

朝は『地元で戦争体験を聞く会』です。10年以上続けているなあ。
5年前、冊子も作りました。ぼくも編集委員の一人でした。

今日は民間戦災者救済の「戦時災害保護法」の話が出た。ドーリットル空襲のあと適用されたらしい。
改めて『検証防空法』を読み返さなければ。

昼からは、第七藝術劇場で『人生フルーツ』を観ました。


2月7日

カミさんの7回目の祥月命日です。昨年が七回忌だったからねえ。

朝はお墓参りをしました。その前も後もお参りに行ってくれた人もいたそうです。お花でいっぱいだ。

昼はお茶の稽古でした。こんな時は落ち着くなあ。

夕方、お弟子さんの香穂ちゃんが来て、手を合わせてくれた。また泣いてたようです。うれしい。

晩は、娘とスペイン料理屋のエル・ナージでデートです。明日が彼女のお誕生日です。

7年前は、明日なんて無い、と思ったこともあったけど、娘と頑張ってる。


2月6日

土曜日の『第4回よどがわワンダーランド』の後始末。
夢ちゃんをお家に帰します、リアカーで。自宅はあまり大きな声では言えませんが、淀川区役所の5階倉庫です。シーッ!

お連れしながら口ずさむ唄は、『♪ドナ ドナ ドナ ドナ~♪』

写真撮影は、よどがわ芸術祭実行委員長の三木さん。シャッターを切る時、夢ちゃんの頭を落とし掛けた。あぶない。


2月5日

午前中はお仕事で、雨の中、着物を持って一席。まだ昨夜のアルコールが残っていました。
お昼を食べて、コンサートに行きました。舞台人として肥やしになる、かな?

昼から映画にでも行くつもりでしたが、PC前に座ると次々作業を思いつく。夕方までカチャカチャ。

晩になると、やはり飲みます。

毎年、このイベントの後はそうだが、『日本畳製造楽器』の「畳でGOGO!」や「板の間の娘」が耳から離れない。


2月4日

『第4回よどがわワンダーランド』です。元々、4人の委員で開催していたのだけど、松本真珠さんが急逝したあと、3人になりました。
でもそこは、よどがわおやこ劇場のメンバーや、篤志家の方々の協力で開催の運びになりました。

各方面からいろんなグループが、ワークショップやブースを担当してくださいます。
ステージも『日本畳製造楽器』さん、『ジャラランベ』さんが盛り上げてくださいます。

ゆるキャラも8体になりました。

ばたばたの一日でしたが、面白かった。みつかもんの写真を戴きました。


2月3日

朝起きて驚いた。毎日新聞の記事ですが、
「昨年1月に亡くなった三代目桂春団治さんの弟子の桂春之輔さん(68)が、2018年春、四代目春団治を襲名することが決まった」とのこと。

そうなる流れは聞いてましたが、来年、つまり三回忌以降と思っていた。

春之輔兄はぼくの高校の先輩で、目を掛けてくれている。もちろんめでたい話です。
超大名跡だから大変でしょうが、頑張って応援します。


2月2日

明日仕込みで、明後日本番の『よどがわワンダーランド』の準備で忙しい。
備品の搬入と、必要なものを作っています。

『よどがわ芸術祭実行委員会』は、前回のこのイベントの時は4人いましたが、松本真珠代表が急逝して、今は3人です。
まあ今回はこのメンバーで乗り切りましょう。

『ゆるキャラ集合!』には、『玉造のとらとうさん』も初登場!酔っ払いのお父さんか?


2月1日

今日は三週間ぶりの識字教室です。コーディネーターなんです。
ところがいつも6人ほど来られるベトナムの青年が全滅!秋にはごった返していた教室が講師を含めて7人くらいです。寂しかった。

来期のスケジュールも決まりつつあります。

終わってから十三で一献。ちょっと飲み過ぎなのは分かっているのだけれどね。


1月31日

『第15回よどがわ河川敷フェスティバル』の、初会議並びに新年会です。
実行委員が約20人集まり、十三のプラザオーサカで祝杯を挙げました。昨年のイベントは大成功だったので、やはり盛り上がります。

ホテルからメロンの差し入れもありました。広告金も戴いているのにねえ。感謝します。

もう次回のスケジュールも検討しています。さてどうなるか?


1月30日

カミさんの月参りです。
正月から二回出掛けたけど、強風のため運航中止で参られませんでした。
先週の大雪で、六年半続けた月参りが途切れるところでした。
朝、暗いうちから出掛けたのが良かった。午後は欠航になるかも知れないと。来月は頭に参ろう。

盆梅展は、ぼくが今日のお客さん第一号でした。毎年来てるね。日本で一番大きい盆梅展らしい。

やっと一月の予定終了。


1月29日

今年第1回の『原田しろあと寄席』です。
今回も和奏伎さんとコラボ。ぼくの落語と邦楽に獅子舞など、めでたさ満載です!

門前には梅が咲いていて、和奏伎さんもお着物で、初春だなあ~
今年のこの旧羽室邸で、いろんなイベントをするでしょうが、スタッフも優しくて良い関係を保っていたいね。

今度は春3月に開催します。


1月28日

尼崎市で落語会です。露の吉次くんと笑福亭呂竹くんと三人で、1時間半語りました。
公民館のこけら落としで、40人の予定が、70人が来てくださいました。立ち見まで出まして大いに盛り上がりました。

良いチラシまで作ってくださったんですが、持ち帰らなかった。

終わってから三人で、延々飲みました。


1月27日

今日は会議や打ち合わせを多数致しました。ずっと追われているような一日です。
『丁寧』がモットーの年にするつもりですが、もう崩れつつある。

今日の最後は高校の同窓会会議と決算報告の用意です。7人で経理を揉みましたが、詳しい人がいなくて迷走しました。

それでもどうにか終わって、10時半から飲み会です。
とにかく毎日落ち着きがない時間を送っています。


1月26日

1月も月末になり、日常の雑用が溜まってきた。
面倒くさい事を後回しにすると、雑用も溜まるがストレスも。これから整理して行かなくてはねえ~

出たり入ったりの最後は、夜間高校の講師です。今回は、本業の落語の話をしました。
NHKの趣味悠々という番組があり、そのDVDを使って説明しました。東京の落語界を案内しているので、ちょっと大阪とは違うけど。

もうこの講座も2回位。来年は続くのかなあ~まだ分かりません。


1月25日

行政の境界や飛び地に興味を持たれている、町案内の達人・奥村さんと行俊さんと町歩きをしました。
おっさん三人で、淀川区の飛び地を案内しました。

以前、小学生用のガイドブックに、飛び地の紹介記事を書きました。そんなに詳しくないけど、ぶらぶら歩いた。

お二人とも博識なので、いろいろな話題が飛び交いました。
神崎川の堤防にはたくさんのユリカモメが並んでいた。
また歩こう!


1月24日

今日は『わいわいネットわ~く』の新年宴会+会議です。ぼくが幹事さんですよ。
スペイン料理屋『エルナージ』で美味しい料理に会話の花が咲く!

昼間なので、お酒はないけど。怪我自慢が続く。
今年も楽しい仲間と、いろいろ楽しいことをやろう!

写真は大鍋のパエリアです。


1月23日

若手女流落語家・露の雅さんが他界されました。35歳での急逝は、周りが驚き悲しみました。

ぼくも訃報を聞いてから3日間、最後に彼女のことに辿り続く怖い夢を見ました。
今日は告別式でした。御出棺しました。
まわりも本人も悔しいやろね。

合掌。。。。


1月22日

『ものがたりのちから』です。朝から天気が悪く、淀川河川敷で開催されるはずの凧揚げ大会も中止になりました。こちらは室内です。

凧揚げ中止で、流れてきたお客さんか、参加者もそこそこです。会場は子どもの笑顔で溢れています。

最後は『淀川百景いろはカルタ大会』です。ぼくが仕切らせて頂きました。スタッフの力を借りて盛り上がりましたよ。
景品も区長賞の絵本二冊に、コミュニティー協会よりカルタ3セットをいただき、優勝者に贈呈しました。

来年も開催するようです。


1月20日

1月22日(日)は『ものがたりのちから』(淀川区役所5F)です。

ぼくは『カルタ大会』(15:30~)を担当します。『全日本大会』『ジュニア大会』『親子大会』があります。当日、参加受付をしますが、先着順になるかも知れません。景品もありますので、お早い目にお願いします。

禅定正代さんの講演も最初にあります。読み語りサークルの発表や小中学生のステージもありますから、午後は一日中遊んでください。


1月19日

久しぶりにパスポートを取りました。5年用です。印紙代が11,000円も掛かったけど、そんなに高かったかなあ?

その前後に図書館に二回行き、仕事の打ち合わせがあったり、今日はバタバタでした。
そんな中、日曜日のイベントの景品に使う『わがまち百景カルタ』もプレゼントして貰った、3セットも。淀川コミュニティー協会から。ありがたいです。

晩は定時制高校の講座で、後片付けもあり、10時まで働いた感じ。
今年の課題は、『丁寧に、丁寧に』


1月18日

昨日は今年二回目のお茶の稽古です。赤系統の着物で参りました。
お濃茶とお薄と2回続けて稽古して貰いました。心と体が引き締まります。

被っているのは、千円で買って和風に変えた自慢の帽子だ。

晩は飲み会です。続くなあ~


1月17日

交差点にミニスケートリンクが出来て、大人も転ぶ自転車も横転する。
それを見て楽しんでるぼく。いつもの場所が変わると、風景も人の行動も変わる。

しかし子どもは遊びの天才!それでも転ぶ。

そんな1.17の朝。


1月16日

今度の日曜日。淀川区役所で絵本イベント。
ぼくはカルタ(淀川百景)大会を担当します。

『絵本展「ものがたりのちから~あの日の一冊に出あうために~」を開催します。子どもの頃に読んだ絵本を手に取ると、
懐かしさとともに、あの日のわくわくした気持ちがよみがえってきませんか?そんな「あの日の一冊」に子ども達に出あって
ほしいという思いで、淀川区内で活動する図書ボランティアのみなさんが企画しました』(区の案内)

カルタ大会は、当日申込です。大人も子どもも楽しんで貰えるようにしています。


1月15日

通称狸寺さん(龍渕寺)の初法要の余興です。もう20年以上呼んで頂いています。
ぼくの落語と豊来家板里くんにも来てもらった。太神楽です。

この冬一番の寒気で、昨夜から雪は降り始めたので、それを踏み分けて、と覚悟していたけど全然大丈夫です。

創業天保12年の船場淡路町の大阪寿司が、毎年お昼に出ます。


1月14日

高校同窓会新年会!最近は毎年、リッツ・カールトン大阪で開催しています。総会ではなくて、理事評議員の集まりです。

ぼくは10年間副会長兼任の今は編集長。そして今日は総合司会です。ビンゴ大会に手拭いも5本プレゼントしました。
いつもは着物で行くのですが、今日は、雑用が多いので、スーツでウロウロしました。

60人の出席者で4番目に若かったです。つまり今日はパシリということ。
5月には学校創立80周年の総会があります。400人くらい来てくれたら良いねえ~


1月12日

上方落語協会戦略企画会議がありました。ぼくも戦略企画委員です。副委員長になっております。

今年は上方落語協会設立60周年で、ちょっとイベントをします。そのへんが議案になりました。
まだ具体的には申せませんが、楽しみにしてください。


1月11日

2月4日に『第4回よどがわワンダーランド』を開催します。

今年もいろんな方の力を借りて、よどがわ芸術祭実行委員会が主催いたします。
昨年は、代表の松本真珠さんが急逝されまして、大変でした。あの世からも応援してくださるでしょう。

今年のチラシができたら紹介しますが、まずは昨年のモノです。
淀川区民センター1Fホールなので、よろしくお願いします。


1月10日

本年もよろしくお願いします。
とてもバタバタした年始でした。元旦から仕事が入り、出たり入ったりで、今年を暗示するような今日まで。
これからはちょっと落ち着いて、丁寧な1年にしたいと思います。

カミさんの墓参り、娘との焼肉デート、年賀状書き、年始挨拶、成人式イベント、戎さんのご祝儀演芸、お茶の稽古など順調に進んでいます。
新年の行事はまだまだ続きますが、このへんで日常に戻ります。

重ねて本年もご贔屓に願います。

         

12月31日

大晦日。
今年は、初めてお節のお重を頼みました。淀川区神津の『ゆるらカフェ』で、昨日、受け取りました。

娘と2人での正月は7回目になる。そろそろ華やかに迎えたいもんだ。
来年はどんな年になるんだろうね。

世界平和を祈ろう!
例年通り、HPの更新は戎さまの頃にします。
みなさんに幸あれ!


12月30日

昨夜は楽しくてたくさん飲みました。
それでも今年はあと二日ですから、朝から出歩きました。
前から気にしていた、繁昌亭の客入れ。なかなか順番を呼ぶ声が聞こえないけど、大きな拡声器は使えない。
そんなわけで、携帯マイクを2台持っていって試して貰った。良かったら、上方落語協会の経費を充てるつもりです。

夕方から、釜ヶ崎の三角公園へ。知人が二組ステージで歌います。『アカリトバリ』さんと、『李知承』さんのバンド。ちょっとご挨拶してきました。
帰ってからは『ゆるらかふぇ』に注文したお節のお重を受取に行きました。


12月29日

今年の落語納めは『みつや交流亭落語会』
ここ数年、忘年会の前に開催します。勝手に大ネタを掛けることにしています。ことしは『帯久』です。
40分を越える演題ですが、どうにか終えました。20人弱の、ほとんど名前の言える仲間ばかりです。

終わってからは大忘年会。久しぶりの仲間も途中参加して、楽しかったですね。
来年は『みつや交流亭』の10年目です。ぼくも理事ですから、アイデアを出し合わなくては。

Yさんからの写真です。


12月28日

「みつや交流亭もちつき大会」です。
昨夜から米を浸けて、一升を四回の回転です。

一回目だけ、プライベートな餅で、二回目の2時から参加自由です。
今年は、『交流亭マルシェ』が始まった関係か、2回目3回目は親子で溢れかえりました。

たくさんの笑顔を見ることが出来ました。
我が家用の鏡餅も作りましたよ。


12月27日

明日は『ノロウイルスを吹き飛ばせ!餅つき(餅つき機で作るので正しくは「餅こね」)大会』!みつや交流亭が出来て9年だから、もう8回は開催しているはず。
初代の餅つき機は故障し、そのときは蒸せるのだけど捏ねられない状態で、すりこぎで叩いた。それを見かねた方が、古いのを譲ってくれた。それが健在である。

毎年、ぼくがチームリーダーです。もちろん良く手を洗って貰って無料ですよ。
大人も子どももお越しください。
14時からですよ!

今晩、米を浸けねば!写真は昨年の模様。


12月26日

娘が「家で一人でのんびりとしたい」と。「お父さんは今、帰って来たけど、急に行くとこ思い出したから出掛けるわ」と。
さて困った何処へ行こうか?家でデスクワークをしたかったのに。

昨年のX'masは、カミさんの墓の開眼納骨式だった。つまりお墓を建立した。誰にも報せずに、娘と二人きりの列席でした。

今日は、そんな娘に追い出されちゃった。感慨深い年の瀬。


12月25日

クリスマスですね。ぼくも今日は教会にでも行こうかと思いましたが、積もった雑用が多く、家を出られなかった。なんとも色気のないことで、金気もないことで。

夕方から買い物に出掛け、ちょっと近場でいっぱい。エル・ナージに1人で参りました。
ハプニングのピアノコンサートで、クリスマス気分を味わいました。シェフ夫妻といろいろお話ししたなあ。

本当は娘ともっと話したいのだけど、忙しそう。


12月24日

昨日は我が家で、クリスマスのホームパーティーが開かれたと、家庭ごみで分かる。

洗い物(他に掃除と洗濯と買い物はぼくの仕事)をしていて気付いたことだが、全て一人前である。ぼくは娘と2人暮らしなので、一人前で良かったのだ。
因みに、もう一人前が冷蔵庫に、ラップを掛けて「メリークリスマス、お父さん!」の言葉と共に置いてあるとも、想像したが、そんなに甘くない。逆のことは、ぼくが時々するのだが。

ぼくはこれを見て、幾つかのことを思う。ワトソンくんはどう思うか。


12月23日

「クワイ河に虹をかけた男」を観ました。

「死の鉄道」と呼ばれた泰緬鉄道の贖罪と和解に尽力した元陸軍通訳の戦後を追ったドキュメンタリー。
「事を成すのは個人からだ」と思う。
1年の終わりに良い映画を観ました。

年を重ねると段々柵が無くなっていく、それはプラスもマイナスもある。
でも改めて言うのはおかしいけど、もっと社会に貢献したいなあ~、落語で出来ればいいのだがね。


12月22日

今日の絵本サンタの現場は、うちのマンションの斜めです。

『おはなしひろば淀川』のイベントです。いつも洗濯物を干しながら見下ろしている。100人規模の保育所で、全員と写真を撮り、プレゼントを渡した。
知り合いがスタッフで働いています。

就学前のこどもとふれ合うことはあまりないけど、楽しいなあ~


12月21日

終い弘法。東寺(教王護国寺)さんです。
800年続いているバザーですが、ぼくはそのうちの8回くらい行っている。

1200店以上が並んでいます。ぼくは帯、羽織の紐、手袋などを買った。
以前は薬のパフォーマンス販売をやってたが、見世物の類いはなかった。ハブとマングースの戦いとか、黒子取り薬とかね。

しかし物凄い人・人・人。海外からの方が多いのが印象的でした。


12月20日

朝は会議があり、それから急いで用意をする。そう今年最後のお茶の稽古なんです。これからは何でも「今年最後の」が付きそうですね。

手拭いは、京都の春画展で買ったやつ。色っぽい。
また新しい免状も申請しました。もちろんお金が要りますよ。

次は3週間後です。


12月18日

カミさんの月参り。もう80回近く来てるね。
今月も、なかなか時間が取れなかった。やっとだ。

今年も無事に12回お参りしたねえ。数年前、大雪で大変だったなあ。

今度はお正月か。いつか娘と一緒に、お参りするからね。


12月17日

2日間の動楽亭の出番が終わった。
ぼくは中トリでしたが、中入り後が凄かった。
上方二大過激派の、ざこば師と福笑師。楽屋も危ないし舞台も危ない。他で言えない話ばかり。

お客さんも満席でした。


12月16日

動楽亭の出番です。
舞台に上がると、お客さんの8割が男性で驚いた。だいたい場所柄、男性が多いんだけどね。寒風が吹く中、有り難いことです。

朝はサンタさんになって、高齢者施設で絵本を読み、晩は上方落語協会の忘年会です。毎年良く荒れるのだけど、今年は穏やかに終わりました。
二次会まで行きましたよ。


12月15日

『平成28年度 学びの区民講座 わがまち西淀川区ってこんなん知っとこ!」という講座を受け持ちました。
テーマは『落語と中島大水道』です。

会場はほぼいっぱいで良かった。二時間たっぷりお喋りしましたよ。
今回は特にスライド写真を整えて、プロジェクターで投写しました。たくさんの方に知ってもらいたいなあ。

朗読も少ししました。


12月14日

夕べは「よどがわ芸術祭実行委員会」の会議と忘年会でした。

「よどがわ芸術祭実行委員会」は四人で活動していたのですが、今年の3月、代表の松本真珠さんが急逝されて、三人になりました。
それで遺志を継いで、来年2月4日の土曜日に「よどがわワンダーランド」を開催します。淀川区民センターですよ。

ご協力お願いいたします。


12月13日

お茶の稽古。二週とんで久しぶりです。冬らしくなったので、今季、初登場の着物のコートです。ホント冷えますなあ。

手拭いはX'mas柄にしました。懐紙の申も今年僅かだなあ。

お茶の先生は、70くらいの方で、お年にしたらすごくお若いのですが、この頃、手順をよく間違えられて、「ますますこんなことが増えますのでよろしく」とおっしゃってた。
良い先生です。


12月12日

『事始め』です。お事うさんでございます。
本来は、筝の糸の数と一緒の13日ですが、師匠の仕事の都合で今日になった。

鏡餅のウラジロ、昆布などは外しています。
孫弟子まで全員揃って「河豚コース」を戴く。

地域によっては、12月8日のすす払いに『事始め』をするところもあるらしい。

毎年ニュースでは「京都の日本舞踊、井上八千代さん宅では」ですが、今年は「神戸山口組では、今日の儀式で」と言ってた。


12月10日

「ECOまちネットワーク・よどがわ」の結成10周年記念式典に参りました。
顔馴染みの方も多く、有意義でした。多方面に活動している団体で、学ぶところが多いです。お祝い申しあげます。

ぼくは「中島大水道サロン」代表として声を掛けて頂き、ご挨拶しました。
最近、パーティーは着物が多いです。


12月8日

12月8日なので、思い切って昼過ぎから「この世界の片隅に」を観に行った。
哀しいねえ~悲しいねえ~、また泣いちゃった。

呉の知り合いから、今地元では大ブームという情報が入りました。平和への流れになると良いのだけど。

普通の人が、自分の目線で見た世界が変わっていく。なんで?何が悪い?と問わずに進むストーリーです。
為政者こそ、この映画を観て欲しい物です。先の戦争推進に関わった方は、こんな市井の物語を知らない。


12月7日

1日の終わりはエル・ナージ。
シェフに、イベリアの言語学の本をプレゼント。スペインで修行なさっているからね。ぼくはしっかり読みましたよ。

蝋管レコードらしきものを発見!「エジソンレコード」と同型では?

一人で来た客が、いきなりピアノを弾きだした。現場で働くオッサンかと思ったら、jazzピアニストだって。
今度、ここでやるライヴの下調べ。「white X'mas」でスウィング!lucky!


12月6日

3週間ぶりのお茶の稽古です。
季節はどんどん変わっていき、いよいよ師走の茶の湯です。

今日はあまり寒くなく、まだ着物のコートは先だな。
前後に予定があるので、早く終わらせて貰いました。こういうことを師走というんですね。

今日も忙しい一日でした。


12月4日

繁昌亭昼席の千秋楽です。今席はバタバタして、出演者とは、三歩くんと一時間ほど飲んだだけ。福團治師匠から誘って頂いた、全員の打ち上げも行けなかった。

そんなわけで、今日はみんなに「飲みに行きませんか?」と誘いました。
来てくれたのは、桂三歩、桂ひろば、桂小鯛、マジシャン・リッキーさんです。5人で焼き鳥屋へ。5時間くらい飲んだかなあ~

無事に1週間終わりました。これから年末へまっしぐら!


12月3日

「冬来たりなば、春遠からじ」。
2日前から、天満宮は正月仕度をしています。

繁昌亭は大入り袋が出ました。

朝の挨拶運動の時に、撮しました。3月に咲くハクモクレンは、鹿の尻尾のような蕾になっている。


12月1日

上方落語協会「企画戦略委員会」の、ある分科会の長になったので、早速、メンバーを招集しました。

女流落語家さんの返信メールに笑っちゃった。「申し訳なくありません」だって。こうはっきり言われると。
でも、10分後に「すみません!」ってメールが来ました。

名前と日は、本人の名誉のためにハートマークで隠しました。
さすが落語家さんは面白いわ。民間なら首が飛ぶ。


11月30日

今週は、舞台の前後、出たり入ったりバタバタの繁昌亭昼席。今日は昼間はゆっくりでした。

噺家、御用達のwords cafeで、久々のティータイムです。芸人のサインがいっぱい。空いているときは、カミさんのサインの横に座る。

今席の楽屋には、まだ10か月くらい前の新聞記事が貼ってあります。カミさんの噺ですが、もう外して欲しいかなあ~
故人の噺家の遺影がロビーにあります。逆にこちらへ並べて欲しい。
若い噺家が、お客さん出来た母親に、「あんた頑張って、早くここに並べてもらいや」と勘違いしたとか?


11月29日

「あわじ寺子屋」を見学。繁昌亭の出番が終わるなり、集合場所に向かいました。
ぼくが所属する「わいわいネットわ~く」で企画。大賀理事長の一時間に渡る説明を受けました。
大賀さんとは他の催しでも、よくご一緒するのですが、情熱的に活動なさっています。

昭和29年の新聞記事で、地域の伝統を知りました。
高校生4人が自分の地域を良くしよう、と立ち上がり子どもを取り巻く環境を変えようとした。

ぼくもまだまだ何か出来る気がしました。


11月28日

繁昌亭昼席初日です。
日曜日まで、今回は1日も抜かずに出演します。

楽屋を出て、ぶらりと天神さんの境内を徘徊しました。桜の紅葉はやっぱりアウトですわ。

出番中は、後に何もなければ、必ず誰かを誘って飲むのだが、中日までずっと夜の予定がある。
繁昌亭が入った時は、逆に規則正しい生活になります。


11月27日

今日は『原田しろあと館寄席』です。
今回は、毎年一度、後輩たちに点てて貰ったお茶を戴くコラボです。高校の茶道部のみなさんなんです。

一年生が6人入ったと言うから、来年も開催できるでしょう。4年くらい続けているかな。もう先生や顧問とも顔見知りになりました。

そしてそのあとは落語です。お茶をテーマにした噺を選びました。女子高生で満席です。


11月26日

朝は小学校で絵本を読みました。
夜は新聞で紹介された、御幸森小学校へ。
場所は違うけど、ぼくの育った下町もこんなだった、と思いながら見ました。こどもの表情を見ているだけでも楽しいなあ。

帰りに見たポスター。山下孝夫画伯では?と、鶴橋駅前の立呑屋で思う。


11月24日

ルーシーちゃんとITOさんのライヴに行きました。
初めての店『ちょっとbar龍次』です。時々、前を通るので店の存在は知っていました。
矢沢永吉バリバリの店です。以前から気になっていたところです。

2ステージとも聴きたかったけど、人を待たせていたので残念!

マスターは永吉成りきりです。『隣の人間国宝』ステッカーは、それでかなあ?


11月23日

昨日は講演の前後に、違う階のエルライブラリーにお邪魔しました。労働組合問題の資料を多く揃えているライブラリーです。

ここの館長とは、ぼくと共通点がいくつかあって、遊んで貰っています。冷やかしではないんですが、訪ねました。

久しぶりに、お酒を飲んでない谷合佳代子館長を見た気分。


11月22日

今日は、講演の仕事です。『エルおおさか』の大ホールでお喋りしました。
対象は人生の先輩方(退職者連合)で、約二百人のみなさんです。

男の方が九割なので、シャイな方が多く、なかなか協力的に聞いて頂けない時もありますが、今日は何とか大丈夫でした。
楽しんで頂けたと思います。


11月21日

数日前ですが、大ヒット中の『君の名は。』を観ました。思った通り、涙が溢れる映画でしたね。
まあ泣かそう泣かそうと作られているので、そういう風になります。

テーマは『エヴェレットの多世界解釈』ですね。それに、尾道三部作』を加えたような。

大林宣彦監督の「転校生」、「時をかける少女」、「さびしんぼう」です。
「転校生」の男女が入れ替わるトコロ、「時をかける少女」の多世界のトコロ、「さびしんぼう」のの時間が交差するトコロです。

しかし分かっていても泣けるのです。


11月20日

以前から気になる場所に行きました。JR京都線の車窓から、何時も見える長岡京市の古墳です。公園になっています。

恵解山古墳です。JR京都線でいつも見えます。
『恵解山古墳は、古墳時代中期(今から約1600年前)に造られた前方後円墳です。古墳の大きさは全長128m、後円部の直径約78.6m、前方部の幅約78.6mで、乙訓地域最大の規模を有しています。古墳の周囲には幅約25mの浅い周濠(しゅうごう)があり、周濠を含めた古墳の全長は約180mに及びます。』(長岡京市埋蔵文化財センター)

もちろんそのあとは、『中山修一記念館』に行きました。長岡京発掘に多大な貢献をした方です。


11月19日

娘と廉価河豚料理デート。春くらいまでは、毎月ペースだったけど、最近は3か月に一度くらいしか食事してくれない。

だから緊張して、ひれ酒をグイグイ!

今日は、いろいろ話してくれました。嬉しい。


11月17日

今日はインフルエンザの予防接種のあと、メガネを買いに行きました。
今年の夏くらいに、酔っぱらって帰って、メガネのフレームを踏み砕きました。それで普段用のメガネがひとつだけになった。心細いので買いました。

余所行きとパソコン用が欲しかったのです。そこは二本買ったらもう一本作ってくれるので、一気に三本増えた。
パソコン用以外は、老眼が少し入っているらしい。ぼくは遅くて2年前くらいからはじまりました。

なかなか調子が良さそうです。


10月16日

真田山の旧陸軍墓地に行きました。
今まで3回ほど見ていますが、専門家に説明して頂くのは初めて。良く分かりました。なにせ第一人者の小田康徳先生の案内ですから。

西南戦争からのお墓です。兵隊さんは死んでも兵隊なのねえ。
偉くもない、可哀想なだけ。

納骨堂の中まで見させて頂きました。すごく心が震えたなあ。


11月15日

お茶の稽古。先週も仕事だったし、来週もだから今日はシッカリ稽古します。

朝から図書館を梯子しました。豊中市立中央図書館では、『山田洋次ライブラリー』を開催しています。
山田洋次監督は豊中の名誉市民なんですよ。「私生まれも育ちも豊中岡町」って色紙に書いてあります。

監督の生家は、お茶の教室の一軒お隣なんですよ。


11月13日

『~中島大水道の~古文書にふれる会』に参加しました。場所は西淀川図書館です。
主催の『中島大水道サロン』のぼくは代表をしています。

先日、大阪市民顕彰を受けられた、小田康徳先生の講座です。
3回講座の予定ですが、まだ次回が決まっていないのです。これに絡めていろんな企画を考えているモノで。

3日後は、同じく小田先生のフィールドワークがあります。


11月12日

雷門横の『雷門ホテル』に泊まりました。
今日は、朝早く目が覚め、1時間、浅草寺の境内などをぶらぶらお散歩。

お昼は新大阪『京ちゃばな』のお好み焼きです。気合いを入れて、そのまま、家に帰らず講演会で話しました。TTP の話を。いや、PTA で話を。
この春、花見をした横の高校です。

晩は高校同窓会の会議でした。時間を間違っていて、大急ぎになりました。
家が遠い!


11月11日

今日は、浅草演芸ホールでした。滅多に出演することはありません。瀧川鯉朝師に呼んで戴いた。

本番前には、楽屋に若い噺家が一杯でした。終わってから、飲みに行く約束してまして、この若いのがゾロゾロ着いて来たら恐ろしい!と思っていました。
何せ、鯉朝師よりぼくの方が先輩やもんね。でも、鯉朝師が「江戸ではぼくに払わせてください」って。だいぶん抵抗したけども。

ラッキーかな?


11月10日

帰って、すぐに晩の仕事の用意です。
さてその前に。予想通り洗い物と洗濯物が待っていた!

ぼくは主夫だもんね、こちらも本業なのだ。

今晩、雨が降るようだけど、仕事前に干して出掛けよう。
毎日、同じ事を続けられることも幸せだと、旧大川小学校前に立って思った。


11月9日

今日は、気持ちが暗くなった。
アメリカの話じゃなくて、大川小学校のこと。
一審の判決では、原告勝訴。それを県と市が不服と控訴。今日は勝訴した遺族側も、その対応をみて控訴しました。

かなり行きにくい場所ですが、行ってきました。
裁判中のせいか、この6年、全く手付かずです。小学生108人中、74人が死亡・行方不明。

児童が「先生逃げないとみんな死んじゃうよ」と言ったのに、大人は判断できなかったんやね。
その子の親は「先生さえいなければ、うちの子は助かったのに」と。


11月8日

中学校で絵本の読み語り。8時40分には、終わりました。

この前の土曜日は、淀川区の『子ども0円食堂』でも読んだけど、参加型絵本は襲うように集まったが、普通の絵本を読むと、ぼくの前がモーゼの十戒シーンになった。

今日はみんなおとなしく聴いてくれます。先生も3人来ていた。
平和の本です。


11月6日

昨日は『第6回三津屋音楽祭』!第一回から実行委員と総合司会をしています。
仲間がいっぱいで楽しいイベントです。昨日のゲル(モンゴル移動式住居)の立て付けから、丸々二日間関わりました。
やっぱり音楽は良いねえ。

来年はきっともう一回り大きくなる気がします。
秋はイベントが多くて楽しいですけど、自分の時間ももう少し持ちたいです。
来週は忙しいけど、その後はぶらぶらしたいなあ。

写真は『奏でぃあんず』の浅野さんからのもの。
市松模様の羽織が無くなったと思っていたらでてきた。またちょいちょい着よう。


11月4日

朝は「地元で戦争体験を語る会」の講座です。6年生を対象に、2,3時間目を続けて開催されました。
4人の体験者の話を聞いて、ぼくも少しだけ話をしました。

児童は、ノートを持って、真剣に聞いていましたが、どれくらい理解できたかなあ。たぶん遠い遠い昔の話だと思っているでしょう。
でも続けなければなりません。今分からなくても、いつか実感する時がある。

ラッパや防空頭巾、もんぺ、双眼鏡などが置かれていました。


11月2日

カミさんの月参りです。
今月は思いの外、早いタイミングで参ることができました。

上を眺めれば、ペンキを塗ったような青空だ。透き通っているねえ。
上から娘を見守ってあげてね、あなた。

来月のお参りは、白雪を頭に載せた伊吹山を見ることになるかも?


11月1日

お茶の稽古です。
今日は、じっくりやりました。お薄とお濃茶を続けて稽古しました。お月謝とお菓子を持って、貰い物だけど。

今日から、風炉から炉を開くことになりました。
季節はどんどん移ります。


10月30日

「Love Stone Project-オープンセサミ!」で、石磨きしました。現代アートも見てきました。
白い帽子がぼく。オーナー和田大象さんの写真を無断で戴きました。

「うめきた菜の花ミツバチプロジェクト」で、お話しを聞きました。思った以上に広大なスペース。

「ワールドクラフトビアテイスティング」に行きました。4人でビアを飲みました。

日々好日。


10月29日

今日は、尚和会(大阪府立桜塚高校同窓会)広報委員会議です。
ぼくは会報の編集長で、毎年、30ページのボリュームで春に発行します。今回は、母校の創立80周年なので、特別号を発行します。ボリュームも50ページ以上を考えています。

広告を募集していますので、協力していただける方はご連絡ください。
yoake@jt2.so-net.ne.jpへお願いします。

来年は、周年事業のイベントもいろいろありますので、ご期待を。


10月28日

『読書週間イベント』です。

小学校3・4年生で1時間の授業時間で、2時間目3時間目。絵本に紙芝居に大型絵本に仕掛け絵本。
子どもたちには楽しんでいただいた様です。ぼくたちも楽しかった!

お揃いのTシャツは、『サークル ぼちぼちいこか』です。


10月27日

今日は夜間高校の「特別非常勤講師」です。
かなり稀な(他の学校には少ないかと)立場を十数年勤めています。年間20数日です。

大型プロジェクターも使えるのですが、myパソコンを持って行くのが面倒で。通りすがりの生徒から「レトロ!」と言われてます。
10代から70代、障害を持った車イスの方が居れば、ネパールの人も。
今回は文楽の話。『曽根崎心中」を題材に話しました。ちょっと古いテキストとDVD を使って。

「この世の名残 夜も名残 死にに行く身を例えば」
カミさんも、こんなことを考えていたのかなあと、もの耽る秋です。


10月26日

今日はよどがわ芸術祭実行委員会主催の『キッズ川柳575』です。
場所はうちのマンションの隣の小学校です。顔見知りの子ばかり。「よどがわおやこ劇場」の三木さんと行きました。

六年生の教室で、各クラス2時間目から4時間目まで連続。昨日の落語講座は1時間目から4時間目だから少し楽か?でもその前に一年生のクラスで絵本を読んだからなあ。

「たまごやき だしまきたまご ゆでたまご」
「目玉焼き 食べてくれよと 見つめてる」
面白い!


10月25日

早朝、家を出て、兵庫県の山あいの小学校です。昨年も寄せて頂いて2年連続の講座です。

1時間目から4時間目まで『落語と絵本』講座。非常に苛酷です。喋りっぱなしだ!
でも楽しいんですね。

三年生と六年生の各クラスが順番に、大きな集会室に集まります。しかし疲れた。

帰りに校長先生から、「来年もお願いします」と言われました。


10月24日

“ほんまは「古大阪」?落語家・笑福亭仁勇さんがご案内!~中島大水道悲話から法橋・蔀関月の墓まで~”というまち歩きです。
もう10回以上歩いています。

トコロは今日は、参加者は1人かも知れないという情報が事務局から入りました。こんなことは初めてです。
でも楽天家のぼくは、その1人はきっと絶世の美女に違いない、と。

新大阪の千成りビョウタン前で、米倉涼子タイプか?壇密タイプか?とわくわくしていると、40代のおじさんが現れた。
2人で歩きました。
気さくな方で楽しかったけど、せめて5人くらいと歩きたかった。来週もあります。さてどうなるか?

写真は以前のモノです。


10月23日

御旅寄席。今の正式名は『夢浪漫亭 おたび寄席』です。前の場所の時から数えると504甲斐だそうですね。すごい!

今日はトリだ。席亭は旭堂南陵先生なんですが、良い金儲けがあるとみえて、不在。
南陵先生が居れば緊張感があるのだが。

ぼくが一番先輩だから楽屋がゆるいゆるい。


10月22日

やっと時間が出来たので、夕べと今日と映画を観た。
今日は『海峡を越えた野球少年』韓国の高校野球全国大会に、日本から参加した在日選手たちのドキュメント作です。この大会は知っていましたが、もうないんですね。

政治のことも大事ですが、ぼくより幾つか年下の元野球少年。表情が素晴らしかった。

夕べは『淵に立つ』評価が高い作品です。


10月21日

昨日の結果は、昼過ぎに直ぐ、記者会見であきらかになりました。進めるということです。
来年、調査費の予算が付き、正式に寄席小屋を建設します。ぼくも見に行きましたが、やってみるべきだと思った。

戦前は、「東の浅草、西の新開地」と言ったそうな。実際、写真を見るとすごい賑わいです。

さて5年後はどうなっているのかな?


10月20日

上方落語協会臨時総会でした。未だかつて無いくらいの出席率!繁昌亭がいっぱいになった。県と市が推す新開地寄席小屋建設に、協力するかどうかの投票です。

結果は?明日まで箝口令。ぼくは情報料三千円なら教えようかな。

2週間ぶりにカミさんの墓参りをしました。
家に帰ると地震だ。娘が不安そうに部屋から出て来た。鳥取だ。


10月19日

『第15回よどがわ河川敷フェスティバル』は大成功で、いろんな方々とも繋がりました。
今年の春に知り合ったソルトさんには感激!こんな楽しい催しができました。

太陽工業さんから提供されたテント地に、ターナー色彩さんの絵の具で描きました。

いっぱい写真が届いています。


10月18日

賞味期限が切れたフランクフルトを3週間で110本食べた。残り20本、もうゴールは見えた。

罰ゲームでも、大好物なわけでもない。嫌いではないが、今は「嫌いではなかった」と過去形で言うべきだろう。既に書いたが、イベントでの残り物の引き取り。娘は「冷凍庫を空けろ!」と迫る。

外食したらフランクフルトが減らないので、家で力一杯食べている。フランクフルトへの思いを本にしようかと、考える。タイトルは、

「わたしとフランクフルト」これは平凡。

「フランクフルトから世界がみえる」ぼくは世界がフランクフルトに見えた。

「わたしのカレはフランクフルト」えっち!

「吾輩はフランクフルトである」双生児である。

「アンネ・フランクフルト日記」すみません、茶化して。

「なぜ今フランクフルトなのか?」残ったから。

「それはフランクフルトではじまった」ぼくの食生活の異変。

「現代フランクフルティック哲学」欲とフランクフルトは、なかなかなくならない。

「都庁激震!フランクフルトに空洞が!」あれば、もう一本食べられたのに。

「ボブ・ディラン フランクフルト公演」そのままや。


10月17日

『第15回よどがわ河川敷フェスティバル』は無事終了いたしました。

約9000人の参加者がお越しくださって、各ブース、ステージと賑わいました。これだけ河川敷が賑わうことは希でしょう。
本当にたくさんの方のご協力を頂きました。感謝しております。

実行委員長をつとめ、最初のこのイベントは雨で中止、次は晴天、昨年は雨中の開催でした、
今年は天気に恵まれて、今までにないくらいの方が来られました。

さて我々実行委員会は、既に来年を考えています。
みなさん、来年の秋は、一緒に『第16回よどがわ河川敷フェスティバル』を作り上げませんか?

ありがとうございました。


10月15日

『第15回淀川河川敷フェスティバル』現場で準備。

昨日、河川事務所に『事業着手届』も出して来た。思えばこの2ヶ月、いろんな申請書や届けを作成して提出したなあ。

15回を数えるイベントだけど、だいたい8回くらいまでは、司会業で雇われ、ギャラを貰っていた。
それが委員になり4年前から実行委員長になり、ギャラを貰うどころか、ボランティアで司会をして、書類作りに追われ、あちこちに提出して靴の底がちびる。
何でこうなったのかな?

カミさんは絶対あの世で「あんたらしいなあ~」って笑ってる。
でもたくさんの良い仲間に巡り会えました。


10月14日

昨日は慌てて、カミさんの月参り。
14年続けている「一人挨拶」の後、そのまま新大阪駅に。夕方から高校の学校協議会議だから、今日も忙しない。

風は強いけど船は出た。青空だ!

「佛の御手に いだかれて ねむれ乙女子 やすらけく」
あちらで、「佛の御手に、いだかれて」、安らかに眠っているのだろうか?

相変わらず、良い娘ですよ。


10月13日

昨日は、『キッズ川柳575』(よどがわ芸術祭実行委員会主催)で小学校へ行きました。
この秋、三校目です。

2.3.4時間目連続で6年生の1.2.3組の教室へ。楽しかった!

6年4組の教室は、一緒だった「よどがわおやこ劇場」の三木代表と、「コミュニティー誌 ザ淀川」の乃美編集長です。
もう一校、月末にまわります。


10月11日

今日はお茶の稽古です。
着物もやっと夏物から抜けられました。綿麻の単衣です。この着物は一度濡らしてしまい、乾かしたらつんつるてんになっていました。呉服屋で、どうにか寸を出して着られるようになったのです。

艷な後ろ姿を見て貰いましょう。

急に涼しくなって、やっと秋空です。


10月10日

毎日、3時間毎に、10日間予報を見ています。フランクフルトを食べながら。
TVでも「まず、週末の雨は大丈夫でしょう」と言ってくれてる。

心配した台風の卵も、東の方に向かうらしい。もう今から新しい台風が現れても、日本に上陸することはないでしょう。

急に寒くなったけど、爽やかな秋晴れを期待しています。


10月9日

あと1週間ということで、『第15回よどがわ河川敷フェスティバル』の準備に掛かりきりです。天気も良さそうなので力が入る。
今日は大作業。我が家にある備品や、知り合いに預かって貰っている大道具を集約して、「新大阪スタジオ」さんに持って行き仕事をしました。

このスタジオは、映画スタジオにもなるくらい、素敵なトコロで驚きました。
1週間無料提供してくださり、本当に有り難い、感謝!

委員の仲間も集まりサクサク作業が進みました。


10月7日

今日は会議が三つあり、その一つが、上方落語協会企画戦略会議。別にどこかと戦うわけではないけども。
案件もいろいろあり、これから忙しくなりそう。

河川敷のチェックにも行きました。「ダンボールコロコロ」という河川敷ならではの野遊びがありまして、それに合わせて毎年、芝を刈ってくれます。
今年はどうか?と見に行きました。見事に刈られていましたね。ツルンツルンでした。


10月5日

もともとフランクフルトソーセージは好物の類なのだが、最近はそうでもない。

ことの起こりは2ヶ月前。イベントで売れ残った、『10本入り串つき』を軽い気持ちで「うちの冷凍庫に、取り敢えず入れときます」と言ったこと。今にして思えば、あの時、誰か止めて欲しかった。
冷凍室に入りきらず製氷室。まだ駄目で、解凍して二袋だけ翌日食べた。それからソーセージパーティーをしようと二度企画したが、秋雨前線と台風16号にはばまれ、11袋は我が家に居着いてしまった。。

そのまま賞味期限が切れた「この10日間」。非常に食べました。毎日一人でソーセージパーティーです。10本×11袋、つまり110本を毎日食べてます。期限切れを他人に食べさせるわけに行かず。「あと野菜は食べた方が良い」と、消費を手伝わない娘は、笑いながら父を見守っている。米が減らずに助かってはいるのだが。

「チビ太のおでん」か「仁勇のソーセージ」か?
一生、ドイツのフランクフルト市には行きたくない。


10月4日

お茶の稽古です。これから忙しくなりそうなので、お薄とお濃茶とを稽古した。つまり2日分です。お月謝もお渡ししました。
もう6年目になるけど、あまり上達した感がないなあ~。時間が出来たら、ちゃんとしたお茶会巡りでもしたら、少しは進歩するかも知れない。

10月なのに紗を着ています。暑いから許してもらおう。

2時間弱、正座していました。職業柄、平気です。


10月3日

昨日はカミさんの墓参りをした。とにかく時間が無くて、お彼岸もご無沙汰でした。ごめんなさいね。
綺麗にスポンジで洗いました。

月参りも早く行きたいなあ。

娘が毎日掃除して、嬉しいよ。


10月2日

やっと参りました。早く行きたかった『見世物大博覧会』です。
みんぱく(国立民族学博物館)ならではですなあ。

ゆっくりと目を皿(と言っても細いので箸)のようにして、見学しました。ビデオもいろいろあり楽しかった。でも小さな子は「怖い、怖い」と帰りたがっていた。

寺山修司の『天井桟敷』のビデオも30分くらい観ていた。
同業者(桂三金くん)もカミさんを連れて観に来ていた。仲の良いことで。


10月1日

『こども0円食堂』で絵本を読んみました。先月は予定があったので、久しぶりの気がします。

普段は自分の楽しみでしている、ここの読み語りです。今日もそうだけど、少し『良いことをしている感』があった。
それはお父さん率が高かったから。余計に楽しかったです。

今日は手話通訳の方と一緒に進めました。

いつもいっぱいの『子ども0円食堂です。


9月30日

『第26回彦八まつり』の反省会です。9月3,4日に開催しました。もうだいぶん前の気がする。
今日の参加者(落語家)は三喬実行委員長と、枝三郎、あやめ、坊枝、三風、文昇、鶴笑、遊方、生喬、三金、喬若、笑丸、二葉、染八師たちです。

来年への反省点を洗い出して、話し合いました。

しかし今回は大成功です。会計的にも天候も良かった。
みなさんご協力ありがとうございました。そして委員のみなさんお疲れ様でした。

写真は二葉ちゃんがデザインしたオリジナルTシャツ。既に売り切れです。


9月29日

今日は小学校で『よどがわ芸術祭実行委員会』主催の『キッズ川柳575』の授業をしました。
今秋、4校で開催しますが、今日は2校目です。『ザ・淀川』の乃美編集長と、3年生の3クラス、2,3,4時限連続のハードスケジュール。3週間前の授業は記事になっています。

写真は昨秋の『参観日でキッズ川柳575』です。この時は一気に5年生を100人です。

今回は三年生ですので、何故575か?と教えるのに工夫が要ります。町の標語や、地元商店街の「店じまい オール商品 2割引」や「年末の 大売り出しだ おいでやす」などの他、校歌を読みます。ここの小学校歌はドンピシャ、7と5です。


9月28日

以前から、今年の年賀状の季節までには買い換えよう、と思っていたプリンターが一気に動かなくなった。
その時は、これからプリントアウトして出掛けようとした時です。

どうしようもないから、データをUSBスティックに入れて、仕事先でプリントアウトしてもらった。情けない。コンビニも近くになかったものね。

2日後、ヨドバシカメラで購入しました。特に良いモノは要らないので、前のプリンターを少しだけ超えるものにしました。1年落ちの機種らしい。
早速繋いだら、機嫌良く動いた。民間人としてはプリンターをヘビーに使いますが、4年は持たしたいなあ。

キャノンの商品案内から写真を抜きました。
黒を買いました。


9月27日

今日はお茶の稽古です。先週先々週とお休みしたので、久しぶりですね。
ところが今日も休むように先生に伝えていたらしい。スケジュールを見ると確かに前後が詰まっている。
慌てて用意して頂いて、キチキチに稽古しました。

やはり落ち着きますね。いつも何かに追われるようにして生活してますから、小さな緊張感は細やかな刺激です。

来月になるとそろそろ炉を開く季節になります。茶花を見るのも楽しみ。
そういえば美術館や博物館も行ってないなあ。


9月25日

淀川アーバンキャンプ最終日!やっと好天です。
うちのブースを間貸しして、ハンドメイドの店もでてます。セグウェイ無料試乗会もやってる。箕面ビールも飲めます。

ぼくは、仕込みだけして、『原田しろあと館寄席』へと参りました。今日は「和奏伎』さんとのコラボです。
ぼくは落語をした後、すぐさま敬老会の仕事です。スタッフが送ってくださって非常に助かった。

そして、再び河川敷へ片付けに戻る。
なんと良い人間何でしょうか。


9月24日

淀川アーバンキャンプの『キャンプ・トーク』に列席しました。
メンバーは以下の通り。

■登壇者
ゲストスピーカー
有限会社ハートビートプラン/園田聡氏
■トーカー
国土交通省近畿地方整備局淀川河川事務所長:桑島偉倫氏
大阪商工会議所淀川賑わい創出検討会座長:嘉名光市氏
㈱エルワールド代表取締役:髙橋香織氏
よどがわ河川敷フェスティバル実行委員長:笑福亭仁勇
司会進行 (株)ワイキューブ・ラボ 代表  杉本容子氏

その前に、『エクスカーションツアー』で、世界初の電気船「天の川」で、八軒屋浜から毛馬まで行きました。
プリンターが壊れて、晩はヨドバシカメラ。重い、疲れた~


9月23日

昨日は講演会。少し小咄をして、後は演台で話しました。会場は『しんらん交流館』です。

過去の講師を見ると、昨年11月は、先日亡くなられたむのたけじさんが話されている。100歳のジャーナリストというプロフィールで「今は人類のどんな時代か~渡しの100年を振り返って~」というテーマ。
12月は釈撤宗さんで、今年の6月はぼくの高校の大先輩、あまんきみこさんも講師になっている。呼んで頂いて光栄です。

「特別貴賓室」が控え室という扱いで恐縮しました。
終了後、スタッフと打ち上げをしましたが、いろいろ『生と死』について語りました。スタッフは僧侶の方です。


9月22日

今日は彼岸の中日です。つまり秋分の日。
敬老会に参りました。もう10年以上、依頼されている司会の仕事です。今の敬老会は、みなさん若いですわ。

高校生の和太鼓から始まり、高齢者施設のコーラス発表、フラダンス、防犯寸劇、こいや踊りに、中学校吹奏楽部で盛り上がりました。
その前には式典があり、金婚式の披露表彰もありました。

昨年は105歳のおばあちゃんが歌を歌われましたが、今年はお休みされました。代わりに101歳のおばあちゃんが参りました。


9月20日

今日は、大阪市では珍しく暴風警報が出ました。台風16号の為ですが、会議も中止だと思っていました。
すみません。開催していたそうですね。

お茶の稽古も休みました。


9月19日

今季、初の敬老会。今年は4ヶ所参ります。

今日の現場、ここは昔ながらのプログラムです。尼ヶ崎市と大阪市のあいだの町なのです。
地元小学校の合奏と、沖縄出身の方が多いので、琉球の空手演武や舞踊です。

南国気質なのか、宴会状態。楽しかった。でも共同の控え室で、おばちゃんがいきなり脱ぎだしたのは驚いた。


9月18日

本日予定の『淀川アーバンキャンプ』は、注意報発令のため中止になりました。

イベント自体は19~25日まで続きますが、ぼくらのブースは19・22・24・25日の10~15時までオープンしています。
セグウェイの無料試乗も出来ますよ、面白い!

さて明日はどうなる?
台風も気になる!


9月17日

淀川アーバンキャンプで、一人きりの店番です。
『よどがわ河川敷フェスティバル』のブースですが、他の委員は『淀川区民まつり』の方に行っています。

このイベントはいろいろ楽しめるよ。ビアも売ってるよ。阪神電鉄が椎茸売ってます。高架下で作っているらしい。

リジナルT シャツ、千円。セグウェイ無料試乗会していますわ。乗りましたが楽しかった!


9月16日

『絵本読み語り』乳幼児編です。絵本読み聞かせ事業の公演依頼があったのです。
参加者は0~3才くらいの子と若いおかあさん。どうなるかと思ったら、30分楽しんで頂けたようです。
たくさん誉めて貰いました。また行くことになるでしょう。

昨日の落語会は、平日の昼間なので、平均年齢が70歳くらい。今日はおかあさんを入れても、20歳以下だ。

さてこの後、会議で、夜はみつや交流亭の『仁勇の落語de カルチャ!』ネパールの横笛とコラボで盛り上がりました。


9月15日

祝繁昌亭10周年記念『お練り』をやりましたよ!

スタートはくらしの今昔館一階です。ぼくが式典の司会をして、「公益社団法人上方落語協会六代桂文枝会長」「吉村洋文大阪市長」「天六商店街振興組合吉村孝司理事長」と紹介しました。
谷くらしの今昔館館長、盛岡NPO上方落語を支援する会理事長も列席しました。

娘が開始の阿波踊りを披露したんです。『はなしか連』です。

お囃子が乗った『花台車』に、文枝会長が乗った『人力車』もパレードしてすごい人気でした。
ゴールの繁昌亭
前では、阿波踊りに続いて『鏡開き』もあり、三階興行も前売り完売の盛況です。


9月13日

お茶のお稽古。
今日はお濃茶とお薄を連続で、たっぷり2時間半。足が痺れないのも噺家修業の賜物。

末広亭風呂敷をバッグに。

金曜に絵本を読む依頼があって行くのだが、こどもだと聞いたが乳幼児。2歳くらいの子、10人だって。泣かしてしまうと思う。


9月12日

今日は『淀川アーバンキャンプ2016』の最終会議でした。
大阪商工会議所に集まった。楽しそうなチームが多くて楽しそう。

我が、よどがわ河川敷フェスティバルは、『淀川を代表する歴史あるイベント』と紹介されています。嬉しいな。

来てくださいね!
ブースを出しますからね。

http://www2.kasen.or.jp/suitofes2016_yodogawa/nishinakajima.html


9月11日

カミさんの月参り。
先日は、墓参りもしました。もっと参らねばねえ。

旦那が極楽蜻蛉、気楽蜻蛉の為に、辛い思いをさせました。

一緒に生きていますから。


9月10日

西宮市の『こども落語講座』の発表会。
ぼくは、舞台袖でドキドキでした。しかし大したものです。舞台度胸満点で立派パチパチ。
終わってからは、家族一緒に写真を撮ったり、サインもいっぱいさせてもらいました。

可愛い子どもたち、一月半良く頑張りましたねえ!

午後からは『池田市落語みゅーじあむ』で落語会です。久しぶりですね。


9月8日

『よどがわ芸術祭実行委員会主催 キッズ川柳575』を小学校で開催。そういえば一昨日は中学校で絵本を読み、昨日は小学校で絵本を読み、朝一は3日続けて義務教育現場だ。
5、6年生しか対象にしていなかったが、今回は3、4年生です。2時間目と3時間目に。
今年は後、三校回る。楽しいよ。

晩は夜間高校の特別非常勤講師ですわ。日本文化を教える。

帰りに消防署へ、『第15回よどがわ河川敷フェスティバル』の届け出に承認が降りたので貰いに行く。
本業は落語家です。


9月7日

朝は小学校の「絵本読み語り」です。「よだかの星」を汗だくでした。
その後は、豊中の出身高校で、ちょっと同窓会役員の職務をした。

そして西宮市の「子ども落語講座」も、いよいよ土曜日に発表会です。追加練習です。みんな可愛いわ。

最後は識字教室のコーディネーターです。そして講師とちょっと打ち上げ。さて明日の準備がある。
朝食べた切りだから、後は生ビアが食事になる。


9月6日

久しぶりのお茶の稽古です。一月半ぶりになりますね。8月は忙しくて、休ませて貰いました。

その前は警察署で警官3人に囲まれた。イベント開催の届け出です。もちろん優しく指導してもらった。
その前はイベント担当医に資料を届けました。ありがたい。
その前は中学校で絵本を読みました。

ううん、本業は落語家なんだけど、なんだか?


9月5日

結局、ぼくが関わった物販は、『四天王手拭い』1000本、『落語家風くまモン風呂敷』600枚、『落語家風くまモントートバッグ』600個、『桂二葉デザインオリジナル彦八まつりTシャツ』300枚は全て完売。

二日間1000本ずつ計2000本の『生玉の富』も完売。

拡声器で頑張りました。
ぼくの誕生日だったので、お祝いの声を掛けてくれたり『ハッピバースディー』をみんなで歌ってくれたり、ありがとう。
娘も『阿波踊り・はなしか連』と『徳島物販店』で二日間参加しましたよ。


9月4日

彦八まつり2日目もほとんど雨が降らず、恐らく過去最多のお客さん数でしょう。
今日も暑かった。日差しが強くて、かなり焼けました。

今回初めての「落語家綱引き大会」があります。ぼくが大会委員長です。
9チームがエントリーしましたが、2チームが女性チーム。男性チームは3人で引きますが、女性は6人です。
このハンディが予想以上に効きました。決勝戦は女性チーム対決になった。盛り上がったけど男性チームはブーイングですわ。

祭りの閉会式はいつでも悲しいですね。
また来年楽しもう!2日とも打ち上げには参加せず、娘と二人でタクシーで帰りました。


9月3日

さあ彦八まつり!
ぼくは早くから生國魂神社の境内に行きました。もう26回目ですねえ。1日は仕事で休んだこともあったけど、2日休んだことはない。皆勤ですわ。

今日は夜に「はなしか連」の阿波踊りがありました。娘も一緒に踊ります。娘は3歳くらいから参加しているのでは?
とにかく暑い1日でした。傘が要らないくらいの雨が降りましたが。

お一人だけお客さんが熱中症で倒れられました。落語家はみんな元気です。お客さんがいっぱいで、どの屋台もホクホク顔です。

明日の台風が心配。
オリジナルTシャツのデザインした桂二葉ちゃんと、笑福亭三喬実行委員長とボク。


9月2日

明日から『上方はなし 彦八まつり』です。
前は嬉しくて、1週間前から落ち着かなかったけど、今日になってやっとウキウキしてきました。

しかし大変!台風12号が来る。どうにか3日は持ちそうだけど、4日の最終日が危ない。
4日はぼくが大会委員長の『落語家綱引き大会』がある。大阪府綱引連盟の協力を得て、いろいろ用意してくるのに。さてどうなるか?
こういう時、ひとは不安になるらしいけど、ぼくは逆に人事のように楽しみになる。

カミさんは毎年、頼まれもせんのに境内で三味線を弾いていた。
彼女なりのサービスだったんだろうね。「カミさんが迷惑掛けてます」ぼくが猫のように襟を持って、と脇に連れて行ったもんだ。


9月1日

今日は『よどがわ河川敷フェスティバル』の公園使用許可の申請を福島区と守口市に行きました。枚方市の後援名義使用許可申請は郵送です。
毎年、かなり時間を費やす。福島区はこの1週間で3度行きました。どうもぼくのミスが多くて。守口はこれから数度行かなくてはならないかも。枚方はメールのやり取りになる。

でもぼくの仕事以外の活動をしていると勉強になる。ぼくも20代の頃は、麻雀・パチンコ・草野球などに時間を取っていました。今は何もしていない。
今の趣味は市民活動かなあ。

晩は仕事にいそいそと出掛けました。そして珍しく今日は家呑み。


8月30日

昨日が「西宮子ども落語講座」の最終回です。どうにか目処がついたという感じ。
始めてからひと月少し、自信がついた子と。オドオドしている子と。でも本番は楽しく喋られるはずです。

今年の子はすごく真面目です。それが良いというわけでもないけど、良く考えてくれます。
個人練習になっているから自分の番でない時は、好きにさせています。

追加練習は本番前にやるつもりですが、ぼくは発表会が楽しみです。
本番は9月10日(土)で、西宮北口駅前にある、中央公民館で10時からです。どなたでも見ることが出来ます。


8月29日

『よどがわ河川敷フェスティバル』のプレイベントで使った備品の大部分を我が家に運びました。
入ることは入りますが、家がすごい状態に。カミさんがいてたら怒ったでしょうね。ゴメンね。

近々、また家のモノを大量に放棄しよう。より「小さい家庭」を目指してね。

朝は、もう小学校の二学期が始まっているという話を聞き、あわてて「一人挨拶運動」に行ったら、ここはまだみたい。
仕方なく買い物をして帰った。

その後に、「子ども落語講座」で帰ったら町は台風モードだ。


8月28日

『第15回よどがわ河川敷フェスティバル プレイベント』です。木川南公園というところで開催しました。
朝は晴れていましたが、昼過ぎのスタート時から雨が降り出しました。どうなるかと思うと、30分ちょっとでやみました。そうなると暑いですね。

急な開催で、遊びに来る人は少なかったけど、各ブースはそこそこ売れていたみたい。ライブの「音ファミリー」のみなさんも良かった!

そしてやはり今日も打ち上げ。楽しい仲間と本番の10月16日が待ち遠しい。


8月27日

さあ「ヤカーリング世界大会」です。もう第20回目を数えます。猛者たちが千葉や香川からも参加しましたよ。

J:COM も中継に来て、カメラ3台にアナウンスが二人。10月10日に1時間番組で放映されるそうです。楽しみ~

その後は、ビンゴ大会に「夕暮れライヴ」の司会をやりました。
よく働いた後は、打ち上げです。みんなで40年くらい前のフォークソングを生ギターで歌いました。

楽しい仕事でした。


8月26日

さてまずは「こどもヤカーリング大会」です。この三位までは、明日の栄えある「ヤカーリング世界大会」に出場することが出来る。
その前は2日続けての「子ども御輿巡行」です。

続いて盆踊りがありました。「河内おとこ節」と「淀川音頭」と「三津屋音頭」が交互に掛かります。商店街の端から端まで、これは長いですよ。
フリマやお店も出ているから大変です。とにかくどんたくの時は、もの凄いたくさんの人出ですから。

今日は最後はのど自慢大会です。機械トラブルがありブーイングも。
因縁の戦い「オリオン製菓」VS.「ぼんち揚げ」は盛り上がりました。来年も必ず対戦するでしょう。


8月25日

今日から三日間『三津屋どんたく』の司会です。まず本日は「子ども御輿巡行」です。
ぼくが先導しながら、「町のみなさ~ん」とまつりの始まりを告げて歩きます。

御神輿はヤカンです。ヤカン御輿。三津屋商店街は「ヤカーリング発祥の地」として広く世界中に知られています。そうかなあ?

今日は巡行だけですが、明日からはかなり次々催しがある。久しぶりに三日間全部司会で参加する。


8月24日

今日は『アンデルセン童話落語会』です。ぼくは古典落語と『アンデルセン一代記』を喋ります。
アンデルセンについてかなり調べました。ちょっとずるい演出などしながら、どうにか高座を終えました。毎年の事ながら落ち着きました。

途中、抽選会などもあり、お客さんもライターの坂井さんのお陰で、そこそこ入りました。

来年はまた新しい作品を作ります。これも良い勉強になります。



8月23日

昨日は、繁昌亭10周年の「お練り」の下見です。文枝会長の人力車、お囃子花台車、そしてポイントでの阿波踊り。

「企画戦略委員会」が「お練り実行委員会」になり朝から行く、というのをぼくのスケジュールに合わせてくれて、酷暑のなか。みんな「仁勇のせいや!」とブーイングだ。確かにかなり暑かった。

本番は9月15日(木)ですよ。朝早いですがお越しください。落語家が50人くらい練り歩くかなあ~


8月22日

西宮市の『子ども落語講座』も佳境です。そろそろ覚えて、細かいアドバイスをします。
ちょっとやる気がある子と、お疲れの子も出て来ました。ここからがぼくの腕の見せ所。みんな楽しく発表会を迎えさせます。

今まで、普通の楽しい夏休みを送っていたでしょうが、今夏は落語漬けです。

しかし暑い日が続く。
本番は、ちょっと涼しくなっただろう9月10日(土)です。
小学生の可愛い落語にご期待くださいね。


8月20日

[酔いどれ二丁拳銃へのススメ]素の2@十三LEMINTONに行きました。
演奏は「Kokajian feat わく本初美」です。友人のはっちゃんです。

前の予定でいけないと思っていたのですが、急に時間ができ参りました。知り合いも数人来ていました。
Kokajianさんの話は面白く、良い話を聞けました。もちろんテナーサックスは最高です。ハイネケンを飲みながら贅沢をしました。

終わってからもゆっくりメンバーと飲みたかったのですが、急に原稿の依頼が入り、そこそこ、と言っても11時前に帰りました。


8月19日

月に一度の『第15回よどがわ河川敷フェスティバル』会議も、熱を帯びてきました。
8月28日(日)には、はじめてのプレイベントも開催します。具体的な話が進んでいきます。

目玉のひとつに『大お絵描き大会』があります。
画家のソルトさんが、ゲル(モンゴル移動式住居)のまわりに生地を張り、子どもらと一緒に描くのです。
こんなことはやったことがないので、本当に楽しみで、みんなや力満々です。
ぼくもテントの『太陽工業』の協力を頼み、テント地を大量に頂くことになりました。

みなさん淀川区木川南公園(最寄り駅は地下鉄御堂筋線「西中島南方」・阪急京都線「南方」)なので。お越しください。


8月18日

夕べは楽しかった。趙博さんと春間げんさんとのライヴです。十三の「風まかせ」に参りました。
このイベントは毎月開催しているのですが、なかなか時間が合わず、ずっと気にしているのだけど3回目くらいかなあ~

料理は松岡シェフの「お任せコース」です。

いつもは満席だったけど、今日はゆったりでした。こんな時もあるんですね。
趙さんの話にたくさんエネルギーを貰いました。


8月17日

夏休みの『子ども落語体験講座』小学校まわりも今日と明日2日。どちらも2校ずつ参ります。
今日は旭区と城東区です。近いので移動は楽。

和楽器五種と着物などですから、キャリーでコロコロと転がしていきます。道の舗装が良ければキャリーの機嫌も良いですが、なかなかそんなトコロばかりじゃない。

それでも子どもたちと会うのは楽しいね。


8月16日

徳島から娘が元気に帰ってきました。わずか四日ぶりだけど、ずいぶん顔を見ていない気がする。
大量の荷物を我が家に置いてから、近くのスペイン料理屋に参りました。

小さい頃は、乗り物酔いが激しくて、長距離のバスなどは心配でしたけど、大人になって体質が変わったのか、もう全く酔わないそうです。
踊りは晩だけだから、昼間には地元のプールに行ったらしい。行動も積極的になりました。これはぼくに似てきた。

今日はゆっくり休んで、また明日からはバイト生活です。
ぼくへの土産は、大量の洗濯物だけだったようだ。


8月15日

朝からカミさんのお墓参りです。
昨年の暮れに開眼法要したので、初めてのお盆供養になります。

灯籠を二基お願いしました。もう誰かがお参りに来てくれているようです。

墓石を触ると熱くて、可哀想な気がしました。水浴びさせてあげた。

悲しいですね、どんどん彼女が遠くなっていくのも辛い。
因みに、お寺さんが「ポケストップ」になってた。


8月14日

カミさんの月参り。ぼくも娘も元気ですよ。彩野は今晩も徳島で踊りますよ。

お盆だから、正月以来の混み具合だ。賑やかで良いねえ。臨時便も出ていて、無駄な時間が無くて言いです。サルスベリが綺麗だった。

案内人から声を掛けられた。
「もう、何回くらい参られているんですか?」
「はい、70数回です」と答えると驚いてた。

100回までには娘と一緒に行きたいなあ。これがぼくの今の夢。
今年もお盆はひとりです。


8月13日

お寺さんでお盆の法要です。まだ早いですが。
約300年前、大阪市内最古の民家だった『渡邊邸の離れ』に創建された自敬寺さんです。

やはり、いろんなことを考えてしまいますねえ~

さあお盆飾りの用意もできた。
カミさん、お父ちゃん、お母ちゃん、いつもでもおいでや!


8月12日

地元に現代美術館があり、オーナーの和田さんとは知り合いです。


草間彌生や元永定正の作品もあり、圧倒される空間です。どうしても知り合いたちに見て欲しくて、ぼくが声を掛けました。

みなさんに喜んで頂いたようで、とても嬉しいです。

また企画しましょう。それから胡麻料理フルコースも参りましょう!


8月11日

今日は高校の同窓会です。
毎年恒例になっている夏のビア・パーティです。

久しぶりに参加した友や、高校以来の友も来てくれた。

ここはプールサイドなので、落ちそうです。実際、2年前はぼくが落ちかけた。
二次会にも、縺れながら行って楽しみました。

まだまだみんな若い!
写真は同期生が撮ってくれました、


8月10日

8月28日に開催する、『よどがわ河川敷フェスティバル プレイベント』の会場となる公園の使用許可証が出ました。
早速、公園の管理事務所に頂きに行った。丁寧に説明して頂いて、市民のイベントの大事さを押さえておられる。

それに比べて、ねえ~

まあ愚痴は言いませんが、盆が過ぎたら忙しくなる。
久しぶりに時間ができて、晩の会議までの間、高校野球をゆっくり観ることが出来た1日でした。


8月9日

小学校の『落語体験講座』です。東淀川区と生野区との掛け持ちで、5種類の鳴り物を担いで死にかけました。
今日からぼくもお盆モード。夏の前半、よく働きました。

さて我が家には、Tシャツが百枚以上ある。邪魔だ!『よどがわ河川敷フェスティバル』のオリジナルですが、「YODOGAWA」(冨五郎の堀口画伯デザイン)の文字しか入ってませんので、サークルで揃えるという手もありますよ。つまり大量購入を期待してます。
一枚ナント1000円です。


8月8日

今日の朝は西宮市の『こども落語入門講座』です。

毎年は、半分は小咄なんですが、今回は本格的な落語が多いですね。
『寿限無』『平林』『味噌豆』『元犬』『皿屋敷』『道具屋』『化け物使い』などに本から取った新作落語まで。

教える時間が90分しか無く、なかなか大変だが、こどもの未来のために頑張るのだ!


8月7日

今日は、あるホールで落語をしました。25分間の枠ですが、しっかりと聞いて、よく笑ってくださった。
ぼくの前は、チアリーダーなどがあり、直前は「こども空手演武」でした。
迫力がありましたが、最後に「お祭りサンバ」に乗って披露するのには驚いた。お客さんは大喜びでしたねえ。

昨日、花火を見た、揺れる桟橋の影響で、体が少しスウィングしています。

そして晩は疲れを吹き飛ばすために、盆踊りへ踊りに行く。たくさん踊った!


8月6日

今日は講演会です。『遺族ささえ愛ネット』というNPO法人組織で喋りました。全員がご家族を亡くされた方です。
最近、講演ではカミさんのことを話したりしますが、丸々その話だけというのはもちろん初めて。予定で参加者が少ない、とおっしゃってましたが、席を後から作るほどたくさん来られました。
最後に、告別式の後に、ぼくが綴った文章を読み上げたんですが、ぼくの涙が止まらなかった。久しぶりに読んだからね。

いろいろ質問にお答えした後、淀川花火の桟橋に向かいました。


8月5日

今、天満あたりでたくさん貼られている『天神天満阿波踊り2016』に、うちの娘が写っています。
昨年の写真で、右側の茶髪です。今は茶髪ではありませんが。もう一人の『はなしか連』の法被を着た娘さんは、先輩の笑福亭学光兄の子ォです。
いつも年下のうちの娘をお世話して貰っています。

みなさん商店街で見つけたら、うちの娘の顔に○を付けてやってください。

これなら写真を上げても怒られないだろう。


8月4日

夏休みの小学校に「落語体験講座」鳴り物五種類と、着物を抱えて参ります。朝と昼からと二校です。
最初の方は児童が100人。次が20数人。どちらも楽しかったが、移動が地獄だあ!

前は、数日前に鳴り物を運び、当日、講座を開催して着物を持って帰り、また後日、鳴り物を持って帰ってきた。3日も掛かってしまう。
そこで昨年大きなキャリーを購入して、一気に運ぶことにした。

公共交通で、駅のエレベーターを探しながらの移動です。


8月3日

朝は西宮の「こども落語講座」です。
どうにか全員に台本を渡し、9月10日(土)の本番に向かいます。やんちゃもいてみんな良い子ですよ。本当に楽しみです。

それから図書館で資料調べをして、帰宅後、メールと電話の対応。これはあまり楽しくなかった。

その後は、「こども0円食堂」の絵本読み語り。今回も初のシチュエーションで、面白かった。毎回、違うというのが良いねえ。スタッフが気を遣うのが気の毒だけど、ぼくは全然大丈夫です。

その後、疲れを癒すために、盆踊りへ出掛ける。


8月1日

いよいよ8月です。
このところ事務作業に追われています。今日も、関わっているイベントの書類をいろいろ作りました。
なかなかソフトの違いで手強いのもありましたが、どうにか。

警察にイベント開催の申請にも行きました。ほとんど質問もなく通ったんですが、こんなことを何度するのか?

そのイベントは、『第15回よどがわ河川敷フェスティバル』のプレイベントです。8月28日(日)で、夏休み最後に開催します。
木川南公園で、地元の地域活動協議会のみなさんと協力して盛りあげます。
まだ細かくは決まっていませんが、乞うご期待!


7月31日

今年の初盆踊りです!
毎年5,6カ所の櫓を回ります。ぼくの夏の密かな?楽しみです。
今日は地元で、我が家のベランダから、櫓の見えるし太鼓の音は響いています。

早く踊りたいが、早い時間はまだ誰も踊っていない。生ビアを2杯飲んでから、いよいよ出番です。

次はいつ踊れるかなあ~


7月29日

9月4日の「上方はなし 彦八まつり」の2日目に、『落語家綱引き大会』を開催します。今年初めての試みです。
「大阪府綱引連盟」が協力してくださいます。ぼくが飛び込みで要請を仰ぎました。この辺は図太いぼくです。

そして電話やメールで、お話ししていたのですが、今日、お会いしました。

理事長は中学校の英語教師でした。快くこちらの希望を飲んでくださって、いろいろ協力してくださいます。

落語家同士が綱を引き合うのですが、そこはサービス精神いっぱいのみんなですから、仮装行列みたいになるのでは。
当日の生國魂境内でお楽しみください。


7月28日

今日は大事な日なのです。年に二度の、師匠への時候の挨拶。つまりお中元です。
一門のみなさんも集まり、楽しいひと時でした。

お昼からアルコールを頂き、いろんな話題が登場しました。
普段、師匠には不義理ばかりなので、笑顔で迎えてくださると、心底ホッとします。

毎年、天神祭と、師匠のご挨拶が終わると一直線。これからやることが山積みです。

和食コースで出たお造り。ちょっと氷が多いような。


7月27日

ぼくが実行委員長をしている『第15回よどがわ河川敷フェスティバル』は、資産がありません。
それでもどうにか継続するために、いろんな協賛を頂いています。ありがとうございます。

知恵を働かしているのですが、一般的に寄付を募ることになりました。「JAPAN GIVING」もそのひとつです。

もしも協力して頂けるなら、500円から可能です。
趣旨に賛同して頂けたら、よろしくお願いします。1,000円からは、ギフトの特展もあります。
詳細はこちらで。

http://japangiving.jp/p/4520


7月26日

お茶の稽古です。また少し抜けていましたから、今日は2回分稽古しました。。
天神祭も終わり、落ち着くかと思ったら、今日はイベント関係の電話、メールがワンサカ。その内容は、一喜一憂とはこのことかなあと。

今日は浴衣でしゃなりと。

上方落語協会の浴衣。斧(ヨキ)扇子(ハナシ)菊(キク)模様です。横溝正史の世界のようですが。


7月25日

天神祭の「船渡御」です。もう30年位参加しています。
なかなか宵祭り本祭りと両日参加することは無いのですが、今年は久しぶりに達成しました。

雨が心配されましたが、ほとんど降らず、みなさん目当ての花火も無事行われました。ちょうど真横を船が通って、綺麗だったなあ。

5時に道頓堀を出て、6時に大川に着く。8時過ぎまで船渡御に参加して、東横堀を道頓堀に戻る。
道頓堀はすごい人でした。

カミさんと娘と一緒に乗船したことも二回あった。そんなことを考える1日でした。


7月24日

2ヶ月に一度の『原田しろあと館寄席』です。
今回は「雪月花」さんとのコラボになりました。「雪月花」さんは、女性ボーカルと男性ギターのチームです。
聞きたかったけど、次がありまして、後ろ髪を引かれる思いで引き取りました。

昨年一昨年と、サルスベリが弱っていました。それをボランティア庭師の方が見事に蘇生させました。
ここへ来る楽しみの一つは、季節の草花を眺めること。

晩は、天神祭の宵宮です。『落語船』で、頑張ります!


7月23日

『直球サプライズ』の永田さんが、ソロライヴを行いました。みつや交流亭です。
永田さんは、11月に開催される、『三津屋音楽祭』にも参加してください、そのデモライヴといった感じです。

早速、オープンスペースには、永田さんの仲間が集まり、スタートから盛り上がりました。

オリジナルとカバーを含めて約10曲を歌いきり、アンコールも披露して終了!
本当に音楽って良いですねえ~


7月22日

明後日からの天神祭『落語船』の飾り付けです。暑かった~。船の金属の部分はどこを触っても火傷しそう。
水をどんどん補給しながら3時間働きました。どうやら仕上がった。

力仕事と、提灯などを扱うからデリケートな仕事があって、集中力が途切れると失敗や事故に繋がります。

終わってからは、ミュンヘンの生ビアです。
何杯飲んだかなあ?5時間位いた気がする。

さて良いお祭りでありますように!


7月21日

彦八まつり総会です。たくさんの上方落語協会員が集まりました。
ぼくは彦八まつり実行委員なので、この後の記者会見にも参加します。
今朝は、成功祈願祭から始まりました。生國魂神社の拝殿に並び、お神楽を受けて祝詞を上げて頂いた。

舞を披露した巫女さんは、昨年、権禰宜さんと一緒に飲みに行った女性みたい。巫女さんはお酒が強いですから。

暑い1日でしたが、祭り本番の9月3,4日もそうでしょうね。


7月20日

朝からあちこちに行って、晩は久しぶりの識字教室のコーディネーターです。
毎回行きたいのですが、なかなか時間が取られません。でも教室は生徒で一杯ですわ。

今日はベトナムの青年と席を並べました。真面目な人で、一生懸命勉強して、いろいろ質問します。答えるのも大変です。
また、今日が一学期の閉講式なので、宿題もたくさん用意していました。

昼間見た木槿は満開です。これから2ヶ月くらい咲くんでしょうね。
真夏です。


7月19日

10月16日(日)に、開催される『第15回よどがわ河川敷フェスティバル』が、9月17日(土)から開催される『淀川アーバンキャンプ』に出店することになりました。
今日はその確認会議です。いろんな企業の方が来られていました。なにせ淀川河川公園事務所と商工会議所が主導ですから。

そこで「長いものに巻かれる」気持ちで参加表明しました。

詳細はまた申しますが、6日間ぼくたちはブースを出します。仲間が増えたら良いんですが。

8月28日(日)には、木川南公園でプレイベントがありますし、着々と進んでおります。


7月18日

朝から万博球場へ行きました。高校野球大阪府予選の第二回戦です。母校の応援に参りました。毎年、行ける限りは行って30年くらい。
早速、先に駆けつけている校長、教頭と試合前の様子を聞いて、仲間と一緒に観戦です。

はじめは投手戦でしたが、5回に我が校が4点入れました。最終的には9回まで行って、2-5で勝利しました。
ぼくはLINEとフェイスブックで経過を発信しながらです。まあ暑かった!

それから次の予定まで、遅れそうに成りながら、一度帰って用意をして…。
3回戦も行きたいけど、これは無理みたい。ガンバレ!


7月17日

カミさんの月参りです。また来ましたよ!
天気が良くなりそうなので、思いきって。どうにか参られました。今日を外すとまた忙しなくなるからね。
雨のあとに照って、雲海みたいになってます。写真で撮しても分かりにくいですのでアップしませんが。

ぼくが触っているのは、日露戦争祝勝で奉納された砲弾です。
戦いを褒め称えた時代。二度と戻って欲しくない。


7月15日

高校の先輩が亡くなった。今日が告別式。
落語研究会の先輩で、その後、ゆっくりと関大に進学して、落語大学(落語研究会)で関大亭笑鬼さんになりました。

ぼくは年に一度会うぐらいでしたが、40年の付き合いですから。

昨年、池田の全国社会人落語コンテストで優勝!日本一の社会人落語家になりました。
その時はがん闘病していたんだねえ。出棺は6代目笑福亭松鶴の『船行き』でした。

たくさんの方が駆けつけて、涙を流されていました。お空まで聞こえたでしょう、ニッシャン!
またカミさんの出棺時のことを思い出しちゃった。アマチュア落語ですけど弾いてあげてね、アンタ。


7月14日

なかなか映画を観る時間がありませんでしたが、やっと時間が取れました。
今日の映画は『さとにきたらええやん』です。

“日雇い労働者の街”と呼ばれる西成区の釜ヶ崎です。「こどもの里」はそこで38年に渡り活動を続けています。
○誰でも利用できます。
○子どもたちの遊びの場です。

○利用料は頂きません。
○教育相談 何でもききます。
○生活相談 何でも受け付けます。
○いつでも宿泊できます。

音楽は釜ヶ崎出身のヒップホップアーティスト、「SHINGO★西成」です。またこれが良い。


7月13日

淀川河川公園管理センターが発行する、~淀川河川公園を楽しむ情報誌・葦笛~『よしぶえ』に『第15回よどがわ河川敷フェスティバル』の記事が掲載されました。

今年は淀川河川公園が主催する、『淀川アーバンキャンプ2016』にも『よどがわ河川敷フェスティバル』として参加するのです。また詳細はお知らせしますね。

一緒に掲載して頂いたプレイベントは、8月28日(日)に、木川南公園で開催されます。

みなさんどちらもお待ちしています。


7月12日

久しぶりにお茶の稽古。今日は二回続けて習います。浴衣姿で参りました。

今日は、朝から『よどがわ河川敷フェスティバル』オリジナルT シャツに掛かり切りですわ。
もともと1500円でしたが、思い切って1000円で販売中!
何故安いか?と言えば、置く場所が無いからです。段ボール3箱ありますからねえ。今年は約150枚を資金に替えます。

欲しいと思う方は、どうにかぼくに連絡を取ってください。


7月11日

ぼくが実行委員長を務める『第15回よどがわ河川敷フェスティバル』のプレイベントを河川敷近くの「木川南公園」で開催することになりました。
プレイベントは、ぼくが実行委員長になってから初めてで、どんな風になるのでしょうか?
地域と共に開催したいので、木川南地区地域活動協議会の会議にも出席させて頂き、説明しました。

そんな大きなイベントにはしませんが、本番の弾みになれば良いです。
そんなわけで、今日は管理する「十三公園管理事務所」で、申請書などを頂きます。

これから夏、秋に掛けてイベント続き、負けずに本業も頑張らなければ!
とにかく熱い暑い夏になる。


7月10日

今日は繁昌亭昼席の千秋楽です。
実は初日に風邪をひき、大病ではないのですが、咳が出て声が嗄れていました。
今までは、支障なかったのですが、今日は少し堪えました。

そんな時、米團治師から、楽屋へ差し入れの『獺祭』の特選大吟醸!これはなかなか手に入らないらしい。
これは飲みますわなあ~。

本当は楽屋で飲酒はダメなんですが、味見と言うことでお茶碗半分だけ。
さすがに美味しかった。ビア党のぼくも喉がなる。

1週間みなさんお疲れ様でした。


7月9日

今日は「第1回交流亭マルシェ」です。若いママ達が、得意の手作りグッズを販売します。
物販だけではなく、ワークショップもあるし、遊びに来ても楽しい。絵本の読み語りや、手遊び歌の時間もあります。

11時からのスタートでしたが、もうオープン前から人が集まっています。問いあわせもあるようです。

次回は9月です。みなさん「みつや交流亭」にお越しください。
ぼくは急いで繁昌亭の舞台へ。そして帰りはもう一度寄りました。


7月8日

昨日は繁昌亭の「七夕イベント」です。
ペアで浴衣なら、オリジナル大入袋を差し上げます。ところがひと組でしたが?

これを担当するのが、この度設けられた『上方落語協会企画戦略委員会』です。誰と戦うのか?良く分からないですが。

さてその会議もありました。
いろんな提案があり、まずは9月15日に開催される「繁昌亭10周年イベント」です。早いもんですね。


7月7日

さて今日は七夕です。今、娘はバイトで遅く帰ると思う。
最近遊んでくれないから、ちょっとお願いをしましょう。短冊にこんなことを書いて、テーブルのペットボトルに置いておく。さてどうなるか?

恐らく「つまらんことしな!」と怒られるのが落ちでしょう。

「彩野さんが毎日げんきなように」
「家族二人がいつも中が良いように」
「お父さんを大事にしてくれますように」

お願いします。



7月6日

今席の繁昌亭の楽屋口の掲示板には、ぼくが掲載された読売新聞が貼られていました。
カミさんも三味線弾きですから、大事な情報かもしれないけど、ぼくの気持ちはビミョー。

でもね、カミさんの事を仲間内が忘れないで居てくれることが重要です。相変わらず、ぼくの前では誰もカミさんの話をしないけど、みんなどんな風に考えているのだろうか?昔のことと思ってるかな?

まわりの記事は、良い話題ばかりだから、ちょっと異質です。


7月5日

朝から走り回りました。図書館に二度も行き、銀行や郵便局にも。ちょっといろんなことに関わりすぎですわ。
とにかく昼からは繁昌亭です。大入が出て嬉しい限り。

好きな落語を喋ってお金を頂けるのは、今の世の中有り難いことです。それならもうちょっと稽古すりゃ良いのにね。

出番のあとは、彦八まつり実行委員会の会議です。もう2ヶ月ですもんね、詰めていかねば。

晩もイベントの会議です。


7月4日

今朝は、大変。繁昌亭出番は、昼からだと思って、シャワーを浴びていると、今週1日だけ、朝席も入っていることを思い出した。「何曜日やった?」「週の始めか?」「火水は朝から予定があるから、それ以外やわ、ハハハ、あれ!」顔がひきつりました。

慌てて予定を見ると、やっぱり!すぐ電話を入れて用意をしてタクシー飛ばした。どうにか終えました。

薄布団を洗濯機で洗ったままなので、帰宅して干してまた出勤。

今日のトリは鶴瓶兄。楽屋で「仁勇、あのなあ」とご相談。詳しい事は言わないけど、鶴瓶兄の落語で、ぼくの名が4回ほど登場した。