1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年

「夏への扉」ライブ年表 1991年
1/8 友部正人さんプロモ撮り 夏への扉およびこの近所でプロモーションビデオ撮り。昼は天徳でご飯を食べた。
1/20 反戦デモ 17日に湾岸戦争が勃発。なんだか嫌な気分の戦争だった。日本の協力(?)を含めて終結まで毎週日曜日に横田基地反戦デモをする。いてもたってもいられなかった。3月3日停戦。
5/29 NO WAR トレーナー 青梅ひまわりクラブオリジナルの「NO WAR トレーナー」をつくった。まずは自分たちが着たかった。停戦後も嫌な気分は続いていたのだ。
7/6 OME ACOUSTIC LIVE vol.6
谷川俊太郎「愛について」
谷川さんの詩をよく読み勉強したね。当日は青梅ひまわりクラブのメンバーで群読をした。
7/19,20 ボリビアのウカマウ集団制作
『地下の民』ビデオ上映会
缶ビール付500円にもかかわらず、3,4人しか来なかった。
7/23 広河隆一写真展
「チェルノブイリと核の大地」
青梅市民会館にて。
8/24 荒木米子
『友のゐる風景』
(カパルアピ刊)出版記念パーティー
車椅子で活躍する荒木さん。自立に向けてスタート!
24 OME ACOUSTIC LIVE vol.7
豊田勇雄「タイから吹く風」
「タイでは・・・」ではじまる語りも素敵だった。
9/28 OME ACOUSTIC LIVE vol.8
黄佑哲
大入り満員儲かった。
11/19〜24 すみえ通りシクラメンまつり
「街は緑の美術館」
青梅宿アートフェスティバルの原点。
12/14 OME ACOUSTIC LIVE vol.9
マルセ太郎「スクリーンのない映画館」
語りによる映画『泥の河』。その前に演ったパントマイムもよかった。よかったぁー。
※一部『I am(アイ・アム)ーこれからの私たちの「かたち」をもとめて』(佐渡ひろみ編著・クレイン)からの引用がありす。この本は夏への扉にて販売中!(1800円+税)

Copyright natsutobi. All rights reserved.