やってみた聖地巡礼

 

 

けいおん!豊郷小学校 編

「TVアニメ、けいおん!」

まぁ、まさかと思うが、このサイトに来る人で「けいおん!」を知らない人は
いるとは思えないが、一応説明しておくと、高校生になった主人公の
軽音部に入り、その仲間と部室でお茶を飲んだりお菓子を食べたり、
楽器の練習もしたりなどで、高校生活を過ごすアニメである。

原作はかきふらい氏で、アニメはご存知京都アニメーションが製作している。

 

 

けいおん聖地巡礼!

「初の聖地巡礼!」

ある日、僕が所属チームのサバゲに参加していた時、同じメンバーのK君から、
けいおんの聖地、豊郷小学校に行かないか?と半ば冗談の様な誘いを受けた、、、
当初、というか実際行く寸前まで余り乗り気ではなかったのだが、バイクのツーリング
も久々にやりたかったので<一緒に行こうと返事をしてしまった。

しかし、

余り乗り気ではなくても出発当日が近づくとだんだんと気分もヒートアップ
そして夏のある日、僕とK君は大阪は四条畷に集合し、一路滋賀県豊郷小学校
へと向かったのであった、朝の八時ごろである。

 

「宇治駅から勢田川沿い!」

さて、久々のツーリングである、なかなか爽快な滑り出しで快適、
それはなんと言っても後に俺とK君が言い合うようになった、
第二京阪は俺らの為に出来た、というくらいすいすいと進める便利なこの新しく出来た
高速道路のおかげである、因みにわしらは高速には乗らずその下のまさに下道
を走っていた、実はこの方が上の高速道路が日傘になってバイク族には
ありがたいのだ、そしてまずは京都に向かった。

そして、京都はJR宇治駅で休憩プラスちょっと物を食べ、そこからの勢田川沿い
に今度は琵琶湖畔に向かうのだが、この道路がまさにこれぜバイクツーリング
だぜ!というくらいナイスな道路だった。

 

「湖西道路を走る!」

さて、琵琶湖の南端辺りに到着、ここから豊郷にむかうのだが、この湖西道路が
空いてるアンド信号など無しのノンストップ道路でひたすら走る。
もちろん左手には琵琶湖を眺めながら、、、

− 琵琶湖 −

琵琶湖って綺麗なんだな、バイクから見る限り、、、

 

「遂に豊郷小学校に!」

そして遂に豊郷小学校近辺に到着、この辺ではもう俺の気分はマックスボルテージ!
K君と一緒におおーー!おおーー!といいながら携帯撮影の嵐!

− 豊郷小学校正門正面 −

もちろん、正確には旧豊郷小学校です。

 

「痛車!」

学校敷地内には駐車場もあって、痛車が停まっています><

− 痛車 −

けいおん痛車です。

 

− 痛単車 −

痛いバイクもあります。むぎちゃん仕様のようです。

 

 

− あの胸像 −

敷地内に入っていくと、さっそくあの胸像を発見、さらに俺らの気分は
ヒートアップ。

 

「取り壊し計画!」

知ってる方もおられるかもしれませんが、この旧小学校の建物、何年か前に取り潰しの
計画があり、それを地元住民が体を張って取り壊しを阻止しようとしているのが
ニュースで流れた事があるのです。僕は偶然にもTVで見ていたのですが、当時僕の感想では

「維持費どうすんだよ!?住民エゴだね」

などと勝手に思っていたが、、、浅はかだった。

学校敷地内や学校内に入って遂に当時の地元住民の人たちの気持ちを理解できた

どうかと云うと、この建物、ありとあらゆる角度から見て日本人の想像する
懐かしい小学校の構内を完璧に具現化しているのです。

構内に入るにつれて、

「これは壊したらあかんやろ!」

と思うようになりました。もちろん取り壊そうという側にも理はあると思いますが、
それ以上に、これを壊すのはもったいないと、まぁ普通の人なら思うでしょうね。

 

− あの手すりのオブジェ −

 

− あの廊下、床の黄色の半円線が! −

 

「偶然!」

− 部室 −

軽音部の部室とされる部屋にはなんとお菓子のオブジェが、、、
すげえ、、、。

− なにやら演奏 −

なにやら隣の部屋で楽器練習をしています、なぜ??、、、
その理由は後に解るのです。、

− 黒板 −

部室とされる部屋などを俺とK君は色々と回っているのだが、結構な人である、
単純にけいおん人気で人が多いと思っていたのだが、、、

俺達がこの日をセレクトして豊郷小学校に来たのは、特に意味も無く、
単に都合が良かった、ただそれだけだった。

しかし、実はこの日はなにやらイベントがあって、それなりの演奏会が
隣接建物で行われるのだった。しかし、俺達がこの日のイベントを知るのはまだまだ
後になってからで、実際には終わってみて何となく解り、帰宅後
K君が調べてくれたので当日の詳細が判明したのだった。

 

− 講堂 −

とにかくこの旧小学校、正しく懐かしい日本の小学校を具現化しているのだが
この講堂もまたそそる。しかも結構サイズが小さいのが可愛い。

 

−小学校左手の施設−

この建物も、けいおん作中に出てきています。そしてこの日この建物の中で
お誕生日イベントが行われたのでした。

この建物、やはり最初から人の出入りが多く、到着当初からなにやら
怪しいと俺とK君は気づいてはいたので、後回しにする事になり、最後にこの
建物内に入る事になりました。

入ってみて、やはり何かあると感じてうろうろしながら、建物内の2階に上がると
そこからは1階が上から見下ろせるようになっており、そこで待機する事になった。

この時点になると、さすがにもう何か演奏会か何かイベントだと感づいており
だんだんとこれから起こるだろう想定してないハプニングにハラハラモードに!

 

 

 

「演奏!」

− 2階席より −

なんと、唯、律、あずさ、紬が会場内に現れる。澪がいないのは
残念だが、、、。

ちなみに学校内にはコスプレイヤーが一杯います。
男女関係無くけいおんキャラになりきっています。

 

− 演奏会! −

 

ででーん!始まりましたー、5,6曲位でしたがけいおん音楽を演奏してくれました。
俺とK君はこの予想外のイベントにもう感動です。

当初、1時間半くらいでこの豊郷小学校を後にする計画でしたが、結局3時間以上は
居てしまった。

そして、この日の驚きの出来事が俺をアニメ聖地巡礼マニアに、仕立て上げて逝くのだった。

 

「その他、聖地巡礼!」

 

− 何か出てきた神社 −

一緒に行った、つまり誘ってくれたK君だが彼はどうもかなりけいおん聖地に詳しく
およそ、ただのファンでは見向きもしないようなところでも整地として詳しく
知っているようだった。

上の神社は何話か知らないが、出てきた神社。

 

− 痛い絵馬 −

ご覧のように、完全に侵蝕されています。

 

 

− あの唯がギターを買うお店 −

店内にはもうけいおんアゲネタはあまり無かった。

 

 

− あの川 −

OPに出てくるあのシーンの場所です。

川に足を入れてみたのですが、予想では冷めた!と驚くはずでしたが
ぬるかったです。いわゆる鴨川です。

 

と、今回は第1次けいおん聖地巡礼レポートでした。

 

10年以上前、私が東京に住んでいたとき、映画で「タイタニック」というのが
流行った。しかし、なんでも斜に構えてブームに変に乗らないのが真の映画オタ
などと勝手に考えて見ずにいたのだが。それから1年以上経ち、お休みの日に暇でしょうがなく
池袋の裏手をうろうろしていて、なんと映画「タイタニック」がリバイバル上映されていた。
暇なのでしょうがないという理由で観たのだが、、、

感涙した、、、その時以来僕は世間で流行っているのはやはり何か面白い
ところがあるので、試せるチャンスがあるならやってみようという
ポリシーに変わった事がある。

今回もまた、それを実証した感じで、聖地巡礼というのは
何か面白いものなのだなぁと思ったのだった。

 


あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない編

行ってきました!

あの花聖地巡礼!

そう、あの秩父の山奥に!

この夏例のオリフェスに参加するついでに同じ埼玉県にある秩父に
行ってきました、いわゆる聖地巡礼というやつです。

舞台は秩父、テーマはあの花

まさか、このホムペの閲覧者であの花を知らない人はいないと思いますが
簡単に説明すると、

子供の頃の遊び仲間の一人の女の子(めんま)が事故死してしまうが、
その幽霊がかつての遊び仲間の主人公(じんたん)の元に現れて
あーだのこーだのする話、最後は成仏します。

基本は青春群像アニメですが、それ以上に画期的な幽霊ものです。
てか、幽霊ものと念を押さないと忘れてしまうくらい物理的な質量を持った
幽霊です。一応、主人公にしか見えないのですが、、、。
あと、幽霊のくせに空を飛んだりとか壁をすり抜けたりとかの
一般的な幽霊技がまったく出来ません
出来るのは「蒸しパン作り」だけです。
オバQですら靴に変身だけは出来るのに、、、。

ハリウッドの元祖幽霊映画「GHOST ニューヨークの幻」を500年進化
させた感じのフリーダム幽霊映画です。

とりあえず、第1話見て面白いと思えは最後まで見れます。

 

では、出発。

 

「秩父線、熊谷駅」

まずは、秩父線から秩父駅に向かいます、あの花では西武線と西武秩父駅が
舞台ですが、まぁ行った後で気づいたので、、、

 

「秩父へ向かう車窓」

私は今を去ること十数年前は東京に住んでおり、何となく当時にこの秩父か
長瀞辺りに来たような気もするのですが、まったく風景とか覚えていない。
熊谷からは結構長い間平地を走り、秩父を連想させる山の中を
列車が走り出すのは秩父まで半分を過ぎたくらい。

車内をぶらーっと歩いてみましたがいかにも聖地巡礼という感じの
人は見受けられなかった、、、。

 

「秩父線、秩父駅」

到着、秩父駅です。やはり田舎になるにしたがって駅がだんだん
ぼろっちくなってくるのがいいですねぇ。

 

「おもちゃ屋 みふね でのレンタサイクル」

レンタサイクルと巡礼マップをゲット、マップは秩父駅の駅員さんに
言えばもらえます。正直、ちょっと恥ずかしかったが言ったらすぐくれた。

 

 

今日はここまで、、、

 

 

 

その2、

「秩父神社」

やってきました、聖地の第一歩はここ秩父神社です。電車の中ではそれっぽい人は
いなかったのですが、この辺りに来るともううじゃうじゃそれっぽい人達が
います。

「秩父神社の横」

あの「ゆきあつさん」がじんたんに詰め寄るシーンの場所です。

 

「定林寺」

きたぁ!あの花といえばこの神社です。因みに結構入り組んだ所に
あります。

 

「定林寺、参道」

しっかし、それにしても現地そのままのカットにびっくり。

 

現地でレンタサイクルを借りれたのがラッキーでした、秩父駅周辺に聖地は点在し
殆どメジャーなところは歩いてでも行けますがやっぱり、自転車があると
機動力が違います。どんどんどこで行けます、、、。

しかし、それがこの後、地獄を呼ぶとは、、、

 

 

その3、

「旧秩父橋」

キタァ!この橋無くしてあの花は語れませぬ、旧秩父橋です。
この辺りではもう周り中巡礼者だらけです。

 

「旧秩父橋の下を覗いたところ」

まぁ、トレース疑惑が出るくらいぴったしですな。

 

さて、秩父市内での巡礼はこれで大体終わった、ついで私が目指したのは
龍勢というでかいロケット花火を打ち上げる場所です。

ご存知あの花では重要な場面に出てきます。

しかし、この市内からはちょっと離れた場所にあるらしい、、、

しかし俺にはレンタサイクルがある!

地図だとこんな感じ、右下の青四角が秩父橋で左上の下吉田キャンプ場横に
打ち上げ場所があります。

こんなん俺のチャリパワーなら楽勝だぁあ!

と、思っていましたが甘かった

ルートは秩父橋から270号線、37号線を経て到着予定、
距離的には13kmくらい、、、

楽勝だぜ!

、、、甘かった。実はトンでもない山道を越えなくてはなりません。
このハートブレイクヒル(心臓破りの坂道)がとてつもなく大変でした。

しかも、今日は8月13日、晴天だぞ!

久々に汗でびっしょりになりました。

途中、なんどあきらめようかと思ったことか、、、

しかし、あきらめたらここで試合終了だよ、、、と考え自転車を押し押し押し
て山道を越えました。坂が急なのでとてもこげません。

そしてたどり着いたのが、、、

 

「龍勢打ち上げ櫓」

です。

感動!感涙!ついに到着です。同じく巡礼者の人と話して
自転車で来たと言うとびっくりされてました。

あの花はいわゆる青春群像アニメで、昨今の日常アニメと違って
人の死が絡んでいる為ちょっとシリアスです。

個人的にはめんま(ヒロイン)事故死の謎をめぐる推理サスペンス
みたいなのを期待してたのですが、あまりそういう方向には
すすまず、幼馴染に対する恋心と鞘当、仲間内での嫉妬心みたいなのから
くる集団内での葛藤をいかにクリアするかという展開でした。

 

8月のクソ暑い中、龍勢打ち上げ櫓を見上げていました。

 

そして、この地点到着を以って
俺にとって春から夏まで熱中させたアニメ

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」

は俺の中で終わったと思った。

帰りの山道強行、片道1時間半の半ば、例によって汗だくになりながら
そう、思った。


かっけぇーんすよ、じんたん。

 

おしまい。