L3スイッチ の設定(基礎編)



1.VLANの基本設定

さてここではFoundry社のL3スイッチを例にとって説明します。コマンドはCisco社のものに酷似していますので、判りやすいかと思います。

● まずL3スイッチにコンソール接続します。ルータのシリアルポートと、パソコンのシリアルポートを繋ぎます。ケーブルは通常DB-9pinですが、オス・メスやクロス・ストレートは製品によって異なりますのでマニュアルを確認してください。
 ※コンソール接続の方法が判らない場合はこちらを参照して下さい。

loginの仕方はルータと同じです。

L3SW>
L3SW> enable
Password:
L3SW#


● L3スイッチにはルータと違ってVLANの設定が必要になります。VLANの説明は後にして、まずはコマンドをお見せしましょう。

L3SW# config terminal
L3SW(config)# vlan 8 name 1F by port
L3SW(config-vlan)# tagged ethe 1
L3SW(config-vlan)# untagged ehte 2 to 12
L3SW(config-vlan)# spanning tree

さて、ここでは何を設定しているのでしょうか。

行数 コマンド 作業の意味
1行目 config terminal 設定モード(configモード)に入る
2行目 vlan 8 VLAN-ID 8 のVLANを作成する
  name 1F そのVLANに「1F」と名前を付ける(※名前は任意)
  by port このVLANはL2(データリンク層)のVLANである
3行目 tagged ethe 1 Ethernet ポート1番をVLAN 8 のタグ付きポートに指定する
4行目 untagged ethe 2 to 12 Ethernet ポート2番〜12番をVLAN 8 のタグなしポートに指定する
5行目 spanning tree VLAN 8 にスパニングツリー(STP)を設定する

そもそもVLANとは何か?が判らない人はVLANの理論を学ぶ必要がありますが、ここでは割愛します。
VLANとはサブネットをL2(データリンク層)レベルで分割する技術であり、タグを付けることにより別のL2スイッチとの間にトンネリングを実現するものです。ここではethe 1 ポートはVLANのタグを付けたフレームを送出します。ethe 2〜12はタグ無しポートなので、通常のL2スイッチとなんら変わりません。


● さてこのへんでちょっと混乱してきたかもしれませんので、整理します。ネットワーク機器には以下の種別があります。

種別 OSIの階層 機能説明
ハブ 物理層 ただ分岐させるだけ
L2スイッチ データリンク層 分岐させ、コリジョンドメインを分割する
L2スイッチ(VLAN機能付) データリンク層 上記に加え、更にVLANで分割する
ルータ ネットワーク層 ルーティングをする(※VLANは無関係)
L3スイッチ ネットワーク層 L2のVLANに加え、ルーティングもする

● ここでもうひとつ更に混乱しますが、実はVLANと言えば通常はL2(データリンク層)の事なのですが、L3スイッチではL2のVLANと、L3のVLANがあります。後者をサブネットVLANと呼んだりします。

サブネットVLANの設定は以下の通りです。

L3SW# config terminal
L3SW(config)# vlan 8 name 1F by port
L3SW(config-vlan)# tagged ethe 1
L3SW(config-vlan)# untagged ehte 2 to 12
L3SW(config-vlan)# spanning tree
L3SW(config-vlan)# ip subnet-vlan 192.168.10.0/24 name 1F
L3SW(config-sub-vlan)# static ethe 1 to 12
L3SW(config-sub-vlan)# router-interface ve 1
L3SW(config-sub-vlan)# interface ve 1
L3SW(config-int)# ip address 192.168.1.254/24
L3SW(config-int)# end
L3SW#

これでサブネットVLANが作成されました。コマンドの意味は。。。

行数 コマンド 作業の意味
6行目 ip subnet-vlan 192.168.10.0/24 name 1F 1Fという名前で、192.168.1.10/24のサブネットをL3のVLANとして作成する
7行目 static ethe 1 to 12 static(静的)ポートとしてethe 1 〜12 をこのサブネットVLANに含める
8行目 router-interface ve 1 このサブネットVLANにバーチャル(仮想)インターフェースをve 1 を作成する
9行目 interface ve 1 インターフェースモードに移り、ve 1 に入る
10行目 ip address 192.168.1.254/24 ve 1 にIPアドレス 192.168.10254/24 を割り当てる
11行目 end グローバルモードに戻る

ここで大事なのはve:(Virtual Interface)を作成したことです。これはルータのポートと同様にIPアドレスを持ちます。ここがL2スイッチのL2VLANとは違う処です。L2スイッチのL2VLANはIPアドレスを持ちません。何故ならIPとはL3(ネットワーク層)だからです。
IPアドレスを持ったことにより、このL3スイッチはルータと同様にルーティングが可能となりました。

具体的な使い方としては、ethe 1 はタグポートなので、上位のスイッチやルータへと繋ぎます。ethe 2〜12にはサーバや端末などを接続します。そしてve1 のアドレスが、サーバや端末にとってのデフォルトゲートウェイ(GW)と成るわけです。

● 現状のVLAN設定の確認

L3SW# show vlan










TOPへ