ルータ の設定(基礎編)


1.ルータとL3スイッチの違い
2.ルータの基本設定
3.IPアドレスの設定
4.設定やステータスを表示させる
5.設定を保存する
6.TFTPサーバを使ってみる



1.ルータとL3スイッチの違い

● ルータはL3(ネットワーク層)で動作し、ルーティングを行います。
● L3スイッチはL2(データリンク層)とL3(ネットワーク層)の双方で動作し、スイッチングとルーティングを行います。

つまりL2スイッチとルータを足したものがL3スイッチだと考えて戴いて差し支えないでしょう。外観から判断するには、一般に2ポートのものはルータで、24ポートとか48ポートとかのものはL3スイッチと思って良いでしょう。 何故か? ルータはサブネットとサブネットを中継するものですから、ポートは二つの事が多いのです。(4ポートのルータなどもありますが) それに大してL3スイッチはL2スイッチ機能を持ちますから、L2スイッチは直接サーバなどを接続しますから当然24とか48とかの多数のポートが無ければ意味がありませんね。

ちなみにここでいうルータとは業務用の高性能ルータのことで、家庭用のブロードバンドルータやダイヤルアップルータとは別物です。どこが違うかというブロードバンドルータとは性能が桁違いです。会社の社内LANやプロバイダ(ISP)で使用するルータはとても高価なのです。家庭用は1万〜数万円で購入できますが、業務用は数十万〜数百万円です。また家庭用はスタティックルーティングとせいぜいRIP(小規模ルーティングプロトコル)くらいしかサポートしていませんが、業務用はOSPFやBGPなど大規模ネットワーク用のルーティングプロトコルをサポートしています。またVPN(仮想プライベートネットワーク)やACL(アクセス制御)といった機能もついています。
またダイヤルアップルータというのはいわゆるルータとは全く別物で、接続されたパソコンやLAN内のパソコンから外部への接続要求があった時にだけ、ダイヤルアップをモデムの代わりに行い、自動的にインターネットに電話回線で繋げてくれる装置です。




2.ルータの基本設定

さてここではシスコ社のルータを例にとって説明します。ルータのコマンドはメーカーによって異なりますので、ここでは単にルータと言ったらシスコ社のものを指すこととします。

● まずルータにコンソール接続します。ルータのシリアルポートと、パソコンのシリアルポートを繋ぎます。ケーブルは通常DB-9pinですが、オス・メスやクロス・ストレートは製品によって異なりますのでマニュアルを確認してください。
 ※コンソール接続の方法が判らない場合はこちらを参照して下さい。

まずUserレベルのプロンプトが出ます。このレベルでは出来る操作が凄く限定されてしまうので、管理者レベルに入ります。なお初期設定時にはパスワードが設定されていないので「Password:」プロンプトは表示されません。これはセキュリティ上問題があるので、このあとすぐにパスワードを設定します。

Router>
Router> enable
Password:
Router#

このようにプロンプトが変化します。ここでは「#」が管理者レベルとなります。また入力するコマンドは太字で表します。また「?」を入力すると、そのレベルで実行可能なコマンドの一覧を表示出来ます。

Router# ?
clear               Reset functions
clock               Manage the system clock
configure            Enter configuration mode
copy               Copy from one file another
 :
(略)


● ではルータに簡単な設定を施してみましょう。まず時刻を設定してみます。

Router# clock set ?
hh:mm:ss      Current Time
Router# clock set 18:59:31 ?
<1-31>       Day of the month
MONTH       Month of the year
<1993-2035>   Year
Router# clock set 18:59:31 18 May 2007

これで完了です。「?」は便利でしょう? 結果は show clock コマンドで確認してみて下さい。
次にホスト名を設定してみます。

Router# config terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)#
Router(config)# hostname Amateras
Amateras(config)#

まずグローバルコンフィグレーションモードに入ります。殆どの設定はまずこのモードに移ってから行います。ちなみに「config terminal」などと長ったらしく入力しなくても「con t」と省略形で同じ事が行えます。そしてホスト名をここでは「Amateras」と設定してみました。するとプロンプトが変化しましたね。

次にパスワードを設定しておきます。

Amateras(config)# enable password Rt84fkcW

パスワードは英数小文字・大文字・数字をランダムに並べた乱数が望ましいです。ここでは適当に「Rt84fkcW」と設定してみました。しかしこの場合だとルータの設定ファイル(以下configと呼びます)にパスワードが平文で表記されてしまいます。configはトラブル時などにメーカーに見せたりする事があるので、パスワードが見えるのは非常にまずいです。そこで実際には以下のコマンドを使用します。

Amateras(config)# enable secret Rt84fkcW


では用も済んだのでいったんルータからlogoutしてみましょう。

Amateras(config)# exit
Amateras#
19:20:37 %SYS-5-CONFIG_I: Configured from cnsole by console
Amateras# exit
Amateras> exit

Press RETURN to get started.

logoutするには順に「exit」と入力してゆきます。これで初期画面に戻りました。。。




3.IPアドレスの設定

さてルータを使える状態にしたら、インターフェースにIPアドレスを割り当てます。このルータは次の二つのサブネットを中継するものだと仮定しましょう。

インターフェース ネットワークアドレス IPアドレス サブネットマスク
Ethernet 0 192.168.1.0/24 192.168.1.1 255.255.255.0
Ethernet 1 192.168.2.0/24 192.168.2.1 255.255.255.0

では実際にコマンドで設定してみましょう。

Amateras> enable
Password:
Amateras# con t
Amateras(config)# interface FastEthernet 0
Amateras(config-if)# ip address 192.168.1.1 255.255.255.0
Amateras(config-if)# no shutdown
%LINK-3-UPDOWN: Interface Ethernet0, Changed state to up
Amateras(config-if)# exit
Amateras(config)#

まずグローバルコンフィグレーションモードからインターフェースコンフィグレーションモードに入ります。このときに物理ポートを指定します。そしてIPアドレスとサブネットマスクを入力し、ポートをUP状態にさせます。では同様にもうひとうのポートも設定します。

Amateras(config)# interface FastEthernet 1
Amateras(config-if)# ip address 192.168.2.1 255.255.255.0
Amateras(config-if)# no shutdown
%LINK-3-UPDOWN: Interface Ethernet1, Changed state to up
Amateras(config-if)# exit
Amateras(config)#

これでアドレスの設定は完了です。最も単純な形でもルーティングが可能な状態となりました。

 【PC1: 192.168.1.2】====【Ethe0: 192.168.1.1】(ルータ)【Ethe1: 192.168.2.1】====【PC2: 192.168.2.2】

と上記のようにケーブル(UTPストレート)を接続してみて下さい。PC1とPC2に上記アドレスを設定しておきます。準備が整ったらPC1から順にpingを打って通信の接続を確認します。

送信元(Src) 宛先(Dist) コマンド 正常な結果
PC1:127.0.0.1 localhost ping 127.0.0.1 Reply from 127.0.0.1
PC1:192.168.1.2 PC1のLANカード(NIC) ping 192.168.1.2 Reply from 192.168.1.2
同上 ルータのEthe0 ping 192.168.1.1 Reply from 192.168.1.1
同上 ルータのEthe1 ping 192.168.2.1 Reply from 192.168.2.1
同上 PC2のLANカード(NIC) ping 192.168.2.2 Reply from 192.168.2.2

もしどこかで「timedout」と結果が出るようだったら、設定かケーブルに問題があります。原因を捜してみて下さい。
次にPC1からPC2にtracerouteして経路を確認してみましょう。

C:\>tracert 192.168.2.2

Tracing route to [192.168.2.2]

1 50 ms 60 ms 50 ms 192.168.1.1
2 50 ms 60 ms 60 ms 192.168.2.2

Trace complete.

このように表示されるかと思います。うまくいったらPC2からPC1へ同様に試してみてください。

※pingとtracerouteの使い方が判らない場合はこちらを参照してください。



4.設定やステータスを表示させる

各種情報を表示させるには「show」コマンドを使います。シスコ社のルータではshowコマンドはグローバルモード、即ち「Router#」のモードで使うようになっています。では今設定したインターフェースの設定部分を見てみましょう。

Amateras(config)# exit
Amateras#
Amateras# show running-config
Building configuration...
Current configuration : 666 bytes
!
version 12.1
!
hostname Amateras
!
enable secret 5 $1$0E9d$2j3yD07oNB5dyLdEIxmTg1
enable password Rt84fkcW
!
!
(中略)
!
interface FastEthernet 0
ip address 192.168.1.1 255.255.255.0
no shutdown
duplex auto
speed auto
!
interface FastEthernet 1
ip address 192.168.2.1 255.255.255.0
no shutdown
duplex auto
speed auto
!
(略)

show running-config」は現在稼働中のconfigを表示させるコマンドです。flash memoryに保存されたconfigを表示させる場合には「show startup-config」コマンドを使います。またこれらは「sh run」「sh start」と省略することも可能です。



5.設定を保存する

running-configに正しく設定されたことを確認したら、それをフラッシュメモリ内のstartup-configに保存します。これはどういうことかというと、running-configはRAM上にあるので電源を切ると消えてしまうのです。一方フラッシュメモリは別名不揮発性メモリともいい、電源を切ってもデータが保存されます。そしてルータは再起動時にはこのフラッシュメモリ内のstartup-configを読み出して動作を始めるからです。それでは保存してみましょう。

Amateras# copy running-config startup-config

これで保存されました。またconfigは設定ファイルとしてTFTPサーバに保存が出来ます。以前の設定に戻したい時には、サーバ内のconfigをTFTPでコピーしてルータに流し込む事が可能です。

Amateras# copy startup-config tftp
remote host: 192.168.1.5
destination filename: config030512.cfg

これでTFTPサーバに保存されました。ここでは192.168.1.5がサーバのアドレスとしておきます。またファイル名は日付をつけておくと管理がしやすくなります。拡張子は「.cfg」としておきます。逆にTFTPサーバからルータに戻す場合には以下のようにします。

Amateras# copy tftp startup-config
remote host: 192.168.1.5
source filename: config030512.cfg

これでフラッシュメモリ内のconfigが新しくなりました。ここでルータを再起動すれば現状のrunning-configに代わり、流し込んだ「config030512.cfg」の設定に置き換わります。なおconfigファイルはただのテキストファイルです。

ルータを再起動させるには次のコマンドを使用します。

Amateras# reload




6.TFTPサーバを使ってみる

なおTFTPサーバって何だ? どうやって用意したらいいんだ? という人は下記リンクからTFTPサーバを入手出来ます。
http://www.iggyz.com/files/TFTPServer.zip
・パソコンにダウンロードしたファイルを解凍します。
 これでパソコンがTFTPサーバとなります。
TFTPServer.exe をダブルクリックします。
START SERVER をクリックします。

テストをしてみましょう

・上記「TFTPServer.exe」のアイコンがあるフォルダに「test.txt」という空のファイルを作成します。
 自動的にここがTFTPサーバのルートディレクトリになります。
・パソコンでWindowsのDOSプロンプトを開きます。
・DOSで以下のコマンドを使用します。
C:\>tftp 127.0.0.1 get test.txt
・次のように表示されれば成功です。
Transfer successful: 0 bytes in 1 second, 0 bytes/s
・「test.txt」ファイルがC:\直下にダウンロードされているはずです。

終了したら STOP SERVERをクリックします。

ひとつ書き忘れましたが、TFTPサーバとルータはEthernetで接続されている必要があります。つまりパソコンからの設定はシリアルケーブルでコンソール接続すれば出来ますが、同じパソコンをTFTPサーバとして使いたいなら、パソコンとルータを一時的にLANケーブルで繋ぐか、或いはルータから出たLANケーブルをスイッチかHUBで分岐させた先にパソコンを接続する必要があります。


TOPへ