OSI 7階層モデル         TOPへ


■ ネットワークの中核はプロトコル

「プログラミング言語」を知らなければソフトの開発が出来ないように、「プロトコル」を知らなければネットワークを理解する事は出来ません。プロトコルとは通信の規格であり、どのようにデーターをやりとりするかの手段を定めたものだと思ってください。


■ 必ず最初に出てくる OSI 7階層モデル [ オーエスアイ ]

表 1.1

第7層 アプリケーション層 ユーザーにアプリケーションとしての通信を提供する。
第6層 プレゼンテーション層 データの形式を管理する。
第5層 セッション層 セッションを繋ぎ管理する。
第4層 トランスポート層 データーを確実に届ける。誤り制御などを行う。
第3層 ネットワーク層 宛先を特定してパケット通信を行う。
第2層 データリンク層 隣接ノード間でのフレーム転送を行う
第1層 物理層 電気的信号を送る

  実務上は第5層〜第7層はひとまとめで構わないので、第2層、第3層、第4層の働きを正確に理解して下さい。

■ 各層によるヘッダとカプセル化

実際に回線を流れているデータのパケットは、上記のプロトコルを順々にカプセル化した形になっているとイメージして下さい。

通信するデータはヘッダ部データ部に分かれます。上位層のデータを下位層のデータ部に内包します。これをカプセル化といいます。各層は自分の層のヘッダ情報だけを対象として扱い通信します。層によって名称が異なりますので正確に覚えて下さい。

表 1.2

第7層 L7 アプリケーション層 データ
第6層 L6 プレゼンテーション層
第5層 L5 セッション層
第4層 L4 トランスポート層 セグメント
第3層 L3 ネットワーク層 パケット
第2層 L2 データリンク層 フレーム
第1層 L1 物理層  

  L1 = ( Layer 1/第1層)


図 1.1

TCPヘッダ データ部


IPヘッダ データ部
TCPヘッダ データ部


MACヘッダ データ部
IPヘッダ データ部
TCPヘッダ データ部



■ 各層に該当するプロトコルと機器

表 1.3

    プロトコル名 対応するアドレス 対応する機器
第7層 アプリケーション層 HTTP,FTP,POP,
SMTP,Telnet
   
第6層 プレゼンテーション層    
第5層 セッション層    
第4層 トランスポート層 TCP,UDP TCPポート
UDPポート
 
第3層 ネットワーク層 IP,X.25 IPアドレス ルーター/ L3スイッチ
第2層 データリンク層 HDLC,PPP,Ethernet,ATM MACアドレス スイッチングハブ/ブリッジ
第1層 物理層     リピータ/ハブ



■ OSI7階層モデルとTCP4階層モデルの比較

二つのモデルで名称が異なるので混乱の元になりやすい。
実務上はOSI7階層モデルを覚えておいて下さい。TCP4階層モデルは参考に留めておいて結構です。

表 1.4

OSI7階層モデル   TCP/IP4階層モデル
第7層 アプリケーション層   アプリケーション層 第4層
第6層 プレゼンテーション層  
第5層 セッション層  
第4層 トランスポート層   トランスポート層 第3層
第3層 ネットワーク層   インターネット層 第2層
第2層 データリンク層   ネットワークアクセス層物理層 第1層
第1層 物理層  

TOPへ