-------------------------------------
 RedHat Linux 7.2 のインストール手順
-------------------------------------


1. 構築環境
ここでは古くなった中古パソコンを、Linuxサーバとして再利用する・・・という方針で行きます。
よってスペックは悲しいかな・・・こんな感じです。元はWindows95が入っていたマシンですが、
Linuxならまだまだサーバとして遊べます。ちなみに低スペックの為、X-Windowsは使用しません。



2. ソースの入手
http://www.jp.redhat.com/download/



3. ブートFDの作成
まずはソースからブートFDを作成します。ここではCD-Rにソースを
焼いてありますので、それをWindowsパソコンに入れます。
CD-R(H:)をセットして(HDDに入っている場合も同様)
以下のコマンドを実行します。

H:\dosutils\rawrite.exe

すると以下のメッセージが表示されるので、空のFD(DOSフォーマット)を
FDドライブに入れてENTERします。あとは自動的にブートFDが作成されます。

Enter disk image source file name: H:\images\en\boot.img
Enter target diskette drive: A:
Please insert a formatted diskette into drive A: and press -ENTER- :



4. ブートFDから起動
ブートFDをLinuxをインストールするパソコンのFDドライブに挿入し、
パソコンの電源を入れます。対話的に設定値を聞かれますので
以下のように入力して下さい。

boot:[F3-Expert]
language:English
keybord:jp-106
Instlation Type:Server System
Partition: / 1150MB
swap 64MB
Format: /dev/hda1/

※ここではディスク容量が少ない為、細かくパーティションを分けませんでした。
理想を云えば、 / , /etc, /usr, /var, /opt, /home/ と/swap に分割するのが
望ましいです。各パーティションのサイズは用途によりますので、専門書などを
参考にして下さい。

Hostname:hogehoge
IP address:192.168.1.5
Sabnetmask:255.255.255.0
DefaultGateway:192.168.1.1
PrimaryDNS:192.168.32.254

Generic 3 button Mouse
Time zone:Asia Tokyo
Password:
Add User:user1, pass
Server:Web,DNS
BootDisk:yes

※アドレスや名前は嘘です。実際にはもっともらしいものを付けて下さい。


さて、これでインストールは完了です。
試しにWindowsパソコンから telnet 192.168.1.5 としてみて下さい。
正常にlogin出来れば成功です。


※telnetの使い方についてはこちらを参照


5. 環境設定

5-1. シリアルポート設定
ここではシリアルポートからloginする設定を説明します。
なぜそんな事をするかというと、ふたつ理由があります。

(1) セキュリティを高める
 公開するサーバの場合(Webサーバなど)ではtelnetポートは
 閉じておいた方が安全です。(閉じる=ポートを使用不可にすること)
 そして直結されたシリアルポートからだけloginを許可します。
 これによってネットワーク経由でのloginを禁止する事が出来ます。

(2) ディスプレイとキーボードの節約
 自宅にパソコンやサーバが何台もあると、ディスプレイとキーボードを
 共有しないと邪魔で仕方ありません。KVMスイッチというディスプレイ切替機
 などもありますが、Windowsパソコンがあればそこからシリアルloginが
 可能です。・・・それならtelnetでいいじゃないか、という声もありますが、
 telnetはネットワーク設定に異常が生じると接続出来ません。その点
 シリアル接続はLinuxのOSが起動していさえすれば、ネットワークが
 ダウンしていてもloginが可能です。

まず、Windowsパソコンのシリアルポートと、Linuxサーバのシリアルポートを
クロスのシリアルケーブルで接続します。ここでは両方ともCOM1に繋ぎました。

このままではまだlogin出来ません。Linuxサーバの設定が必要です。
この設定段階ではLinuxサーバには直接ディスプレイとキーボードが
接続されています。この設定完了後にディスプレイとキーボードを外してしまい
Windowsからシリアルloginで操作することにします。

シリアルポートの設定
/etc/inittab を以下のように修正
(2行目のco:を追加)

# Run gettys in standard runlevels
co:2345:respawn:/sbin/mingetty ttyS0 9600 vt100
1:2345:respawn:/sbin/mingetty tty1
2:2345:respawn:/sbin/mingetty tty2
#3:2345:respawn:/sbin/mingetty tty3
#4:2345:respawn:/sbin/mingetty tty4
#5:2345:respawn:/sbin/mingetty tty5
#6:2345:respawn:/sbin/mingetty tty6


init q で設定を反映させる。
# init q

/etc/securetty の末尾に以下を追加
ttyS0


さぁ!これでうまくいきました。
Windows2000のシリアル(COM1)からRedHat Linuxのシリアル(COM1)へ
TeraTermでloginが出来ます。


TOPへ