LANの仕組み         TOPへ


■ LANの接続形態 [ ラン ]

LANの接続形態には以下のものがあります。

ポイント・ツー・ポイント(point to point)

 パソコン同士をクロスケーブルで接続すれば一応LANが出来ます。
 しかしこれはLANというにはちょっと・・・という感じもします。


スター型

 ネットワークの中心に集線装置を配置し、そこから放射線状に端末を接続する形態です。
 集線装置は通常HUB(ハブ)が用いられます。
 増設が容易で広く使われていますが、集線装置が故障するとネットワーク全体がダウンしてしまう欠点もあります。

   HUB (ハブ): リピータハブ、ダムハブ、バカハブとも呼びます。


バス型

 1本の伝送路に複数のコンピュータを並列に接続する形態です。
 ケーブルの両端にはターミネータ(終端抵抗)という装置を付けます。
 アクセス制御にCSMA/CD方式を使用します。


リング型

 経路を丸く円状に繋いだネットワークの形態です。
 アクセス制御にはトークンリング方式を使用します。


■ Ethernetの規格 [ イーサネット ]

IEEE(アイ・トリプルイー)という規格で制定されています。

規格 定義
IEEE802.1 LANの基本構成
IEEE802.2 LLC(Logical Link Control:論理リンク制御)
IEEE802.3 CSMA/CD方式
IEEE802.4 トークンバス方式
IEEE802.5 トークンリング方式
IEEE802.6 MAN(Metropolitan Area Network)
IEEE802.7 LANの変調方式
IEEE802.8 LANの光ファイバ
IEEE802.9 LANと電話の統合
IEEE802.10 LANの秘密保持
IEEE802.11 無線LAN
IEEE802.12 高速LAN(100Mbps)





規格 10BASE5 10BASE2 10BASE-T
トポロジー バス型 バス型 スター型
経路長 最大500m 最大185m 最大100m
ケーブル 同軸ケーブル 同軸ケーブル UTP(ツイストペアケーブル) カテゴリ5
分岐点 トランシーバ T型コネクタ RJ-45コネクタ
特徴 比較的長距離に使用。
ノイズ等が入りにくい。
フロア間の配線に使用。
ノイズに強い。
フロア内で使用。
低価格だが他よりは信頼性低い。





■ アクセス制御方式  CSMA/CD方式 [ シーエスエムエー・シーディー ]

ネットワークを物理的に線で繋ぐと、その上を電気信号(物理層)が飛び交います。データの塊(データリンク層)が衝突しないようにする仕組みがアクセス制御方式です。最も一般的に用いられているのがCSMA/CD方式です。

CSMA/CD (Carrier Sense Multiple Access with Collision Detection)

バス型、スター型のLANでは1台のホストが発信したパケットは、同一ネットワーク内の全てのホストへ送信されます。

ホストはデータの送信に先立って Carrier [ キャリア:搬送波 ] と呼ばれるパケットを発信します。これが他のホストが流しているパケットと衝突した場合には、回線は使用中であると判断し、そのホストは発信を見合わせます。

一定時間を経過したら再度 Carrier を発信します。衝突しなければ回線は空いていると判断し、自らのデータを送信開始します。

ちなみにデータの衝突を Collission [ コリジョン:衝突 ] と呼びます。回線が込んでいて衝突しまくっている状態を「コリジョンが増加している・・」などと呼びます。



■ アクセス制御方式  Token Ling方式 [ トークン・リング ] / FDDI方式 [ エフディーディーアイ ]   

トークン・リング方式もFDDIもネットワークはリング状を成しています。このリングの中を Token [ トークン:送信権 ] というデータの入れ物が常に巡回しています。

このトークンは一度に1ホストだけが使用出来ます。そして送信が終了するとトークンを空にしますので、次のホストがそれを使用します。これによってコリジョン(衝突)の発生を未然に防いでいます。FDDIではトークンを逆周りに2個巡回させる事によって、全2重通信を実現しています。


TOPへ