「かながわみんとうれん」とは?

 「かながわみんとうれん(民族差別と闘う神奈川連絡協議会)」は、在日韓国・朝鮮人をはじめとする定住外国人と日本人との共生をめざし、定住外国人への差別をなくすための取り組みを行っていく市民運動の結集体として、1988年3月31日に結成されました。

 これまで、神奈川の地において、在日韓国・朝鮮人をはじめとする定住外国人への差別をなくすための取り組みが、さまざまな形で地道にすすめられてきました。
 特に1970年代から教育に関する行政交渉、民間企業での就職差別、外国人登録法の問題等を地域の実態に学びながら生活に根ざした取り組みをすすめてきました。

 神奈川県内の各地で民族差別と闘う市民グループが、互いに交流し、当事者の在日と日本人が共闘していくことを基本に据え「共に生きる」社会の創造をめざして「かながわみんとうれん」は、活動を推進しています。

 「かながわみんとうれん」は結成以降、各団体と連携をとりながら、地方公務員の国籍条項問題、在日の無年金問題、戦後補償、教育問題などを行政に働きかけ、定住外国人の人権施策の実現を勝ち取ってきました。これは、多くの人の参加型の市民運動の結集を力にして行われたことです。

 日本社会の国際化がすすみ、多くの外国人が市民として生活する昨今、今後も多くの市民、団体と連携しながら活動を展開していきます。



トップページへ