MARK OF COFFEE コーヒー専科 MARK OF COFFEE

MARK OF COFFEE coffee shop TIROLU

〒345 埼玉県北葛飾郡杉戸町杉戸3-9-16
TEL  0480-33-1500
< e-mail:
tiromasu@ra2.so-net.or.jp >
お店は、アルプスのチロリアンロッジ風で、古利根川に面した中に静かにたたずんでいる。
アコースチックなジャズがスピーカーから静かに流れる素敵な空間で、マスター・マダムとのお洒落な会話が楽しめる。
東武動物公園とは駅を挟んだ位置ですが、杉戸の宿で上品なコーヒーの香りに満ちた素敵なコーヒータイムをお薦めする。
coffee shop TIROLU

あなたのよき友は
   コハク色のくつろぎをおくる
             チロル

 香り高いコーヒーは
   時間に追われる日々にとって
      大切な宝石
     香りは形なき思想

          - チロル店主 -



310×480(32KB)

●コーヒーの表記について(1999.05.09マスターとのカウンタ越しの会話から)

  お店に来たある中国の方との会話から、コーヒーの表記についての変遷について
  次のような考察をしたそうです。

  可 否  南蛮から入ってきた段階では、日本茶とは異なる飲み物で
   ↓    その可否や如何に。
  加 非  
   ↓
  珈 琲  広辞苑での表記。
   ↓    王は、玉飾り、かんざしに通じ、視覚的な捉え方といえる。
   ↓
   ↓→→ これを「コーヒー」と発音する由来は、
   ↓    香気の意が入って「コーヒー」と読むのではないか?
   ↓    広辞苑の説明に「香気とと苦みがある」と記されている。
   ↓
 加 非  中国での表記はこれだそうです。
         コーヒーは口で飲み味わうもの。
         吉祥寺の「もか」もこれを使用。


MARK OF COFFEE もか

〒180 東京都武蔵野市御殿山1-3-2
TEL  0422-47-6767
お店は、井の頭公園の御殿山入口にある。
井の頭公園の雑木林に面した坂道のなかほどに「もか」の看板がかかっている。
夕暮れ時のたたずまいが、とても気に入っている。
創業は、昭和37年で普通の喫茶店としてスタートしたが、
平成3年からコーヒーの豆売り専門店に。
午前中は、焙煎に専念しているが、午後になれば、
店主の標木交紀(しめぎとしゆき)氏の淹れる珈琲をいただける。
吉祥寺「もか」

「コーヒーは飲みものの王様」
というのが、私の長い間
抱き続けている信念である。

- 『珈琲の旅』
(標木交紀著、みずほ書房)より -



640×414(168KB)
●『珈琲の旅』  しめぎ交紀著 みづほ書房 昭和58年12月20日発行
昭和51年から58年7月までの5回のヨーロッパ旅行で得たコーヒーの話を、
国別にまとめて記している。

●「飲み物の王様」に行き逢える条件     (『珈琲の旅』より)
コーヒーの面白いところは、これを粗雑に扱うと、粗雑な味でしか応えてくれないところにある。
恐ろしく気むずかしい。
それなら、どういう具合にご機嫌をとれば、奥の深い”王様”に行き逢えるのか──。
これには、大ざっぱに分けて、四つの条件を満たさなければならない。

1.良い産地の、良く管理されたコーヒー豆を選択する。
2.豆の特徴が生かされるように焙煎(ばいせん)する。
3.いく種類かの豆を、一つの調和のとれた味にまとめるようブレンドする。
4.コーヒー豆の成分のうち、良質な部分だけを抽出できるようにコーヒー液をとる。

この四つの条件が満たされると、素晴らしい”KING OF KINGS”のコーヒーが出現するのである。



MARK OF COFFEE 昴珈琲店

〒737 広島県呉市中道2-5-3(れんがどおり福屋前)
TEL  0823-21-7730
お店は、呉市内のれんがどおりの角に面している。
1997.10.01に札幌にも支店を開設。
珈琲の豆売り専門店。
店内にはたくさんの種類の珈琲豆があり、好みに合わせてブレンドしてくれるという。
全国配達OKとのこと。
店内で豆を注文して待っている間に、淹れたてのドミニカープブレンドを飲ませてくれた。
昴珈琲店

広島県呉市にある珈琲豆専門店
日本の珈琲文化を創造するとのふれこみで
製品のネーミングに凝っている


ドミニカープブレンド
海軍さんの珈琲
・鴎外先生の珈琲
・クラーク博士の珈琲
・親父の珈琲(Cafe Don)
・Case of 信長
・Case of 秀吉
・Case of 家康

☆:新宿駅南口前の「広島夢ランド」で入手可能



MARK OF COFFEE 珈琲処 ふなこし

〒344 埼玉県春日部市
TEL  048-761-5624
お店は、春日部市教育センター前に面している。

お店に掲示してあるメッセージ

コーヒー賛歌
”悪魔のように黒く
     地獄のように熱く
天使のように潔く
     恋のように甘い”
− ペリゴール タレーラン (フランス) −

ホームページへ HOME  関連情報(coffee) 関連情報


Michihiro < e-mail: m-kihara@xd6.so-net.ne.jp >
All Rights Reserved, Copyright (C) 1996, Michihiro Kihara.
Created: November 10,1996, Updated: November 15,1997