松井茂作品頁

松井茂情報頁

評:『読書人』2012年8月24日号
艾未未読本』書評
→「現代美術の恋愛読本」

評:『読書人』2012年6月1日号
Manuel Lima著『ビジュアル・コンプレキシティ 情報パターンのマッピング』書評
→「ディスプレイ時代のメディア実践書 情報を可視化した言語体系の可能性」

評:『読書人』2012年2月3日号
マンガ/キッチュ 石子順造サブカルチャー論集成』書評
→「「モナ・リザ」が名画なのではなく,名画が「モナ・リザ」なのだ」

評:『読書人』2010年12月9日号
アイ・ウェイウェイは語る』書評
→「社会彫刻としてのブログ ソーシャルメディアと芸術の交雑」

評:「人環フォーラム」|2010年9月号No.27
篠原資明『空うみのあいだ』書評
→「〈風雅モダニズム〉の詩的実践

評:『読書人』2010年10月1日号
渡邊淳司編著『いきるためのメディア―知覚・環境・社会の改編に向けて』書評
→「メディア技術からリアリティを編み直す」

編集:2010年8月26日発売(アルテスパブリッシング)
→『三輪眞弘音楽藝術──全思考1998─2010

評:『intoxicate』2010年8月19日
DVD+カタログ『ヴァイタル・シグナル──日本の初期ビデオアート』評
→「ビデオ:“綻びた”映像の行方

評:『読書人』2010年6月11日号
マドリン・ギンズ+荒川修作『ヘレン・ケラーあるいは荒川修作』書評
→「オー、ミステーク!──荒川修作のダイアグラムを読み直す

新たなるコンクリート・ポエムへ向かって/Towards Newer Concrete Poem 「現代詩手帖」49巻12号・2006年

合唱曲「縞縞」の方法 松井茂 「東京混声合唱団第194回定期演奏会プログラム」2004年3月20日

「純粋詩」について 「融点・詩と彫刻による 報告カタログ」うらわ美術館・2003年

メールマガジン「5日毎当日発表」について

機関誌「方法」掲載作品

その他