対独戦の初期から善戦したYak-1の後、Yak-2、4と双発機のヤコブレフ・シリーズですが、それと平行したYak-7、9の単発機の流れの集大成が1944年から配備されたYak-3です。何故か番号は若返ってます。

Yak-1より小型軽量化が進んだ半面、急降下時の強度を高める為に骨組みが強化され、エンジンの変更、給排気系の改良、キャノピーの改良などの結果、飛行性能、運動性能共にドイツの代表的な戦闘機を凌駕しました。

面白いことに、1990年代に米国製エンジンを搭載した20機ほどが愛好家向けに作られたとのこと。
機体下部のラジエターカバーとキャノピーは若干合いが悪いですが、ハセガワらしい良質のキットで組み上がりの雰囲気も素敵です。

両翼端の翼端灯がパーツの変形部分のように見えるので削らぬよう注意しましょう。私は削ってしまい、後に伸ばしランナーで修復しました。

塗装はインスト通りですが、この配色には異論があるようで考証派の方は要調査です。

小柄で引締まった機体は、いかにも小回りがきいてドックファイトが得意そうです。
撮影って奥が深いですね。

この角度、この距離(接写限界キリギリ)だと絞りを最も絞っても前半分はボケてしまいます。私のコンデジのズームではこれが限界のようです。

むしろ絞りを開いて被写界深度を浅くとり、奥をもっとボカシた方が雰囲気が出たかもしれません。
マークは第303戦闘機師団 ツァカーロフ中将機。型紙を浮かせて迷彩境界をぼかしました。

ハゲチョロを描いて出来上がりと思ったら、嫌な予感が。ネットでサーチしたら、主翼は全木製との記述。あれまっ。ハゲチョロを落として完成となりました。

森林資源が豊富で木合板の技術が進んだ国。機体も木金混合だったり。ソ連のデルタ合板は軽く強靭(きょうじん)で金属に迫るとか。侮(あなど)る無かれ。

Jun.7.2006