登場したのは 1944年の春。タイガーやパンターを相手に戦ったその戦車は、その後半世紀に渡り世界中のあらゆる戦場で使用されました。

走攻守の基本機能に徹し徹底的に無駄をそぎ落とした結果、優れた生産性と保守性、高い費用対効果を実現した旧ソ連の傑作戦車です。

その実績とシンプルな外観から、私の最も好きな戦車でもあります。
キットはフジミ。金型は古いけれどプロポーションがとても良く、モデラー心をそそります。

細部を手直しすると、ドラゴンやトラペとは違った素敵な仕上がりを見せてくれます。
ウェザリングはいつものウォッシングとドライブラシにパステル。今回は鉛筆の芯も少々。

バーリンデンを目指すものの、毎回途中で脱線。結局、それが私の作風だったり。



フィギアはプライザー。造作が驚くほど良く、小さな青い目玉も入りました。

エナメルの筆塗り。ウォッシングもドライブラシもせず、明暗は描き込みです。

絵的な配色優先で好きに塗りました。実際の服はほとんど黒に見えるブルーかグレーでブーツやホルスターも黒だったようです。

May.08.2008