或る掲示板でROCOの作品を沢山見て、発作的に作ったウクライナ製の1/72スケールです。素組みでこの精密感は凄いです。

クリアパーツとデカールは無かったのでお菓子の透明パックと自作デカールでなんとかしました。もらい物のキットなので元から付属してないのか不明です。

実車のシートは、もっと車体色に近いのですが、全体が同じ色だと立体感が乏しくなるので茶系にアレンジしました。
唯一の問題はフロントガラスの枠が実車と違う点で目立ちます。直すのは大変そうなのでキットのままです。

GAZ-67系はソ連独自の設計ですが、ジープ型車両の元祖であるアメリカのバンタムBRCの影響を強く受けています。キットは戦後に共産圏諸国で使用されたB型のようです。




ホイールのディテールは良好。シートの表面は車体と質感が変えてあり、くぼみやシワの表現もタミヤの1/35以上です。

お椀型のライトの中央には小さな突起があり、クロームシルバーで内側を塗ってレンズパーツをはめると、突起が電球のように見えてリアルです。

May.12.2006